大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★食べ過ぎでもメタボ知らず?

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★食べ過ぎでもメタボ知らず?

★ファトスタチンが、細胞内で炭水化物から脂肪への変換を制御するたんぱく質を活性化させないよう抑える役割を果たしていることが分かった。

★=脂肪合成妨げる物質発見-京大など

 細胞内での脂肪合成を妨害する化合物を、京都大と東京大などの研究チームが28日までに発見し、米科学誌に発表した。

マウスを使った実験では、過食による肥満や脂肪肝が抑えられたといい、メタボリックシンドロームの研究や、治療薬の開発に役立つと期待される。


 京都大の上杉志成教授らの研究チームは、培養細胞内で脂肪の蓄積を妨げる物質として、以前発見したファトスタチンと呼ばれる化合物の働きを詳しく分析。

ファトスタチンが、細胞内で炭水化物から脂肪への変換を制御するたんぱく質を活性化させないよう抑える役割を果たしていることが分かった。(2009/08/28-21:22)


■ヒトの脂質異常症患者や健康なボランティアを対象にした小規模試験においてもメバスタチンの有効性が示され、1979年に日本国内での臨床試験が開始された。

■しかし、長期高濃度投与実験を行っていたイヌで副作用が発生したことを受け、臨床試験は1年余りで中止となった[1]

■。一方、メバスタチンの効果に関心を寄せていたアメリカの大手製薬企業・メルク社は、遠藤からサンプルやデータの提供を受けながら独自に研究開発を進めた結果、コウジカビの一種 (Aspergillus terreus) から新たなスタチンであるロバスタチンを分離することに成功した[1]。


その後の臨床試験で、ロバスタチンは安全性が比較的高く、メバスタチンと同程度のコレステロール低下作用を持つことが示された[5]。

1987年、アメリカ食品医薬品局(FDA)から医薬品としての認可を受け、ロバスタチンは製品化された最初のスタチンとなった[6

+++++++++ 一言言いたい ++++++
■ファトスタチンの発見により、新薬が開発され、薬で健康になりたいと思う人が間違いなく服用することになる!

■しかし、メバスタチンの発見からもわかるように、新薬でも薬には必ず副作用があることを知るべきである!

■患者は新しい情報に踊らされているのだ!


■コレステロールの代謝・作用機序を解明したアメリカのマイケル・ブラウンとジョーゼフ・ゴールドスタインの2名に、1985年度のノーベル生理学・医学賞が贈られていることは周知の通り!

■共同研究で遠藤もまた「スタチンの発見と開発」における一連の業績により、2006年の日本国際賞、さらに2008年には「アメリカのノーベル医学生理学賞」とも言われるラスカー賞(臨床医学研究部門)を受賞している!

■高コレステロール血症は(心血管障害・脳血管障害を導く)動脈硬化症の主要なリスク要因の一つと考えられている[7]。

■スタチンの発見は、高コレステロール血症と関連疾患の予防、および基礎研究に多大な進歩をもたらした。

■スタチンの副作用!

■スタチンの投与によってみられる副作用には、腹痛・発疹・倦怠感などのほかに、重篤なものとして横紋筋融解症・ミオパシー・肝機能障害・血小板減少などがある。

■このうち横紋筋融解症は急激な腎障害を伴うことがあるため、投与時にはクレアチンキナーゼやミオグロビンなど筋原酵素の動態に注意を払う必要がある。

■また、脂質降下薬の一種であるフィブラート系薬剤とスタチンを併用すると、横紋筋融解症の発生リスクが高まることが知られており、これら2剤の併用は原則禁忌とされている。

■2001年にはセリバスタチンとゲムフィブロジル製剤を併用した症例で高頻度に横紋筋融解症が発生することが報告され、セリバスタチン製剤の自主回収が行われたのである!

■ゆえに賢い患者は、自分で学び安全な医療を求めて実践しているのである!

■薬で病気は治りません!

■どの薬にも必ず副作用はつきものです!

■新薬の開発に期待せず、自らの生活習慣改めることを優先するべきなのです!

■メタボの原因にもストレスは関わります!

■ストレスで大量にエネルギーヲ消耗するからです!

■消耗したエネルギーを取り戻そうとしてたくさん食べることになります!

■その結果、胃も腸もは肥大し、大量に食べる習慣ができるのです!

■しtがって、ストレス対策を行うことが重要なのです!

■つまり、血液の汚れと骨格の歪み、進行して組織の癒着に至ります!

■肥満の場合にも必ずこの問題があるのです!

■これらの問題を解決するためには、病院で薬を飲んで治そうとしても無理なことです!

■病気を治すためには、身体にため込んだ疲れを根本的に取り除くことです!

■疲れをとれば過食から解放されるからです!

■疲れをとることで、免疫力が復活し、さまざまな病気も消えてゆきます!

■疲れをとるには血液を浄化し、身体の歪みを早めにとり除くことです!

■健全な血液が全身を駆け巡ることですべての病気から解放され、人は健康になれるのです!

■西洋医学の対症療法に限界を感じ、安全で確かな代替医療をお探しの方は予防医学セミナーにご参加ください!

■■予防医学セミナーでは免疫の専門医にもできない「総合免疫療法」を学ぶことができます!

++++++予防医学セミナーのお知らせ+++++

★次回の予防医学セミナーは9月20日(日)午前10時より名古屋市東区のウイルあいちにて行います!

★西洋医学に限界や疑問を感じ、安全で実績のある代替療法をお探しの方はぜひご参加ください。


★お申し込みはshizen@nrt.ne.jp

★TEL:052-801-7063 まで お気軽に!!!


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、9月20日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:高血圧症、糖尿病、アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 9月20日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2:感染症の盲点、鎖骨をほぐせば病気は治る!
   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。
スポンサーサイト

★自治体病院74,1%が赤字!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★自治体病院74,1%が赤字!

★不採算部門や人件費の高さが負担に!

★赤字を解消するために薬漬けにし、医療過誤が後を絶たない!

★医療の質が問われる!

一般医療ニュース

07年度厚労省調査/自治体病院、約7割が赤字経営 不採算部門や人件費の高さが負担に

2009年8月21日 提供:Japan Medicine(じほう)


 厚生労働省がこのほど発表した2007年度「病院経営管理指標」報告書によると、自治体立の一般病院のうち、経常利益が黒字の病院は25.1%にとどまり、約7割が赤字経営だった。

一方、医療法人立の一般病院の黒字比率は71.6%で、ほかの開設主体と比べ自治体病院の経営が厳しい状況が明らかとなった。

厚労省は「地域性や不採算部門を持つことに加えて、人件費割合が高いことなどが自治体病院の経営に影響しているのではないか」(医政局指導課)としている。

 同報告書は病院の経営状況などを調査し、その結果を指標として公表することで病院の経営改善の参考にすることが目的。

医療機関に対して財務状況や施設概況に関するアンケート調査を実施し、医療法人795病院、公的病院607病院の計1402病院から有効回答を得た(有効回答率19.6%)。

 一般病院の黒字病院比率を開設者別に見ると、医療法人立病院が71.6%、社会保険関係団体病院が56.8%、その他公的病院が46.4%、自治体病院が25.1%で、民間病院と公的病院で大きな差が見られた。

 開設者別に見た医業利益率は、医療法人立病院が2.0%である一方、公的病院では自治体立病院がマイナス14.6%、社会保険関係団体病院がマイナス1.3%、その他公的病院がマイナス2.1%で、特に自治体病院のマイナス幅が大きかった。


収益悪化は設備投資が影響

 人件費比率は医療法人立病院が52.7%、自治体病院が63.6%。

職員1人当たりの人件費は医療法人立病院の627万7000円に対し自治体病院は776万1000円で医療法人より約148万円上回っていた。

自治体病院はほかの開設主体と比べても人件費の割合が高かった。

 減価償却費比率を見ると、医療法人は3.5%、自治体病院は7.4%で、自治体病院が医療法人の倍近くあった。一方、自治体病院の固定資産回転率は104.0%で医療法人(231.7%)の約半分。ほ

かの開設主体と比べて人件費割合が高いことや、設備投資をしている一方で固定資産回転率が低く収益を上げていないことが、自治体病院の経営に響いているとみられる。

 医療法人の収益動向を病院種別に見ると、医業利益率は一般病院と精神科病院で低下傾向が続いており、07年度は特に精神科病院の落ち込みが目立った。

一般病院の赤字病院比率は2年連続で増加。ケアミックス病院と療養型病院、精神科病院の赤字病院比率は、診療報酬マイナス改定のあった06年度に増加したが、07年度には減少に転じた。


Copyright (C) 2009 株式会社じほう

++++++++ 一言言いたい +++++++++
■日本には国民皆保険医療という素晴らしい制度がある!

■この制度ができたころの日本は簡単に病院に行けない人が多く大変救われた様です!

■しかし、今、医療過誤の問題など医療との関わりで体調を崩される方が少なくはありません!

■自治体病院の多くは赤字を解消するために熱心に薬を処方しなければなりません!

■高血圧の薬のように生涯にわたり薬漬けにされ、薬の副作用で再生不良性の貧血や痴ほう症や脳内出血など恐ろしい病気がつくられていることに誰も気が付いていないのです!!

■また、なぜか患者には重篤な薬の副作用を削除して処方箋を与えています!

■なんと日本では高血圧の薬代が医療費の3分の1に相当する11兆円ほどを占めているのです!

■食生活を改め、鎖骨の歪みを改善するだけで血圧は正常になりますが医者はそのようなことを考え様ともしない様です!

■無知な患者をだまして利益を追求している様にスラ感じられます!

■日本では、医療費が増えて患者が増えるという状態ですがが、この現象は30年前のアメリカと同じ状態です!

■どれほど医者を増やして医療費を増やしても病人は減ることはなく増えるばかりだったことに当時のフォード大統領は疑問を感じ大規模な予算を充てて研究を行ったのです!

■その結果多くの病気は生活習慣病であるということが明らかになり、すぐに食べ物の見直しを始めたのです!

■肉も魚も卵もできるだけ食べないようにして穀物と野菜中心にした食生活に変え、軽い運動やヨーガなどを行う様に指導したのです!

■その成果が20年後に現れ、今では、がんもアレルギーも糖尿病も高血圧もエイズ患者までが減少しています。

■これが有名な「マクガバンレポート」です。

■その報告を受けて世界中のほとんどの国が追試し、正しいことが実証され導入されています!

■しかし、なんと、当時の日本政府は医師会の圧力に負けたためか追試せず、昔ながらの考え方で病気は病院で医者が薬で治すという方法を曲げず、現在も対症療法が主流になって、患者を減らすことはできていません!

■むしろ増えているのです!

■このままでは医療費が増えて患者が増えるのです!

■つまり、「高福祉高負担」を余儀なくされることになります!

■病気に縁のない人は、病気は病院で治すものと信じているはずです!

■しかし、実際にはそうではありません!

■怪我が自然に治るように他の病気も自分の血液が治すのです!

■それも病名には関係なく治るのです!

■胸腺が健全であれば、免疫力が高い血液が産生されるからです!

■具体的には、Tリンパ球が元気でがんやウイルスなどを攻撃できる能力が備わっている状態で病気は治るのです!

■また、免疫の細胞は免疫に働くだけではなく、自立神経の調節や骨代謝のほかにホルモンの調節など体の状態を最も優れた状態に維持するように働いています!

■その他、新陳代謝にも深くかかわっているのです!

■したがって、病気を治すということは患者自身の血液が正常に働くように浄化し、健全な状態を保つことなのです!

■私が言う健全な状態とは数値の上ではなく内容のことなのです!

■血液には、栄養素を運ぶ赤血球と外敵から身を守るための白血球があります!

■それらの血液には寿命があり、赤血球は約120日、白血球は8日とか10日で死ぬことが知られています!

■寿命がきて死んだ血液も免疫の細胞は処分しているのです!

■血液は日々新しい血液に生まれ変わって健康を維持しているのです!

■その血液に負担をかけているのが夜更かしであり夜食です!

■そのほかにはストレスも関わります!

■しかし、もっとも良くないことは化学療法で免疫の働きを抑制することなのです

■患者はストレスで免疫を弱くして発病し、そこへ対症療法として薬を投与され、病状を抑える目的で免疫を抑えられるのです!


■患者は免疫を抑制され、感染症になりやすく、肺炎などを誘発し、死に至る例も少なくはありません!

■対症療法医を増やし、医療費を増やしても医療の内容を変えない限り、患者が増える一方なのです!

■これからの医療は、いずれ国際感覚で免疫活性を中心とする医療に変わらなくてはならないのです!

■それには、患者が自ら学習しなくてはなりません!

■日本の医療はそれほど遅れているのです!

■ゆえに、賢い患者は、医者に頼らず安全な代替医療を選択しているのです!

■ヒヤりハッツト事件がが年間22万件に象徴されている様に、赤字の原因は、病気の原因を無視した対症療法のやりすぎと抗がん剤などあまりにも危険な治療や医療過誤に患者側が愛想を尽かし始めたことなのです!

■医療費を増やせば済むという問題ではなく、医療の質を問わ無ければならないのです!

■西洋医学の治療に疑問を感じ、本物の医療をお探しの方は予防医学セミナーにご参加ください!

■予防医学セミナーでは免疫の専門医にもできない「総合免疫療法」を学ぶことができます!

++++++予防医学セミナーのお知らせ+++++

★次回の予防医学セミナーは9月20日(日)午前10時より名古屋市東区のウイルあいちにて行います!

★西洋医学に限界や疑問を感じ、安全で実績のある代替療法をお探しの方はぜひご参加ください。


★お申し込みはshizen@nrt.ne.jp

★TEL:052-801-7063 まで お気軽に!!!


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、9月20日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 9月20日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2:感染症の盲点、鎖骨をほぐせば病気は治る!
   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

★免疫不全の過ち!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★免疫不全の過ち!

★がんや難病で免疫不全と診断されても誤診であることが少なくない!

★寿命があれば病気は治る治せる完治できるのです!

★免疫不全の患者の不幸は、免疫の不調を改善されず、逆に免疫を抑制されることにあります!

★免疫の細胞はウイルスから身を守るばかりではなく自律神経にもかかわっています!

★そのため、免疫を抑制しすぎると感染症などにかかりやすくなり死亡率が高くなります!


★免疫不全の対策は間違っている!

★がんやリウマチや糖尿病の患者さんの血液を画像で調べると、郵送能が低下し、動きがないことが解る!

★つまり、攻撃力が低下して発病しているのであり、決して免疫の細胞は壊死しているのではない!

★また、生活環境を変えることで活性型に変わることからも免疫不全ではない!

★患者の寿命が尽きた場合を除き、免疫不全などということはあり得ないのだ!

★つまり自己免疫力の不調によって老廃物を処理できず代謝が悪化して発症しているのである!

★ゆえに、免疫を抑制することでさらに代謝が悪化し、病気は治らないばかりか悪化するのである!

★ところが、白血球を元気にし、免疫力を高めて血流を改善することでほとんどすべての病気は治る可能性があるのだ!

★壊れた遺伝子でも修復酵素の働きを良くすることで怪我が治るように治るのである!

★私たちの体には生まれながらにして病気を治す体の仕組みが備わっているからである!


★すべての病気はストレスとの関わりで発症している。

★したがって、ストレスを受けて汚れた血液や骨の歪みや、圧迫された神経や血管やリンパ管をすべて回復させることである!

★脊椎の歪みが改善されることで中枢神経の伝達は正常になる!

★また、血管の圧迫が改善され、血液が浄化されることで免疫力が高まる!

★さらに、リンパ管の圧迫が改善されることで代謝が正常に働く!

★体液のpHが7,45に戻ると病気はどんどん治るのだ!

★また修復酵素の働きを高めるには体温の問題も重要である!

★総合的に対応することで治癒率が高まるのである!

★後は気長に結果を待つことである!

★自己免疫が病を治し、医療が病をつくることが明らかになった時代である!

★西洋医学に疑問を持たれている方、他の代替医療をお求めの方は予防医学セミナーにご参加ください!

★予防医学セミナーでは免疫の専門医にもできない安全で確実な「総合免疫療法」を学ぶことができます!

★次回の予防医学セミナーは9月20日(日)午前10時より名古屋市東区のウイルあいちにて行います!

★西洋医学に限界や疑問を感じ、安全で実績のある代替療法をお探しの方はぜひご参加ください。

★お申し込みはshizen@nrt.ne.jp

★TEL:052-801-7063 まで





府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、9月20日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 9月20日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2:感染症の盲点、鎖骨をほぐせば病気は治る!
   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

★マイケルの死因は薬の複合投与!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★マイケルの死因は薬の複合投与!

★マイケル ジャクソン 検視局

2009年8月25日 提供:共同通信社


【ロサンゼルス共同】6月に急死した米人気歌手マイケル・ジャクソンさんの死因について、ロサンゼルス郡検視局が麻酔薬「プロポフォール」と少なくとも2種類の鎮静剤の複合投与による死亡と結論付けたことが24日、分かった。

AP通信が捜査関係者の話として報じた。

 ロサンゼルス市警などはジャクソンさんの専属医だったコンラッド・マーレー医師を過失致死容疑で捜査。

検視局は、殺意の有無にかかわらず死亡させた「他殺」と表現しているが、逮捕される場合は過失致死容疑になるとみられる。

 24日に明らかになったロス市警の捜査書類によると、マーレー医師は事情聴取に対し、6月25日午前1時半ごろから同7時半ごろにかけ、自宅で不眠を訴えるジャクソンさんに睡眠薬のほか、鎮静剤の「ロラゼパム」と「ミダゾラム」を別々に断続的に投与したと証言した。

 効果がなかったため、25日午前10時40分ごろにはプロポフォールを点滴で注入。

ジャクソンさんが眠ったため、その場を離れ、トイレから戻った際に呼吸停止状態のジャクソンさんに気付いた。

ジャクソンさんは同日昼すぎに病院へ救急搬送された後、死亡が確認された。

 捜査書類によると、マーレー医師は死去の約6週間前から毎晩、不眠を訴えるジャクソンさんにプロポフォールを投与していたという。

++++++ 一言言いたい +++++
●マイケル ジャクソンは、死去の約6週間前から毎晩プロポフォールを投与されていましたがこの薬は全身麻酔薬で劇薬です

●そこで薬の副作用について調べてみました。

+++++++ 睡眠薬・麻酔薬の副作用 ++++++++

■プロポフォールの副作用

■重大な副作用として、低血圧、舌根沈下、一過性無呼吸、気管支痙攣、アナフラキシー様症状、てんかん様体動、重篤な徐脈、不全収縮、肺水腫、覚醒遅延心室頻脈、心室性期外収縮、左脚ブロック、横紋筋融解症、悪性高熱類似症とある。

■その他の副作用としては徐脈、振戦、吃逆、悪心、嘔吐、発赤、変色尿、多幸症、血管痛、血栓症などとありました。

■プロポフォールのほかに、鎮静剤の「ロラゼパム」と「ミダゾラム」を別々に断続的に投与されていたのです。

■ロラゼパムの副作用には依存症がある。

そのた、刺激興奮、錯乱のほか添付文章参照とある。

■ミダゾラムは全身麻酔薬である。

■重大な副作用として、薬物依存、無呼吸、呼吸抑制、舌根沈下、アナフイラキシーショック、心停止、心室性頻拍、心室性頻脈、悪性症候群とある。

■その他の副作用としては、しやっくり、咳、不整脈、血圧上昇、低下、悪夢、めまい、視覚異常、悪心、嘔吐、発疹などとある。

※いずれの薬にも心臓系や呼吸系の副作用が見られた。

※マイケルに正しい薬の副作用が伝えられ、さらに鎖骨の障害を改善できたら死なず治癒した可能性があったと考えられるのだ!!

++++++++++ 不眠症の原因について  ++++++
★薬で病気は治りません!

★不眠症の原因は重度の肩こりや首こりによる脳内の酸欠である!
★酸素が不足して脳細胞が壊死寸前で異常事態に気がついた状態が不眠症なのである!

★よって睡眠薬で強引に眠らせることは脳細胞を壊死させることになる!

★医者の言いなりに睡眠薬を常用する患者の多くは痴ほう症になるのは、薬で眠らされている間に脳細胞が壊死してゆくことが分からなくなるためなのである!

★しかし、多くの医者は睡眠障害の原因を理解していない!

★そのため対症療法に明け暮れるのだ!

★有名大学の医者だから原因がわかるというものではなく対症療法しか方法が無いと思いこまされているのである!

★対症療法は便利なようだが副作用がからなずある!

★どんな病気にも必ず原因はあるものだ!

★患者はあせらず病気の原因について学習するべきだ!

★本来ならば医学部で病気の研究をするべきなのだろうが、どこの医学部でも国家試験のための受験勉強が先で治すための授業ははない!

★国家試験の問題の多くは病理学など対症療法が主体でほとん役に立たない問題ばかりである!

★医学部の学生はそのために6年間も費やすのだ!

★資格があっても治せないはずなのである!

★したがって、賢い患者は自分で研究し自分で命を守ろうとする!

★当然の選択だ!

★「医者選びも寿命のうちと」はこのことである!

★医者に命を預けるな!

★命は自分で守るものなのである!

★薬を使わず正しい健康管理を行うには予防医学セミナーにご参加ください!

★予防医学セミナーでは免疫の専門医にもできない「総合免疫療法」を学ぶことができます!

★次回の予防医学セミナーは9月20日(日)午前10時より名古屋市東区のウイルあいちにて行います!

★西洋医学に限界や疑問を感じ、安全で実績のある代替療法をお探しの方はぜひご参加ください。

★午後は相談や体験ができます!

★お申し込みはshizen@nrt.ne.jp

★TEL:052-801-7063 までお気軽に!!!



府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、9月20日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 9月20日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2:感染症の盲点、鎖骨をほぐせば病気は治る!
   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

★新型1週間で11万人感染! 

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★新型1週間で11万人感染! 


新型インフル全国流行 1週間で患者11万人

 異例の8月流行期入り 厚労省、注意呼び掛け

2009年8月24日 提供:共同通信社


 全国約5千の医療機関からのインフルエンザ患者報告数が、全国流行開始の指標である1施設当たり1・00人を大きく上回る1・69人になったことが21日、国立感染症研究所のまとめで判明、厚生労働省は「インフルエンザの流行シーズンに入った。

はやっているのは新型」と発表した。

16日までの1週間の患者は推計11万人に上る。

 厚労省によると、8月のインフルエンザ流行期入りは、1987年の調査開始以来初めて。

 記者会見した中嶋建介(なかじま・けんすけ)感染症情報管理室長は「今後大きな流行が発生する可能性がある」とした上で「患者の急激な増加を避けるため、手洗い、うがい、他人にせきやくしゃみを浴びせない『せきエチケット』を徹底し、感染したと思ったら外出を自粛してほしい」と注意を呼び掛けた。

 また、重いインフルエンザ脳症になる子どもの患者が増える恐れもあるとして、発熱やせきなどの症状に加え、呼び掛けに答えなかったり、意味不明な言動がみられたりした場合には、ただちに医療機関で受診するよう求めた。

 学校の夏休みが終わる9月以降の感染拡大も警戒。

地域の感染状況を把握し、臨時休校などの適切な対応を取るよう都道府県に通知する。

 感染研のまとめによると、16日までの1週間に報告された患者は7750人で、1施設当たり1・69人。

7月上旬に増加が始まり、8月に入っても毎週1・7倍前後のペースで急増した。推計患者は前週の約6万人から大幅に増えた。

 1施設当たりの患者数が1・00人を超えたのは26都府県。

中でも突出しているのは沖縄で29・60人。次いで奈良(2・96人)、滋賀(2・48人)、福島(2・45人)、東京、大阪(ともに2・14人)、茨城(2・11人)、高知(2・10人)、埼玉(1・91人)、長野(1・83人)の順。

 感染研感染症情報センターの安井良則(やすい・よしのり)主任研究官は「全国にじわじわと広がっており、学校が再開したら流行に火が付く。

行政や医療機関は、本格的な流行に備えた最後の準備を緊急に進める必要がある。基礎疾患のある人や妊婦など、ハイリスク者が受診できない事態は絶対に避けなければならない」と話した。


++++++++一言言いたい++++++++++
■抗体が無いから感染する!

■これは当然のこと!

■人は生まれながらにして感染する!

■初めての感染はみな抗体がない!

■抗体が無いから感染するのではなく、生活環境も含めて血液が汚れ、自己免疫力の低下や体力の低下が感染拡大の一因であると考えるべき!

■どんな優れたワクチンが開発されても、血液が汚れて、自己免疫力が低下している場合には抗体はできません!

■白血球が元気な環境下で抗体産生の学習をするからです!

■自己免疫力が安定している人には感染症は無害です!

■感染を心配しながら生活しているとそれだけで免疫力が低下します!

■普通の風邪をひいた程度に落ち着いて対応することです!

■とくに鎖骨の歪みは重要です!

■鎖骨が歪むことで胸腺の循環が悪化し、キラーT細胞を作ることができなくなるからです!

■もっとも悪い環境は深夜遅くまで起きてTVゲームをやりながらジャンクフードを食ることです!

■新型に負けない自己免疫力の高め方については予防医学セミナーにご参加ください。

■予防医学セミナーでは免疫の専門医にもできない総合免疫療法を学ぶことができます!

■午後は、健康相談や体験も可能です!

■次回の予防医学セミナーは9月20日名古屋市東区のウイルあいちにて午前10時より行います!

■お申込みやお問い合わせはshizen@nrt.ne.jp

■TEL:052-801-7063 までお気軽に


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、6月21日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年7月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 9月20日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2:感染症の盲点、鎖骨をほぐせば病気は治る!
   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

★トマトが赤くなれば医者は青くなる!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★トマトが赤くなれば医者は青くなる!

★トマトにはグルタミン酸やイノシン酸、アスパラギン酸などのうまみ成分が豊富に含まれており、料理の味を引き立てる効果があります。

★またリコピンという成分が注目されています!

★リコピンは、カロテノイドの中で最も活性酸素の消去能力が強く、βカロテンの2倍以上、ビタミンEの100倍以上の効果があるといわれています。

★米国の研究では、前立腺ガンの患者にリコピンを投与したと
ころ、ガン組織の成長が抑制されたという報告があります。

★また、リコピンがLDL(悪玉コレステロール)の酸化を阻害することから、動脈硬化の進展予防効果が期待できるとする研究報告もあります。

★トマトが赤くなれば医者が青くなるというゆえんです!

★有機の完熟したトマトで酸化した体液を中和して残暑を乗り切っていただきたいものです!

★血液画像分析でもゴテゴテ固まっていた末梢血がトマトとキウイフルーツで作ったジュースを150ccほど飲んだあとでは飲む前と飲んだ後では汚れがなくなりさらさらと流れだすことが確認されております!

★食べ物の見直しだけで病気が治るわけではありませんが、血液が流れやすくなるほど細胞にエネルギーを送ることができることから体調は良くなることは当然です!

★またキウイフルーツには甘味と爽やかな酸味があり、糖質としては、還元糖であるグルコースとフルクトースが多く、糖全体の75~85%を占め、残りの15~25%がスクロースです。

★有機酸としては、クエン酸とキナ酸が多く、それぞれ果実質量の1%前後含む。

★次いで多いのがリンゴ酸で、0.2~0.3%程度含んでいる。

★特に未熟果では酸味が強い。

★また蛋白質分解酵素であるアクチニジンを含むため、食肉軟化剤としての応用や、舌苔除去タブレット(ブレオ)等への利用が行われている。

★果実の生食により、消化促進効果も期待されている。

★ キウイフルーツ果実の食品学的な特徴としては、ビタミンC(アスコルビン酸)含量が多いことや、果実としては珍しくクロロフィルを含むことなどが挙げられる。

★トマトとキウイフルーツのジュースは活性酸素を除去し、夏バテした消火器にパワーを与えます!

★またキウイフルーツの酸味は消化器を刺激するばかりではなく体細胞へ糖分を送る手助けにもなりクエン酸回路が働き安く、エネルギーを大量に作ってくれます!

★陰陽説にばかりこだわらず酵素やクエン酸回路のことも考え自然の恵みに感謝しつついただくことです!

★食べ物と血液の関係について詳しく学びたい方は予防医学セミナーにご参加ください!

★予防医学セミナーでは免疫の専門医にもわからない総合的な視点から体質の仕方を学ぶことができます!


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、6月21日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年7月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 9月20日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2:感染症の盲点、鎖骨をほぐせば病気は治る!
   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

★世界で死者2144人新型インフル!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★世界で死者2144人新型インフル!

★日本でも3人の死者が出た新型インフルエンザ!

★夏から秋にかけて感染が広まる恐れがある!

★国の対策は手洗い、うがい、マスクの徹底である!

★しかし、これだけで終息することは難しい!

★そこで期待されているのが新型用のワクチンの開発である!

★世界保健機関(WHO)は感染の拡大やそれに伴う死亡者、重傷者の増加は避けられないと見ている!

★つまり、ワクチンの開発に時間がかかるというみかたである!

★こんな時でも感染しない人もいる!

★感染しない人は共通して健全な生活習慣をいじしている!

★早寝早起き、適度な運動、小食などに心がけているのだ!

★さらにしっかりした防御対策としては自己免疫力をたかめることです!

★そのためには鎖骨の歪みを改善することです!

★鎖骨が安定することで、キラーT細胞というウイルスを攻撃する細胞を作る組織である胸腺の循環が安定し、必要に応じてキラーT細胞をつくることができるからです!

★しかし、鎖骨が歪んでいる人は胸腺の循環が悪くキラーT細胞を作ることができないのです!

★そのため感染するのです!

★この点世界中の専門家が気が付いていないのです!

★新型インフルばかりかあらゆる病気の予防はきらーT細胞でできるのです!

★キラーT細胞はがん細胞なども攻撃して除去することが知られているからです!

★自己免疫力を高めて病気をなしたいという方は予防医学セミナーにご参加ください!

★予防医学セミナーでは免疫の専門医にもできない総合免疫療法を学ぶことができます!

★総合免疫療法とはあらゆる不調を科学的に調べてそれらのすべてに対応する方法で自然医学総合研究所の登録商標です!

★次回の予防医学セミナーは9月20日名古屋市東区のウイルあいちで午前10時より行います!

★午後は相談会と体験会を行います!

★この機会にぜひご参加してみてください!

★あらゆる病気は全身病であることが理解できます!


★お問い合わせはshizen@nrt.ne.jp

★TEL:052-801-7063までお気軽に!


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、6月21日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年7月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 9月20日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2:感染症の盲点、鎖骨をほぐせば病気は治る!
   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

★トマトが赤くなれば医者は青くなる!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★トマトが赤くなれば医者は青くなる!

★トマトにはグルタミン酸やイノシン酸、アスパラギン酸などのうまみ成分が豊富に含まれており、料理の味を引き立てる効果があります。

★またリコピンという成分が注目されています!

★リコピンは、カロテノイドの中で最も活性酸素の消去能力が強く、βカロテンの2倍以上、ビタミンEの100倍以上の効果があるといわれています。

★米国の研究では、前立腺ガンの患者にリコピンを投与したと
ころ、ガン組織の成長が抑制されたという報告があります。

★また、リコピンがLDL(悪玉コレステロール)の酸化を阻害することから、動脈硬化の進展予防効果が期待できるとする研究報告もあります。

★トマトが赤くなれば医者が青くなるというゆえんです!

★有機の完熟したトマトで酸化した体液を中和して残暑を乗り切っていただきたいものです!

★血液画像分析でもゴテゴテ固まっていた末梢血がトマトとキウイフルーツで作ったジュースを150ccほど飲んだあとでは飲む前と飲んだ後では汚れがなくなりさらさらと流れだすことが確認されております!

★食べ物の見直しだけで病気が治るわけではありませんが、血液が流れやすくなるほど細胞にエネルギーを送ることができることから体調は良くなることは当然です!

★またキウイフルーツには甘味と爽やかな酸味があり、糖質としては、還元糖であるグルコースとフルクトースが多く、糖全体の75~85%を占め、残りの15~25%がスクロースです。

★有機酸としては、クエン酸とキナ酸が多く、それぞれ果実質量の1%前後含む。

★次いで多いのがリンゴ酸で、0.2~0.3%程度含んでいる。

★特に未熟果では酸味が強い。

★また蛋白質分解酵素であるアクチニジンを含むため、食肉軟化剤としての応用や、舌苔除去タブレット(ブレオ)等への利用が行われている。

★果実の生食により、消化促進効果も期待されている。

★ キウイフルーツ果実の食品学的な特徴としては、ビタミンC(アスコルビン酸)含量が多いことや、果実としては珍しくクロロフィルを含むことなどが挙げられる。

★トマトとキウイフルーツのジュースは活性酸素を除去し、夏バテした消火器にパワーを与えます!

★またキウイフルーツの酸味は消化器を刺激するばかりではなく体細胞へ糖分を送る手助けにもなりクエン酸回路が働き安く、エネルギーを大量に作ってくれます!

★陰陽説にばかりこだわらず酵素やクエン酸回路のことも考え自然の恵みに感謝しつついただくことです!

★食べ物と血液の関係について詳しく学びたい方は予防医学セミナーにご参加ください!

★予防医学セミナーでは免疫の専門医にもわからない総合的な視点から体質の仕方を学ぶことができます!


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、6月21日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年7月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 9月20日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2:感染症の盲点、鎖骨をほぐせば病気は治る!
   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

★抗がん剤の副作用!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★抗がん剤の副作用!

★急性リンパ性白血病の薬として抗がん剤(剤悪性主要薬・劇薬)を投与することが常識になっている!

★しかし、その薬の副作用で血小板減少症など重篤な貧血になることが多い!

★急性リンパ性白血球とは、もともと造血の機能が低下し、白血球が減少する病気である!

★減少する原因は、造血ができないことであるが、その理由は過労のため体液が強酸性に傾くことが関わっているが医学的にはこの点完全に盲点となっている!

★がんのため骨髄で造血ができないという医学界の常識は、生理的反応からみて矛盾があります!

★人の造血は、体液が弱アルカリでpHが7,45が正常値でこのような条件下で造血が起こるのです!

★しかし、pHが7,4を下回り7,3代に突入すると、造血の反応を支配するコロニー刺激因子の反応も鈍くなり造血がうまくできなくなるのです!

★がんができたから造血ができないわけではないのです!

★事実、白血病にはがん細胞がありませんし、腫瘍マーカーもありません!

★しかし、抗ガン剤を投与することが常識となっているのです!

★実際に寛解導入をしつつ再発した3年生の子供に「ロイケリン」が投与されていた!

★ロイケリンの副作用には重篤な副作用があります!

★その副作用について述べます!

ロイケリン:抗悪性腫瘍薬、劇薬

※特徴として腫瘍細胞の核酸合成阻害とあるが、実際には健全な細胞の核酸の合成も阻害され重度の貧血に至る。

重大な副作用:骨髄抑制(重篤な貧血)
その他の副作用:肝機能障害(造血障害)、血尿(腎機能障害)、乏尿(排尿障害)、胃腸障害(貧血および体力の低下)、過敏症(血液の酸化)、脱毛(循環障害)などとある

その他メソトレキセート(毎週 木曜日)
・バクター(月、水、金)
・グリチロンが投与されていた!


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、6月21日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年7月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 9月20日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2:感染症の盲点、鎖骨をほぐせば病気は治る!
   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

★大学病院は崩壊する!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★大学病院は崩壊する!

★8割が赤字!

★経済的テコ入れだけでは不十分!

★患者は安全で正しい医療を求めている!

★日本の医学校は国家試験対策という受験校である!

★患者の求める医療は身につけられない!

★アメリカではカイロプラクティックにも国家試験がある!

★しかし、日本の医療教育の現場は明治以降大きな変化はない!

★病状に病名を付けて対症療法のみをを行うための病理学が中心で多くの医者が病気を治せない主因となっている!

★しかし、誰もが生まれながらに自分の力で病気を治す力をもっている!

★それを自然力治癒力というが、血液を浄化し血流を安定させることで結果がでる!

★それは新陳代謝を正しくすることでもあります!

★日本の医学教育が現状のままで治せない医者を大量に増やしたとところで医療費がかさむばかりで医療崩壊は免れない!

★患者の目線に立ち、患者の求める医療を提供できる人材を育てなくてはならない!

★治せる医者を増やすこと、それが本当の改革である!

+++++++++++ 新着情報 ++++++++++ 

8割が赤字、国立大学病院への対策が急務 -国立大学附属病院長会議常置委員会委員長・河野陽一氏に聞く◆Vol.1

地域医療の“最後の砦”を守るため、国会や省庁に要望書を提出

2009年8月18日 聞き手・橋本佳子(m3.com編集長)

 国立大学附属病院長会議は8月4日、文部科学省と厚生労働省に、「国立大学病院関係予算の確保・充実について」と題する要望書を提出した。

国立大学病院は2004年度の法人化以降、運営費交付金は全体で約3分の1まで減額、一方で医療費抑制策が進められ、苦しい病院経営を強いられている。

病院キャッシュフローで見た場合、今年度は42大学中、33大学が赤字になる見込みだ。研究面でも臨床研究論文数が減少。

教育面でも医学部定員増が進められているが、教員の増員はままならず、厳しい運営を強いられている。


 「現状が続けば、国立大学が地域で果たしてきた “最後の砦”としての機能が崩壊する」として要望書を提出した経緯を、常置委員会委員長(千葉大学医学部附属病院院長)の河野陽一氏に聞いた(2009年8月13日にインタビュー)。


--------------------------------------------------------------------------------

「国立大学附属病院は全国各地にあり、地域医療の要となっている」と、大学病院の機能充実の必要性を強調する常置委員会委員長の河野陽一氏。

 ――まずこのタイミングで要望書を出された経緯からお教えください。 

 国立大学は、経営状況や役割をはじめ様々な面で公立・私立大学とは異なります。

国立大学附属病院は42施設ありますが、ほぼ全国的に配置されており、地域医療で重要な役割を担っているわけです。

一方、私立や公立は都市部が中心です。国立大学病院は現在、経営的に厳しい状況にあり、それが今の“医療崩壊”につながっています。

 経営的な問題が生じてきたのは、2004年度の法人化がきっかけです。

法人化の際、各大学は6年を第1期とする「中期目標・中期計画」を立てました。

今年度が最終年で、来年度(2010年度)から第2期に入ります。

 この計画には数値目標も入っています。

第1期では、どんな成果を挙げたのか、その実績評価を踏まえ、第2期にはどんな見直しを行うのか、その議論が昨年から今年にかけて進行しています。

既に昨年度までの「事業報告」は各大学とも国に提出し、第2期の計画の原案も、既にこの6月にまとめています。

今後、国が大学にヒアリングなどを行い、最終的に計画が決定するわけです。

 ――第1期では、「運営費交付金」が年2%減らされましたが、第2期でも運営費交付金が減額されるなどのルールは決まっているのでしょうか。

 まだ明確には決まっていません。いろいろな話が出ていますが、今年末の予算編成時に決まることになるでしょう。

また衆議院議員総選挙を控えており、流動的な部分があります。

 ――第1期では、運営費交付金の減額などで、厳しい経営環境にあるとお聞きしています。

 病院に対する運営費交付金は二種類あり、一つは診療にかかわらない部分、つまり研究などに関連した特定運営費交付金。

この効率化係数は1%で、年1%ずつ削減されています。もう一つは、病院運営費交付金。

病院収入で病院の運営と借入金の返済を賄うのが基本ですが、その差、つまり病院収入では賄えない部分について運営費交付金を出すという考えにより交付されています。

病院運営費交付金は、2003年度の病院収入を実績とし、その2%を経営改善係数として課されています。

言い換えれば、収入の2%相当分の運営費交付金が毎年減らされる仕組みになっています。

 その結果、2004年度は国立大学病院全体で584億円だった運営費交付金は、この6年間で3分の1の207億円にまで減らされました(国立大学附属病院長会議が8月4日に提出した資料の一部:PDF:約1MB)。

病院のキャッシュフローで見た場合、2007年度は42大学中28大学、2008年度は30大学が赤字です。

2009年度は33大学、赤字総額は150億円強になる見込みです。これは半端な額ではありません(編集部注:42大学全体の2009年度の病院収入は約7394億円)。

千葉大は、赤字病院には含まれませんが、これは非常な緊縮予算を組んだためです。

今年下半期での新型インフルエンザの影響が懸念されます。

 また病院の建て替え費用は、1割だけは国の施設整備費が下りますが、残る9割は病院の負担。

一方、他の学部の場合は、100%国の負担です。また医療機器は日々進歩します。

どんな医療機器を使えるかどうかが、その病院の診療レベルを左右しますが、これは一部を除き100%病院の負担です。

 ――ただ私立大学の場合、建物や設備機器などへの補助はありません。

 実際に診察している患者層の違いがあります。

先ほども言いましたが、私立大学は都市部が中心であるのに対して、国立大学はほぼ全都道府県にあり、地域医療の担い手です。

不採算医療は国立大学に集約化されているのが現状です。

 ――特定機能病院の入院部門の診療報酬はDPC(診断群分類包括評価)です。

今回の要望書に、救急車で搬送した入院患者あるいは緊急入院の患者の在院日数別の収支データを出しており、「救急入院初日の収支は大きくマイナスであり、その不採算額が入院10日後も回復できない状況になっている」といったデータを出されたとお聞きしました。

 DPCでは、救急入院のほか、外科手術、かなり高度の手術では不採算なものが多いのが現状です。

「国立大学病院1施設当たりの症例数が一般病院の3倍以上」の疾病のDPCを見ると、赤字になるケースがほとんどです。

また抗がん剤やエイズ治療薬などの高価な新薬を使う場合も、不採算になるケースが多い。

「働けど、働けど」、非常に忙しい思いをしても、それが収入にはつながらない。治療をすれば治療するほど、赤字になるという悪循環です。

 ――運営費交付金が減額される一方で、医療費抑制政策が続いていたわけです。

その結果、何が起こったのでしょうか。

  結局、収入がない、経営が厳しいとなると、稼がなければならない。

つまり、診療に重点的に取り組み、多くの患者さんを診察しなければならなくなった。

こうした経営重視の運営体制下で、研究や教育もやらなければいけないので、医師は長時間労働、過重労働になるわけです。

 これは従来からのことですが、大学病院の給与は、民間よりも安い。

それでも医師はなぜ大学に籍を置いているのか。

それは研究をはじめ、大学病院でしかできないことが多々あるからです。

しかし、例えば、主要な医学論文誌3誌(NEJM、Lancet、JAMA)の臨床研究の論文数を見ると、1993年-1997年(論文数122本)と1998-2002年(同183本)は、日本は世界で12位だったのですが、2003-2007年は18位(同74本)まで低下しているという報告があります。

 大学病院が担うべき役割は、高度医療、臨床研究・開発、教育など、様々ありますが、法人化により、大学病院が大学病院としての役割を担えなくなってしまったのが現状です。

つまり法人化以降、大学病院に籍を置く理由が失われたわけで、若手医師を中心に“大学離れ”が生じてしまった。

 このままいけば、日本の臨床研究・開発能力は低下し、医療の国際競争力の低下にもつながりかねません。

その結果、将来的には新薬をはじめ、すべて輸入せざるを得ない状況になる懸念もあります。

高いパテント料を支払い、新薬などを導入する時代になれば、医療費も当然、高騰します。

これは非常に悪循環です。

 ――現在、医学部定員増の方向に進められていますが、教員数は増えないのでしょうか。

 医学部定員増で多少増えた分がありますが、一方で国の機関は「総定員法」で人員が減らされる方向にあり、国立大学も例外ではありません。

増えた途端、この総定員法で減らされるという状況です。

 ――結局、国立大学病院が果たすべき役割は何か。そこにどの程度、財源を投入するかという議論になるのではないでしょうか。

 その通りです。教育、研究、診療を担っているわけですが、教育・研究の重要性は言うまでもありません。

さらに、地域医療の担い手としての役割も以前にも増して高まっているのではないでしょうか。

「一県一医大」構想で広げたように、全国、特に地方都市の医療は国立大学が担っているのが現実です。

昨今の医師不足、“医療崩壊”の折、国立大学がうまく機能しなくなれば、日本の医療もうまく行かなくなると言ってもいいでしょう。

 さらに今の時代は、どんな地域であっても、患者さんはある程度以上のレベルの医療を望むわけです。

国立大学が各地にできたことによって、地域で高度医療も含め、完結できる体制が整ってきた。

地域のニーズは高まるばかりで、それを国立大学が中心に担ってきているわけですが、今の諸制度で国立大学の運営が難しくなれば、地域で確立されたあるレベルでの完結型の医療が皆、崩壊しかねません。

+++++++++一言言いたい++++++++++
■国際的にはアメリカのハーバード大学など一流の医学部で自然治癒の研究がおこなわれている!

■しかし、日本で自然治癒をテーマに積極的に研究している国立大学はほとんどない!

■あったとしても予算は少なく個人的なレベルである!

■10年後20年後団塊の世代が70歳80歳と高齢化してゆくことが明らかな現実の中で、予防医学に予算を計上できていないのは政治の盲点である!

■西洋医学の治療に限界を感じた患者は安全な代替療法を求めて医療難民となっている!

■患者は治れば何でもいいからだ!

■自然治癒力で病気を治したいとお考えの方は予防医学セミナーにご参加ください!

■予防医学セミナーでは免疫の専門医でもできない総合免疫療法を学ぶことができます!

■総合免疫療法とは肉体のあらゆる異常を瞬時に探し、それらのすべてに自然療法で対応する独自の方法で、自然医学総合研究所の登録商標です!

■予防医学セミナーへのご案内やや病気の相談に関してはshizen@nrt.ne.jpへ

■お急ぎの連絡は携帯:090-5861-4489まで


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、6月21日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年7月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 9月20日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2:感染症の盲点、鎖骨をほぐせば病気は治る!
   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

★夏インフル、200倍!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★夏インフル、200倍!

★鎖骨ほぐしでウイルス対策!

★鎖骨ほぐしで胸腺の機能が回復する!

★胸腺の機能が回復することで健全なキラーT細胞やヘルパーT細胞が必要に応じて作られる!

★キラー細胞はウイルスやウイルスに感染した細胞ばかりかがん化した不要な細胞を攻撃して除去します!

★問題は過剰なストレスを受け続けることで骨格が歪み血管や神経やリンパ管が圧迫されて発病しているが、医学的にはほとんど研究されていないところにあります!

++++++++++ 新着情報 ++++++++++

一般医療ニュース

夏インフル、200倍 新型猛威、新学期要警戒 クローズアップ2009

2009年8月15日 提供:毎日新聞社


クローズアップ2009:夏インフル、200倍 新型猛威、新学期要警戒



 <世の中ナビ NEWS NAVIGATOR>

 真夏なのにインフルエンザの感染拡大が止まらない。

7月末-8月上旬、国立感染症研究所に報告された週単位の患者数は、最大で例年の200倍に達した。

季節性インフルエンザが夏にこれほど流行するとは考えにくく、ほとんどは新型とみられる。

子どもの重症患者も現れ始め、秋以降のまん延が懸念される。世界では死者が既に約1500人に達し、各国が警戒を強めている。【江口一、ジュネーブ澤田克己】

 例年、夏にはインフルエンザ患者の発生が収まる。

高温で多湿な環境ではウイルスの活動が鈍るためと考えられている。しかし、今年は様相が違う。

 全国約5000カ所の「インフルエンザ定点医療機関」が7月27日-8月2日に国立感染症研究所に報告した患者数は2655人に上り、前週の1312人から倍増した。

例年のこの時期は毎週13-500人にとどまっており、異例の多さだ。

 「夏に患者の発生が続くのは、多くの人が免疫を持たない新型インフルエンザの特徴。

スペイン風邪(1918-19年)もアジア風邪(57年)もそうだった」。

インフルエンザに詳しい根路銘(ねろめ)国昭・生物資源研究所長は指摘する。

報告は季節性と新型とを区別していないが、新型の患者が大半であることは間違いなさそうだ。

 1医療機関あたりの報告数が1人を超えると全国的な流行が始まったと判断されるが、同期間中の報告は0・56人。

7月5日までの1週間の0・16人から4週連続で増加した。

 国は新型について、7月下旬に全患者数の把握をやめたが、現状は週あたり全国で推計2万-3万人の患者が発生している状況という。

最近は学生の部活動などでの集団感染も目立ち、厚生労働省によると、8月3-9日の集団感染は554件に上った。

 北里大医学部の和田耕治助教(公衆衛生)は現在の状況を「感染の火種が各地でくすぶっている。

夏休みが終わって子どもたちが学校に戻る9月以降、全国的な流行が急に始まって学級閉鎖が多発するおそれがある」と話す。

根路銘所長も「この冬は週あたり100万人以上の新型患者が発生する大流行になってもおかしくない」と指摘する。

 ◇南半球、新型>季節性

 世界保健機関(WHO)によると、新型インフルエンザの感染は170カ国・地域以上に広がっている。

6日時点で報告された患者は17万7457人、死者は1462人。

全患者の検体検査実施を放棄した国が多いため、実際の患者はもっと多いという。

南半球では今年、季節性を抑える形で新型が猛威を振るった。

WHOは、これから流行シーズンになる北半球でも、同じ傾向で流行する恐れがあるとして警戒を強めている。

 北半球では北米と欧州で依然として新たな地域への感染が拡大している。

季節性の流行が年に何回か起きる熱帯地域でも現在、タイやインドなどいくつかの国で新型の感染が広がっている。

南半球は既に季節性のシーズンの終わりを迎えつつあり、新型の流行もピークを越えた模様だ。

 WHOは現在、症状の重さなどに関する分析を進めているが、現時点では「季節性よりわずかに症状が重い」程度だという。

 一方、新型による死者は、最初の流行地を抱える北米・中南米が1274人と飛び抜けて多い。

アジア太平洋地域は計126人、欧州は53人。アフリカは1例にとどまっている。

 WHOの担当官は「人口比でみると、どの国も似たような割合で死者が出ている。

患者が多いのに死者が出ていない日本は非常に珍しいケースだ。タミフルを積極的に使っていることと関連があるのかもしれない」と話している。

 ◇「普通の風邪ではない」--大部分は軽症だが…

 季節性インフルエンザの場合、合併症を含めると、日本では年間1万人前後が死亡しているという研究もある。

ほとんどの人が免疫を持たない新型が大流行した場合、季節性を超える患者が重症化するおそれも指摘されている。

専門家は「決して普通の風邪ではない」と警戒を呼びかけている。

 岡部信彦・国立感染症研究所感染症情報センター長によると、海外の状況から導いた新型の死亡率は約0・45%で、季節性の「0・1%未満」より高い。

死亡例を分析すると、ウイルス性肺炎が大半。重症者の多くはぜんそくや糖尿病などの基礎疾患がある人や肥満の人、妊婦などだ。

リスクが高いこれらの人は特に持病の治療や手洗い、うがい、ワクチン接種などの基本的な感染防止策が重要だ。

 厚労省や自治体によると、国内で人工呼吸器が必要になった重症の新型患者は少なくとも4人。

うち急性脳症、肺炎を併発した小児が1人ずついた。

 浦島充佳・東京慈恵会医科大准教授(疫学)は「新型の感染者も、大部分は軽症で済むか無症状のままではないか」と過度に恐れる必要がないことを強調しつつ、急性脳症については「1-7歳前後までの発症が比較的多い」と注意喚起した。

 菅谷憲夫・けいゆう病院小児科部長も「小児の脳症は一定の割合で避けられない。

進行が早いため、けいれんや意識障害など疑わしい症状があれば、なるべく早く治療を受けることが重要だ」と呼びかけている。

 切り札の新型用ワクチンは国内では10月にも供給開始され、国内生産量は1400万-1700万人分の見通し。

不足も予想され、接種の優先順位が課題になる。

WHOは医療従事者を最優先するよう勧告しているが厚労省は「だれから優先的に接種するか、接種時期までに国民にオープンな議論をして決めたい」(結核感染症課)としている。

++++++++++ 一言言いたい ++++++++++

■長期間化学療法に依存することは自己免疫力を破壊することになり、いざという時に体を守ることができません!

■タミフルもリレンザも同じ様な副作用があり、けっして安全なものではありません!

■ほとんどの病院では薬の副作用をすべて記載せず、重篤な部分を削除して渡しています!

■化学療法を選択されている場合には速やかにすべての副作用を調べることが重要です!

■どんな病気にも必ず原因はあるものです!

■感染症を誘発する一因として夜更かしが挙げられますが、この点について指摘する医療従事者はほとんどおりません!

■夜更かしすることで体液が酸化します!

■体液が酸化することで血液の機能が低下し、免疫力が下がるのです!

■免疫力が低下することでウイルスを攻撃することができなくなるのです!

■したがって、どれほど病院で薬漬になっても、自己免疫力も低下させられるため肺炎などの感染症を誘発することになります!


■どんな病気でも、あせらず、原因から改善することです!

■自然治癒力について詳しく学びたい方は予防医学セミナーにご参加ください!

■予防医学セミナーでは免疫の専門医にもできない総合免疫療法を学ぶことができます!

■一般的に免疫療法と言えば食事療法や温熱療法や自分の血液を取り出しで増やすことなどが知られていますが、知名度の割にあまり効果は期待できません。

■その原因は、体液の酸化という病気の本質を軽視して、対症療法に明け暮れていることにあります。



府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、6月21日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年7月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 9月20日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2:感染症の盲点、鎖骨をほぐせば病気は治る!
   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:shiro@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。


★群馬大学で医者が感染!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★群馬大学で医者が感染!

群馬大付属病院で医師ら新型インフルエンザ集団感染か
2009年8月11日 提供:毎日新聞社


新型インフルエンザ:群馬大付属病院で医師ら集団感染か /群馬


 群馬大医学部付属病院(石川治院長)は10日、男性の研修医2人と女性の看護師4人の計6人が、新型インフルエンザに感染した疑いがあると発表した。

院内での感染拡大を防ぐため、同病院は同日付で危機対策本部を設置するとともに、県や前橋市保健所に届け出た。

 同病院によると、6人は消化器外科に勤務し、8日から38度台の発熱などの症状が出て、簡易検査を実施したところ、A型インフルエンザの陽性反応を示した。

新型インフルエンザへの感染も疑われるため、感染拡大を防ぐため6人を自宅待機にした。

 さらに消化器外科では新規の入院患者について、緊急性のある患者を6人がいた階とは別の階で受け入れるなどの対応を取る。これまでのところ、院内の患者への感染は確認されていないという。

 同病院は、新型インフルエンザなどの感染症を専門に診察する感染症指定医療機関になっている。【庄司哲也】


+++++++一言いいたい +++++++++
■新型は医者を好むのか?

■季節外れの新型インフルエンザはまだまだ治まる気配は無いようである!

■手洗い、マスク、うがいを慣行していた病院でも医師や看護師に感染したという!

■あてにならない予防法ということか!

■ウイルス感染ばかりか、他のほとんどすべての病気は患者側に原因があるものです!

■感染症の場合は過労のため体液が酸化し、免疫の細胞が不機嫌になっています!

■そのため、ウイルスが侵入してきても防御できないのです!

■その結果感染するのです!

■したがって、感染症を完全に防御するには疲れを取り除き免疫の細胞を元気にすることです!

■しかし、西洋医学の常識では血液の質を確認することはまれで、ほとんどが数の検査しか行われておりません!

■私のこれまでの研究によれば、どんな病でも、病気に負ける時は免疫の細胞である白血球の動きが鈍いのです!

■また、逆に病気に勝つときは、白血球は必ず元気になって活性型に戻ります!

■白血球が活性型になるということは、生体の生理的反応などホルモンバランスや骨代謝など生体の生理的反応が正常に働くようになります!

■したがって、活性型の白血球が全身くまなく循環できるように体調を管理することが重要なのです。

■西洋医学の治療に疑問を感じている方や安全で確かな代替医療をお探しの方は予防医学セミナーにご参加ください。

■予防医学セミナーでは医者にもできない総合免疫療法の成果をお伝えすることができます!

■病気を治す体の仕組みが理解できるまで学ぶことができます!

■お問い合わせはshizen@nrt.ne.jp

■TEL:052-801-7063まで

■なお8月17日までお休みいたします!

■お休み機関の緊急連絡は090-5861-4489携帯まで

府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、6月21日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年7月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 9月20日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2:感染症の盲点、鎖骨をほぐせば病気は治る!
   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:shiro@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。


病気の治療で重傷!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★病気の治療で重傷!

★茨城の脳症男児は「重症」

★新型インフルで国内初

2009年8月13日 提供:共同通信社


 厚生労働省は12日、新型インフルエンザ感染が確認されインフルエンザ脳症と診断された茨城県の4歳男児について、重症との見解を示した。

 国内の新型インフルエンザ患者の重症例は初めて。

 厚労省は、男児が人工呼吸器を装着し、集中治療室(ICU)で治療を受けていることから重症と判断した。

 男児は引き続きICUで治療を受けており、意識障害が続いているという。

 男児は9日朝からせきの症状があり、10日朝に38・5度の熱があった。

同日午後に救急車で病院に搬送。

けいれん発作や意識障害があり、抗けいれん薬の投与も受けた。

 インフルエンザ脳症は、インフルエンザに感染した乳幼児が突然けいれんを起こして、意識障害が急速に進行する。

国内では季節性インフルエンザで年間百人程度の報告があり、死亡するケースもある。

 厚労省は「新型でも脳症が起こるので注意してほしい」と話している。

+++++++++ 一言いいたい ++++++++
■インフルエンザ脳症は間違いなく「医原病」である!

■インフルエンザで高熱が続き痙攣するケースもすくなくない!

■痙攣や発作は疲れすぎて体液が酸化しているときの症状である!

■ゆえに薬草やハーブを使い体液を中和することと足やモモを軽くマッサージをしてあげることで発熱は治まる!

■薬を使わず、自己免疫を抑制せず、血液を浄化し、逆に活性化することで白血球が元気になり、ウイルスをキラーT細胞やNKキラー細胞が攻撃し撃退します。

■その後に抗体がつくられ、記憶細胞に記憶され二度と同じウイルスに感染しなくなるのです!

■それを、小児科で受診することで、タミフルやリレンザで熱を下げようとして強引に免疫を抑制することからウイルスを殺す前に己の免疫の細胞が殺され、自律神経が不調になることで呼吸が不安定になり悪化させられるのである!

■タミフルばかりではなくリレンザにも同じ副作用がたくさんある!

■しかし、日本の医者の多くはリレンザは有効とし、正しい副作用を伝えておりません!

■薬の売上を高めるためにたくさんの薬を飲ませようとすると思われてもしかたありません!

■タミフルの消費がほとんど日本のみであった事実からも欧米では感染症ごときに薬漬けにすることはありません。

■日本の医者がそのまま欧米で開業したとしたら即医師免許剥奪されるといわれるほど対応の仕方が異なるのです!

■人命が尊重され、患者が優位なのです!

■日本の医療は患者の希望を無視したものが多く欧米の対応とは真逆です!

■ゆえに、西洋医学に疑問を持つ人が多くなり西洋医学離れが始まっているのです!

■人の病気は、ほとんどが生活習慣病です!

■風邪は食養生をせず、夜型の人に多く感染しています!

■自己を守るには安易に医者に命を預けてはいけないということのようである!

■感染症の予防や発熱の対策は予防医学セミナーにご参加ください!

■予防医学セミナーでは医者にもできない完璧な自己免疫療法を学ぶことができます!

■次回の予防医学セミナーは名古屋市東区のウイルあいちにて午前10時より行ます!

■お申し込みはshizen@nrt.ne.jp

■TEL:052-801-7063まで

■本日14日より17日までお休みいたします1

■急な相談は携帯:090-5861-4489大沼まで

■9割の病気は医者がいなくても治るようになっているのです!

■人の健康に最も危険なことは免疫を抑制することです!

■医者選びも寿命のうち!

■君子危うきに近寄らずということのようです!

■日本人の死亡原因のトップががんで死亡者の3割を超えているのも子供のころから解熱鎮痛剤に依存し免疫を弱くすることを選択する患者が多いからです!

■ゆえに、賢い患者は医者から離れ薬から離れ、解毒し、自己免疫力を高めて治しているのです!




府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、6月21日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年7月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 9月20日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2:感染症の盲点、鎖骨をほぐせば病気は治る!
   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:shiro@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。


★薬好きにワクチンはきかない!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★薬好きにワクチンはきかない!

★免疫抑制療法がインフルエンザワクチンの効果を弱める!

★狼瘡の抑制剤がワクチンを無効にする!

★狼瘡とは背中が異常に張り、肝臓や胆のうの働きが悪く脂肪の分解ができず、血管がもろくなり、狼にかまれた後にできる様な顔面の浸食性紅班性潰瘍のこと!

★その治療薬がインフルエンザ予防接種の効果を鈍らせることが明らかになった!

+++++++++ 新着情報 ++++++

2009年8月12日 提供:WebMD

狼瘡に対する免疫抑制療法がインフルエンザワクチンの効果を弱める

Daniel J. DeNoon

【7月30日】狼瘡に対する免疫抑制薬がインフルエンザワクチンの効果を弱めることがオランダの研究で警告されている。

狼瘡患者が免疫抑制薬を使用中にインフルエンザ予防接種を受けた場合、インフルエンザ合併症を発症しやすい可能性がある。

狼瘡患者は非自己免疫疾患集団と比べて、インフルエンザが重症化し、死に至ることが多い。

幸いにも狼瘡(医学的には全身性エリテマトーデス(SLE)という)患者にとってインフルエンザワクチンは安全である。

狼瘡患者では予防効果は低いが、インフルエンザワクチンによってインフルエンザを予防できるという強力な証拠がある。

フローニンゲン大学(オランダ)のAlbert Holvast, MDらは狼瘡患者54例と健康患者54例においてインフルエンザに対する免疫反応を検討した。

以前の研究では、狼瘡患者はインフルエンザ予防接種後の保護抗体価が低いことが明らかになった。

今回の新しい研究では、狼瘡患者ではインフルエンザワクチンに対する細胞媒介性免疫反応(免疫系の別の攻撃手段)も低いことが明らかになった。

狼瘡に対する免疫抑制療法を受ける患者は、インフルエンザ予防接種に対する免疫応答が特に低かった。

「より効果的なインフルエンザワクチンまたは予防接種法が必要かどうかを評価するため、インフルエンザ予防接種後のSLE患者におけるインフルエンザに対する臨床的保護の評価が必要であると思われる」

ワクチンにより引き起こされる免疫反応の強度と範囲を高めるためにアジュバントと呼ばれる免疫強化物質が開発されている。

米国ではこのようなアジュバントは承認されていないが、欧州ではいくつかの製品が使用されている。

Holvastらの知見は『Arthritis & Rheumatism』8月号に掲載されている。

++++++++++ 一言言いたい +++++++
■薬は毒だ!

■どんな薬にも必ず副作用はあります!

■最も消費量の多い解熱鎮痛剤にも重大な副作用はある!

■風邪薬でもがんは作られます!

■抗がん剤や利尿剤や睡眠薬や抗生剤などにはさらに恐ろしい副作用があります。

■免疫を抑制するということは白血球の機能を低下させることであり、自律神経の反応やホルモン反応など生体に直接かかわる反応が弱くなります。

■まして抗がん剤は戦時中に大量虐殺を目的に作られた毒ガスからつくられたものですから骨髄移植前に大量に致死量がいれられ亡くなるケースが後を絶たない!

■日本人の死亡の半数以上が、がんと心臓疾患と脳卒中である!

■これらの病気の背景にはいつも使う痛みどめや血圧降圧剤や抗コレステロール薬などの薬の副作用が必ずかかわっている!

■薬の副作用で新たな病気がつくられることを「薬原病」と呼び病院で新たに病気がつくられることを「医原病」と呼びます!

■どんな病気にも必ず原因はあるものですが、西洋医学の視点は極端に狭く、医者の頭も固すぎて原因を理解できる医者はほとんどおりません!

■生活習慣病で医者に命を預けてはいけません!

■また、インフルエンザごときでワクチンに依存することも後々新たな病気をよびよせる原因になります!

■どんな病気も過剰なストレスと生活習慣の過ちが絡みあってできているのです!

■したがって、本当の予防は自身の生活習慣の見直しからはじまるのです!

■予防の仕方を学びたい方は予防医学セミナーにご参加ください。

■予防医学セミナーでは医師にもわからない総合免疫療法を学ぶことができます!

■次回の予防医学セミナーは9月20日午前10時より孫や市東区のウイルあいちにて行います!

■お問い合わせshizen@nrt.ne.jpまで

■TEL:052-801-7063まで



府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、6月21日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年7月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 9月20日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2:感染症の盲点、鎖骨をほぐせば病気は治る!
   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:shiro@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。


★不妊症の盲点!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★不妊症の盲点!

★近年日本の若い夫婦は結婚して子供を求めているにもかかわらず2年以内に子宝に恵まれないケースが多くなっています!

★3組にひと組からふた組にひと組、などと言われるほど子供の数が減少していますが、正しくは晩婚化や未婚派が多くなり、実際には10組中人組の割合と言われています!

★不妊症の定義は、「健康な男女が子供を望んで性行為を行っているにもかかわらず、2年以上赤ちゃんができない」ことです。


★そして、一度「不妊症」と病名が付けられると「不妊治療」の対象にされホルモン療法から最終的には「人口受精」が選択されることになります!

★問題はホルモン療法にも人口受精にも恐ろしい副作用があることですが、本音を語る医師は少ないのです!

★ホルモン療法の副作用とは、もともと貧血気味で低体温で卵巣や子宮の循環障害による情勢側の原因にものと、精子減少症や精子不活性という男性側の原因を見落として、低体温の女性を対象としてホルモン剤を用いて強引に卵子を作ろうとすることである!

★その結果、卵子ではなく腹部に腫瘍ができることが少なくありません!

★ホルモン剤を2年以上使うことででがんになるのです!

★また、人口受精では、精子不活性を見落として精子を注射器で卵子に強引に入れて受精させていますが、この副作用には流産があります!

★人口受精の正確な確率は10分の1ですから10回の人口受精のうち9回は流産することになり、女性の体も精神もボロボロにされてしまいます!

★そんな、緊張した生活で生交渉をしても循環障害が悪化するばかりです!

★こんな時、人口受精をあきらめた途端に恵まれたというケースが少なくありません!

★リラックスすることで循環が改善され自然な状態で妊娠できるようになることがあるからです!

★つまり、不妊症の根本的な原因は女性の貧血や低体温や男性側の精子不活性にあったのですから女性の体を温かくなるように食事療法や温熱療法やとくにストレスで歪んだ骨盤の改善を行うことで受精率が驚くほど高くなります!

★また男性側の精子不活性は、近年とても多くなり人口受精の対象にもなっています!

★精子が不活性ということは、元気がなく卵子まで到達できない弱い精子しかできないということで不妊治療では必ず精子を注射器で卵子の中に注入するのです!

★問題は男性側の骨盤の歪みが真因です!

★男性の骨盤の歪みが大きくなることで精子を活性化する臓器である前立腺の循環が生涯され精子が不活性のまま放出されるのです!

★妊娠の条件は精子の数ではなく、少なくても元気な精子が卵子の膜をとおりぬけて受精することです!

★しかし、人口受精を選択する多くの夫婦の場合女性の冷え性と男性の精子不活性が見落としされているのです!

★よって、気が狂うほどのダメージを受けながら人口受精に臨むのです!

★したがって、自然受精を望むならば、夫婦二人の体質を改善することを優先しなくてはなりません!

★昔なら、近所の噂になり、井戸端会議のテーマになるほど珍しい不妊症です!

★ところが今は当たり前の出来事として認識され病気として対応されるのです!

★あせらず英知を振り絞り何が原因なのかを探ることです!

★その点不妊治療の専門医に相談しても正しい答えを得ることができません!

★なぜならば、冷え性も精子不活性も理解できていないからです!

★不妊症の原因とは専門医の目に届かないところに原因があるのです!

★したがって、あわてて不妊治療を選択することではなく総合免疫療法で体質を改善し、自然受精を選択することです!

★総合免疫療法とはストレスで酸化した血液を安全な方法で浄化し、白血球を活性化する方法です!

★白血球が活性化することで精子も活性化されます!

★なぜならば、卵子も精子もの血液からできるからです!

★健全な血液の状態に改善し、かつ、骨盤の歪みを改善するのです!

★骨盤の歪みは、骨盤内臓神経という、副交感神経の伝達を傷害し、骨盤内臓の循環障害の原因となっています!

★しかし、こんな基本的なな問題も人口受精の羨門医には理解できません!

★医学部で学習されていないからです!

★男女問わず生殖能力を高めるには血液を浄化し、骨盤の歪みを改善し、骨盤内臓神経の伝達がうまくいくように神経管の圧迫を取り除くことです!

★健全な血液が生殖器に循環するだけで自然受精が成り立つのです!

★民主党のマニュフェストに効果がある治療は保険適応にするという一文が加えられました!

★総合免疫療法で効果を実証し、保健適応に推薦していただきたいものです!

★不妊症の治療に疑問のある方や安産で子供に恵まれたいという夫婦はぜひ予防医学セミナーにご参加ください!

★予防医学セミナーでは医師の視野ではわからない原因について学習することができます!

★次回の予防医学セミナーは9月20日(日)名古屋市東区ウイルあいちにて午前10時より行います!

★お問い合わせはshizen@nrt.ne.jp

★TEL:052-801-7063までお気軽に!



府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、6月21日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年7月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 9月20日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2:感染症の盲点、鎖骨をほぐせば病気は治る!
   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:shiro@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。


★“医療崩壊”の真因!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★“医療崩壊”の真因!

★どんな病気にも原因はある!

★日本の医療は明治以降西洋医学一遍倒であった!

★原因を軽視して対症療法を繰り返してきた!

★過剰なストレスを受けて発症しているが、医学的な対応はない!

★またどんな病気にも免疫の不調がかかわるが臨床には生かされていない!

★100年も前から伝承されてきた対症療法のみである!

★過剰なストレスは血液を汚し骨格を歪める!

★歪んだ骨格が血管や神経やリンパ管まで圧迫する!

★血管が圧迫されると血圧を上げて末端まで血液を届けようとする


★これを本態性高血圧症として生涯薬漬けにする!

★降圧剤は二通り使われ、利尿剤系の薬には再生不良性貧血という白血病を誘発する副作用がある!

★事実近年やたらと成人の白血病が目立つようになったのもこの薬が一因である!

★またもう一方の薬にはなんと脳内出血がある!

★日本人の三大疾病の一つに脳卒中があるがこの原因にも血圧降圧剤の副作用がかかわっていると考えられるのだ!

★このような見方で再確認すると三大疾病の一位である悪性新生物(がん)の発症原因にも同じことが言える!

■子供のころから常用してきた解熱鎮痛剤や免疫抑制剤がかかわっていると言えるからである!

★ちなみに二位の心臓疾患の原因は肉食を過食し血栓体質になりかつ、過剰なストレスのため鎖骨が歪み心臓から出た大血管が圧迫され心臓に逆流することで心疾患が発症している!

★三大疾病は日本人の死因の6割を占めている!

★そのおよそ半数以上に常用している化学薬品の副作用がかかわっていると考えられるのである!

★このような状態で同じ感覚の医者を増やすだけでいいのだろうか?

★対症療法のみの医者が医療不信をつくり患者がはなれて医療崩壊したのではないのか?

★総選挙後の日本はどうなるのだろうか?

+++++++新着情報を読む+++++++++

スペシャル企画

衆議院議員総選挙2009

自民、民主党ともに“医療崩壊”の本質を理解せず◆Vol.5

マニフェスト作成・実施に必要なのは、国民の英知を広く求める姿勢

2009年8月10日 原中勝征(茨城県医師会会長)

--------------------------------------------------------------------------------

 今度の総選挙に臨む各政党の医療・介護に対するマニフェスト読むと、文章的には大変似ていることを感じる。

裏を返せば、現在の「医療崩壊」を認め、国民の最も不安に感じている年金問題を含めた「国民の生活保障」が争点になっていると言える。

 自民党は7月30日、民主党(7月27日)より遅れてマニフェストを発表した。

「生活を支えるしくみのマイナスを改め、プラスへ」の項に

(1)70歳現役時代―生涯現役社会の実現へ 、

(2)老後の安心を支え続ける年金制度の充実強化へ

(3)医療・介護サービスを、もっと身近に。安心と満足が、全国どこでも受けられる健康長寿社会へ、という文字が記されている。

医師の増員も挙げている。

さらに、民主党と同様、大学病院、社会保険病院、厚生年金病院については地域医療における重要性を述べ存続すること、診療報酬は「骨太の方針」を凍結して増額改定すると述べているが、その目的は従来通り救急、産科および地域医療を確保するためとしている。

しかし、数字などの具体策が全く見えない。

 4年前の総選挙時の「自民党公約2005」、いわゆる小泉改革の120項目の4つの大きな柱として、「官のスリム化により少子高齢化の下でも、年金・医療など社会保障の充実を可能に」が掲げたが、実際には全く反対の政策を実行し、「消えた年金」、「医療崩壊」を生じさせた。

しかし、今回のマニフェストで、政府の最優先政策として位置づけられた社会保障費年2200億円削減をはじめ、医師増員、医療費の凍結や増額を掲げたのは、従来の自民党の政策と正反対になっている。

この方向転換は選挙対策のためか、従来の医療政策の間違いを認めたのか、説明がほしいものである。

 すなわち、このたびのマニフェスト合戦は、自民党政権が作ってきた社会保障や「医療崩壊」の修正案である。

ただし、政治家が官僚任せの結果であったことの反省が全く見られない。

一方、野党はすべて「後期高齢者医療制度」は年齢による人間差別として廃止を掲げており、廃止による国民保険への資金援助を盛り込んだことは大切なことである。

 次に、民主党のマニフェストの内容を見ると、党を挙げて議論されたとは思えない。医療の現状は複雑であり、現場の一部を強調しても医療は良くなるどころか、かえって混乱してしまう。

誤解に満ちた中央社会保険医療協議会(中医協)の改革案、地域医療が病院だけで持っているような内容や米国的なメディカルスクール案などである。

期待される民主党である。もっと広く深い知識で政策を作ってほしいものである。

 また、民主党はキャッチフレーズ「誰もが安心して暮らせる社会」の中で、年金について一元化して月額7万円を最低保障することと、社会保障費2200万円削減をしないことを明示している。

医療介護については、国民皆保険の堅持からすれば、7万円は現在の特別養護老人ホームの自己負担分に相当し、最低の生活保障かと思われる。

医学部定員を1.5倍にして医師数を先進国並みにすることと看護職員などの増員、介護職員の処遇改善を述べているが、この数がわが国に本当に必要な数なのか、医療費や現場検証を検証しつつ見直しが必要になると思われる。

 さらに主要政策のポイントを見ると、救急、産科、小児、外科、そしてへき地の医師不足の解消とその方策、地域医療崩壊を防ぐための医療費増額、医師派遣センターの設置、そして厚生年金・社会保険病院の地域医療に重要な病院として原則公的病院として存続、国民健康保険財政の地域格差の是正などが盛り込んである。

自民・公明党、そして民主党双方とも、これらは現在の問題点の指摘であり、地域医療の将来像が見られないことが残念である。

すなわち、地域医療の中核ともいえる診療所、中小・慢性期病院について一行も記されていないことは不安を感じる。

マニフェストにおける「地域医療」の意味は、急性期病院と同意語と感じられる。

地域医療は急性期病院だけでなく、慢性期病院、そして診療所すべての医療機関が連携して成り立つものであり、現在すべての医療機関が崩壊の危機に瀕していることへの配慮が見えない。

自民・公明党、民主党の双方とも、「医療崩壊」の本質を理解していないのではないかと思われてならない。

 そのほか、民主党は、医療費の包括化について述べているが、例外規定を設けることも今後必要だろう。

自民・公明党、民主党の大きな違いとして、医療費の財源が挙げられる。

将来は消費税を含めた国民の負担増は避けられないことは明らかだと思う。

しかし、現在国民の多くは、消えた年金、官僚の天下り、特別会計の存在、雇用法拡大による生活不安が解消されない限り、増税には否定的であると思われる。

今回の総選挙で期待されている政権交代の意味がここにあるとすれば、当面民主党が公約している、この困難な改革の実行を支持したいと思う。

 政権の担当経験のない民主党、さらに新人が多く入る新しい与党が誕生したとき、いくら立派なマニフェストを掲げようとも必ず壁に突き当たるに違いない。

そのときこそ国民の英知を求める姿勢が最も大切であり、政治が国民のものであることの原点に帰することが、国民から期待された政権交代であると評価されるであろう。

 最後に、他の政党のマニフェストを見ると、公明党は結党以来、生活重視を掲げている。

また、社民党はセフティーネットの中に具体的数値はないが医師・スタッフの増員、療養病床やリハビリの制限の中止などが入れている。

そして、共産党の主張は医師会の主張に近いと思われる。二大政党の流れの中で、党の存亡をかけて書いたマニフェストと思われた。

インデックス
衆議院議員総選挙2009

自民、民主党ともに“医療崩壊”の本質を理解せず◆Vol.52009/8/10
「これがマニフェストと言えるのか」、酷評相次ぐ◆Vol.42009/8/6
総医療費の増額、医療従事者の増員が最大の争点◆Vol.32009/8/5
「中福祉・中負担」目指す、自民党マニフェスト公表◆Vol.22009/8/1
「医師養成数1.5倍」を公約、民主党マニフェスト公表◆Vol.12009/7/28

++++++++一言いいたい++++++++
■民主党の政策では医者を現状の1,5倍にして欧米並みに医師数を増やして解消するというものである!

■しかし、欧米と日本では食べ物も違い同じ環境ではない!

■通常、欧米人は肉を主食にし野菜が少ない食事をしている!

■日本には世界的にも例がなく野菜が豊富である!

■これだけでも発症率が少なくなる!

■具体的には長野モデルである!

■長野県は日本で最も医療費が少なく、高齢者の就業率が高い!

■長野県は日本でも水や空気がきれいでおいしい野菜が豊富な県である!

■医者を増やす前に全国に長野モデルを浸透させるべきではなかろうか!

■今回の総選挙bではどちらが勝っても医療問題は解決しない様に思う!

■ゆえに賢い患者は自らの力で医療を選び自己免疫療法で克服する道を選ぶ!

■自己免疫療法について詳しく学びたい方は予防医学セミナーにご参加ください!

■予防医学セミナーでは独自に開発した「総合免疫療法」を学ぶことができます!

■次回の予防医学セミナーは9月20日(日)名古屋市東区のウイルあいちで午前10時より行います!

■お申し込みはshizen@nrt.ne.jp

■TEL:052-801-7063まで

■総合免疫療法は自然医学総合研究所の登録商標です!


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、6月21日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年7月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 9月20日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2:感染症の盲点、鎖骨をほぐせば病気は治る!
   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:shiro@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。


★米国における補完代替医療の普及 !

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★米国における補完代替医療の普及 !


米国の人々に補完代替医療の普及をまざまざと見せつけたのは1993年に発表されたハーバード大学の研究でした。

彼らの調査によれば、何と米国人の3人のうち1人は過去1年の間に何らかの補完代替医療を受け、かかりつけの医師よりも補完代替医療の施術者のほうにより多くかかっているという驚くべき実態が示されたのです。

この論文は「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」という世界屈指の医学誌に発表され、マスメディアもこぞってこの衝撃を報道しました。

米国政府はこの新しい時代の傾向をいち早くとらえていました。1992年、米国はNIH(国立衛生研究所)の中に補完代替医療局という小さな部局を設け、補完代替医療を科学的に研究し評価する作業を始めました。

安全性に問題があれば国民に警報を伝え、安全で有効ならどんどん活用すればいい、というスタンスです。

予算額も当初は約2億円という控えめなものでしたが、年を追って補完代替医療局は拡大の一途をたどり、1998年にはNCCAM(国立補完代替医療センター)と名前を改称して国立医療センターの一つに位置づけられました。

いまや年間予算も130億円超、豊富な研究費を活用してビタミン・ハーブ・その他のサプリメントや鍼灸・磁気療法のような各種治療法に至るまで、様々な補完代替医療の研究を推進しており、科学的な根拠を提供し続けています。

国会議員もすぐに動きました。米国議会は1994年にダイエタリー・サプリメント健康教育法(DSHEA)を成立させ、食品の中にダイエタリー・サプリメント(以下簡単に「サプリメント」と呼びます)という新たなカテゴリーを設けました。

これはサプリメント製品に「カルシウムは骨の形成維持に役立ち骨粗しょう症のリスクを減らすことがあります」などの効能効果を表示することを許し、それによって栄養と健康について国民を教育し意識を高め、生活習慣病などを未然に予防して、結果として国の医療費増大を抑えよう、という法案です

。こうして法的な環境が整い、医薬品産業や食品産業がこの分野に参入し、サプリメント製品が爆発的に市場に出回るようになりました。

現代医学の側も、こういう動きの影響を受けずにはいられませんでした。患者たちはサプリメントや他の医療についてかかりつけの医師に質問しアドバイスを求めるようになりました。

当初は無視していた医師も、求めが増えるにつれて次第に補完代替医療について勉強せざるを得なくなり、やがて有効例を見聞する機会も増え、科学的な研究報告も目にするようになりました。

こうして医師の中には補完代替医療を積極的に自分の診療の一部に取り入れる人々も現れてきました。

大学もまた補完代替医療へのニーズに迅速に対応しました。

アメリカ医科大学協会の125大学のうち82大学が補完代替医療についての授業や卒後教育コースを設け、ハーバード大学・スタンフォード大学・コロンビア大学などの超一流大学が補完代替医療研究センターを設立しました。

一般開業医ばかりでなく大病院や大学病院までが「統合医療」と標榜してカイロプラクティクス・鍼灸・ヨガ・マッサージ・瞑想などの専門家を抱え、どんな医療でも提供します、と患者を集めることが盛んになってきました。
(米国補完代替医療より)

++++++++++ 一言いいたい +++++++++++
■日本の医者の多くは自然治癒力に関心がないようである!

■アメリカとの大きな違いはハーバード大学などのトップレベルの大学が積極的に取り組んで代替医療の研究をしているのに対して、日本では金沢大学が頂点となり、統合医療学会が認可されたがなかなか広まらない!

■アメリカではカイロプラクティックは医療として公認されているが日本では認可されていない!

■アメリカでは病気にさせないことを目標に国家の戦略として位置づけて国家的な規模で代替医療が研究の対象とされたが日本では軽視され続けている!

■日本の政治家には病人半減政策を理解できないのだろうか?

■それとも医師会に遠慮しているのであろうか?

■20年後団塊の世代が80歳になり老人医療費が膨らみ医療費は50兆円とも予想されている!

■今後10年間を予防医学の時代として老人はもとより若い世代にも生活習慣を見直しさせ患者を半減する様に企画実行しなくては間に合わないはず!

■しかし、こんどの総選挙のマニュフェクトにも「予防医療政策」や「患者半減政策」を掲げた政党はない!

■日本の政治家は時代の先が読めない目の不自由な役者ばかりの様だといわれても仕方ないようである!

■ゆえに、賢い日本の患者は医療を離れて難民となりながら自己治癒力で対応し、無政府状態である!

■国民は20年後の時代を予測し、政治家の適応能力を見直して選択するべきかもしれない!

■高血圧の薬のように生涯薬漬けにされ、その薬の副作用で白血病や脳内出血を起こしていることを国民は知る権利がある!

■しかし、日本の国立病院を始め公立病院でさえ処方箋に正しく副作用のすべては記載されていない!

■そのため日本人は国際的にも珍しく薬好きなのである!

■薬好きな日本では、日々病院で新たな病気がつくられているのである!

■これを「薬事行政」といい、薬が売れればいいという明治以降の国の政策である!

■薬は病状を抑える目的で開発されたもので病気を治すものではない!

■どんな病気にも必ず原因はあるものです!

■自然治癒力の上手な高め方は予防医学セミナーにご参加ください!

■予防医学セミナーでは医者も知らない 「総合免疫療法」について学ぶことができます!

■お問い合わせは shizen @nrt.ne.jp TEL:052-801-7063 までお気軽に!

府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、6月21日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 9月20日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2:感染症の盲点、鎖骨をほぐせば病気は治る!
   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:shiro@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。


★薬価の矛盾!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★薬価の矛盾!

一般医療ニュース

成分同じなのに薬価100倍超、パーキンソン病新薬

2009年8月7日 提供:読売新聞


 難病のパーキンソン病の新薬として、大日本住友製薬(大阪市)が今年3月に発売した「トレリーフ」が、同社が以前から同一成分で販売している抗てんかん薬「エクセグラン」の100倍以上の価格で販売されている。

 既存の薬が、別の病気への効能が認められ、新しい商品名で認可される例はあるが、医療関係者からは「臨床試験に費用がかかるとはいえ、100倍もの価格差はおかしい」との声が出ている。

 トレリーフは、脳内神経伝達物質の働きを強める作用がある「ゾニサミド」を有効成分とし、薬価は1錠(25ミリ・グラム)1084・9円。成分が同じエクセグラン1錠(100ミリ・グラム)38・5円と比べ、同じ量で比べた価格差は112・7倍だ。

 薬は病気ごとに認可され、薬価は製薬会社の申請に基づき厚生労働相の諮問機関「中央社会保険医療協議会」が算定する。

厚労省医政局は「用量、用法が大きく異なるため、トレリーフは他の抗てんかん薬ではなく、類似のパーキンソン病治療薬と比較して算定する方が適切と判断された」とする。

 同社は「エクセグランの臨床試験を独自に重ねた結果、パーキンソン病への効能が判明したため、別の新薬として承認申請し、認められた」と説明する。

 パーキンソン病は、医療費の大半が公費補助される特定疾患の一つで、認定患者は2007年度末で約9万2000人。

 患者の1人で、脳挫傷後のてんかん予防にエクセグランを1日4錠服用しているという東京都世田谷区の女性(56)は、「1日の薬代はエクセグランは154円だが、トレリーフだと16錠で1万7000円になる」と話す。

公費補助で自己負担はないというが、「その分は国民負担」と戸惑いも示す。

 同一成分で名前が変わる代表例として、「メトトレキサート」(一般名)がある。

白血病治療薬(2・5ミリ・グラム)だと45・9円だが、関節リウマチ薬(2ミリ・グラム)では344・3円。

同一量での価格差は約9・4倍。

 国立精神・神経センター病院の村田美穂・神経内科医長の話「ゾニサミドは安く、パーキンソン病にも使いやすいと思い臨床試験にもかかわった。

公費補助対象外の軽症患者はトレリーフに手を出しにくいと感じるのではないか」

 神経内科医でもある山田浩・静岡県立大薬学部教授の話「同じ成分でこれほど価格差が生じた例は聞いたことがない。

薬価は本来、開発経費で決まるもの。

経費などを無視して価格設定する状況は改善すべきだ」

++++++++++++++++++ 一言いいたい ++++++++++++++++++++
■化学薬品はは基本的に毒です!

■エクセグランもトレリーフも同じ成分で劇薬です。

■副作用には重篤なものが多く、再生不良性貧血(白血病を誘発)や無顆粒球症、赤芽球癆、血小板減少症、急性じん不全、間質性肺炎、肝機能障害、黄疸、腎臓結石、尿路結石、無気力、視覚障害、食欲不振、血液障害、中毒性表皮壊死症、剥脱性皮膚炎、排尿障害、失禁などがある。

■また、本当の薬は生薬です!

■人類は太古の昔から病になると身の回りの草根木皮で自らを癒してきました。

■その歴史は4千年以上であることが確認されています。

■多くのメディカルハーブは、中国漢方やアーユルベーダなどの伝統医療に組み込まれていましたし、あるいは先祖から伝えられる民間療法として使用されてきました。

■ところが近代医学が台頭し、合成の化学薬品の登場により、ハーブは一時忘れ去られました。

■化学薬品の歴史はまだまだ短く、世界で最初の化学薬品であるアスピリンが発明されたのは1800年代のこと。

■このアスピリンでさえ元はといえばある植物柳の葉から抽出された成分を人工的に合成したものなのです。

■その後次々と新しい化学薬品が開発され現在に至ります。

■しかし、ごく最近では、社会環境や疾病構造の変化によって再びハーブの利用が脚光を浴びつつあります。

■世界レベルでは、人類の健康維持と管理に、地球の恵みであるハーブの利用を積極化しようという動きがあります。

■特に途上にある国々のように化学薬品が不足している地域へも安価に供給できるとしてWHOもハーブの利用を見直しています。

■さらには抗がん剤など化学薬品の限界から、補完代替医療の一貫としてメディカルハーブも脚光をあびはじめています(1980年代から顕著)。

■日本でも医療費負担の増加や高齢者の急増など社会的環境の変化に伴い、自らの健康は自らで管理するという自己管理の時代を迎え、本格的なハーブの認知と普及が望まれています。
 (代替補完医療より)

■健康は自然の恵みが豊なほど恵まれます。

■化学の力では生命をはぐくむことはできません。

■おいしい水、有機の食材、温暖な気候、豊かな対人関係など私たちを取り巻く平和な社会環境に恵まれたものが健康で長生きできるのです。

■食材にこだわらず、夜更かしし、心配、不安、悩みの中でうずもれている人は健康にはなれません。

■ほとんどの病気は生活習慣病です。

■ゆえに病名に左右されず生活習慣を見直すことが重要なのです。

■血液を浄化し歪みを改善し、循環障害を克服することで病気はきえるのです!

■自然治癒の原理について詳しく学びたい方は予防医学セミナーにご参加ください。

■予防医学セミナーでは医学部でも学習できない実践的な指導が受けられます。

■次回の予防医学セミナーは9月20日名古屋市東区ウイルあいち」にて午前10時から行います。

■お問い合わせは shizen@nrt.ne.jp

■電話:052-801-7063まで


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、6月21日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年7月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 9月20日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2:感染症の盲点、鎖骨をほぐせば病気は治る!
   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:shiro@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。


★医者を増やせば病人も増える?

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★医者を増やせば病人も増える ?

★医者を増やせば病人も増えるという説もある中総選挙が行われる!

★衆議院議員総選挙2009の行方はどうなるのだろうか?

★医者を増やせば病人も増えるという説は本当なのだろうか?

★その根拠として、第一に08年度の日本の医療費は34兆円ということで毎年確実に増加しています!

★1955年以降急激に医療費も増えて医師数も患者数も増えています!

★常識では、患者が増えるから医者を増やすと考えがちである!

★しかし、どうやらそればかりではないようである!

★毎年増え続ける医療費の3分の1に相当する11兆円以上がなんとなんと「抗高血圧」の”薬代”であるという!

★原因不明の高血圧症のため生涯薬を飲むように医者は指導している!

★しかし、抗高血圧剤には重篤な副作用があって新たな病気が作られているという!

★この真実を知る人は少ない様である!

★そんな中で衆議院議員総選挙がおこなわれるのだ!

★民主党は政権交代をしたいばかりに医師会が喜びそうな政策を出している!

★医者を増やせば医療費も増える!

★20年後には医療費だけで50兆円とも試算され消費税を15%くらいに想定している!

★最大の争点は医療費の増加とその財源だろう!

★欧米の流れとは食い違い逆行しているように思う!

★患者のための医療ではなく政治家のための医療のようである!

++++++新着情報++++++++++++

総医療費の増額、医療従事者の増員が最大の争点!

自民・民主のマニフェストには大きな相違、

医師は自律性を持ち判断を

2009年8月5日 上昌広(東京大学医科学研究所先端医療社会コミュニケーションシステム社会連携研究部門准教授)


--------------------------------------------------------------------------------

 7月27日に民主党、31日に自民党のマニフェストがそれぞれ公表された。

日本人が初めて経験する政権選択選挙である。両党の主張をじっくりと検証してみたい。

 【総括】
 自民党、民主党ともに、医療を含めた社会保障政策を重視している。両党とも優先分野は、ムダ削減、教育、医療である。

医療に関しては、マスメディアの報道を見聞きする限り、両党の主張は同じように見える。

しかしながら、両党のマニフェストには大きな差がある。

 まず、両党のホームページを見れば、民主党は自民党よりもはるかに医療にウエイトを置いていることがわかる。

例えば、民主党のホームページでは「マニフェスト」、「政策集INDEX2009」とは別に、6ページにわたる「医療政策<詳細版>」をアップし、細かな点まで方針を表明している。

一方、自民党のホームページには「マニフェスト要約版」(PDF:2.73KB)、「政策BANK」(PDF:4.87KB)が掲載されているが、その中で医療に関する記載は、A4判1ページ弱である。

 また、民主党は、マニフェストの冒頭で、予算・工程表、さらに財源を説明しているが、自民党は、これらに関して情報を提供していない。

民主党は、医療(後期高齢者制度を除き)に関して最初の2年で1.2兆円、その後は1.6兆円の予算を確保することを表明している。

民主党によれば、4年後の2013年度には、全体で16.8兆円の財源確保が必要になるが、公共事業費を毎年4%、人件費を毎年5%、補助金や施設費を毎年3%削減し、さらに埋蔵金活用や税制優遇見直しで対応すると説明している。

 民主党の説明は一応、辻褄は合っている。しかしながら、政権担当経験のない民主党の実行力に、多くの国民が疑問を持っていることは否定できない。

特に予定通り財源が確保できるかは、不安の声が強い。

筆者も同感だ。しかしながら、これは、民主党が政権を獲得した場合、行動で示す以外にない。

ダメなら、次の選挙で下野するしかない。余談だが、最近流行の「事業棚おろし」が、厚生労働省、農林水産省、国土交通省などの巨大「事業」官庁で行われたという話は聞かない。

事業棚卸しで有名な団体が持ちかけても、官僚と族議員の抵抗で頓挫したと聞く。

このような官庁に、どの程度のムダがあるか、国民は誰もわからない。

 一方、自民党のマニフェストは準備不足の感が否めない。

予算、財源、工程表を明記していないことは、国民に対して不誠実な態度と言われても仕方がない。

総選挙までに、さらに詳細な方針を提示してほしいものだ。

 【筆者の現状分析】
 我が国の医療制度は破綻寸前である。

この事態は、救急患者の“たらい回し”、病院倒産、産科崩壊などの報道を通じ、国民のコンセンサスとなっている。

 我が国の医療崩壊は、1980年代の中曽根政権以降の行財政改革の一環として遂行された医療費抑制政策の結果である。

このような政策は、オイルショック以降、国民医療費の伸びがGDPの伸びを上回った多くの先進国で受け入れられたもので、我が国では、国鉄や電電公社の民営化などと連動した行政改革の一環と見なすべきである。

 この政策の理論的根拠は「医療費亡国論」である。

医療費により国家が破産しないようにするため、医療費の抑制が求められ、「医学部削減閣議決定」「地域医療計画による病床規制」「中医協事務局の権限強化(従来の日医・自民党族議員主導から厚労省医系技官への権力移行)」という「国家統制」を通じて実行された。

一連の政策により、我が国の医療の価格競争力は高まり、世界で最も効率的な医療制度となった。

一方、厚労省は巨大な許認可権を獲得し、腐敗が目立つようになった。診療報酬を削り、補助金を増やすことで、医療現場が厚労省にこびる構造ができ上がったのである。

供給が不足している領域で、国家による規制が腐敗を生む構造は、旧ソ連や戦後の闇市と同じである。

 医療に対する与党の姿勢は、中曽根政権から安倍政権まで「ムダの排除」で一貫していた。

この姿勢が転換したのは福田政権である。

救急患者の“たらい回し”、病院閉鎖、お産難民、がん難民が、国民的な関心となり、医師不足を公に認め、2008年の骨太の方針では、医学部定員削減の閣議決定を撤回した。

この際の、舛添要一厚労大臣のリーダーシップは、既に多くのメディアで報道され、高く評価されている。

しかしながら、舛添氏の考えは、自民党全体のコンセンサスとはならず、自民党内では、社会保障のあり方について、試行錯誤が続いている。

 【解決すべき問題点】
 我が国の医療現場の、短期課題には地方の医療崩壊の是正である。この原因は、医療提供者の不足、および診療報酬が安いために病院の経営が不安定なことである。

この問題を解決するためには、医療従事者の増員、および総医療費の増額が必要になる。

筆者は、これが、今回の選挙の争点と考える。一方、長期的な課題は負担と受益の関係の見直しである。

次回の総選挙まで、時間をかけた議論が必要だ。

 【総医療費】
 この点について、自民党は立場を鮮明にしていない。「政策BANK」の中で、「これまでにない思い切った補正予算を通じ、地域医療の再生や…」と示すだけである。

厚労省が提案し、今年度の補正予算で3100億円が計上された「地域医療再生基金」のことを示すのであろう。

しかしながら、この政策は、あくまで補正予算レベルの話であり、総選挙で呈示すべき中期的展望を示すものではない。

 一方、民主党はマニフェストの中で、「自公政権が続けてきた社会保障費2200億円の削減方針を撤回」し、「総医療費対GDP比をOECD加盟国平均まで」引き上げることを明言している。

さらに、マニフェストの中で、総額2兆円の医療費増を訴えている。その内訳は、後期高齢者医療制度対策として8500億円、診療報酬増額・医師養成として9000億円、新型インフルエンザやがん対策として3000億円である。

 3000億円の地域医療再生予算を獲得した舛添厚労大臣、自民党厚労族の手腕は高く評価するが、民主党の2兆円投入という方針と比較すれば、どうしても色あせて見える。

既得権に縛られた長期政権内での予算再編と比較して、政権交代のもたらす効果ははるかに大きそうである。

 ちなみに、政権交代により、医療費が大幅に増額されたという構図は1997年の英国と同じである。

サッチャー政権以来の国民医療費の抑制により、がん患者の長期間の入院待ちなどが社会問題化した英国では、保守党が下野し、ブレア首相が率いる労働党が政権に就いた。

英国での医療改革については、既に多くの研究が発表されているが、そのポイントは、政治主導、医療費の大幅増、現場への権限委譲である。

我が国と英国の軌跡が酷似していると感じるのは、筆者だけではあるまい。

 【地域医療対策】
 自民・民主党ともに、地域医療対策に力を入れているが、その仕組みは異なる。

自民党は3100億円の基金を準備し、二次医療圏を中心とした地域に30億、ないし100億円を補助金で分配することを目指している。

補助金を用いた医療支援のあり方は、これまでに天下りなどの多くの弊害が指摘されている。

また、厚労省の補助金事業は、執行率が低いことが問題視されている。

今回の場合、単年度の補助金ではなく、翌年度に繰り越しが可能になる基金とすることで、運用はさらに不透明になる。

 一方、民主党は診療報酬の増額を訴えている。

民主党議員の説明によれば、地域中核病院の診療報酬を20%増額することを考えているようである。

これに要する財源は8000億円。筆者は、自民党が提唱する基金より、診療報酬の増額に賛成である。

なぜなら、診療報酬は患者の権限を強化することで、患者に選ばれた病院にお金が流れる構造になるからだ。

診療報酬収入は補助金と違い、院長決裁で、事務職員や看護師の雇用にも、先端医療機器の購入にも自由に使うことができる。

 【開業医への対応】
 民主党が打ち出した病院の機能強化は、地域医療の崩壊を考えた場合、即効性が期待できる解決策だ。

しかしながら、病院への予算の集中投下は、開業医の反発を招く可能性がある。

事実、自民党は、「地域医療再生基金」の配布先として、病院と開業医を区別していない。

これは、日本医師会への配慮と考えるのが自然だ。

 ちなみに、開業医の診療報酬を病院と同様に20%増額した場合、必要な財源は2兆円から6兆円に跳ね上がり、実現不可能だ。どうしても、「選択と集中」が必要だ

。病院対策にウエイトを置いた民主党は、開業医対策として、外来管理加算の「5分ルール」の撤廃やレセプトオンライン請求の「完全義務化」を「原則化」に改めると明言した。

開業医の診療報酬問題は、次の総選挙の宿題となった。

 このような状況を考えた場合、「与党を支持する」と公言してはばからない日本医師会は兎も角、地域に密着した郡市医師会が、自民・民主のメッセージに対して、どのような反応を示すかは興味深い。

医療界の自律が問われていると言っても過言ではない。

 【医師不足問題】
 両党とも医師の増員を主張しているが、その政治的主張には大きな隔たりがある。

 まず、自民党は「政策BANK」の中で、「今年度は医学部定員を約700人増員したが、今後も医療確保のために、医師数を増やす」と述べている。

従来、医師数の抑制に努めてきた自民党は、2008年福田政権下での「骨太の改革」で、1982年の医学部定員削減の閣議決定を見直し、方向転換した。

同年8月には、舛添厚労大臣が主導した「安心と希望の医療確保ビジョン」具体化に関する検討会にて、医学部定員を10年間で50%増員する方針を打ち出した(舛添ビジョン)。

この方法に従えば、我が国の高齢化がピークを迎える2030年に医師数は20%増員され、人口1000人当たり2.4人となる。これは、現在の英国・米国並みである。

 このような動きを受け、自民党は2008年、2009年に予算措置という形で、合計約700人の医学部定員を増やしてきた。

今回の選挙では、自民党が「舛添ビジョン」をどのように取り扱うかが注目されたが、具体的な数値目標は明示されなかった。

この事実は、「舛添ビジョン」が自民党のコンセンサスとはなっていないことを意味する。

また、長年にわたり医師偏在説に固執し、医師不足を深刻化させた問題について、与党としての総括がなされなかったことは残念である。

 一方、民主党は、マニフェストの中で「OECD平均の人口当たり医師数を目指し、医師養成数を1.5倍とする」と明記している。

「舛添ビジョン」での提言を、民主党が踏襲した形になっている。この問題については、民主党の主張の方が説得力がある。

 余談であるが、民主党の「政策INDEX2009」には、現役医師の有効活用策として、地域医療計画の抜本的見直し、国公立病院の定員増、国公立病院の兼業(アルバイト)解禁が示されている。

これは、即効性のある医師不足対策であり、診療報酬の上積みにより対応が可能になると思われる。

 また、「舛添ビジョン」報告書で提言された、ドクターフィー制度の導入という、開業医と勤務医のあり方を抜本的に変える施策については、自民党、民主党ともに触れていない。

議論不十分と判断したのであろう。

 【医療事故】
 診療関連死の死因究明などを行う第三者機関である、“医療事故調”の設置は、2007年3月以降、医療界を二分して議論された重要課題である。

厚労省、自民党の厚労族は、法案提出を繰り返して主張してきたが、今回のマニフェストでは、自民党はこの問題に触れていない。

自民党は、マニフェストから除外し、国民の信を問わなかった理由についての説明が求められる。

 一方、民主党は「政策集INDEX2009」の「医療の安心・納得・安全」という項目の中に、従来から主張してきた医療対話仲介者(メディエーター)の配置、死因究明の努力、医療事故発生時の調査委員会の設置などを盛り込んでいる。

これは、足立信也・参議院議員が取りまとめた「医療の納得・安全法案(仮称)」と同じ内容である。また、無過失保障制度を産科以外に拡張することを主張している。

 このように、民主党は従来の主張を繰り返しているが、医療事故問題について予算措置を表明しておらず、総選挙後の早い段階で法案提出する意志があるか、否かは不明である。

 【新型インフルエンザ対策】
 この秋にも予想される第二波に備え、総選挙後の臨時国会で白熱した議論が予想される分野である。

 自民党は、院内感染対策の徹底、基礎疾患を有する方や医療従事者等の感染防止強化、重症患者に対する適切な医療提供体制の確保、サーベイランスの実施、ワクチンの製造と公的助成を挙げている。

この方向性は正しく、新型インフルエンザ騒動の初期に目立った医系技官の迷走を修正したようである。

 一方、民主党は自民党と同様の主張に加え、東アジアの連携体制構築、官邸・各省・国立感染研・区立国際医療センター・大学・自治体の連携強化、行動計画の全面見直し、検疫法改正、輸血を介した感染防止のための新技術(不活化技術)の導入を掲げている。

何れも重要な論点であり、在野の医師たちが訴えてきたことを取り込み、具体的な提言となっている。

 【その他】
 ほかにも、国立大学病院、ナショナルセンターの赤字問題、臨床研修問題、専門医問題、高額療養費制度などに関して、民主党は突っ込んだ見解を示している。

例えば、臨床研修問題では、「医師不足が顕著になると、今度は実質上1年の義務化へと見直し、研修医を地域医療に従事させようとしています。

これは大変な誤りです。

」と断言している。民主党が政権を取れば、医療行政のあり方は抜本的に見直されることになるだろう。ぜひ各党のマニフェストを、ご一読をお薦めする。

筆者プロフィール
上 昌広(かみ まさひろ)氏
1993年東京大学医学部卒。97年同大学院修了。医学博士。虎の門病院、国立がんセンターにて造血器悪性腫瘍の臨床研究に従事。2005年より東大医科研探索医療ヒューマンネットワークシステムを主宰し、医療ガバナンスを研究。帝京大学医療情報システム研究センター客員教授、コラボクリニック顧問、周産期医療の崩壊をくい止める会事務局長、現場からの医療改革推進協議会事務局長を務める。

インデックス
衆議院議員総選挙2009

総医療費の増額、医療従事者の増員が最大の争点2009/8/5
「中福祉・中負担」目指す、自民党マニフェスト公表◆Vol.22009/8/1
「医師養成数1.5倍」を公約、民主党マニフェスト公表◆Vol.12009/7/28

++++++++++++ 一言言いたい ++++++++++++++++++++++
■10年後の日本は団塊の世代が70歳20年後には80歳と高齢化し患者数も増えると予測されている!

■実際に産科医などが不足し、医師不足が社会の不安を押し上げているようである!

■医者を増やせば安心できるように思われる!

■しかし、問題はなぜ人は病気になるのかという原因について研究が遅れているように思うのである!

■アメリカでは30年も前に国家的な規模で病気の原因を調べて病気の原因は「生活習慣」にあることが膨大な研究の結果報告されている!

■それがマクガバンレポートであることは周知の通りである!

■しかし、アメリカがそのレポートを出した後各国が追試をし生活習慣を正すべく改善をしていく中で先進国では日本だけが追試をしていなかったようである!

■その結果、日本は国際的な現象として患者数が減少している中、昔ながらの栄養学や対症療法蚤の対応しかなく、病人が増えていることは民間のレベルでは常識である!

■しかし、日本医師会は民間療法を容認するほどの柔軟性がなく30年以上も医療改革が遅れているのが現状である!

■予想では民主党が圧勝するのであろうが、患者と医師会のご機嫌をとるだけの政策では日本は医療費で崩壊することになります!

■どんな病気にも原因があります!

■多くの病気は原因から治すことができるのです!

■具体的には生活習慣を見直し、血液を浄化し体の歪みを取り除くことで血管や神経の圧迫を取り除くことで毛がな治るように体は生まれ変わるのです!

■この原理を知る人は生涯病気にならずに済むのです!

■予防医学セミナーでは医学部でも学んでいない「自然治癒の原理」を学ぶことができます!

■次回の予防医学セミナーは9月20日名古屋市東区の「ウイルあいち」にて午前10時より行います。

■テーマは「9割の病気は自己治癒力で治る治せる完治する」で講師は自然医学総合研究所の所長大沼四廊と元岐阜県立多治見病院外科部長の酒匂毅先生です!

■お問い合わせは:shizen@nrt.ne.jp

■TEL:052-801-7063です。



府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、6月21日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年7月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 9月20日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2:感染症の盲点、鎖骨をほぐせば病気は治る!
   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:shiro@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。


★白血病はがんではない!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★白血病はがんではない!

★白血病にがん細胞はない!

★芽球は白血球が生まれたばかりのものでがんではない!

★発芽した白血球が体液の酸化の影響を受けたために成長が止まったものである!

★グリベックは白血球の数を減少する薬だが原因を治す薬ではない!

★薬で減少することよりも疲れを癒し体液の酸化を中和することで芽球は順調に白血球へと成長する!

★この点、血液の形を学ぶ形態学では理解できず、血液の変化を確認するために血液動態学を選択する必要がある!

★しかし、現状世界中の医学教育では血液形態学が中心のため変化を知る医者はほとんどいない!

★人間の血液は環境や生活習慣を改めることでどんどん変化する!

★ゆえに、自然治癒も存在しているのです!

★国際的に自然治癒を研究してきたアメリカのアンドルー・ワイル博士は合衆国議会「がんの代替療法研究委員会」の評議員でもあり、日本にも多大な影響を与えている!

★しかし、日本では代替療法を研究する医者は数少なく、明治以降続いてきた薬事行政が今だ中心なのである!

+++++++++新着情報+++++++++++++

医療費、出し渋る日本 

Dr.中川のがんから死生をみつめる/17

2009年8月4日 提供:毎日新聞社


Dr.中川のがんから死生をみつめる:/17 医療費、出し渋る日本



 がんの完治の定義はありません。再発の危険は、治療から月日がたてばたつほど減っていきますが、たとえば乳がんでは、20年後に再発することも決してまれとは言えません。

あるいは、もともと完治が難しく、一生付き合っていかなければならないがんもあります。

結核などの感染症と違って、がんという病気の難しいところです。

 一生涯にわたって治療を続けなければならないがんの場合、問題になるのが治療費です。

たとえば、白血病の一種「慢性骨髄性白血病」は、かつてリスクの高い骨髄移植を受けないかぎり、死に至る病気とされてきました。

しかし20年ほど前、新しい治療薬「インターフェロン」が登場し、長生きできる患者さんが、わずかながら出てきました。

さらに01年には、白血病の原因となる異常なたんぱく質を選択的に抑える画期的な分子標的治療薬「グリベック」が発売され、長期に生存できる患者さんが急増しました。

 ところが、グリベックは服薬を一生続けねばなりませんし、薬代も非常に高額になります。保険がききますが、自己負担が3割の場合、毎月11万6000円程度の支払いになります。

高額療養費制度を使っても、毎月4万4400円を自己負担しなければならないため、年間およそ53万円の負担になります。

もし20歳代で発症すると、一生で何千万円もかかる可能性があります。

 フランス、イギリス、イタリアといった、多くのヨーロッパ諸国では、がんの医療費は、公的保険でカバーされていて、患者さんの自己負担はありません。

世界に誇る「国民皆保険制度」を持つ日本も、この点は及びません。

 そもそも日本は医療にお金をかけていません。

我が国の国内総生産に対する医療費の割合は約8%です。

米国の17%の半分以下で、先進7カ国の最下位です。

医師や看護師の数もやはり7カ国中最下位ですが、公共事業への支出割合はトップです。

 命より道路を優先してよいはずはありません。

必要なお金を、きめ細かく医療にかけること、たとえば、がん医療費を支援することが、国民の生活を守ることにつながるはずです。

(中川恵一・東京大付属病院准教授、緩和ケア診療部長)

++++++++++++++++++++++++
■日本人の多くは、病気になれば大病院へ行き、医者が病気を治すものと錯覚しています!

■しかし、医学が発達した現在も白血病をがんとして認識し夜学療法が横行し、副作用で貧血になり、血小板が減少し、免疫抑制効果で肺炎などを感染し、命を無駄に落とすケースが少なく無いのです!

■白血病はがんではありません!

■疲れをとれば治る病気です!

■危険な化学療法を選択する前に、あせらず原因を考えて正しい判断をして医療の選択をしてほしいものです!

■白血病は怖い病気ではありません!

■疲れをかさみ、風邪をこじらせたようなものです!

■ゆえに、疲れをとれば治るのです!

■人の遺伝子は体液の強酸性化で傷つきますが、しかし、体液の酸化を中和することで遺伝子の修復酵素リガーゼなどが働くことで治るのです!

■自然治癒には原理があるのです!

■したがって、この原理を知ることで予防し、病気にならない生き方ができるのです!

■団塊の世代初め高齢者の方が予防医学を実践していただくことで病人が半減するのです!

■代替療法の制度作りに真剣に対応していただきたいものです!

■お問い合わせは052-801-7063 まで

◆直接の相談は:090-5861-4489 大沼まで 24時間対応します。

府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、6月21日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年7月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 9月20日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2:感染症の盲点、鎖骨をほぐせば病気は治る!
   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 


◆研究所:自然医学総合研究所
 

所長 大沼 四廊
所在地:468-0002 名古屋市天白区焼山1丁目101番地
          東山イーストC-202
          TEL:052-801-7063

◆施術室
 一般社団法人 ナチュラルメディスン  代表理事  大沼 四廊

 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目420番地 フジイビル 2F-D

 TEL:052-806-2178
 
◆お急ぎの方は:携 帯:090-5861-4489 担当大沼四廊  24時間対応しています。
 
メール:info@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。


★流産の知られざる原因!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★流産の知られざる原因!

★流産経験41%、妊娠女性の41%が流産経験!

★「不育症」は8万人 厚労省研究班が調査 (1)

2009年8月3日 提供:共同通信社

 妊娠したことがある女性の41%は流産の経験があり、流産や死産を繰り返して出産に至らない「不育症」の患者は年間約8万人いるとの研究結果を、厚生労働省研究班が2日までにまとめた。

 名古屋市立大の杉浦真弓(すぎうら・まゆみ)教授(産婦人科)と鈴木貞夫(すずき・さだお)講師(公衆衛生学)らが、一般の女性を対象にしたアンケートを基に計算した。

産婦人科を受診した人などに偏らず、不育症の発生に関して行われた調査は初。

 杉浦教授は「流産は一般に思われているより頻繁に起きている。

不育症の患者のうち多くは出産できる可能性があるので、積極的に検査や治療を受けてほしい」と話している。

 教授らは、2007年2月からの1年間に、愛知県岡崎市で健康診断を受けた35-79歳の女性のうち503人から回答を得た。

妊娠経験がある458人中、流産したことがあったのは190人(41・5%)。

2回以上で「不育症」とみられるのは28人(6・1%)、3回以上の「習慣流産」は7人(1・5%)いた。

 国内の年間出生数は約110万人で、一般的な流産率は15%とされ、研究班は年間妊娠数を約129万人と推定、不育症患者は約7万9千人と算出した。

 杉浦教授によると、流産の大半は、自然現象として一定の割合で起きる胎児の染色体異常が原因。

通常、流産時に胎児の検査までしないため「原因不明」とされることが多いが、次回以降の妊娠で出産できる可能性がある。

抗リン脂質抗体症候群という、胎盤に血栓をつくる自己抗体の異常が原因なら、薬でコントロールできるという。

 杉浦教授は「流産を繰り返すと精神的にも疲れ、あきらめてしまう人も多いが、原因が分かれば次の妊娠に臨む気持ちが持てる」と指摘。

ただ、一部の検査や薬は保険の対象外で自己負担になるといった問題がある。

▽不育症

 不育症 妊娠しない不妊症と異なり、妊娠するが出産に至らず、それを2回以上繰り返す状態。

1回の流産の約70%は胎児の染色体異常が原因で起き、母体に異常がなくても偶然繰り返す場合がある。

名古屋市立大などの調査によると、患者の5-15%に自己抗体の異常、5%に夫婦いずれかの染色体異常が見られ、3%に子宮の形の異常が見つかった。

自己抗体の異常は薬で治療でき、夫婦の染色体異常の場合、体外受精した卵の一部を取り出して異常の有無を調べる受精卵診断をすることもあるが、自然妊娠、出産も期待できる。

++++++++++++++++ 一言 言いたい ++++++++++++++++++++++
■流産の原因として骨盤の歪みがある!

■しかし、医学的には婦人科など科が分かれすぎているため研究スラ行われていない!

■ストレスがかかわることで右の骨盤が上前方変位をおこすのである!

■そのため、歪んだ骨盤の中で卵巣動脈や子宮動脈が圧迫され胎児の成長に傷害を与えている!

■また、母体の子宮静脈が圧迫されることで、胎児側から母体側へ戻る静脈血が胎児側に残ることになり、胎児の体液が強酸性になることで胎児の遺伝子が破壊され、壊死に至と思われる!

■流産にも骨盤の歪みが深くかかわっているのであるが、医者にも妊婦さんにもほとんど知られていないのが現状である!

■ゆえに、賢い患者は自分で情報を集め骨盤の歪みを改善し、かつ血液を浄化することで安産に至っている!

■女性の骨格は男性に比べて関節が浅く、歪みやすい構造をしているからである!

■流産や不妊症などでお悩みの方はご相談ください。

■体質改善の仕方を指導しています。

■お問い合わせ先:shizen@nrt.ne.jp

■TEL:052-801-7063

■免疫力を短期間で確実に高める「総合免疫療法」は自然医学総合研究所の登録商標です!

府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー




++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 9月20日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2:感染症の盲点、鎖骨をほぐせば病気は治る!
   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:shiro@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。


★近視の原因!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】
★近視にも原因がある!

★近視の手術で50人感染!

★近視をレザーメスで治すというレーシック手術で50人が感染していた!

★感染した患者団体は提訴し1億3300万円の損害賠償を求め東京地裁に提訴した。

★近視の原因は慢性疲労である!

★深夜遅くまでTVゲームやPCをやり目を酷使し、さらに夜食で血液を汚している!

★このような生活習慣では骨格が歪む!

★とくに鎖骨が歪むことで頸部の循環が悪くなる!

★さらに眼動脈まで血液が回らない状態になり視力が調節不能になるのである!

★無理に走り続けて足が硬直し「ツル」のと同じ現象が目のレンズを調節する小さな筋郡で起こっているのである。


一般医療ニュース
近視矯正手術で感染と提訴 銀座眼科の患者50人 元院長の刑事告訴も
2009年7月31日 提供:共同通信社


 東京都中央区の銀座眼科(閉鎖)で近視矯正のレーシック手術を受け、角膜炎などの感染症を訴えた関東地方を中心とする8都県の男女50人が30日、院長だった溝口朝雄(みぞぐち・ともお)医師らに計約1億3300万円の損害賠償を求め東京地裁に提訴した。

 うち12人は同日、傷害容疑で溝口医師を警視庁築地署に告訴。訴訟の原告以外の患者や家族ら50人も同署に告発した。厚生労働省に対しては弁護団が、溝口医師の医師免許を取り消すよう求める要望書を提出した。

 訴状や告訴・告発状によると、溝口医師は2006年8月に銀座眼科を開設。原告らは昨年9月から今年1月にかけて手術を受けた。

 中央区保健所の調査では、手術器具を使用の前後で区別していないなどの不適切な衛生管理が判明。ずさんな診察や不衛生な環境での手術で、患者に角膜炎などを発症させたとしている。

 患者側は、傷害容疑で告訴・告発した理由について、銀座眼科では07年7月の時点で緑膿(りょくのう)菌感染が確認された例があったのに、衛生状況などを改善しなかったとし「感染被害者が出てもやむを得ないという故意があった」としている。

 銀座眼科での集団感染は今年2月に発覚。中央区保健所は4月、被害者が75人に達し、うち23人が角膜炎や網膜剥離(はくり)で重症だとする調査結果を発表している。

 原告らは提訴後、東京・霞が関の司法記者クラブで記者会見し、埼玉県熊谷市の主婦木本明子(きもと・あきこ)さん(35)はサングラス姿で「目を手術前に戻してほしいと思います。一日も早く目を気にせず普通の生活を送りたいです」と訴えた。

▽レーシック手術

 レーシック手術 目の角膜をレーザーで削り、屈折率を変えて視力を回復させる手術。十数分と短時間で済むことや、痛みが少なく入院の必要もないメリットがある。眼鏡やコンタクトレンズが不要になるため、スポーツ選手が手術を受けるケースも多いという。一方で効果に個人差があったり、細菌などが入って感染症を起こしたりする場合もあるとされる。銀座眼科の集団感染問題を受け、東京の弁護士らが開いた電話相談では、ほかの医療機関や医師によるケースも含まれていた。

+++++++++++++ 一言いいたい +++++++++

■これは銀座眼科だけではなく全国で起こっている問題である!

■レーザーメスで水晶体に傷を付けることでは解決しないということである!

■患者は医者を信じすぎている!

■どんな病気にも必ず原因はあるものです!

■原因についてもっと真剣に議論を交わすべきです!

■原因は慢性疲労ですから血液を浄化し、肩こりや首凝りなど疲れをとって、眼動脈まで
健全な血液が届くようになれば治るのです!

■生活習慣を見直てし、鎖骨の歪みを改善することが重要です!



府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー



++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 9月20日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2:感染症の盲点、鎖骨をほぐせば病気は治る!
   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:shiro@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。


最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。