大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★感染症の盲点!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★感染症の盲点!

★感染しやすい人としにくい人には免疫の違いがる!

★新型インフルエンザの世界の感染者が10億人を超えるとの見方をした!


一般医療ニュース
新型インフル10億人超も 今後2年、死者減が課題 WHO幹部が会見
2009年7月30日 提供:共同通信社

★新型インフルエンザの世界の感染者が10億人を超えるとの見方をした!

★【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)のフクダ事務局長補代理は29日、共同通信と会見し、新型インフルエンザの世界の感染者数について、今後2年以内に世界人口の20-40%程度と、10億人を超える水準まで拡大する可能性があるとの見方を示した。世界の感染者数は現時点までに15万人超が確認されている。

★ WHOは6月時点で既に新型インフルエンザの世界的大流行(パンデミック)を宣言。当面は感染拡大が続くのは確実なため、今後は「重症者や死者の発生を減らせるかどうかが最も重要だ」との認識を表明した。

★多くの国で新学期を迎える9月以降に流行が一段と加速する懸念に関連し「学校閉鎖などが適切な場合もある」と指摘。閉鎖により一時的に感染者の伸びを抑えることで地域の医療機関の負担を軽減できるなど一定の条件がそろえば「賢明な策になり得る」とした。

★WHOのインフルエンザ対策の最高責任者を務めるフクダ氏が、新型インフルエンザ発生後に日本の報道機関の単独会見に応じたのは初めて。

 感染拡大の予想についてフクダ氏は「20世紀に起こったパンデミックでは人口の3分の1かそれ以上が1年で感染した」と指摘した。

★また、米疾病対策センター(CDC)が、2年で同国の人口の最大40%が感染すると推計したと報道されていることに関連し、「国や地域によって最終的な姿にはばらつきがあるだろうが、20%であれ40%であれ、高い比率であることに違いはない。パンデミック状態の場合には、多数の人の感染が予想される」と述べた。

★感染の現状については、アルゼンチン、チリなど冬のインフルエンザ流行期を迎えた南半球と、英国、米国など真夏に入った北半球の両方の国々で「(ウイルスの)活発な活動がみられ、今後数カ月この状況が続く」と予想した。

★北半球で季節外れの夏季の感染が止まらないことについては「新型ウイルスに免疫のない人の割合が多いのが一因と考えられるが、季節性インフルエンザとの重要な違いであり注視していく」と話した。

++++++++++++++++++++++++
■新型ウイルスに対する抗体の問題ということであるが、ウイルスや感染した細胞を攻撃して除去する細胞がキラーT細胞です!

■キラーT細胞は胸腺でつくられるのですから感染者は胸腺の機能障害を疑うべきです!

■逆に感染しない人は胸腺の働きが安定し、キラーT細胞を順調につくることができている人ということになります。

■問題はなぜ胸腺の働きが低下したのかということですが、この答えは西洋医学には存在しません!

■胸腺の働きが低下する原因として、ストレスがあります。

■過剰なストレスは血液を汚し骨格をゆがめます。

■血液の汚れは具体的には酸化の状態で白血球の動きを抑制します!

■また、ゆがんだ骨格は血管や神経やリンパ管までも圧迫します!

■さらに鎖骨が歪むことで胸腺の循環が悪化しウイルスを攻撃するキラーT細胞を作ることができなくなります!

■このような状態で感染するのです!

■したがってウイルスを攻撃する前に自己免疫力を高めるようにすることです!


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー




++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 9月20日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2:感染症の盲点、鎖骨をほぐせば病気は治る!
   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:shiro@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。


スポンサーサイト

★医者が患者をだますとき!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★医者が患者をだますとき!

★現代医療の9割は不要な治療!

★医者が患者をだますとき!とは故ロバート,メンデルソン著PHP文庫(629円)の本のテーマである!

★医師養成数を1,5倍にするという民主党の幹部や西洋医学を猛進してき方にも是非読んでいただきたい本である!


★本書は現代医学の批判に終わることなく19世紀半ばに成立した近代医学そのものを批判した希な本で、アメリカのベストセラーです。

★本書を読めば日本の医者がそのまま欧米で開業した場合即、医師免許を剥奪されるという意味がよくわかるはずです。

★病院に行って病気になる・・・・・。

★現代医療の9割は不要な治療!

★現場の医師が自ら体験した現代医療の抱える問題と矛盾!

★著者はマイケル・リース病院院長、イリノイ州医師免許委員会委員長で全米保険連盟会長、国際医学連盟顧問を歴任している。

★日本では重職に就いている医者が医療の矛盾を暴露せず、むしろ持ち上げている

★医者を増やす前に予防医学を浸透させ患者を減らす努力をするべきである!

★そのほうがはるかに患者を健康にし医療費を減らすことができるからだ!

★しかし、日本の重職に就くほとんどの医者は問題を暴露せず保護しています。

★ゆえに日本の医者がそのまま欧米で開業したとしたら即医師免許をはく奪されるといわれているのです。

★つまり、日本の医者の多くは倫理観を失っているといっても過言ではないのです。

★医師の医師による医師のための治療が行われているのであって、患者のための医療ではないのです。

★安全な医療をお探しの方は予防医学セミナーにご参加ください。

★予防医学セミナーでは「総合免疫療法」という医者にもできない病気の治し方を学ぶことができます。

★お問い合わせ先は052-801-7063まで



府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 9月20日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2:感染症の盲点、鎖骨をほぐせば病気は治る!
   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:shiro@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。


★メタボリックシンドロームの原因!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】
★メタボリックシンドローム、仕組みを解明 

★免疫細胞が炎症誘発 東大、マウス実験で

★メタボにもがんやリウマチや糖尿病と同様免疫が関与していた!


2009年7月27日 提供:毎日新聞社


メタボリックシンドローム:仕組みを解明 免疫細胞が炎症誘発--東大、マウス実験で



 メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の原因となる内臓脂肪の炎症が起きる仕組みを、永井良三・東京大大学院医学系研究科教授らが、マウス実験で突き止めた。

免疫細胞の一つ、Tリンパ球が炎症の引き金になっていた。メタボリックシンドロームの治療薬開発につながる成果という。26日付の米専門誌「ネイチャーメディスン」(電子版)に掲載される。

 内臓脂肪が蓄積し、脂肪細胞が大きくなると、白血球の仲間のマクロファージなど免疫細胞が集まって慢性的な炎症が起きる。

炎症によりインスリンの効きが悪くなることなどがマウス実験で分かっており、動脈硬化や糖尿病などにつながる。しかし、炎症の起きる仕組みはなぞだった。

 永井教授らは、高脂肪食を与えた肥満マウスと通常の食事を与えたマウスを比較。

その結果、肥満マウスは病原菌を撃退する「CD8陽性Tリンパ球」が、マクロファージより先に増えていた。

 そこで、このリンパ球を減らしたり、存在しないマウスを作製して調べると、高脂肪食を与えても内臓脂肪組織に炎症が起きないことが判明した。

さらに、一度炎症が起きたマウスから、このリンパ球を取り除くと、内臓脂肪の炎症が抑えられ、インスリンの効きが改善されることなども分かった。

 真鍋一郎・東京大大学院医学系研究科特任准教授(循環器内科)は「このTリンパ球は免疫機能にとって重要で、すべてを除去するのは難しい。

脂肪組織の肥満化によって、Tリンパ球を活性化させる物質を見つけられれば、それを制御することで、メタボリックシンドロームの治療薬開発につながる可能性がある」と話す。【河内敏康】

+++++++++++++++++++++++++++++
■Tリンパ球は胸腺で産生されている免疫の細胞である!

■がんやリウマチや糖尿病の場合も同じであるが胸腺の循環を医学的に見落としている!

■そのためリンパ球だけが悪いと認識され免疫抑制することが常識となった!

■しかし、本当に悪いのはリンパ球を産生している胸腺であり、鎖骨が歪み循環が傷害されているのである!

■また、この問題は例外なくすべての病気にかかわっているこを指摘しなくてはならない!

■したがって、病気を治すためには免疫抑制だけにこだわることなく原因から改善することが考慮されなくてはならない!


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 9月20日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2:感染症の盲点、鎖骨をほぐせば病気は治る!
   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:shiro@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。


★08医療費過去最高!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★08医療費過去最高!

一般医療ニュース

08年度医療費、34.1兆円 過去最高を更新

2009年7月21日 提供:共同通信社

 医療費の動向を迅速に把握する概算医療費について厚生労働省は17日、2008年度は34兆1千億円で、過去最高だったと発表した。

07年度より約6千億円(1・9%)増えた。

概算医療費は03年度から6年連続で増加し、過去最高を更新し続けている。

 高齢化や医療技術の高度化によって、医療費は毎年3-4%程度の自然増が見込まれている。

08年度の診療報酬改定で0・82%のマイナスとなったことなどを考慮すると「医療費の伸び率は、おおむね従来と同程度の水準」(厚労省)という。

 70歳以上の医療費は14兆8千億円で全体の4割を超えた。

1人当たりの医療費は、70歳以上では07年度より千円減の75万7千円で、全体では5千円増の26万7千円となった。

 入院も含めた受診延べ日数は減少傾向にあり、07年度に比べ1・3%減となったが、厚労省は「病院に行く回数が減っても、1日当たりに使う医療費が増えているため、全体の医療費も増加した」としている。

 概算医療費は、社会保険診療報酬支払基金と国民健康保険団体連合会が診療報酬明細書(レセプト)を審査した医療費を集計したもの。

医療費全体を示す国民医療費の98%程度とされる。

+++++++++++++一言いいたい+++++++++++++

◆民主党の政策では医者を1,5倍に増やして医師不足を補うとしていますが、医者を増やす前に予防医学セミナーを推進し患者を減らす努力をすることではなかろうか?

◆私達の体には病気になっても「自己治癒力」で怪我を治すように治してくれる免疫の働きがあります!

◆しかし、過剰なストレスや汚染食材や化学療法のやりすぎでその能力は低下してしまいます!

◆血液を浄化し血管やリンパ管の圧迫を取り除き、循環障害を改善することで驚くほどその力は向上し、医者よりもよく治るというのが免疫学者の一致した見解です!

◆中でも、私が開発した「総合免疫療法」は他に例がないほど良好な結果を得ています!

◆また、血液は数よりも内容が重要であり、動きのない血液では体の調節ができることはなく、生きた血液が健康管理しているという考え方から「血液動態学」とそれを最高速で発揮できる「総合免疫療法」は自然医学総合研究所の登録商標です!

◆肩こりや腰痛ばかりではなく不妊症から発達障害など難病にも大きな成果が期待されています!

医療改革に関心をお持ちの方の意見を募ります!

府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー



++++++++++++++++++++++予防医学セミナー+++++++++++++++++++++++++

●7月19日(日)名古屋予防医学セミナー

  名古屋市東区 市政資料館前 ウイルあいちにて午前10時より行います。
                                        
        午後は相談会と体験会を行います              
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために

        カナダの 血液学者   ガストネサンを訪ねて

   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2:鎖骨をほぐせば病気は治る! めまいの原因

   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:shiro@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。



★医療事故は止まらない!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★医療事故は止まらない!

一般医療ニュース

医院に5600万賠償命令 

胆道閉鎖症の乳児を誤診

2009年7月16日 提供:共同通信社

 肝硬変や肝不全の原因となる胆道閉鎖症を誤って感染性腸炎と診断したため、男児が生後7カ月で死亡したとして、富山市に住む両親が同市の「橋本医院」(橋本明久(はしもと・あきひさ)理事長)に約7千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、富山地裁は15日、同医院の過失を認め、約5600万円の支払いを命じた。

 田辺浩典(たなべ・ひろのり)裁判長は判決理由で「胆道閉鎖症を疑い、採血検査などをする義務があった」と過失を指摘。

「早期に手術をすれば助かった可能性が高い」と述べ、誤診と死亡の因果関係を認めた。

 判決によると、男児は2004年9月に生まれ、11月に胆道閉鎖症特有の白色便があったため、橋本医院で受診。

理事長でもある橋本医師は、自然治癒が見込まれるウイルス性腸炎と診断した。

 しかし男児はその後も症状が改善せず、05年1月に富山市民病院で胆道閉鎖症と診断され、母親から生体肝移植を受けたが、同4月に肝不全で死亡した。

■胆道閉鎖症の盲点!

■胆道閉鎖症とは文字通り胆道が委縮し閉して胆汁の出が悪くなり、胆管や肝臓が腫れる病気です!

■しかし、この病気にも医学的な盲点が山積しています1

■この病気の盲点とは胆道がなぜ閉鎖するのかという原因を見落としていることです!

■なぜ胆道が閉鎖するのか、その原因は迷走神経という副交感神経の繊維が鎖骨の歪みによって圧迫されることにより拡張する信号を胆道管まで伝えることができず閉鎖するのです!

■ゆえに、手術や薬に依存する前に鎖骨の歪みを改善し予防することが重要なのです!

■しかし、患者の体をいくつにも分断して学ぶ科ごとの教育しか受けていない多くの医者にはこのような視点がなく理解で着ないのが現実です。

■胆道閉鎖症も他の病気と同様ストレスで汚れた血液が委縮した胆道でつまって現れてた病状です。

■つまり緊張した状態でストレスが過剰にかかり病気をつくっているのです!

■ゆえにストレス対策が重要なのです!

++++++++++病院閉鎖++++++++++

★山本病院が事実上閉院 

近く自己破産へ

2009年7月16日 提供:共同通信社

 奈良県大和郡山市の医療法人雄山会「山本病院」の診療報酬詐取事件で、理事長の山本文夫(やまもと・ふみお)容疑者(51)らが逮捕されたことを受けて閉鎖方針が決まっていた同病院は15日、最後の入院患者3人を送り出した。

病院職員は「県には休院の届けを出すが、事実上の閉院」としている。

 病院によると、雄山会は近く自己破産を申し立てる。

 山本病院は80床。病院によると、6日現在で約50人の入院患者がいたが、同日の理事会で「事件の影響を考えると病院経営は続けられない」として閉鎖が決定。

患者の転院を進めていた。6月21日の県警の家宅捜索以降、急患などを除き一般外来は休診していた。

 病院職員は「事件の影響が大きく、閉院はやむを得ない。職員一同まじめにやってきたが、病院ぐるみで不正を繰り返したような印象を与えた」と悔しさをにじませた。

 山本容疑者らは、生活保護受給者の入院患者に架空の心臓カテーテル手術をしたように装い、診療報酬約170万円をだまし取ったとして、詐欺の疑いで逮捕された。

++++++++++++++++++++
■水増し請求は当たり前!

■山本病院の閉院の原因は水増し請求である!

■しかし、これはほとんどすべての病院が行ってきたことです!

■問題は、それがばれて報道されたことです。

■このような問題を解決するためには、水増し請求をしなくても経営ができる仕組を構築することです!

■つまり、患者が求めている安全な医療を提供することや、医師の診療報酬を十分上げることです!

■患者は安全で治ればどんな医療でもいいです!

■欧米では統合医療が多歯やりです!

■文明の衝突から文明の融合へと時代が進む中で、医療の世界も統合の方向に進むべきです!

■大切なことは患者をいかに救うかという医療の原点に立った改革が必要だということです!

■また、西洋医学の治療に疑問があるとか他の安全な代替医療をお探しの方は予防医学セミナーにご参加ください。

■予防医学セミナーでは免疫学の専門医にもできない「総合免疫療法」を体験することができます!

■「総合免疫療法」とは自然医学総合研究所が開発した療法で、あらゆる角度から改善する健康法で自然医学総gろう研究所の登録商標です!

■この機会にぜひ一度体験してみてください!

■午後は相談会や体験会も行います!

■次回の予防医学セミナーは7月19日(日) 名古屋市東区のウイルあいちで午前10時より行います!

■自分の健康は自分で守ることです!

■申し込み先:052-801-7063


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー



++++++++++++++++++++++予防医学セミナー+++++++++++++++++++++++++

●7月19日(日)名古屋予防医学セミナー

  名古屋市東区 市政資料館前 ウイルあいちにて午前10時より行います。
                                        
        午後は相談会と体験会を行います              
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために

        カナダの 血液学者   ガストネサンを訪ねて

   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2:鎖骨をほぐせば病気は治る! めまいの原因

   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:shiro@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。



★「どうする社会保障・医療保険」!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★「どうする社会保障・医療保険」

★崩壊は避けられない!

★一般医療ニュース

課題山積、ネックは財源 高齢者医療や国保 「どうする社会保障 衆院選を前に」医療保険【2】

2009年7月15日 提供:共同通信社


 自民党の衆院選マニフェスト(政権公約)づくりをにらみ、若手議員が中心の「後期高齢者医療制度での75歳年齢区分の撤回を求める会」が9日、園田博之政調会長代理に要望書を提出した。

 昨年4月の後期医療制度のスタート直後から批判が噴出した75歳での年齢区分を改め、同制度を市町村運営の国民健康保険(国保)と統合し都道府県単位に再編する-。

こんな見直し案をマニフェストに明記するよう求めたが、園田氏は「参考にします」と答えただけだった。

 ▽寝た子を起こすな

 「求める会」の呼び掛け人には古賀誠選対委員長らも名を連ねるが、先月下旬の設立総会に出席した議員は十数人にとどまった。

 参加を見送った議員は「今更あんな会合を開かなくても」と渋い顔。党内の大勢は「後期医療制度への批判は収まりつつある」とみる。だから「衆院選前に寝た子を起こすな」というわけだ。

 自民、公明の与党は4月、制度見直しの基本方針をまとめている。

衆院選後の課題として(1)「後期高齢者」「終末期医療」の名称変更(2)健康保険組合などの加入者だった人は元の健康保険に継続加入-などを挙げた。

 一方で「求める会」が要望した年齢区分見直しについては「安定的な財源の確保と併せて検討を進める」と位置付け、消費税率引き上げが想定される2011年度以降に議論を先送りした。

 ▽何を優先するか

 与党の多くの議員が、後期医療制度の見直し以上に重視するのが、危機的状況にある国保財政の立て直しだ。

 国保はもともと自営業者向けの制度だが、退職した高齢者や所得が低い非正規労働者の加入増加に伴い、保険料未納が増えるなど収入が低迷。

07年度には市町村の国保財政は7割が赤字に陥った。低所得者が多い自治体への支援策が09年度末に期限切れとなるため、厚生労働省は支援策の延長を検討し始めた。

 さらに来年度は2年に1度の診療報酬改定の年。

医師らの技術料の「本体部分」と薬価の合計で「10年ぶりのプラス改定実現を」と日本医師会などが与党の背中を押す。

 02年度から4回連続のマイナス改定が「医師不足に象徴される医療崩壊を招いた」との指摘もある。

民主党の鳩山由紀夫代表は先の党首討論で「2割上がるくらいでないと厳しい」と強調した。

 今後も高齢化に伴い医療費は増え続ける。「どの課題も巨額の財源を必要とするのがネック。

何を優先して着手するべきか」。

厚労省幹部は思案投げ首だ。

※高齢化と医療費

 高齢化と医療費 国民医療費は、高齢化と医療技術の進歩により毎年3~4%増えていく。2006年度は約33兆円。

このうち70歳以上の医療費が約13兆円と4割を占めており、将来的には5割を超えると予測されている。

++++++++++++++++++++++++
■高齢者すなわち病人という構想が問題である!

■年齢をかさむことは必ずしも病人になることではないからだ!

■実際、中国のシルクロード沿に住んでいる方は100歳でも元気で働いている!

■大自然に恵まれた食生活と競争のない社会が健康長寿に貢献しているのである!

■必ずしも先進医療や高度医療が長寿を支えているわけではないのである!

■それ以上に助け合って生きてゆく村の文化が健康にはいいようである!

■人という文字は支えあうという意味から作られた文字である!

■今、日本は病人大国と化しています!

■それは、自然環境への関心が低いことや助け合う生き方を忘れたからではなかろうか?

■競争は決してあくではありませんがすぎるとライバル意識がつよくなり相手を敬う気持ちが無くなるからです!

■日本での犯罪は年々増加し,上半期で80万件以上あります!

■ストレスは血液を汚し骨格をゆがめ血管や神経やリンパ管までをも圧迫します!

■しかし、ストレスのない人はありませんので、いかにしてストレスを克服するかが大切なポイントとなります!

■ストレスを感じ自己コントロールが不能になることでうつ病にもなります!

■日ごろからストレス対策をしっかりと行っておきたいものです!

■この世には不妊症から赤ちゃんの発達傷害から奇形やてんかんや他の難病が数えきれなく存在していますが、病名は病状に付けられた名前にすぎません!

■病気とは呼んで字のごとく気の病のことです!

■気の病とは、これくらい無理をしても平気だとか、まだまだ頑張らなければという休むことができない気の過ちのことです!

■その様な生き方をしているうちに汚れた血液が体じゅうに滞留し、病変組織を作ります!

■また、過剰なストレスを受けているときは白血球の働きも鈍く汚れを除去できません!

■それがあらゆる病気の原因と深くかかわっているのです!

■西洋医学の治療に疑問があるとか他の安全な代替医療をお探しの方は予防医学セミナーにご参加ください。

■予防医学セミナーでは免疫学の専門医にもできない「総合免疫療法」を体験することができます!

■「総合免疫療法」とは自然医学総合研究所が開発した療法で、あらゆる角度から改善する健康法で自然医学総gろう研究所の登録商標です!

■この機会にぜひ一度体験してみてください!

■午後は相談会や体験会も行います!

■次回の予防医学セミナーは7月19日(日) 名古屋市東区のウイルあいちで午前10時より行います!

■自分の健康は自分で守ることです!

■申し込み先:052-801-7063


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


●7月19日(日)名古屋予防医学セミナー

  名古屋市東区 市政資料館前 ウイルあいちにて午前10時より行います。
                                        
        午後は相談会と体験会を行います              
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために

        カナダの 血液学者   ガストネサンを訪ねて

   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2:鎖骨をほぐせば病気は治る! めまいの原因

   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:shiro@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。


★90歳代以上に免疫!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★90歳代以上に免疫!

スペイン風邪で抗体 

新型インフルエンザ

2009年7月14日 提供:毎日新聞社

新型インフルエンザ:90歳代以上に免疫 スペイン風邪で抗体--東大など

 新型インフルエンザに対する免疫を1918年以前に生まれた人は持っている可能性があることを、東京大医科学研究所などが明らかにした。

また、新型ウイルスは季節性と違い、肺で増殖するなど強い毒性を持つことが動物実験で示された。

医科研の河岡義裕教授(ウイルス学)は「秋冬の流行時には広い世代で早期治療を心がける必要がある」と注意を促している。

13日の英科学誌ネイチャー(電子版)に掲載された。

 河岡教授らは、献血などのため新潟大などに保管されていた日本人約250人の血液を調べた。

新型ウイルスに対する抗体を持っていたのは、多くがスペイン風邪が発生した1918年より前に生まれた人だった。


 新型インフルエンザに関して、米疾病対策センター(CDC)などの調査から60歳以上に免疫がある可能性が指摘されている。

だが、河岡教授は「18年のウイルスは人で流行するうちに大きく変異した。

一方、新型ウイルスはほとんど変異しないまま豚で流行していたため、20年代以降に生まれた人に免疫はないとみられる」と指摘している。


 さらに、イタチの仲間で実験したところ、新型ウイルスに感染させた3匹は気道内で広く増殖して肺に侵入し増殖するのに対し、季節性に感染させた3匹は鼻などの上気道にとどまった。


 米国などでも健康な人がウイルス性肺炎を起こして重症化する例がある。河岡教授は「新型ウイルスには季節性にはない毒性があることを示す結果で、今後さらに毒性を増す恐れもある。

60-80代の高齢者も免疫がないとみられ、十分な警戒が必要だ」と話している。【関東晋慈】

++++++++++++++++++++
■ウイルス対策の過ち!

■自然免疫と化学免疫の差!

■今回の報告で重要なことは、なぜ1918年以前に生まれた人に新型インフルエンザに対する抗体を持っているのかという点である!

■河岡義裕教授(ウイルス学)らの考えでは、18年のウイルスは人から人へと感染し、1918年以前に生まれた人はスペイン風邪ですでに学習し、抗体を産生することができていたという見方をしているが、新型は豚から豚へと感染してきたため抗体を作ることができないと言っている!

■それならば、今後どんどん人間に広まることで18年と同様に抗体が作られることになる!

■しかし、それもあてにはなりません!

■なぜならば、自己免疫力の働きに個人差があるからですが、この点ウイルスの研究者はウイルスの毒性にだけ目が向き、自己免疫の差に気が付いていない!

■また、新型ウイルスに感染させた3匹は気道内で広く増殖して肺に侵入し増殖するのに対し、季節性に感染させた3匹は鼻などの上気道にとどまったとあるが、これも自己免疫力の差に比例した結果とみるべきである!

■特に肺で広まるウイルスと特定するよりも、鎖骨の歪みが大きく胸腺の働きが悪い人と特定できるのであり、これが、感染症の絶対条件なのである!

■自然免疫とは生まれながらにして持っているナチュラルキラー細胞の働きのことが知られています!

■ナチュラルキラー細胞の機能を高めるには血液の汚れや骨格の歪みを改善しなくてはなりません!

■過剰なストレスで血液は汚れます!

■過剰なストレスでこっつかくが歪みます!

■血液が汚れるとナチュラルキラー細胞は不機嫌になり攻撃力が低かします!

■また、骨格が歪むことで、血管や神経やリンパ管が圧迫されることから免疫力が低下します!

■自己免疫力や自然免疫力のはたらきについて詳しく学びたい方は予防医学セミナーにご参加ください!

■予防医学セミナーでは免疫学の専門医にも知られていない総合免疫療法の体験が可能です!

■鎖骨をほぐして自己免疫を高めます!

■また、メニエール氏病などめまいの原因と治し方についても学習できます!


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、7月19日日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで期限を延長いたしました。

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************

●7月19日(日)名古屋予防医学セミナー

  名古屋市東区 市政資料館前 ウイルあいちにて午前10時より行います。
                                        
        午後は相談会と体験会を行います              
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために

        ガストネサンの訪問を終えて
 
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2:  めまいの秘密
          
 ◆   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自己治癒力で治る
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:shiro@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。


★都議選の結果に期待!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★都議選の結果に期待!

★今日は朝から都議選の結果を見て予想通りの結果に日本の将来が未だ捨てたものではないことを確認しました。

★とにかく今のままではいけないのです。

★これからの日本のために真摯に働く意欲がある人が政治にかかわるようにならなくてはなりません。

★日本の自由民主党は戦後の経済の発展が支えになり独断的な政治を行い過ぎたのです。

★当然ですが、国政選挙にも大きな影響があるはずです。

★いい人相応しい人を選びたいものです。

★特に当選した議員には、党派を超えて働き安いようにするために、離党することを条件にするべきだと思います。

★自民党の党員だからとか民主党の議員だからということではなく皆同じ議員として党派を超えて仕事が出来るようにしなくては満足出来なくなるからです。

★党派を超えて最大の改革は「医療改革」であることを自覚していただきたいものです。

★それも西洋医学と東洋医学に優秀な民間医療を統合した医療として「統合医療」が政策として実現されなくてはならない事を医者も患者も政治かも学ぶべきです!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■膝痛の原因!

■一般に膝が痛むと整形外科に行きます!

■整形外科では膝のX線をとり手術の必要のないものはほとんどステロイド剤などでごまかすばかりです!
■勿論原因を改善するものではありません!

■また、7割意所の方が左側に発症してますが、この原因もストレスと直接関係しています!

■私たちの肉体を支えている骨格の中心となっている骨盤がストレス反射で歪むからです。

■それも右側の骨盤が歪みやすいため、左側の膝が体重を受けてかばうためかばった左側に負担多くの負担が圧し掛かるからなのです!




府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー




*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************

●7月19日(日)名古屋予防医学セミナー

  名古屋市東区 市政資料館前 ウイルあいちにて午前10時より行います。
                                        
        午後は相談会と体験会を行います              
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2:感染症の盲点、鎖骨をほぐせば病気は治る!
   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:shiro@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。


★粗食で長寿 !

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】
★粗食で長寿!

がん・心疾患・糖尿抑制…サルで実証

2009年7月10日 提供:読売新聞

カロリー摂取量を大幅に減らすと、がんや心疾患、糖尿病など加齢に伴う病気の発症を抑えられることが、アカゲザルを使った20年間の追跡調査で明らかになった。

 霊長類で、こうした効果が実証されたのは初めて。米ウィスコンシン大などのチームが、10日付の米科学誌サイエンスに発表した。

 チームは、7歳から14歳の大人のアカゲザル(飼育下の平均寿命27歳)を30匹使って、1989年に研究を開始。

94年には46匹を追加した。二つのグループに分け、片方のカロリー摂取量を30%減らし、血圧や心電図、ホルモン量などを測定。

死んだ場合は、解剖で死因を詳しく調べた。

 カロリー制限しないグループでは、5匹が糖尿病を発症、11匹が予備軍と診断されたが、制限したグループでは兆候は見られなかった。

がんと心疾患の発症も50%減少した。また、脳は加齢とともに、萎縮(いしゅく)することが知られているが、制限したグループでは、運動や記憶などをつかさどる部分の萎縮が少なかった。

 白沢卓二・順天堂大教授(加齢制御医学)の話「カロリー制限が、長寿や高齢者の認知機能維持にも役立つ可能性を示すもので、大変興味深い」

+++++++++++++++++++++++++++++
◆粗食で長寿になることは国際的に知られていることである!

◆しかし、その真実を崩壊したのはほかでもない栄養医学である!

◆栄養学では1日30品目を食べなさいと指導されている!

◆こんな教育をいまだにしているのが先進国では日本であり、30年は遅れているのである!

◆教育者も過ちと知りつついつまでも指導している!

◆だれも責任をとろうとしないのである!

◆信用できないのは栄養学だけではない!

◆医者の教育も同様である!

◆一人の患者をいくつものパーツに分けて学ぶためあまり役立たないのです。

◆これらの欠点を補う教育法が統合医療教育です。

◆統合医療とは西洋医学の長所に東洋医学の長所を合わせさらに優秀な民間医療も取り入れて患者にとって有効な医療を選択できる制度で欧米ではすでに始められております。

◆ガンや難病で代替医療をお探しの方は予防医学セミナーにご参加ください。

◆予防医学セミなーでは免疫学の専門医にも出来ない総合免疫療法を体験することが可能です!



府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー



*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************
●7月19日(日)名古屋予防医学セミナー

  名古屋市東区 市政資料館前 ウイルあいちにて午前10時より行います。
                                        
        午後は相談会と体験会を行います              
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2:感染症の盲点、鎖骨をほぐせば病気は治る!
   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:shiro@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。


★遺伝子操作でがんは治らない!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★遺伝子操作でがんは治らない!

++++++一般医療ニュース++++++++

抗がん剤の副作用で心体乱れる=社会部・佐々木雅彦 

大阪・骨肉腫と闘う/1

2009年7月7日 提供:毎日新聞社


骨肉腫と闘う:/1 抗がん剤の副作用で心体乱れる=社会部・佐々木雅彦 /大阪


 ◇がんと向き合う日々、本紙記者が自ら報告

 社会部の佐々木雅彦記者(43)は一線記者のまとめ役の遊軍長だった1月、骨肉腫と診断され、闘病生活に入った。

骨肉腫は骨の内部にできる悪性腫瘍。

10-20代が多く、全国で年間200人程度が発症する。

増殖の進行は速く転移しやすいという。

骨のがんと向き合う日々を、佐々木記者自らが報告する。

 入院から半年たった。

左太ももの骨肉腫と診断され、大阪市中央区の国立病院機構大阪医療センターに入院したのは、まだ松の内の1月13日。

半月後の手術で、左大たい骨の病巣部を取り除き、チタン製の人工骨兼人工関節を入れた。

 翌月から、リハビリと並行し、転移を防ぐための化学療法が始まった。

3週間ごとに別の抗がん剤を投与する。毎回、副作用が現れ、3週目半ばに回復する。

この繰り返しだ。吐き気、集中力の欠如。白血球数が正常値の10分の1以下になって抵抗力も落ちる。

 副作用が何度も心体をかき乱しに来るうちに、つらさに逆らわず、通り過ぎるのを待つのみ、と思うようになった。

 頭髪も副作用で抜けたが、強そうな武道家に見えないこともない。

私は大学まで柔道をやっていた。

鍛錬のおかげか、「大たい骨が頑丈だったため、大きめの人工骨を取り付けることができた」と医師に聞かされた。

 退院予定は9月。早く復帰したいと焦燥感が募る。だが、自分自身をじっくり見つめるいい機会だと受け止め、記録を書き記す。<社会部・佐々木雅彦(43)

+++++++++がんの盲点+++++++++++
◆日本のがん治療にはたくさんの盲点がある!

◆がん細胞は循環障害の結果できた細胞である!

◆循環が正常な人にはできません!

◆がん細胞はリンパ管の圧迫によってつくられる!

◆リンパ管が圧迫されることで老廃物を処理できなくなるからである!

◆リンパ管で処理できない老廃物を白血球も解毒できないときに酸化し細胞膜が壊れがん化する!

◆残念なことにこのような事実を専門医は知らないでいる!

◆がん細胞に意思があるように扱われそれが世界中のマニュアルになっている!

◆がん細胞には宿主である本人の細胞を破壊する意思などは持ち合わせてなどいない!

◆ひたすら循環が悪い部分ンにだけがん化しているのである!

◆自己免疫疾患の前に循環障害があるのだ!

◆がんの対策は循環をただすことから始めなくてはならない!

◆そのためにはストレスで歪んだ骨格をただすことは避けられない!

◆がんお盲点や自己免疫について詳しく学びたい方は予防医学セミナーにご参加ください!

◆予防医学セミナーでは免疫の専門医にもできない総合免疫療法を学ぶことができます!




府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー


++++++++ 上高地で河村名古屋市長の政策セミナー+++++++

●7月20日(祝)早朝6時より夕方6時まで日帰りで河村名古屋市長と上高地へゆきます。
           上高地で河村名古屋市長の政策セミナーに出席します。
           名古屋市立病院の見直しを提案いたします。
           河村市長に統合医療センターの設置を提案いたします。

*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************
●7月19日(日)名古屋予防医学セミナー

  名古屋市東区 市政資料館前 ウイルあいちにて午前10時より行います。
                                        
        午後は相談会と体験会を行います  

●8月2日の東京予防医学セミナーはお休みします。

●8月16日の名古屋予防医学セミナーはお休みします。

●8月30日(日) 専門家養成講座を本部にて午前10時より行います。           
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2:感染症の盲点、鎖骨をほぐせば病気は治る!
   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:shiro@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。


★白血病の盲点!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★白血病の盲点!

★間違いだらけの白血病対策!

★厚生労働研究班によると白血病108万人ということである!

★一体今大都市周辺で何が起こっているのだろうか?

★白血病の盲点を探ってみた!

++++++++++++  新着情報 ++++++++++++++

大都市圏で感染者割合増 白血病ウイルス108万人

 20年ぶり調査、対策急務 厚労省研究班

2009年6月29日 提供:共同通信社

 母乳を通じて母子感染し、白血病などを引き起こす可能性がある成人T細胞白血病ウイルス(HTLV1)について厚生労働省研究班が約20年ぶりに実施した調査で、感染者の地域別割合がもともと高かった九州で減少し、関東や中部、近畿の大都市圏で増加したことが27日、分かった。

 国内の感染者数は約108万人と推計。旧厚生省研究班が1988-90年度にまとめた調査の約120万人と比べ大きな変化はなかった。これまで全国的な対策は取られておらず、子供への感染を防ぐ取り組みが急務となりそうだ。

 研究班班長の山口一成(やまぐち・かずなり)国立感染症研究所客員研究員は大都市圏での割合増加について、感染者が多い九州からの人の移動が背景にあると指摘。

「妊婦への抗体検査や授乳指導を実施している自治体は一部に限られ、感染者総数もあまり減少していない」と話した。

 HTLV1はATLと呼ばれるタイプの白血病や、歩行障害などが出る脊髄(せきずい)症(HAM)の原因となる。

ATLの発症率は3-5%。根本的な治療法はなく、年間約千人が亡くなっている。

 今回の調査は、2006-07年に初めて献血した全国の約119万人を対象に実施、3787人の感染が確認された。

 感染者の地域別割合は、九州が前回調査の50・9%から41・4%に減少。一方、関東は17・3%(前回10・8%)、中部8・2%(同4・8%)、近畿20・3%(同17・0%)で、いずれも前回より増加した。

 前回と比較できるデータはないが、北海道は2・3%、東北は3・4%、中国四国は7・2%。

 母親が感染している場合、母乳などを通じた母子感染率は20%程度とみられるが、粉ミルク使用や、生後3カ月までの短期授乳などで感染をほぼ防止できるとされる。

 厚労省によると、妊婦健診時の検査や授乳指導を公費で実施している自治体は、岩手、秋田、静岡、高知、長崎、宮崎、鹿児島県など一部にとどまっている。

▽成人T細胞白血病ウイルス

 成人T細胞白血病ウイルス(HTLV1) 白血球の一種であるリンパ球に感染するウイルス。

母乳のほか血液、性的接触を介しての感染もある。

輸血血液については1986年に安全検査が導入された。

白血病(ATL)を発症すると死亡率が高く、人口動態統計によると2007年には全国で1075人が亡くなった。

歩行障害などが出る関連疾患の脊髄(せきずい)症(HAM)患者は約1500人いるとされ、09年度に難病に指定された。いずれも根本的な治療法は確立していない。

++++++++ 一言  +++++++++++++
◆私の研究によればどの白血病も怖いものではない!

◆問題はウイルスを恐れる社会性にある!

◆ウイルスは本来児お子免疫力で勝ちとれるものである!

◆母子感染でさえ血液浄化で体質を改善すれば済むことである!

◆とくに感染する人の自己免疫力は著しく低下している!

◆その減員こそストレスによる骨格の歪みである!

◆鎖骨が歪めば胸腺の循環が傷害されるからである!

◆胸腺の循環障害はウイルスを攻撃するキラーT細胞を産生できない状態に追いやるのだ!
◆鎖骨が歪むことで胸腺枝という血管が圧迫され胸腺で循環傷害がおこるからである!

◆その点、ウイルスの研究者はウイルスばかりを見て感染する人の免疫力が低下していることに気が付いていない!

◆これが重大な問題なのである!

◆ウイルスは怖いものではない!

◆しかし、鎖骨が歪み胸腺の循環が傷害されることで感染する!

◆ゆえに、ウイルスを科学療法で攻撃する前に鎖骨の歪みを改善してもらいたいものである!

◆胸腺が正常でさえあればどんなウイスにも勝てるのだ!

◆母子感染の場合でさえ母乳のもとになる母体の血液を浄化することである!

◆また、乳児に感染した場合でさえ乳児の血液を浄化すれば済むことである!

◆一部脊髄炎を誘発するケースもあるが、この原因はもともと脊椎に歪みがあるからだ!

◆そんなことを見逃しているのである!

◆重要なことは国民が信頼するほど医療は万能ではないということである!

◆人の体には生まれながらにしてウイルスから見を守る仕組みを与えられている!

◆ウイルスを恐れる前に、免疫を高める生活に切り替えることである!


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー



*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************
●7月19日(日)名古屋予防医学セミナー

  名古屋市東区 市政資料館前 ウイルあいちにて午前10時より行います。
                                        
        午後は相談会と体験会を行います  

●8月2日野東京セミナーはお休みいたします。            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2:感染症の盲点、鎖骨をほぐせば病気は治る!
   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:shiro@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。


★骨盤正せば膝痛は消える!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★骨盤正せば膝痛は消える!

★運動器症候群4700万人!


一般医療ニュース

運動器症候群4700万人 骨、関節から「要介護」に 東大グループが推定

2009年7月1日 提供:共同通信社

 骨や関節などの障害で、要介護になったり危険性が高まったりする「ロコモティブ(運動器)症候群」の原因となる病気がある日本人が、40歳以上で約4700万人に達するとの推定結果を、吉村典子(よしむら・のりこ)東京大病院特任准教授らのグループが30日、発表した。

 原因として頻度が多いとされる変形性膝(しつ)関節症と変形性腰椎(ようつい)症、骨粗しょう症の有病者数を推定。

三つのいずれかを持つ人は男性の84%、女性の79%で、すべてを合併していると考えられる人も540万人に及んだ。

 研究グループは「予防対策の確立は今後の課題だが、適切なトレーニングなどを心掛けてほしい」としている。

 ロコモティブ症候群は日本整形外科学会が2007年に提唱。寝たきり予防などの観点から、骨や関節、筋肉などの運動器を全体としてとらえ、病気の予防と治療を総合して行おうとしている。

 研究グループは、日本の都市部、山村部、漁村を代表する住民の集団として、それぞれ東京都板橋区、和歌山県日高川町と太地町の計約3千人に協力してもらい、05年からエックス線検査や骨密度測定などを実施。

 結果を国際的な進行度分類や学会の診断基準にあてはめ、自覚症状のない人も含めて有病率を算出。これを基に日本人全体の有病者数を推定した。

 三つの病気いずれかの有病率は年齢とともに上昇し、70歳以上では男女とも95%を超えた。

病気別では男女とも変形性腰椎症の有病率が最も高いが、女性は男性に比べ変形性膝関節症や骨粗しょう症が高率だった。

 変形性膝関節症の人は、そうでない人に比べ軽い記憶障害など「軽度認知障害」の危険性が約1・8倍になるとの結果も示された。

+++++++++++++++++++++++
■骨盤をただせば病気は治る!

■膝関節症も変形性腰椎症も骨粗しょう症にも原因はあります!

■その原因とは過剰なストレスを受け続け血液が汚れ骨格が歪み、骨代謝が異常になることです!

■したがって、これらの病気を治すためには血液を浄化し、骨盤の歪みを改善する必要があります!

■とくに、乳癌や前立腺がんなどでホルモン剤を服用している場合は要注意です!

■ホルモン剤でがんの進行を抑えるということは患部の血流を抑えることであり、究極は骨代謝に異常が起こるからです!

■日本国中に病院がありながら次々と患者が増えるのは半数以上が薬害と言っても過言ではありません!

■膝が痛む・腰が痛む・頭が痛むなどどの痛みにも医者は痛み止めを出します!

■痛み止めとは解熱鎮痛剤のことで、自己免疫の細胞を傷害します!

■痛みを止めるために服用してきた薬でさらに新たな病気がふえるのです。

■それを薬源病と言います。

■人が生涯健康に暮らすためには薬に依存することではなく食べ物の安全性を見直し、姿勢をただし、早寝など生活習慣を見直すことが賢明な選択です!

■問題は過剰なストレスを受けた後汚れた血液をいかにして浄化するか、あるいは歪んだ骨格をいかにして改善するかということです。

■体質改善など詳しく学びたい方は予防医学セミナーにご参加ください。

■予防医学セミナーでは免疫学の専門医にもわからない改善の仕方を学習できます。

■この機会にぜひ体験をしてみてください。

■次回の予防医学セミナーは7月5日(日)東京 目黒

■東京都目黒区下目黒1丁目1番3号
 
 スター研修センター 目黒 ANNEX 202号
 午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会を行います。


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、6月21日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年7月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************
●7月5日〔日)東京予防医学セミナー

  目黒区のスター研修センター 目黒 ANNEX 202号で開催されます
 
  東京都目黒区下目黒1丁目1番3号
   
  午後は相談会と体験会を行います

●7月19日(日)名古屋予防医学セミナー

  名古屋市東区 市政資料館前 ウイルあいちにて午前10時より行います。
                                        
        午後は相談会と体験会を行います              
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2:感染症の盲点、鎖骨をほぐせば病気は治る!
   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:shiro@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。


最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。