大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

★ウイルスは若年層が好き!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

★ウイルスは若年層が好き!

★インフルエンザは終息に向かっている!

★ワクチンの開発を待たずに終息する!

★大量の死者を出したスペイン風邪もほとんどが若年層だった!

★今度の新型もほとんどが若年層である!

★新型ウイルスは若年層が好きな様である!

★ある情報では、若い人の免疫力が強く健全な細胞まで攻撃するためウイルスに感染するのではないかというコメントがTVで放映されていたが、これは大変な過ちである!

★医学的には「自己免疫疾患」と言われる免疫の異常ということで済まされるが、実は自己免疫疾患と診断された患者の血液を調べると、元気がないことが分かる!

★白血球が動かないのだ!

★動きの悪い白血球がどのようにして健全な細胞を攻撃するのか考えにくいのである!

★しかし、多くの医学者は同じ様に言う。

★医学部で事実と異なったことを「洗脳教育」されているからである!

★これは、患者にとって国民にとって「負の資産」である!

★また、対症療法として元気のない白血球を免疫抑制剤を用いて攻撃することは、弱っている白血球をさらに弱くして自己免疫が働かない状態に追いやられることになる!

★その結果、どの免疫抑制剤にも重篤な副作用として肝炎や腎炎や貧血があるのだ!

★免疫抑制剤は血液の機能を奪う働きがあるからである!

★元気な白血球が私達をがん細胞や外敵から守っているばかりか、日夜体内パトロールをして、自立神経の管理を行い、良い状態を維持するように守っているからだ!

★それが、感染した人の免疫が狂っているとして抑制することは弱っている白血球をさらに弱くして封じ込めることになる!

★白血球は、体内パトロールして、ホルモンの調節や造血の調節にも関わっているため、免疫を抑制することで、ホルモンや造血のバランスが崩れるのである!

★患者が元気になるためには、血液も元気にならなければならないが、この重要な現実を理解できる医者は少ない!

★ほとんどの医者は医学部で学んだ通りのことを言う!

★ほとんどの医者は、この様な矛盾に気がついてさえいない!

★確かめてもいない!

★要するにいい加減なのである!

★ゆえに、ワクチンが開発される前に、ほとんどが治っている現実を無視してはいけない!

★この現象は国際的に同じであり、治った人の免疫は正しく働いていることを実証しているからである!

★たまたま、若い人は、深夜まで起きて夜更かしをすることが多く、食べ物もジャンクフードなどが多く、ミネラルや酵素が欠乏して体液の酸化によって白血球の機能が低下して感染しているだけのことである!

★ゆえに、感染者は通常2~3日休んでいればなおるのである!

★休むことで、余分なエネルギーを消耗せず、体液の酸化が中和され、白血球が元気になり、ウイルスを攻撃できるからである!

★ちなみに、発熱は、すでにウイルスを攻撃している証です!

★ウイルスは高熱に弱く38度から40度程度で死ぬのです!

★しかし、白血球は高熱に強く40度でも元気に攻撃できるのです!

★一度自力で勝利することで記憶細胞に記憶され、二度と同じウイルスには感染しない様に抗体をつくる事ができるのです!

★しかし、早期発見で、ウイルスが確認されると、すぐにタミフルなど化学薬品が処方され、解熱されるのだ!

★ワクチンも同じですが、化学薬品で抑えた免疫は正しい仕事が出来ず学習されません!

★そのため、毎年まじめに予防接種を受けテいる人にも感染しているのです!

★発熱してもあわてず、発汗して解熱し、自力で回復できる状態にすることが賢明なのです!

★ウイルスを攻撃するのは元気な白血球なのです!

★白血球を元気にするには、日ごろから早寝、小食、感謝の気持ちで生きることがじゅうようです!

★あわてて、ワクチンに依存しないことです!

★本物のワクチンは自分でつくるのです!

★それが本当の抗体です!



 府省共通研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 大沼 四廊

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、6月21日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年7月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。


*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************
                                         
●6月7日(日)東京予防医学セミナー 東京都西五反田 五反田ゆうぽうと 5F はまゆう
      午前9時30分開場 10時開演 (会員:入会金1000円、年会費5000円)
                         (非会員:初回のみ無料、2回目以降1回毎に1000円)
         午後相談会と体験会〔有料) 
       
●6月14日〔日)滋賀予防医学セミナー 草津市西大路町9-6 草津まちづくりセンター3F 301号室

                        JR草津駅西口から琵琶湖方面に直進徒歩、約200m
         午前9時30分開場 10時開演
         午後相談会と体験会
 
         テーマ「病気を治す身体の仕組み」・・糖尿・高血圧・婦人病ほか

個別健康相談・血液動態画像分析の体験 事前予約要 有料\1,000

注)午後の参加は午前の講演会参加を前提とします。(血液動態画像分析込)

血液動態画像分析のみ場合は参加費 \500が必要です。相談会 午後 1:30~ 4:00

●6月21日〔日)名古屋セミナー 名古屋市東区 ウイルあいち  2F 特別会議室

       午前9時30分開場 10時開演(会員:入会金1000円、年会費5000円)
                         (非会員:初回のみ無料、2回目以降1回毎に1000円)
         
       午後相談会と体験会(非会員初回のみ無料)


●午後:体験会及び技術指導(専門家養成講座対象)
     1時30分より2時30分まで体験希望者の中から
    体の歪みの検証を行ないます。
     2時30分より、3時までワンポイントレッスン

    
    技術指導 3時~4時30分
    グループに分かれて技術の指導が受けられます。
    上級者対象に理論の説明を確かめます。4時30分~5時
    グレードごとに出されたテーマに基づき、病気が治る仕組みを説明が出来るように発表する形式でトレーニングを行ないます。
   A:プライマリー ・ゲレードC 風邪とはなにか!
   B:セラピスト  熱の下げ方!
   C:エキスパート 感染症の盲点!
   D:プロフェッショナル 高血圧症の原因について!
   上級者になるほど理論の理解力がもとめられます。

   5時より 「バンドストレッチ療法」②を行ないます。
    なお、ストレッチは長谷川インストラクターが行ないます。

 
               
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2:感染症の盲点、鎖骨をほぐせば病気は治る!
   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
           


**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  



*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。


スポンサーサイト

★右脳は左脳の 100 万倍記憶する!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★右脳は左脳の 100 万倍記憶する!

★1981 年、「大脳半球の機能分化に関する研究」でノーベル生理学・医学賞を受賞したカリフォルニア工科大学のロジャー・ウォルコット・スペリーはその様に報告している!


★死者の頭蓋骨を開いて脳を観察していた痕跡が、複数の古代遺跡で発掘されていたため、大脳が左右の対になっていることは古くから知られていました。


★ただし、手や足なども左右 1 組ずつあることから、左右の脳も相互補完するものと考えられていました。


★また、ほとんどの哺乳類は脳が左右の対になっていますが、猿は片方の脳を切除しても影響が少ないことからも、人間も同じであろう、と推測されていました。


★しかし、スペリーは 1960 年頃から、てんかん患者の分割脳の実験を行っており、左脳と右脳の働きを発見したのです。


★当時はてんかんの発作を抑えるために、手術で左脳と右脳を繋ぐ脳梁を切断することが多く、スペリーは患者に共通する反応に気付き、研究を始めていました。


★スペリー以降、左脳と右脳の研究が盛んに行われるようになり、それぞれの働きが解明されました。


★左脳の働き

右半身を制御し、右視野を認識する 一般に、論理・常識・言語を司る

普段、人間は左脳を使う

★右脳の働き
左半身を制御し、左視野を認識する

一般に、感性・独創性・大量の記憶を司る

左脳の 100 万倍の記憶能力があると言われるが、その潜在能力を発揮できている人間はほとんどいない

脳の働きは、職業によっても異なります。


将棋を指しているときの脳波を測定すると、普通の人は左脳が活発に働いているのに対し、5 段以上の棋士では右脳の活性化が認められる

イギリスの認知神経学者のエレノア・マグワイアが、ロンドンの 24000 もの道路の網の目から最短経路を割出すタクシー運転手 16 名の脳を調べたところ、海馬が通常よりも大きく、職歴が長いほどその神経細胞も多かった

ロンドンでは、地理の試験に合格しないとタクシー運転手の免許が更新されない


大脳の聴覚に関する領域の拡大が見られ、素人 < アマチュア < プロだった

左脳と右脳は、片方だけではなく両方をバランス良く使わなければなりません。


右脳の感性・独創性・大量の記憶を左脳の論理・常識に照らし合わせて、言語で説明する必要があるからです。


なお、左脳が右半身/右脳が左半身を支配しているため、左脳の機能が損なわれると右半身が思うように動かなくなったりします。


手や足に右利きと左利きがあるように、脳にも右利きと左利きがあり、右半身を制御するのは左脳なので、手や足が右利きであれば脳は左利きであることが多くなります。


現代人は左脳の方がやや大きく、手や足が右利きで脳が左利きの人が多いことと関連がある、とも言われています。

********* 現代人の脳 ************

■左脳教育に偏った日本の教育を受けると、左脳は発達して大きくなるが右脳は退化して小さくなります。

■現代人の多くは、左脳が大きく右脳が小さく大きさが異なっています!

■左脳の働きは  言語的 ・時間的・分積的・理性的・西洋思想です!
   
■右脳の働きは 非言語的 ・空間的・総合的・直感的・東洋思想です!

以上のように、それぞれの役割が異なっているのです!

■しかし、右脳は左脳の 100 万倍の記憶能力があると言われていますので左脳教育では、人間本来の力を発揮することが出来なくなります!

■人を人として教育するためには右脳教育も重視され、左脳と右脳のバランスのとれた教育が必要です!

■つまり、学校で左脳教育を行い、塾でもまた左脳教育をしているだけでは記憶力も限界になるということです!

■したがって、昔から、よく遊び、よく学びということが言われてきたのです!

■日本人は国際的に見ても平均的に努力家が多く優秀な民族です!

■それを支えているのは、左脳教育ではなく、安全な水や食べ物と東洋的思想だったのです!

■しかし、現在は、水も食べ物も危険なものに変わり、思想も西洋思想に感化されています!

■日本には資源がなく、日本人が繁栄するためには人的資源である能力を高めることが重要です!

■そのためにも、左脳教育に偏ることではなく、右脳教育も見直されなくてはなりません!

■子供の成長は、新生児から乳児、幼児、学童と成長してゆきます!

■つまり、新生児の時点ではまだ言語がなく他の動物と同じ状態です!

■3歳くらいまでには大人の70%くらいの言語能力が育ちます!

■ところが、「みつごの魂100まで」と言われてきたように、三歳児までの体験したことで障害が決まると言われてきたように、言語能力が育つ前に体験した記憶が障害に大きく影響を与えることになると言うことです!

■健全な心も才能も右脳に宿るのです!

■ところが鎖骨が歪むことで脳への循環が障害されてゆくのです!

■鎖骨の歪みは脳ばかりではなく、肺の循環にも影響しています!

■つまり、鎖骨が歪むことで呼吸が浅くなり、脳への循環も障害されるため、脳内で酸素が不足するのです!

■どれほど熱心に教育を続けても鎖骨の歪みが大きければ脳は不健全な状態になるのです!

■そのようなときに無理を強いると、病気になります!

■脳内の酸素の欠乏は究極てんかんを誘発します!

■したがって、てんかんの治療にも鎖骨の歪みを改善することは重要な要素となりますが、多くの医者は左脳に偏より、右脳が退化しているため、鎖骨の障害が理解できないのです!

■姿勢は健康の一部です!

■右脳は左脳の100万倍の記憶が出来る優れた機能を備えているのです!

■ゆえに、右脳を開発することでバランスの取れた「統合教育」が行われ、日本人の脳が活性化され、生かされるのです!

■そのためにも、鎖骨の障害を改善することは重大です!

■鎖骨の構造やほぐし方について詳しく学びたい方は予防医学セミナーへご参加ください!

■予防医学セミナーでは総合免疫療法初め、普段病院で聞くことが出来ない事実を学ぶことが出来ます!


自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、6月21日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年7月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。


*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************
                                         
●6月7日(日)東京予防医学セミナー 東京都西五反田 五反田ゆうぽうと 5F はまゆう
         午前9時30分開場 10時開演 
               (会員:入会金1000円、年会費5000円)
               (非会員:初回のみ無料、2回目以降1回毎に1000円)
         午後相談会と体験会(有料) 
       
●6月14日〔日)滋賀予防医学セミナー 草津市西大路町9-6 草津まちづくりセンター3F 301号室

                        JR草津駅西口から琵琶湖方面に直進徒歩、約200m
         午前9時30分開場 10時開演
         午後相談会と体験会
 
         テーマ「病気を治す身体の仕組み」・・糖尿・高血圧・婦人病ほか

個別健康相談・血液動態画像分析の体験 事前予約要 有料\1,000

注)午後の参加は午前の講演会参加を前提とします。(血液動態画像分析込)

血液動態画像分析のみ場合は参加費 \500が必要です。相談会 午後 1:30~ 4:00

●6月21日〔日)名古屋セミナー 名古屋市東区 ウイルあいち  2F 特別会議室

          午前9時30分開場 10時開演
               (会員:入会金1000円、年会費5000円)
               (非会員:初回のみ無料、2回目以降1回毎に1000円)

          午後相談会と体験会(初めての方を対象:無料)


●午後:体験会及び技術指導(専門家養成講座対象)
     1時30分より2時30分まで体験希望者の中から
    体の歪みの検証を行ないます。
     2時30分より、3時までワンポイントレッスン

    技術指導 3時~4時30分
    グループに分かれて技術の指導が受けられます。
    上級者対象に理論の説明を確かめます。4時30分~5時
    グレードごとに出されたテーマに基づき、病気が治る仕組みを説明が出来るように発表する形式でトレーニングを行ないます。
   A:プライマリー ・ゲレードC 風邪とはなにか!
   B:セラピスト  熱の下げ方!
   C:エキスパート 感染症の盲点!
   D:プロフェッショナル 高血圧症の原因について!
   

   5時より 「バンドストレッチ療法」②を行ないます。
    なお、ストレッチは長谷川インストラクターが行ないます。


               
   
 
 ◆テーマ:感染症の盲点、鎖骨をほぐせば病気は治る!
   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法




**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。





*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

★ミクログリア細胞の働き!

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】
一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★ミクログリア細胞の働き!

★(科学技術振興機構報 第301号より)

動物の活動や行動は、神経細胞から伸びる神経線維が複雑に繋がることで形成された神経回路によって制御されています。

神経回路は、発生過程においておおまかに作られ、感覚情報の処理や複雑な行動の制御に最適で、機能的な形に完成されていきます。

このようにおおまかな回路から、最適で機能的な回路へと完成させていくには、一端つくられた神経回路の一部を部分的に作り変えてゆく作業=不要になった神経線維だけを選択的に取り除いたり、新たな神経線維を再伸張させたりする作業が必要になります。

不要な神経線維を選択的に除去すると言う現象は、怪我や病気で神経線維の一部が障害を受けたときにも起きます。


このような「不要な神経線維の選択的除去」を行っているのが、ミクログリアの貧食機能であることが解ってきました。

(科学技術振興機構報 第301号より)

つまりミクログリアはその貧食機能によって、「神経回路の整理」を行っているのです。

なお、「新たな神経線維を再伸張させる」機能は、神経幹細胞由来のグリア細胞が一翼を担っています。

以上から「神経回路=ニューロンネットワークとは、神経線維のみで構築されるのではなく、グリア細胞と神経繊維の協働によって構築されて行く」と言れるのです。

********* グリア細胞の誕生 *****

■脳細胞を形成するグリア細胞も発生の過程では他の臓器と同じ血液細胞から作られてゆく!

■母乳も髪の毛も皆血液からつくられている!

■そればかりか、血液をつくると言われている骨髄さえ血液からつくられるのである!

■世の中には数え切れないほどの病気があるが、それらの共通した病気の原因は循環障害である!

■どんな組織でも健全な血液が順調に循環することで、寿命となった古い細胞と新しい細胞が入れ替わって代謝され、古い細胞が除去され、排泄されることで再生されるのです。

■それが脳であっても他の臓器であっても同じ仕組みで代謝され、再生されているのです!

■しかし、いったん病気になるとなかなか再生されず治りません!

■その原因は循環障害を改善できないからです!

■循環障害は交感神経が過剰に働く状態でも起こりますし、夜更かしや悪い油やジャンクフードの常食など日々の生活の乱れやストレスなどでも起こります!

■人の体は、過剰なストレスを受け続けることで血流が滞り血液が汚れ骨盤が歪みます!

■骨盤の歪みが大きくなると、寝相が横向きになります!

■横向きに寝ることが多くなると鎖骨が歪みます!

■鎖骨が歪むと頚部の循環が悪くなります!

■頚部の血管が圧迫されるからです!

■頚部の循環が悪くなると脳細胞の代謝が悪くなり様々な病気が発生します!

■また、先天性の疾患の場合には、母体の骨盤が歪み、子宮の血管が悪く、羊水が汚れます。

■汚れた羊水の中で胎児の成長が妨げられるのです!

■羊水の汚れは、成人の体液の汚れと同様遺伝子を壊す原因になります!

■つまり、体液の強酸化です!

■また難病には、必ずと言っても過言ではなく、動脈硬化があります!

■動脈硬化とは、血管内にカルシウムなどが沈着し血液の流れが滞る病気です!

■この動脈硬化の原因は二酸化炭素の排泄障害です!

■胎児の場合は、母体の子宮の循環障害が原因で、胎児がつくる二酸化炭素を吸収出来なくなるからです!

■胎児の中に必要以上に二酸化炭素が充満することで、二酸化炭素を好むサンゴに似た機能を持つ細菌が増殖し、二酸化炭素をすってカルシウムを産生します!

■そのカルシウムが血管内に滞留した状態で様々な障害が出来るのです!

■本来ならば、胎児に骨格を作るためにすんでいるに生物が呼吸のバランスが狂うことで多くなるのです!

■ところが、このカルシウムを分解する微生物も体内に住んでいるのです!

■それがビフィズス菌などの乳酸菌です!

■乳酸菌を増やすには二酸化炭素が排泄され、酸素が循環されるなくてはなりません!

■酸素を循環させるためには血管の圧迫を改善しなくてはなりません!

■そのためには骨格の歪みや骨の癒着を改善しなければならないのです!

■しかし、西洋医学は科毎にに細分化されすぎているため病気の原因がわからないのです!

■ゆえに、どんな有名な病院でも病気の原意はわからず治せないのです!

■病気の原因の前に循環障害が必ずあるのです!

■ゆえに、賢い患者は代替療法を選択しているのです!

■難病の原因など詳しく学びたい方は予防医学セミナーにご参加ください!

■予防医学セミナーでは専門医にもわからない総合免疫療法の仕組みを学び、午後には貴重な体験も出来ます!

■医療に限界や疑問を感じている方はぜひ一度参加してみてください!

■寿命さえあれば、ほとんどの病気は自己治癒力で回復できるのです!

 府省共通研究開発管理システム登録研究機関

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、6月21日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年7月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。


*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************
                                         
●6月7日(日)東京予防医学セミナー 東京都西五反田 五反田ゆうぽうと 5F はまゆう
         午前9時30分開場 10時開演 
                     (会員:入会金1000円年会費5000円)
                     (非会員:初回のみ無料、2回目以降1回毎に1000円)
         午後相談会と体験会〔有料) 
       
●6月14日〔日)滋賀予防医学セミナー 草津市西大路町9-6 草津まちづくりセンター3F 301号室

                        JR草津駅西口から琵琶湖方面に直進徒歩、約200m
         午前9時30分開場 10時開演
         午後相談会と体験会
 
         テーマ「病気を治す身体の仕組み」・・糖尿・高血圧・婦人病ほか

個別健康相談・血液動態画像分析の体験 事前予約要 有料\1,000

注)午後の参加は午前の講演会参加を前提とします。(血液動態画像分析込)

血液動態画像分析のみ場合は参加費 \500が必要です。相談会 午後 1:30~ 4:00

●6月21日〔日)名古屋セミナー 名古屋市東区 ウイルあいち  2F 特別会議室

                     午前9時30分開場 10時開演
                       (会員:入会金1000円年会費5000円)
                       (非会員:初回のみ無料、2回目以降1回毎に1000円)

                     午後相談会と体験会(初めての方を対象:無料)


●午後:体験会及び技術指導(専門家養成講座は名古屋のみ)
     1時30分より2時30分まで体験希望者の中から体の歪みの検証を行ないます。
     2時30分より、3時までワンポイントレッスン

    技術指導 3時~4時30分
    グループに分かれて技術の指導が受けられます。
    上級者対象に理論の説明を確かめます。4時30分~5時
    グレードごとに出されたテーマに基づき、病気が治る仕組みを説明が出来るように発表する形式でトレーニングを行ないます。
   A:プライマリー ・ゲレードC 風邪とはなにか!
   B:セラピスト  熱の下げ方!
   C:エキスパート 感染症の盲点!
   D:プロフェッショナル 高血圧症の原因について!


   5時より 「バンドストレッチ療法」②を行ないます。
    なお、ストレッチは長谷川インストラクターが行ないます。


               
   
  ◆テーマ:感染症の盲点、鎖骨をほぐせば病気は治る!
   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法




**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  
*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。



府省共通研究開発管理システム登録研究機関

  自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

★肝炎の矛盾!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★肝炎の矛盾!

★一般に肝炎とは、肝炎ウイルスによるウイルス性肝炎、飲酒によるアルコール性肝炎、薬物による薬物性肝炎や自己免疫性肝炎などが主な炎症として知られている!

★これらの肝炎にも様々な矛盾が内包されているのです!

★インターフェロンも自分で出来るのです!

******* 新着情報 *********

★肝癌診療ガイドラインを改訂!

★日本肝臓学会 肝癌診療ガイドラインを改訂 来月初旬に公開

2009年5月22日 提供:Japan Medicine(じほう)


「肝癌診療ガイドライン」の改訂作業を進めている日本肝臓学会では、現在募集中の改訂案に対するパブリックコメントを検討した上で、来月4日の学術集会で2009年版を公開する。

前GL以降に保険収載された肝移植の適応基準は推奨グレードB、局所療法適応患者へのラジオ波熱凝固療法(RFA)は、同Aと評価された。

現05年版は厚生労働省研究班がまとめたもので、学会として肝がんGLをまとめるのは今回が初めて。

RFA、骨転移への放射線は推奨A

 学会では、新しい09年版(新GL)案を会員向けに公開し、パブリックコメントを募集している。

来月4日から開催される第45回日本肝臓学会総会では公開シンポジウムが企画されており、この中で最終版が示される。

 05年版(前GL)は、厚生労働省の診療GL支援事業で組織された研究班が02年11月までの7000件を超える文献を元にまとめた。

新GLは学会が主体となって改訂作業を進めてきたもので、02年12月から07年6月までの文献を調べて新たなエビデンスを追加した。

 新GLでは、日本肝癌研究会の肝障害度分類(A・B・Cの3分類)に基づいてまとめられた肝細胞がんの治療アルゴリズムに一部変更が加わる。

肝障害度「A・B」は前GLとほぼ同様で、腫瘍数が1個もしくは2-3個(腫瘍径3cm以内)の場合は第1選択「肝切除」、第2選択「局所療法」となる。

腫瘍数2-3個で腫瘍径が3cmを超える場合は第1選択「肝切除」、第2選択「肝動脈塞栓療法」となる。

 4個以上の第1選択は「冠動脈塞栓療法」のままだが、第2選択は「肝動注」から「化学療法」に変更となる方向で検討が進められている。

国内ではこれまで臨床的に肝動注が選択される場合も少なくないが、エビデンスは十分ではない。

「化学療法」に変更することで今後の標準治療となる可能性が高い分子標的薬の使用に含みを持たせた格好だ。

 肝障害度が高い分類「C」では大きな変化はないものの、腫瘍数1-3個の場合に選択される「肝移植」について、患者年齢を65歳以下とするただし書きが追加される(腫瘍1個では腫瘍径5cm以内)。

 肝がん診療に関しては、前GL以降にミラノ基準に基づく肝移植や、経皮的局所療法のRFAが保険収載され、腫瘍マーカーの選択肢も増えるなどの進展があった。

新GLでは ミラノ基準による肝移植を推奨グレードB(行うよう勧められる)、穿刺局所療法の適応患者へのRFAや骨転移疼痛への放射線療法を同A(行うよう強く勧められる)とする。

2種類以上の腫瘍マーカーによる測定も前GLに引き続きA評価となる。

 08年7月には分子標的薬ソラフェニブの進行肝細胞がんに対する有用性が示されており、08年9月にはMRIの造影剤として肝細胞がんに特異的に取り込まれるEOB造影剤(Gd-EOB-DTPA)が使用可能となっている。

ただ、新GLの対象となる07年6月までの文献ではエビデンスとなるデータが示されていないため、新GLでの推奨は見送られ、解説にとどまった。

*********** 肝炎の盲点 **********
■ウイルス性肝炎の原因は、肝炎を起こすウイルスが消化不良などにより異常繁殖して肝臓に侵入し肝臓の組織を破壊し、びまん性の炎症を起こすものである!

■そのため、西洋医学的な対応としては、抗生物質などで滅菌する方法が選択されますが、抗生物質には、健全な血液細胞を殺す副作用もあるため貧血になり安く、自己免疫力が低下することで体調の管理が思うようにならないことが少なくはありません。

■また、インターフェロン療法が中心として行われていますがそのインターフェロンも自身の体でつくることが出来るのです!

■インターフェロンαとβはリンパ球(T細胞、B細胞)、マクロファージ、線維芽細胞、血管内皮細胞、骨芽細胞など多くのタイプの細胞で産生され、特に抗ウイルス応答の重要な要素である。インターフェロンαとβはマクロファージとNK細胞をともに刺激し、腫瘍細胞に対しても直接的に増殖抑制作用が知られています!

■インターフェロンは体内にいろいろな抗原が侵入したときそれに反応してIL-1、IL-2、IL-12、TNF、CSFなどのサイトカインが産生され、これらのサイトカインによっても誘導される!

■インターフェロンγは活性化されたT細胞で産生され、免疫系と炎症反応に対して調節作用を有し、白血球を感染局所に誘導して炎症を強化して細菌を貪食殺菌させることが知られています!

■しかし、インターフェロンが正しく働くためには、疲れを癒し、体液の酸化を中和し、マクロファージを元気にするとともに、鎖骨の歪みを改善し、胸腺の機能を高める必要があるのです!

■胸腺が回復することでインターフェロンが産生され、自力で病気を治すことが出来るのです!


■従って、化学薬品として作られたインターフェロンでウイルスを殺すことではなく、自律神経を整え、食べ物を消化できず腐敗する体内環境を改善して体内環境を安定させることです!

■アルコール性の肝炎とは、文字通り飲酒のしすぎで分解されないアルコールが肝臓に直接侵入し、肝臓の細胞を傷つけるものです!

■薬物性肝炎とは解熱鎮痛剤から抗生物質や抗がん剤まで様々な化学薬品の服用のし過ぎによって肝臓の細胞が傷つき延焼した状態で肝炎の中でも発症率は少なくありません!

■西洋医学は威厳病や薬源病をつくることで医療経済が成り立っていると言っても過言ではありません!

■医者の診療方針に惑わされて薬に依存せず、自己免疫力を高めることで対応するべきです!

■自己免疫疾患性の肝炎とは、アレルギー体質と同様、自己の免疫細胞が狂ったために健全な細胞を傷つけることで炎症するものです!

■しかし、私のこれまでの研究では自己免疫疾患と診断された方の血液細胞を確認すると例外なく白血球の動きがなく円形の状態で固まって動かない物が多くみられます!

■このことから自己免疫疾患という考え方に矛盾があることがわかりました!

■円形に固まった動かない白血球がどの様にして健全な細胞を攻撃するのかという疑問がわいてきたことです!

■つまり、自己免疫疾患とは単純に毛細血管より大きい白血球が不調になった状態で、変形できず毛細血管を浸透できず詰まった状態で組織が代謝出来ず炎症してゆく状態と考えられるのです!

■したがって、自己免疫性の肝炎の対症療法として選択されている化学療法は自己免疫を抑制することで、動きが悪く毛細血管に詰まった細胞をさらに薬で動きを抑えて血液bの流れを悪くすることになり、肝機能が悪くなるのです!

■自己免疫性の肝炎への理想的な対応は、腸内の腐敗を抑えるためにブフィズスキンや乳酸菌などを増やすことで悪玉菌を抑えることです!

■つまり、自己免疫を高めることが最も有効なほうほうであり、化学療法では善玉菌が減少し、かつ、白血球が不活性になることから遺伝子情報の伝達が出来ず長期間の対症療法で悪化することが多いのです。

■自己免疫疾患の矛盾について詳しく知りたい方は予防医学セミナーにご参加ください。

■予防医学セミナーでは免疫学の専門医でも出来ない「総合免疫療法」を体験できます!

■総合免疫療法とは、睡眠や呼吸や消化や吸収や排泄などの不調を取り除き、血管やリンパ管の圧迫を改善し、「新陳代謝」を正常にしてゆく健康法です!

■また、胸腺や脾臓の働きまで回復される方法で、壮快3月5月7月号で「鎖骨ほぐし」というテーマで紹介され注目されています!

府省共通研究開発管理システム登録研究機関
 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、6月21日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年7月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。


*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************
                                         
●6月7日(日)東京予防医学セミナー 東京都西五反田 五反田ゆうぽうと 5F はまゆう
         午前9時30分開場 10時開演 
           (会員:入会金1000円、年会費5000円)
           (非会員:初回のみ無料、2回目以降1回毎に1000円)
         午後相談会と体験会〔有料) 
       
●6月14日〔日)滋賀予防医学セミナー 草津市西大路町9-6 草津まちづくりセンター3F 301号室

         JR草津駅西口から琵琶湖方面に直進徒歩、約200m
         午前9時30分開場 10時開演
         午後相談会と体験会
 
         テーマ「病気を治す身体の仕組み」・・糖尿・高血圧・婦人病ほか

個別健康相談・血液動態画像分析の体験 事前予約要 有料\1,000

注)午後の参加は午前の講演会参加を前提とします。(血液動態画像分析込)

血液動態画像分析のみ場合は参加費 \500が必要です。相談会 午後 1:30~ 4:00

●6月21日〔日)名古屋セミナー 名古屋市東区 ウイルあいち  2F 特別会議室

                     午前9時30分開場 10時開演
                        (会員:入会金1000円、年会費5000円)
                        (非会員:初回のみ無料、2回目以降1回毎に1000円)
                     午後相談会と体験会(初めての方を対象:無料)


●午後:体験会及び技術指導(専門家養成講座対象)
     1時30分より2時30分まで体験希望者の中から
    体の歪みの検証を行ないます。
     2時30分より、3時までワンポイントレッスン

    技術指導 3時~4時30分
    グループに分かれて技術の指導が受けられます。
   4時30分~5時
    グレードごとに出されたテーマに基づき、病気が治る仕組みを説明が出来るように発表する形式でトレーニングを行ないます。
   A:プライマリー ・ゲレードC 風邪とはなにか!
   B:セラピスト  熱の下げ方!
   C:エキスパート 感染症の盲点!
   D:プロフェッショナル 高血圧症の原因について!
 
   5時より 「バンドストレッチ療法」②を行ないます。
    なお、ストレッチは長谷川インストラクターが行ないます。

 
               
   
 
 ◆テーマ:感染症の盲点、鎖骨をほぐせば病気は治る!
   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。





*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。




 文責:自然医学総合研究所 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

★良い医者の見分け方!「医心方」

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★良い医者の見分け方!「医心方」

★良い医者とは「医心方」を実践している医者のこと!

★悪い医者とは、治らないと知りつつ手術を勧めたり、不要な薬と知りつつ処方するなど「医心方」に反した医療を行っている医者のこと!

★特に処方箋に重篤な副作用を書かず、患者に渡している医者は要注意である!

★処方箋の偽装は大病院でも行われている!

★ゆえに日本国中の医療が疑わしいと患者は疑問視しているのである!

★それが本当の医療不信の原因かも知れない!

************ 医者の心得 *********

★医心方について

『 医師は治療に臨んで精神を統一し、欲得を捨て、慈悲の請願をたて、魂あるものすべての病苦を除くことを心がけよ。

救いを求める者に対しては、その身分の貴賎や貧富、年齢を問わず、怨敵であろうと親しい者、善人であろうと、また田舎者と都会人、智慧と愚者などあらゆる差別を捨て去り、すべての人に親心で臨むべきである。

右顧左眄せず、前後を見ず、日や方位、吉凶にとらわれたり、わが身を惜しんではならない。

患者の苦しみをわがことのように思いやり、僻地であろうと、昼夜、寒暑、飢渇、疲労もものともせずただ一心に救いに赴くべきである。

患者を往診したときは、どんなすばらしい邸宅でもキョロキョロしてはならない。どんなにおいしい御馳走や音楽でもてなしてくれても、楽しむのは恥ずべきである。

多語、談笑、けんかをせず、道を説いたり、是非を論じたり、名声を望んだり、他の医師をそしったり、自慢してはならない。

自分を天下無双と思うのは、医師の膏肓(命取り)である。』

これは、日本最古の医学書「医心方」の冒頭の言葉です。

医療従事者の方には本当に身に詰まされる内容ですね。

医心方とは、丹波康頼が著わし、隋・唐時代以前の二百以上の文献から病気の養生、医師の心得など抜き出し、症例別に編集した日本最古の医学書です。

著されてから約千年後の現在、槇佐知子さんの手によって、解り易い現代語訳となって全訳精解が筑摩書房から出版されています。


******** 患者の心得 *********

■良い患者になるには良い心がけが必要である!

■昔は医者に会うときには菓子折りを持ってゆくことが多かったように思う!

■それだけ患者はお世話になっているという証だったかもしれない!

■しかし、今は違う、医者に追うときに{ビデオカメラ」を持ってゆく患者が多いという!

■信じがたい話だがある有名人もそのようにしているという!

■その理由は、説明に誠意が感じられないことや本音を言わない医者が多くなったことをあげている!

■患者は完全な医療を求めている!

■安全な医療かどうかを確認するためにビデオカメラは役に立つのだそうである!

■どんな医者でもカメラを向けるととたんに本音を言うらしいからということである!

■それほど本音を言わない医者が多くなったと言うことの現われかも知れない!

■医療の内容が年々高度医療化していく中で、昔では考えられないほどの危険を伴う治療が多くなったことも医者を無口にする原因かも知れない!

■そのひとつが「骨髄移植」にみられる抗がん剤の大量投与です!

■骨髄移植とは、白血病で抗がん剤治療を行いながらも再発して寛解に至たらず、患者の骨髄液と遺伝子構造が似た提供者が出た場合、患者の骨髄を全て殺した上で提供者の骨髄液をなぜか点滴で入れるという方法で、すぐに臍帯血(さいたいけつ)移植に移行し、現在では抹消血移植に移行している方法です!

■この成功率は向上したとは言え、恐ろしいほど低く、移植前の前置療法で行われる抗がん剤の大量投与によって、30%ほどが3ヶ月以内に亡くなるなど即死するケースもあるのです!

■30%に過ぎないといわれる生存者も、5年生存ではほとんどが生活も出来ず亡くなっているのです!

■医学の進歩がもたらした結果です!

■昔ならば風邪をこじらしたということで3~4ヶ月も休養していれば治っていたケースがこの病気だと考えられるからです!

■西洋医学の進歩によって白血病はがんとして扱われるようになってしまったのです!

■しかし、どこにもがん細胞は存在していません!

■血液内科の考え方では「芽球」をがん細胞のようにして扱っているのです!

■芽球はがん細胞なのかというとがん細胞ではないのです!

■芽球とは白血球の子供であり,誰しもが無理をすることで増える細胞です!

■これは大変重要なことであり、医者も患者も確認しなくてはならないことです!

■つまり、免疫の研究をしているものならば容易に理解できるはずですが、顆粒球の増多は、交換神経の働きと連動しているのです!

■しかし、血液内科の多くの医者は、専門知識の中だけで考えるため、多いから病気、少ないから病気と診断し、原因から治そうとせず、抗がん剤という毒ガスから開発した劇薬を用いて治療して多くの犠牲者がでているのです!

■患者にとって医療の選択は大変重要なものです!

■血液内科が「免疫内科」に変化出来たとしたら大勢の患者さんが救われるのではないかと思うのものです!

■そうあってほしいものです!

■その様な流れをつくるのが日本統合医療学会であり日本ホリステック医学協会の存在であり、多くの代替医療の先生方の集いです!

■自然治癒力はどのようにして働くのか、また、どんな病気を治すことが出来るのか、体の仕組みや免疫の仕組みを学び「病気を治す仕組み」があることを知り、多くの患者さんに伝える必要があるのです。

■風邪や骨折が治るように様々な病気が自己治癒力を生かすことで治っているからです!


府省共同研究開発管理システム登録研究機関

   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、6月21日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年7月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。


*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************
                                         
●6月7日(日)東京予防医学セミナー 東京都西五反田 五反田ゆうぽうと 5F はまゆう
        午前9時30分開場 10時開演 (会員:入会金1000円、年会費5000円)
                            (非会員:初回のみ無料、2回目以降1回毎に1000円)
         
        午後相談会と体験会〔有料) 
       


●6月14日〔日)滋賀予防医学セミナー 草津市西大路町9-6 草津まちづくりセンター3F 301号室

         R草津駅西口から琵琶湖方面に直進徒歩、約200m
         午前9時30分開場 10時開演
         午後相談会と体験会
 
         テーマ「病気を治す身体の仕組み」・・糖尿・高血圧・婦人病ほか

個別健康相談・血液動態画像分析の体験 事前予約要 有料\1,000

注)午後の参加は午前の講演会参加を前提とします。(血液動態画像分析込)

血液動態画像分析のみ場合は参加費 \500が必要です。相談会 午後 1:30~ 4:00



●6月21日〔日)名古屋予防医学セミナー 名古屋市東区 ウイルあいち  2F 特別会議室

      午前9時30分開場 午前10時開演(会員:入会金1000円、年会費5000)
                           (非会員:初回のみ無料、2回目以降1回毎に1000円)
                     
      午後相談会と体験会(初めての方を対象、無料)


●午後:体験会及び技術指導(専門家養成講座対象)
     (午後の技術指導は名古屋のみ)
    ① 1時30分より2時30分まで体験希望者の中から
    体の歪みの検証を行ないます。
    ② 2時30分より、3時までワンポイントレッスン

    ③技術指導 3時~4時30分
    グループに分かれて技術の指導が受けられます。
    ④上級者対象に理論の説明を確かめます。4時30分~5時
    グレードごとに出されたテーマに基づき、病気が治る仕組みを説明が出来るように発表する形式でトレーニングを行ないます。
   A:プライマリー ・ゲレードC 風邪とはなにか!
   B:セラピスト  熱の下げ方!
   C:エキスパート 感染症の盲点!
   D:プロフェッショナル 高血圧症の原因について!
   
   ⑤5時より 「バンドストレッチ療法」②を行ないます。
    なお、ストレッチは長谷川インストラクターが行ないます。
         
   
  ◆テーマ:感染症の盲点、鎖骨をほぐせば病気は治る!
   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法

     


**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方



*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。




 文責:自然医学総合研究所 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

★インフルエンザは旧型だった!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

■インフルエンザは旧型だった!


■日本でも濃厚感染者は2900人に上る勢いで広がっている新型ウイルスであるが、実はこのウイルは新型ではないことが明らかになった!

■33年前にアメリカのニュウージャージ州で感染がでた新型インフルエンザは、今年メキシコから発症し、いまや国際的に広まり、ついに日本でも163人が感染し、大阪と兵庫では1週間学校を休むことになった!

■WHOによると、2009年5月20日午前10時00分(日本時間)現在、世界中で40カ国において9,000例以上の新型インフルエンザA(H1N1)感染の症例が報告されており、アメリカ、メキシコ、カナダなどがその多くを占めている!

■死亡例はメキシコ72例、アメリカ6例、カナダ・コスタリカ各1例の計80例である。


■42カ国で10243人と感染者が急増する中で、季節性のものと同じ対応が求められている!

■季節型といえば、日本では毎年1月から2月にかけて流行し、4月には終息する!

■問題は、マスク、手洗い、うがいだけでに依存するのではなく、湿度を50%程度に調整することが重要である!

■加湿なしでは30%程度までさがっているからである!

■なぜ湿度が下がると感染がしやすくなるのか!

■それは、粘膜が乾燥することで、リンパ球の分泌が悪くなるからです!

■また、季節性のウイルスの場合でもそうですが、日本人全員に感染することはありません!

■感染する人、しない人の違いは過労の度合いで異なるからです!

■夜更かし、夜食、ジャンンクフードの常食など非常に免疫を下げ安い状態で生活し、さらに過労のところで湿度が下がり、鎖骨が歪み胸腺の機能が低下して発症している!

■ゆえに、早寝、小食、加湿に加えて鎖骨の歪みを改善することが望ましいのです!

■しかし、そのように指導する医療機関がない!

■従って、個人で学習する必要があるのです!

■感染症対策で詳しく知りたい方は「壮快7月号」の鎖骨ほぐしのを参照されると良い!

■次回の予防医学セミナーは、6月7日〔日)東京 五反田 ゆうぽうと 5F はまゆう にて午前10時より行います。

府省共同研究開発管理システム登録研究機関
 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、6月21日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年7月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。


*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************
                                         
●6月7日(日)東京予防医学セミナー 東京都西五反田 五反田ゆうぽうと 5F はまゆう
        午前9時30分開場 10時開演 (会員:入会金1000円、年会費5000円)
                           (非会員:初回のみ無料、2回目以降1回毎に1000円)
        午後相談会と体験会〔有料) 
       



●6月14日〔日)滋賀予防医学セミナー 草津市西大路町9-6 草津まちづくりセンター3F 301号室

         JR草津駅西口から琵琶湖方面に直進徒歩、約200m
         午前9時30分開場 10時開演
         午後相談会と体験会
 
         テーマ「病気を治す身体の仕組み」・・糖尿・高血圧・婦人病ほか

個別健康相談・血液動態画像分析の体験 事前予約要 有料\1,000

注)午後の参加は午前の講演会参加を前提とします。(血液動態画像分析込)

血液動態画像分析のみ場合は参加費 \500が必要です。相談会 午後 1:30~ 4:00




●6月21日〔日)名古屋セミナー 名古屋市東区 ウイルあいち  2F 特別会議室

         午前9時30分開場 10時開会(会員:入会金1000円、年会費5000円)
                           (非会員:初回のみ無料、2回目以降1回毎に1000円)
  
       午後相談会と体験会(初めての方を対象、無料)


●午後:体験会及び技術指導(専門家養成講座対象)
     1時30分より2時30分まで体験希望者の中から
    体の歪みの検証を行ないます。
     2時30分より、3時までワンポイントレッスン

    「バンドストレッチ療法」②を行ないます。
    なお、ストレッチは長谷川インストラクターが行ないます。
    技術指導 3時~4時30分
    グループに分かれて技術の指導が受けられます。
    上級者対象に理論の説明を確かめます。4時30分~5時
    グレードごとに出されたテーマに基づき、病気が治る仕組みを説明が出来るように発表する形式でトレーニングを行ないます。
   A:プライマリー ・ゲレードC 風邪とはなにか!
   B:セラピスト  熱の下げ方!
   C:エキスパート 感染症の盲点!
   D:プロフェッショナル 高血圧症の原因について!
   

   5時より 「バンドストレッチ療法」②を行ないます。
    なお、ストレッチは長谷川インストラクターが行ないます。

               
 
 ◆テーマ:感染症の盲点、鎖骨をほぐせば病気は治る!
   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫


**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  



*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

★免疫力でウイルスに勝つ!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★免疫力でウイルスに勝つ!

★国内感染者163人、2664校休校!

大阪・兵庫、新型インフルエンザ感染130人 2664校が休校へ
2009年5月18日 提供:毎日新聞社


新型インフルエンザ:大阪・兵庫、感染130人 2664校が休校へ

◇企業活動にも影響

 大阪府、兵庫県などによると、新型インフルエンザの国内感染者は18日午前、両府県で163人に達した。

成田空港で感染が確認された大阪府寝屋川市の高校生らを合わせると、163人。

両府県の幼稚園や小学校を含めた休校と休校措置要請は2664校に上った。

また、神戸市にある三菱東京UFJ銀行支店やJR西日本系列のコンビニエンス店の従業員にも発症者が確認され、一般企業にも広がりつつある実情が浮かんだ。(10、11面に関連記事)

 国や大阪府、兵庫県などの発表によると、両府県で新型インフルエンザ感染が確認された自治体は、神戸市(53人)▽大阪府高槻市(10人)▽大阪府豊中市(8人)などとなっている。

 18日になり、高槻市で関西大倉高校(同府茨木市)の生徒や教員ら計6人や別の高校の生徒2人の計8人の感染が判明。大阪市でも府立高校の女子生徒1人の感染が分かった。

神戸市では5歳男児から60歳男性まで、計25人の感染が確認された。このうち1人は今月10-12日、香港に渡航していた。

 ◇三菱UFJ銀、三宮支店員が感染60人--自宅待機、営業は継続

 三菱東京UFJ銀行は18日、三宮支店(神戸市中央区)に勤務する20代の女性行員に新型インフルエンザ感染が確認されたと発表した。

同行は三宮支店と、同じ建物に入居する三宮支社の支店長、支社長ら幹部を除く約60人の行員に自宅待機を命じ、同支店には別の支店などの行員を派遣して、営業を継続している。

通常は約40人で担う支店を約30人で運営しており、窓口の数を減らすなどして対応している。同支店のATM(現金自動受払機)は消毒した上で稼働している。

 同行によると、女性行員は支店で窓口業務や後方事務を担当し、15日まで通常勤務をしていた。

16日午後11時ごろ、39度以上の発熱があり、発熱相談センターに相談。神戸市環境保健研究所の遺伝子検査で17日夜、新型インフルエンザへの感染が判明した。

現在は市立医療センター中央市民病院に入院しているが、容体は安定している。

 最近の海外渡航歴はないという。【久田宏】

 ◇三ノ宮と元町駅、JR8売店休業--従業員感染で

 JR西日本駅構内で売店を経営するジェイアール西日本デイリーサービスネット(大阪市北区)は18日、JR神戸線三ノ宮駅(神戸市)構内のコンビニエンス店の女性従業員に新型インフルエンザへの感染が確認されたと発表した。

同社は、同駅と隣の元町駅構内の売店従業員がこの従業員と接触した可能性があるとして、キヨスクなど計8店で当分の間、休業することを決めた。

同社によると、この社員は50代で、17日は午前の勤務だった。同日夜、感染が確認され、入院している。

…………………………………………………………………………
■33年前にアメリカのニュウージャージ州で感染がでた新型インフルエンザは、今年メキシコから発症し、いまや国際的に広まり、ついに日本でも163人が感染し、大阪と兵庫では1週間学校を休むことになった!

■42カ国で9805人と感染者が急増する中で、季節性のものと同じ対応が求められている!

■季節型といえば、日本では毎年1月から2月にかけて流行し、4月には終息する!

■問題は、マスク、手洗いではなく、湿度を50%程度に調整することが重要である!

■加湿なしでは30%程度までさがっているからである!

■なぜ湿度が下がると感染がしやすくなるのか!

■それは、粘膜が乾燥することで、リンパ球の分泌が悪くなるからです!

■また、季節性のウイルスの場合でもそうですが、日本人全員に感染することはない!

■感染する人、しない人の違いは過労の度合いである!

■夜更かし、夜食、ジャンンクフードの常食など非常に免疫を下げ安い状態で生活し、さらに過労のところで湿度が下がり、鎖骨が歪み胸腺の機能が低下して発症している!

■ゆえに、早寝、小食、加湿に加えて鎖骨の歪みを改善することが望ましいのである!

■しかし、そのように指導する医療機関がない!

■従って、個人で学習する必要がある!

■感染症対策で詳しく知りたい方は「壮快7月号」の鎖骨ほぐしの乱を参照されると良い!

■次回の予防医学セミナーは、6月7日〔日)東京 五反田 ゆうぽうと 5F はまゆう にて午前10時より行います。

府省共通研究開発管理システム登録研究機関
 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、4月19日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年7月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。


*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************
                                    
●6月7日 東京予防医学セミナー 五反田 ゆうぽうと 5F はまゆう

東京都品川区西五反田8-4-13.


午前9時30分開場 10時開演  午後相談会、体験会、調整会



●6月14日〔日) 滋賀予防医学セミナー 草津まちづくりセンター 3F 301号

〒525-0037 草津市西大路町9-63

午前9時30分開場 10時開演  午後相談会、体験会、調整会




●6月21日〔日) 名古屋予防医学セミナー 名古屋市東区 ウイルあいち 

         午前9時30分開場 10時開演 
         午後体験会専門家養成講座

   
      ◆テーマ1:がんを克服するために
          講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


       ◆テーマ2:インフルエンザの盲点!

         講師:大沼 四廊 
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法

        
         
         詳細はHPにて確認してください。http://www.nrt.ne.jp
        お問い合わせ TEL:052-801-7063
                  Email:kenko@nrt.ne.jp
                


**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方



*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

★ウイルスの自然発生!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★ウイルスの自然発生!

★新型ウイルスは自然発生したとWHO会見!

★新型ウイルスは人為的につくられたものではないとWHO会見!

★WHOの会見はルイ・パストールの説を否定したものとなる!

★ウイルスとは細胞を構成単位としないが、他の生物の細胞を利用して増殖できるという、非生物と生物の特徴を併せ持つ。

★細胞をもたないウイルスは、非細胞性生物または非生物として位置づけられる。

★パスツールは、1861年に『自然発生説の検討』を著し、従来の「生命の自然発生説」を否定し、当時のフランスのアカデミーはこれを認可し、生命は生命から、細胞は細胞からという常識の基礎をつくった!

★しかし、新型インフルエンザについてWHOは、自然発生したもので人為的につくられたウイルスではないと会見した!

★WHOの会見が正しいものならばパスツールの自然発生はしないという否定説は間違っていることになる!

********* 新着情報 *********

WHOが人為的疑惑を否定!

起源「ウイルス自然発生」--WHO会見:新型インフルエンザ

2009年5月15日 提供:毎日新聞社


新型インフルエンザ:起源「ウイルス自然発生」 人為的疑惑を否定--WHO会見

【ジュネーブ澤田克己】世界保健機関(WHO)のケイジ・フクダ事務局長補代理は14日、新型インフルエンザウイルスの起源について「自然に発生したものだ。

研究施設に由来するものではない」と述べ、一部に出ている「人為的にできたウイルスではないか」との疑念を否定した。

 ブルームバーグ通信などによると、ウイルス人為説は、抗ウイルス薬「タミフル」の開発にもかかわったというオーストラリア国立大の科学者、エードリアン・ギブズ氏(75)が提唱。

遺伝子配列などを調べた結果、新型ウイルスは、ウイルスの培養実験やワクチン製造の過程で偶然発生した可能性があると主張し、近く報告書を出すとしている。

 フクダ事務局長補代理によると、WHOは9日、ギブズ氏の仮説を検証するよう各国の研究機関に依頼。

国連食糧農業機関(FAO)や国際獣疫事務局(OIE)とも協力して専門家による検討を行った結果、「自然に発生したウイルス」との結論に至った。

 一方、WHOは14日、新型インフルエンザワクチンに関する専門家による電話会議を開催。

季節性インフルエンザワクチンと新型用のどちらを優先して生産すべきかなどについて協議したが、この日は結論を持ち越した。

 この日会見したフクダ事務局長補代理は「非常に複雑な問題だ。一回の会議で決められるようなものではない」と述べ、方針決定には時間がかかることを示唆した。

*******新型インフルエンザの起源 ******

新型インフルエンザの最初の発見例は、1976年2月にニュージャージー州フォートディクスのアメリカ陸軍訓練基地(Fort Dix)で死亡した19歳の二等兵の検死による。

同基地内で発病の疑いは数人だったが500人以上が感染していた。

事態を重く見たフォード大統領は、同年10月に全国的な予防接種プログラムを開始した。

予防接種の副作用で500人以上がギラン・バレー症候群を発症し30人以上が死亡したため12月16日にプログラムは中止されたが、それまでに約4000万人が予防接種を受けた。

結局、この時の感染は基地内にとどまって外部での流行は無く死者は兵士1人だった。

■1976年2月にニュージャージー州フォートディクスのアメリカ陸軍訓練基地(Fort Dix)で死亡した19歳の二等兵の検死から今年で33年経つ!

■このウイルスが33年間を経て今年メキシコで発症したのか、そっれとも別にメキヒコで発生したのかが問題である!

■メキシコのコルドバ保健相が同国で豚インフルエンザにより20人が死亡し、さらに40人の死因が豚インフルエンザだった可能性があり調査中だと2009年4月24日発表したがこのウイルスの起源についてWHOは自然発生したと会見したのだ!

■感染例の数が増え5月14日には34カ国で6461人が感染し、死者65人になり、日本でも新型インフルエンザの感染が疑われているが海外渡航の経歴もなく自然発生説が改めて問われることになる!

■生命の自然発生説は、古代ギリシャの哲学者でアレスとテレスの時代から受け継がれ、フランスのルイ・パスツールが否定して自然発生はしないとして認識されてきた!

■ウイルスの自然発生が否定されると生命は生命からウイルスはウイルスからとなり、初めて地球上に発生した生命の起源を証明できるものではない!

■しかし、このたびWHOの会見にあるようにそれぞれの国で自然発生し、それぞれの環境で進化するとする方が自然で理解しやすいのである!

■ゆえに、ウイルスは自然発生し、環境の違いによって変化するのである!

■これは、私達の遺伝子にも同じことが言える!

■つまり、遺伝子は環境によってこわれたり修復したり、変化したりして後世へと受け継がれているのである!

■ゆえに、環境を変えることで遺伝子の状態も変えられる可能性がある!

■これは、生活習慣や環境を変えることで十分病気を治すことが出来ることを示唆するものでもある!



■専門医はウイルスの型にこだわり、感染した側の疲労や血液の汚れや鎖骨の歪みなど重要な問題を軽視しているのです!

■まして、発熱の対応が問題です!

■発熱はウイルスを攻撃し高熱で殺菌している状態です!

■ウイルスは熱に弱いからです!

■発熱から3~4日して発汗することで乳酸が分解され汗となって解毒され、体液が健全に戻るからです!

■感染しない多くに人はそのようにして身を守っているのです!

■感染したときには、手洗いやうがいだけでは不十分です!

■体の疲れを早く取り除くことで自己免疫力が働きます!

■そのためには、睡眠・歪み・免疫・排泄など生理機能に重要なことを実行することです!

■鎖骨をほぐせば病気は消えると言っても過言ではありません!

■鎖骨のほぐし方について具体的に学びたい方は、壮快7月号の鎖骨ほぐしをご参照ください!

■鎖骨と自己免疫の関連記事が掲載されています!

■さらに詳しく学びたい方は予防医学セミナーにご参加ください!

■予防医学セミナーでは専門医でも理解できない免疫の仕組みについて学習できます!

■また、午後は貴重な体験も可能です!

※府省共通研究開発管理システム登録研究機関

 自然医学総合研究所 所長 大沼四廊

★予防医学セミナーへの参加希望者は下記まで連絡ください!

★TEL:052-801-7063

★Email:kenko@nrt.ne.jp


******* 予防医学セミナーのお知らせ ******

●5月17日〔日)名古屋セミナー 東区 ウイルあいち 2F特別室似て行います。

●6月7日〔日)東京セミナー 五反田 ゆうぽうとビル 5F

        「はまゆう」で行います。

●6月14日〔日)滋賀セミナー 草津市まちづくりセンター3F301号
       草津市西大路町9-6
         JR草津駅西口から琵琶湖方面に直進徒歩、約200m

       (注意)施設には駐車場がわずかしかありませんので公共交通機関をご利用ください。

滋賀セミナーでは、糖尿病や高血圧症やアレルギー疾患など身近な病気の原因と治し方について講義いたします。

●時間:午前10時~12時講演会
    午後1~ 相談会 体験会

●テーマ1:がんを克服するために

●講師:酒向猛  外科医 医学博士 
         元岐阜県立多治見病院外科部長
         セントマーガレット病院外科医
          統合医療外来担当医 
      著書:がんを克服するために  

●テーマ2:感染症の盲点と生命の神秘

●講師:大沼四廊 自然医学総合研究所所長
         平成11年度社会文化功労賞受賞
         ピーカンTVや他のTVや壮快3月5月7月号でも紹介され
         鎖骨と免疫の関係がが話題となっている!

      著書:ガン・リウマチ。ヘルニア自然治癒を科学する        椎間板ヘルニアは確実に治る
         がんの盲点 白血病はがんではない
     執筆中:医者に命を預けるな!
         鎖骨をほぐせば病気は消える!
                      
***** 免疫療法の組織 *************

免疫細胞療法が、がん治療法の一つとして認識され、定着するには時間がかかると予測されています。

その背景には、医療界での本療法に対する理解の不足、実際に本療法を行うにあたっての人的・技術的・経済的な制約、現状の医療システム中での社会的な制約などが存在しているからです。

これらの点をふまえて、がん、感染症、その他の難治性疾患に対する治療法として、総合免疫療法を中心とした免疫療法の健全な育成と普及を使命として国際自然免疫学会を組織いたします。

医者も看護師も介護師もそして多くの患者さん方の参加を期待しております。

*******************************

★どんな病息にも必ず原因はあるものです!

★対症療法であきらめず、鎖骨をほぐすことで病気が原因から消えるのです!

★鎖骨をほぐすと、病名に関係なく体は元の状態に戻ります!

★鎖骨ほぐしの詳細は壮快7月号(5月16日発売)に関連記事が掲載されています!

★予防医学セミナーでも鎖骨ほぐしについて学ぶことが出来ますのでぜひご参加ください!

******* 予防医学セミナーのお知らせ ******

★次回の予防医学セミナーは5月17日(日)名古屋市東区の  ウイルあいち
  2F 特別会議室 で午前10時より行ないます!

★午後は貴重な体験も可能です!

★東京予防医学セミナーは6月7日(日)五反田 ゆうぽうと 5F 「はまゆう」で行ないます。

★滋賀予防医学セミナーは6月14日(日) 草津ものづくりセンター 3F 301号で行ないます。

★予防医学セミナーのお申し込み

TEL:052-801-7063

Email:kenko@nrt.ne.jp


府省共通研究開発管理システム登録研究機関
 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、5月17日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年7月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。


*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************      

●5月17日(日)名古屋予防医学セミナー

名古屋市東区 「ウイルあいち」 2F特別会議室にて行います。

●6月7日(日)東京予防医学セミナー

東京都品川区西五反田 ゆうぽうと 5F 「はまゆう」似て行ないます

●6月14日(日)滋賀予防医学セミナー 「草津まちづくりセンター」 3F 301号で行ないます
 草津市西大路町9-6 

 JR草津駅西口から琵琶湖方面に直進徒歩、約200m

※滋賀セミナーでは大沼先生の講義のみで糖尿病や高血圧症やアレルギーの原因や治し方について講義を行ないます。

●時間:午前9時30分開場 10時開演 
     午後体験会と相談会(名古屋のみ専門家養成講座)
          
    
◆テーマ1:がんを克服するために
    講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


◆テーマ2:ウイルス対策の盲点、鎖骨をほぐせば病気は消える!

         講師:大沼 四廊 
             自然医学総合研究所所長 
             TVや壮快3月5月7月号で紹介されて注目されている
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目されている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を科学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな!
              鎖骨ほぐしで100まで元気

         ●講演会費用:会員:入会金1000円 年会費5000円
                  非会員:初回のみ無料、2回目以降1回毎に1000円
           体験会費用:会員:1000円 非会員2000円
           体験会内容::血液の汚れ、骨盤調整 (要予約)

         得点:参加者全員に健康ジャ-ナルを贈呈いたします


**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方



*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

Pagetop

★鎖骨ほぐしでウイルス撃退!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★鎖骨ほぐしでウイルス撃退!

★感染する人しない人の違い!

★キラーT細胞の働き!

*********新着情報*********

★34カ国・6461人感染・死者65人!

世界の感染者、6千人を超す 中国では2例目 新型インフルエンザ
2009年5月14日 提供:毎日新聞社


新型インフルエンザ:世界の感染者、6千人を超す 中国では2例目



 【北京・浦松丈二、メキシコ市・庭田学】新型インフルエンザの世界各地の感染者は13日、メキシコや米国で増え、6000人を超えた。

34カ国・地域で6461人となり、死者もメキシコの2人を加え、65人となった。

 また、中国衛生省は13日、留学先のカナダから山東省済南に一時帰国した男性(19)が感染していたことを確認したと発表した。

中国の感染者は四川省の男性(30)に続き2例目。男性は今月8日に北京入りし、11日に列車で済南に到着。入国時は平熱で、検疫では発見されなかったが、北京滞在中の10日夜に39度の高熱を発した。

中国政府は男性を病院に隔離し、接触した乗客らを追跡している。

 また、香港当局は13日、米国から香港に戻った男性(24)が感染しているのを確認した。香港での感染確認は2人目で、地元住民では初めて。


★症状の統一指標は困難

★新型インフルでWHO幹部

2009年5月14日 提供:共同通信社


【ジュネーブ14日共同】世界保健機関(WHO)のブリアン・インフルエンザ対策部長代理は13日の定例記者会見で、新型インフルエンザがもたらす症状の重さについて「世界規模で統一的な指標を示すのは困難だ」との認識を示した。

 新型インフルエンザの症状は季節性インフルエンザとの比較でそれほど重くはないとの見方もある。

しかし、WHOは感染の警戒水準(フェーズ)を設定する際にあまり考慮しておらず、地理的な拡大に的を絞って引き上げてきたため、各国政府の対策などで「過剰反応を引き起こしている」などの批判が出ていた。

 こうした批判に応える形でWHOのフクダ事務局長補代理は11日の会見で、WHOとして症状の重さに関する何らかの判断を近く示したい意向を明らかにしていた。

 ブリアン部長代理はウイルスがもたらす症状の重さは(1)ウイルスの毒性や感染力(2)世代や地域による免疫力(3)医療体制-などの要素が複雑に絡み、「致死率などの単一の要因だけで(決まるもので)はない」と説明。

WHOとして新型ウイルスの症状に関する情報を極力集めて各国に提供する考えを示した。

★10年度にもインフル新薬

★第一三共「新型にも有効」

2009年5月14日 提供:共同通信社

第一三共は13日、開発中のインフルエンザ治療薬「CS-8958」の新薬承認を2009年度中に申請し、10年度の国内販売を目指す方針を明らかにした。

同社は新型インフルエンザにも有効とみている。

 国内販売が認められれば、外国メーカーが開発したインフルエンザ治療薬の「タミフル」や「リレンザ」を追い上げる考えだ。

 第一三共は欧州や米国でも、海外勢と共同で「CS-8958」の臨床試験を実施中。

海外では外国メーカーに生産や販売の権利を与えて売り出す方向で検討している。しかし大型商品に育つようなら、独自路線による海外販売も検討する。

★すでに変異の可能性

★ワクチン製造に影響か

2009年5月14日 提供:共同通信社

 【メキシコ市13日共同】メキシコのコルドバ保健相は13日、同国で感染が拡大した新型インフルエンザのウイルスがすでに変異した可能性があるとの見方を示した。

また、このウイルスがエイズウイルスよりも変異しやすいとも指摘し、ワクチン製造が困難になり得るとの懸念を示した。

 変異が事実とすれば、各国のワクチン製造にも影響を与えそうだ。

 保健相は、変異により、今回のウイルスに2つのタイプがある可能性があるとも指摘したが、一方で「(変異したという)科学的な完全な証拠はない」とも述べた。

 また、変異についての研究が進めば「なぜウイルスがある患者に対しては攻撃的で、別の患者では穏やかなのかを説明するのに役立つ」とした。

 一方、メキシコの国立感染症監視センターのレサナ所長は、13日掲載のウニベルサル紙のインタビューで、メキシコと米国、カナダの保健当局者が、新型インフルエンザの変異体の可能性があるとみられるウイルスを検出したと述べた。

検出数は明かさなかったが、数は少ないという。

**********************
■国際的に広まっている新型インフルエンザですが、すでに変異している可能性も指摘されている!

■サースなどどのウイルスの場合でも同じですが、ワクチンの開発は今回同様に必ず遅れています!

■また、開発されたワクチンに効果がなくても、いずれ終息しています!

■ウイルスは環境の変化に優れた対応能力を持ち次々にその姿を変えてゆくからです!

■ゆえに、ウイルスを特定して特定したウイルスを殺すという発想では追いつかないのです!

■しかし、いつの時も次第に終息しています!

■それは、ウイルスから身を守る免疫の仕組みがあるからです!

■免疫の仕組みはどんなウイルスでも対応できるのです!

■ただし、一度感染し、ウイルスを殺すために高熱を出しきったあとで二度と同じウイルスに感染しないように「抗体」を産生して記憶出来るからです!

■これを、自然免疫といいますが、自然免疫が正しく働くためにはいくつかの条件が必要です!

■早く寝る、少なく食べる、ゆっくり食べる、無理をしない、冷やさない、汗を流す、緊張しない、熟睡できる、楽しく生きる、安全なものを食べる、旬のものを食べる、発酵食品を食べる、マッサージを受けるなど特にキラーT細胞が産生されるには胸腺の循環が重要です!

■肩こりは鎖骨が歪み胸腺の循環障害を誘発するので感染症の条件です!

■鎖骨をほぐせばキラーT細胞が産生され、ウイルスは撃退されるのです!

■ゆえに、感染症は自分で防げるのです!

■しかし、多くの人たちは、ワクチンの開発に依存してゆきます!

■感染症は感染症の専門家にお任せする方がベターだと思うからです!

■ところが、感染症の専門医にも鎖骨の胸腺とキラーT細胞の関係が理解されていないのです!

■悪いのは、ウイルスよりも専門医制度のようです!

■専門医はウイルスの型にこだわり、感染した側の疲労や血液の汚れや鎖骨の歪みなど重要な問題を軽視しているのです!

■まして、発熱の対応が問題です!

■発熱はウイルスを攻撃し高熱で殺菌している状態です!

■ウイルスは熱に弱いからです!

■発熱から3~4日して発汗することで乳酸が分解され汗となって解毒され、体液が健全に戻るからです!

■感染しない多くに人はそのようにして身を守っているのです!

■感染したときには、手洗いやうがいだけでは不十分です!

■体の疲れを早く取り除くことで自己免疫力が働きます!

■そのためには、睡眠・歪み・免疫・排泄など生理機能に重要なことを実行することです!

■鎖骨をほぐせば病気は消えると言っても過言ではありません!

■鎖骨のほぐし方について具体的に学びたい方は、壮快7月号の鎖骨ほぐしをご参照ください!

■鎖骨と自己免疫の関連記事が掲載されています!

■さらに詳しく学びたい方は予防医学セミナーにご参加ください!

■予防医学セミナーでは専門医でも理解できない免疫の仕組みについて学習できます!

■また、午後は貴重な体験も可能です!

※府省共通研究開発管理システム登録研究機関

 自然医学総合研究所 所長 大沼四廊

★予防医学セミナーへの参加希望者は下記まで連絡ください!

★TEL:052-801-7063

★Email:kenko@nrt.ne.jp


******* 予防医学セミナーのお知らせ ******

●5月17日〔日)名古屋セミナー 東区 ウイルあいち 2F特別室似て行います。

●6月7日〔日)東京セミナー 五反田 ゆうぽうとビル 5F

        「はまゆう」で行います。

●6月14日〔日)滋賀セミナー 草津市まちづくりセンター3F301号
       草津市西大路町9-6
         JR草津駅西口から琵琶湖方面に直進徒歩、約200m

       (注意)施設には駐車場がわずかしかありませんので公共交通機関をご利用ください。

滋賀セミナーでは、糖尿病や高血圧症やアレルギー疾患など身近な病気の原因と治し方について講義いたします。

●時間:午前10時~12時講演会
    午後1~ 相談会 体験会

●テーマ1:がんを克服するために

●講師:酒向猛  外科医 医学博士 
         元岐阜県立多治見病院外科部長
         セントマーガレット病院外科医
          統合医療外来担当医 
      著書:がんを克服するために  

●テーマ2:感染症の盲点と生命の神秘

●講師:大沼四廊 自然医学総合研究所所長
         平成11年度社会文化功労賞受賞
         ピーカンTVや他のTVや壮快3月5月7月号でも紹介され
         鎖骨と免疫の関係がが話題となっている!

      著書:ガン・リウマチ。ヘルニア自然治癒を科学する        椎間板ヘルニアは確実に治る
         がんの盲点 白血病はがんではない
     執筆中:医者に命を預けるな!
         鎖骨をほぐせば病気は消える!
                      
***** 免疫療法の組織 *************

免疫細胞療法が、がん治療法の一つとして認識され、定着するには時間がかかると予測されています。

その背景には、医療界での本療法に対する理解の不足、実際に本療法を行うにあたっての人的・技術的・経済的な制約、現状の医療システム中での社会的な制約などが存在しているからです。

これらの点をふまえて、がん、感染症、その他の難治性疾患に対する治療法として、総合免疫療法を中心とした免疫療法の健全な育成と普及を使命として国際自然免疫学会を組織いたします。

医者も看護師も介護師もそして多くの患者さん方の参加を期待しております。

*******************************

★どんな病息にも必ず原因はあるものです!

★対症療法であきらめず、鎖骨をほぐすことで病気が原因から消えるのです!

★鎖骨をほぐすと、病名に関係なく体は元の状態に戻ります!

★鎖骨ほぐしの詳細は壮快7月号(5月16日発売)に関連記事が掲載されています!

★予防医学セミナーでも鎖骨ほぐしについて学ぶことが出来ますのでぜひご参加ください!

******* 予防医学セミナーのお知らせ ******

★次回の予防医学セミナーは5月17日(日)名古屋市東区の  ウイルあいち
  2F 特別会議室 で午前10時より行ないます!

★午後は貴重な体験も可能です!

★東京予防医学セミナーは6月7日(日)五反田 ゆうぽうと 5F 「はまゆう」で行ないます。

★滋賀予防医学セミナーは6月14日(日) 草津ものづくりセンター 3F 301号で行ないます。

★予防医学セミナーのお申し込み

TEL:052-801-7063

Email:kenko@nrt.ne.jp


府省共通研究開発管理システム登録研究機関
 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、5月17日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年7月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。


*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************      

●5月17日(日)名古屋予防医学セミナー

名古屋市東区 「ウイルあいち」 2F特別会議室にて行います。

●6月7日(日)東京予防医学セミナー

東京都品川区西五反田 ゆうぽうと 5F 「はまゆう」似て行ないます

●6月14日(日)滋賀予防医学セミナー 「草津まちづくりセンター」 3F 301号で行ないます
 草津市西大路町9-6 

 JR草津駅西口から琵琶湖方面に直進徒歩、約200m

※滋賀セミナーでは大沼先生の講義のみで糖尿病や高血圧症やアレルギーの原因や治し方について講義を行ないます。

●時間:午前9時30分開場 10時開演 
     午後体験会と相談会(名古屋のみ専門家養成講座)
          
    
◆テーマ1:がんを克服するために
    講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


◆テーマ2:ウイルス対策の盲点、鎖骨をほぐせば病気は消える!

         講師:大沼 四廊 
             自然医学総合研究所所長 
             TVや壮快3月5月7月号で紹介されて注目されている
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目されている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を科学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな!
              鎖骨ほぐしで100まで元気

         ●講演会費用:会員:入会金1000円 年会費5000円
                  非会員:初回のみ無料、2回目以降1回毎に1000円
           体験会費用:会員:1000円 非会員2000円
           体験会内容::血液の汚れ、骨盤調整 (要予約)

         得点:参加者全員に健康ジャ-ナルを贈呈いたします


**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方



*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

Pagetop

★がん治療の盲点!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】
★がん治療の盲点!

★がん治療には多くの問題がある!

::::::::::::::::: 第一の選択 :::::::::::::::::::::::

★第一選択肢としての手術では、がんの原因はのこり、再発を繰り返すことは間逃れません!

:::::::::::::::: 第二の選択 ::::::::::::::::::::::::

★第二選択枝として行われている抗がん剤治療は、もともと人を殺すために開発された「マスタードガス」をアメリカのエール大学で悪性リンパ腫の患者に用いられ腫瘍の縮小が見られたことjから始まった治療法ですが、手術療法と同様がんの原因は残され、再発を繰り返すことになります。

★また、抗がん剤治療では、もともと人を殺すというテーマで開発された猛毒ガスを医療用として開発したもので、その後開発された抗がん剤にも健全な遺伝子を破壊する機能は変わらず、治療後のダメージが大きく大変危険な選択です!

★近年は、カテーテルなどで局所に少量で治療することが広まっていますが、がんの原因を治す治療法ではなくダメージは少なくなってはいるが再発を繰り返すことには変わりません!

★また、抗がん剤は免疫のシステムを破壊するため肺炎など院内感染を誘発し、抗生物質の併用で急激な貧血が誘発され死亡することもあり、ガンの死亡者の8割は感染症の治療の副作用で亡くなっていると言われるほどです!

★抗がん剤治療を選択した場合には、必ず免疫力が抑制されることになるので自己免疫力が崩壊した後に耐性ガンが作られることも知られています!

::::::::::::::::::: 第三の選択 ::::::::::::::::::::::

★第三の選択枝として登場したのが放射線療法で放射腺をがん細胞に照射することでガン細胞を焼き殺すという方法で普及していますが、手術、抗がん剤治療と同様に原因までは改善できず再発を繰り消すことになります!

★近年はガンマーナイフや重粒子線治療が開発され精度が高まり照射能力は上がってはいますが、原因は残り再発を招くことになります!

:::::::::::::::::::: 第四の選択 :::::::::::::::::::

★そこで開発されたのが第四の選択枝で免疫細胞療法です!

★免疫療法(免疫細胞療法)とは人間の体が元々持つ免疫細胞能を高め、その免疫細胞に癌細胞(がん細胞)を攻撃させるという方法で厚生労働省も認可し、普及されています!


★免疫療法(免疫細胞療法)には様々な種類が存在しますが、「能動免疫療法(免疫細胞療法)」と「受動免疫療法(免疫細胞療法)」の二つに大別されています!

★「能動免疫療法(免疫細胞療法)」とは食事療法やサプリメントを活用し免疫細胞を活性化させる物質を体内に取り入れることで、免疫細胞が刺激され活性化する手法です!

★これには「健康食品」「サイトカイン療法」「免疫賦活剤」等が含まれます。

★また「受動免疫療法(免疫細胞療法)」とはリンパ球などの免疫細胞を体外で培養・活性化し、再び体に戻す療法のことで「自己リンパ活性療法」ともいいます!

★自分尾リンパ球を取り出して再び戻すことから「養子免疫療法(免疫細胞療法)」とも呼ばれています!

★これには高度活性化NK細胞療法や活性リンパ球療法等の細胞免疫療法(免疫細胞療法)等が挙げられます!

★問題はこれらの免疫療法でもがんになった全ての原因を改善できないということに患者も、医学会も気がついていないことにあります!

★これが「ガン難民」と言われる患者を出し続ける原因であり、ガン問題の最大の不幸です!

★つまり、手術も抗がん剤も放射腺も免疫療法も全てが対症療法に過ぎないということです!

::::::::::::::::::::::: 第五の選択 ::::::::::::::::::::

★そこで開発されたのが第五の選択で「総合免疫療法」です!

★総合免疫療法の最大の特徴は、なぜ病気になるのかという単純な疑問を解明するために、「専門の壁」を超え、患者を一人の人間として、食事、睡眠、呼吸、消化、吸収、排泄から気まで、人として必要な全ての視点から改善する100%自然療法です!

★従来の免疫療法では、ストレスで歪んだ骨格が軽視され、リンパ管のつまりや自律神経の不調などまで充分な対応がされておりませんでした!

★しかし、総合免疫療法では、骨格の歪みだけではなく、癒着まで対応していますので、リンパ管のつまりや、自律神経の不調も改善しやすくなったのです!

★最も難しい骨格の癒着が剥離できることで自律神経が甦ります!

★また、癒着の進行が著しく剥離出来ない場合でも、睡眠や呼吸や排泄など体力の向上には大きな成果が期待できます!

★総合免疫療法に関心のお持ちの方は予防医学セミナーにご参加ください!

★予防医学セミナーでは、これまでの免疫療法との違いを学び、午後実際に体験することができます!

※府省共通研究開発管理システム登録研究機関

 自然医学総合研究所 所長 大沼四廊

★予防医学セミナーへの参加希望者は下記まで連絡ください!

★TEL:052-801-7063

★Email:kenko@nrt.ne.jp


******* 予防医学セミナーのお知らせ ******

●5月17日〔日)名古屋セミナー 東区 ウイルあいち 2F特別室似て行います。

●6月7日〔日)東京セミナー 五反田 ゆうぽうとビル 5F

        「はまゆう」で行います。

●6月14日〔日)滋賀セミナー 草津市まちづくりセンター3F301号
       草津市西大路町9-6
         JR草津駅西口から琵琶湖方面に直進徒歩、約200m

       (注意)施設には駐車場がわずかしかありませんので公共交通機関をご利用ください。

滋賀セミナーでは、糖尿病や高血圧症やアレルギー疾患など身近な病気の原因と治し方について講義いたします。

●時間:午前10時~12時講演会
    午後1~ 相談会 体験会

●テーマ1:がんを克服するために

●講師:酒向猛  外科医 医学博士 
         元岐阜県立多治見病院外科部長
         セントマーガレット病院外科医
          統合医療外来担当医 
      著書:がんを克服するために  

●テーマ2:感染症の盲点と生命の神秘

●講師:大沼四廊 自然医学総合研究所所長
         平成11年度社会文化功労賞受賞
         ピーカンTVや他のTVや壮快3月5月7月号でも紹介され
         鎖骨と免疫の関係がが話題となっている!

      著書:ガン・リウマチ。ヘルニア自然治癒を科学する        椎間板ヘルニアは確実に治る
         がんの盲点 白血病はがんではない
     執筆中:医者に命を預けるな!
         鎖骨をほぐせば病気は消える!
                      
***** 免疫療法の組織 *************

免疫細胞療法が、がん治療法の一つとして認識され、定着するには時間がかかると予測されています。

その背景には、医療界での本療法に対する理解の不足、実際に本療法を行うにあたっての人的・技術的・経済的な制約、現状の医療システム中での社会的な制約などが存在しているからです。

これらの点をふまえて、がん、感染症、その他の難治性疾患に対する治療法として、総合免疫療法を中心とした免疫療法の健全な育成と普及を使命として国際自然免疫学会を組織いたします。

医者も看護師も介護師もそして多くの患者さん方の参加を期待しております。

*******************************

★どんな病息にも必ず原因はあるものです!

★対症療法であきらめず、鎖骨をほぐすことで病気が原因から消えるのです!

★鎖骨をほぐすと、病名に関係なく体は元の状態に戻ります!

★鎖骨ほぐしの詳細は壮快7月号(5月16日発売)に関連記事が掲載されています!

★予防医学セミナーでも鎖骨ほぐしについて学ぶことが出来ますのでぜひご参加ください!

******* 予防医学セミナーのお知らせ ******

★次回の予防医学セミナーは5月17日(日)名古屋市東区のウイルあいちで午前10時より行ないます!

★午後は貴重な体験も可能です!

★東京予防医学セミナーは6月7日(日)五反田ゆうぽうと5F「はまゆう」で行ないます。

★滋賀予防医学セミナーは6月14日(日) 草津ものづくりセンター3F301号で行ないます。

★予防医学セミナーのお申し込み

TEL:052-801-7063

Email:kenko@nrt.ne.jp


府省共通研究開発管理システム登録研究機関
 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、5月17日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年7月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。


*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************      

●5月17日(日)名古屋予防医学セミナー

名古屋市東区 「ウイルあいち」 2F特別会議室にて行います。

●6月7日(日)東京予防医学セミナー

東京都品川区西五反田 ゆうぽうと 5F 「はまゆう」似て行ないます

●6月14日(日)滋賀予防医学セミナー 「草津まちづくりセンター」 3F 301号で行ないます
 草津市西大路町9-6 

 JR草津駅西口から琵琶湖方面に直進徒歩、約200m

※滋賀セミナーでは大沼先生の講義のみで糖尿病や高血圧症やアレルギーの原因や治し方について講義を行ないます。

●時間:午前9時30分開場 10時開演 
     午後体験会と相談会(名古屋のみ専門家養成講座)
          
    
◆テーマ1:がんを克服するために
    講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


◆テーマ2:ウイルス対策の盲点、鎖骨をほぐせば病気は消える!

         講師:大沼 四廊 
             自然医学総合研究所所長 
             TVや壮快3月5月7月号で紹介されて注目されている
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目されている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を科学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな!
              鎖骨ほぐしで100まで元気

         ●講演会費用:会員:入会金1000円 年会費5000円
                  非会員:初回のみ無料、2回目以降1回毎に1000円
           体験会費用:会員:1000円 非会員2000円
           体験会内容::血液の汚れ、骨盤調整 (要予約)

         得点:参加者全員に健康ジャ-ナルを贈呈いたします


**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方



*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

Pagetop

★鎖骨をほぐせば病気は消える!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★鎖骨をほぐせば病気は消える!

★病気は全て鎖骨病!

★鎖骨のゆがみは、頭部、胸部の循環障害を招く!

★そのため、不眠症やホルモン障害が誘発される!

★また、心臓から出る血液が直接圧迫されるため不整脈や動悸の原因となる!

★頚部の循環障害は甲状腺の機能障害を誘発し、糖代謝障害の原因ともなる!

★首の循環が障害されると咳の原因にもなり、気管支喘息が誘発される!

★また、目や耳の循環障害は白内症や緑内障や難聴や耳鳴りの原因にもなります!

★さらに、鎖骨の歪みは直接肩こりの原因にもなり、呼吸が浅くなる原因でもあります!

★鎖骨が歪むと胸腺の循環が障害され、キラーT細胞やヘルパーT細胞がつくられず、自己免疫が狂うため、自己免疫疾患の原因ともなります!

★そのため、新型インフルエンザや肺炎にかかりやすくなります!

★キラーT細胞の仕事はがん細胞などの老廃物の処理も行ないますので鎖骨が歪み、胸腺の機能が低下するだけでがん体質にもなるのです!

★どんな病息にも必ず原因はあるものです!

★対症療法であきらめず、鎖骨をほぐすことで病気が原因から消えるのです!

★鎖骨をほぐすと、病名に関係なく体は元の状態に戻ります!

★鎖骨ほぐしの詳細は壮快7月号(5月16日発売)に関連記事が掲載されています!

★予防医学セミナーでも鎖骨ほぐしについて学ぶことが出来ますのでぜひご参加ください!

******* 予防医学セミナーのお知らせ ******

★次回の予防医学セミナーは5月17日(日)名古屋市東区のウイルあいちで午前10時より行ないます!

★午後は貴重な体験も可能です!

★東京予防医学セミナーは6月7日(日)五反田ゆうぽうと5F「はまゆう」で行ないます。

★予防医学セミナーのお申し込み

TEL:052-801-7063
Email:kenko@nrt.ne.jp


府省共通研究開発管理システム登録研究機関
 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、4月19日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年7月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。


*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************      

●5月17日(日)名古屋予防医学セミナー

名古屋市東区 ウイルあいち 2F特別会議室にて行います。

●6月7日(日)東京予防医学セミナー

東京都品川区西五反田 ゆうぽうと 5F はまゆう似て行ないます

●時間:午前9時30分開場 10時開演 
     午後体験会と相談会(名古屋のみ専門家養成講座)
          
    
◆テーマ1:がんを克服するために
    講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


◆テーマ2:ウイルス対策の盲点、鎖骨をほぐせば病気は消える

         講師:大沼 四廊 
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              鎖骨をほぐせば病気はきえる

         ●講演会費用:会員無料 非会員は初回のみ無料
           体験会費用:会員:1000円 非会員2000円
           体験会内容::血液の汚れ、骨盤調整 (要予約)

         得点:参加者全員に健康ジャ-ナルを贈呈いたします


**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方



*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

Pagetop

★鎖骨ほぐしでウイルス対策!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★鎖骨ほぐしでウイルス対策!

※壮快7月号(5月16日発売)に関連記事が掲載されます。

★鎖骨をほぐせば胸腺が回復し、胸腺の回復でキラーT細胞やヘルパーT細胞も健全に働くことができる!

★どんなウイルスにも負けない体を自己免疫力は構築する!

★しかし、化学療法や、各自治体が、賢明に集めているワクチンでは本物の免疫は育たない!

★そこにウイルス問題として医療経済が深く関わっているのである!

********* 新着情報 ********

★ 厚生労働省は9日、カナダから米国経由で成田空港に帰国した、大阪府立高校の男子生徒2人と教員1人の計3人が、新型インフルエンザに感染していたと発表した。

日本国内での感染確認は初めて。

世界保健機関(WHO)に28番目の感染国・地域として報告された。

★ニューヨーク=松尾理也】米疾病対策センター(CDC)は9日、米国の新型インフルエンザ感染者が2254人に達したと発表した。

日本のほか、中米パナマとオーストラリアでも同日までに初の感染者が確認され、感染確認は29カ国・地域となり、感染者は計4300人を超えた。

 また、カナダ西部アルバータ州当局は8日、新型インフルエンザに感染した同州の女性が死亡したと発表した。

感染者の死亡は同国初で、メキシコ、米国に次いで3カ国目となる。メキシコでも9日、新たに3人の死亡が確認され、死者数は計51人になった。

 カナダで死亡したのは30歳代の女性。

先月28日の死後、感染が確認された。女性にメキシコへの渡航歴はなく、ウイルスが持ち込まれた国の中で人から人にうつる二次感染が広まっている状況を裏付けた。

女性は慢性疾患も患っており、州当局者は「ウイルスが死因にどの程度の影響を与えたかは不明だ」と述べた。

 一方、世界保健機関(WHO)の米州地域事務局である「汎米保健機関」のムカヒ分析官が8日、メキシコ市で会見し、メキシコでの感染による死者は、政府が感染拡大防止策をとっていなければ、8000人以上になっていたとの見解を示した。


★【新型インフル】世界の死者52人に!

★コスタリカで1人死亡、世界の死者52人に
2009.5.10 03:42

 AP通信によると、コスタリカの保健省は9日、新型インフルエンザに感染していた同国内の53歳の男性が同日死亡したことを確認した。

男性は糖尿病と慢性肺疾患を患っていた。

新型インフルエンザの感染者の死亡が明らかになったのは、メキシコ、米国、カナダに次いで4カ国目で、死者数は計52人となった。

********** 水際対策の盲点 ********

◆国際的に感染者が増えている中で、海外から帰国される時点で感染の有無を調べ陽性反応が出た人はそのままかくりされる!

◆これで本当に安全と言えるのか疑わしい!

◆問題は、陽性反応がでた人の自己免疫はどうなっているのか感染の専門医は考えもせず、ウイルス対策として従来どおり、タミフルや、リレンザを処方するだけである!

◆そのような治療法で自己免疫は育つことはない!

◆むしろ、怖いのは、発熱を下げようとして強引に解熱することでショックや異常行動をとり、死に至るケースもあるのだ!

◆発熱は、感染したウイルスをキラーT細胞などの自己免疫細胞が攻撃しやすい環境をつくるためヘルパーT細胞がIL-2というサイトカインを産生し、視床下部に伝えた結果高熱をだすことで殺菌している状態である!

◆ゆえに、通常は3日から4日もすれば発汗し、乳酸が分解され解毒され、体液の水素イオン濃度が安定し、自然治癒するのである!

◆その上、自己免疫力で勝ち取った記憶は記憶細胞にきおくされ、永久に再発をしないようになっている!

◆しかし、感染症の研究者はウイルスを発見し、化学療法を行う!

◆そのため、自己免疫力は機能せず生涯同じウイルスに感染する!

◆そこに、水際作戦の盲点がある!

◆ゆえに、賢い患者は自己免疫力で治すことを選択し、抗体をつくるのである!

◆実際、多くの医者の子供達は薬も飲ませず、昔ながらの手当てで発汗させてしのいでいる!

◆感染症の研究者はウイルスを特定し、化学療法を選択することに疑問も持たずに対応する!

◆しかし、免疫学の専門医は苦笑する!

◆専門の壁が、優秀な医者を無能にしているのである!

◆統合医療は、専門の壁を取り壊し、患者優先の立場で研究する制度で国際的には常識になりつつあるが日本では現場の医者の反対で機能していない!

◆西洋医学に限界を感じ安全で確かな代替療法をお探しの方は予防医学セミナーにご参加ください。

◆予防医学セミナーでは免疫の専門医にも出来ない「総合免疫療法」による症例や午後体験も可能です。

◆また、参加者は午後相談や体験も可能です。

◆日時:5月17日(日) am10:00~12:00

◆場所:名古屋市東区 ウイルあいち 特別会議室

◆参加費:会員 :入会金1000円、年会費5000円
      非会員:初回は無料、2回目より一回毎に1000円。

◆講師:酒向猛 医学博士
    元岐阜県立多治見病院外科部長
    千葉セントマーガレット病院外科医・
    統合医療外来担当医

    大沼四廊 自然医学総合研究所 所長
    平成11年度社会文化功労賞受賞

◆テーマ①がんを克服するために

◆テーマ②感染症の盲点と対策 造血の矛盾について

◆お問い合わせは


◆Email:kenko@nrt.ne,jp

◆電話:052-801-7063


府省共通研究開発管理システム登録研究機関 

   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、4月19日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集のお知らせ◆◆◆

◆21年7月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。


*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************      

●5月17日(日)名古屋市東区 ウイルあいち 2F特別会議室にて行います。

         午前9時30分開場 10時開演 
         午後体験会と専門家養成講座 
       
●午後:体験会及び技術指導
     1時30分より2時30分まで体験希望者の中から
    体の歪みの検証を行ないます。
     2時30分より、3時まで
    「バンドストレッチ療法」②を行ないます。
    なお、ストレッチは長谷川インストラクターが行ないま
す。
    技術指導 3時~4時30分
    グループに分かれて技術の指導が受けられます。
    上級者対象に理論の説明を確かめます。4時30分~5時
    グレードごとに出されたテーマに基づき、病気が治る仕組みを説明が出来るように発表する形式でトレーニングを行ないます。
   A:プライマリー ・ゲレードC 腰痛の原因
   B:セラピスト 椎間板ヘルニアの原因について
   C:エキスパート 坐骨神経痛について
   D:プロフェッショナル 自己免疫疾患の矛盾について

   
      ◆テーマ1:がんを克服するために
          講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


       ◆テーマ2:インフルエンザの弱点 ・造血の仕組み,,病を制して天寿全う!


         講師:大沼 四廊 
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法

         ●費用:会員無料 非会員は初回のみ無料
         得点:参加者全員に健康ジャ-ナルを贈呈いたします


**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方



*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

Pagetop

★インフルエンザは胸腺で勝つ!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★インフルエンザは胸腺で勝つ!

メキシコから発症した新型インフルエンザはいまや世界中に広まりつつあります。

アメリカでは全米50州の内43州に及び、1639人の感染者が確認され、メキシコを上回りました。

アメリカでは、感染確認以外に疑い例が800人以上おり、確認後さらに感染者が増えるとCDCは発表しています。

問題は、ウイルス対策として世界中の専門家が手洗いやマスクやワクチン以外に方法がないと思い込んでいることです。

200年前とは異なり、現在は、自己免疫の仕組みがほとんど解明されています。

自己免疫の仕組みを知ることで感染症野ほとんどは防ぐことが出来る可能性があるのです。

その根拠として、感染細胞を認識し破壊して肉体をウイルスから守る細胞はキラーT細胞であることは周知の通りです。

そのキラーT細胞は胸腺で産生されますので、感染者は胸腺の機能が低下している可能性があるのです。

また、胸腺が機能低下する原因も、今回感染した多くの若者の生活習慣が夜遅くまでおきてTVゲームやパソコンに向かうなどのほかにジャンクフーを毎日食べ、酵素の欠乏症であることも考えられるのです。

特に、ストレスが過剰に関わることで骨盤が歪み、寝相もわるくなります。

その上、季節はずれの乾燥が関わり湿度が減少し、粘膜が乾き、リンパ液の分泌が悪く防御できず感染にいたると考えられるのです。

また、感染者の多くは長期間にわたり横向きに寝るなど寝相も悪いはずです。

そのため、鎖骨が歪み胸腺の循環障害が誘発され、キラーT細胞もヘルパーT細胞も産生できなくなるのです。

ゆえに、手洗いやマスクで予防し、ワクチンの開発に依存するだけではなく、姿勢の改善や湿度の問題などにも触れて予防を徹底するべきなのです。

◆西洋医学の治療法に限界を感じ、代替療法をお探しの方は予防医学セミナーにご参加ください。

◆予防医学セミナーでは最先端の免疫の情報を学ぶことが出来ます。

◆また、参加者は午後相談や体験も可能です。

◆日時:5月17日(日) am10:00~12:00

◆場所:名古屋市東区 ウイルあいち 特別会議室

◆参加費:会員:入会金1000円 年会費5000円
      非会員:初回は無料、2回目より1回毎に1000円。

◆講師:酒向猛 医学博士
    元岐阜県立多治見病院外科部長
    千葉セントマーガレット病院外科医・
    統合医療外来担当医

    大沼四廊 自然医学総合研究所 所長
    平成11年度社会文化功労賞受賞

◆テーマ①がんを克服するために

◆テーマ②感染症の盲点と対策

◆お問い合わせは


◆Email:kenko@nrt.ne,jp

◆電話:052-801-7063


府省共通研究開発管理システム登録研究機関 

   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、4月19日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年7月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。


*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************
                                    
●5月3日(日)の東京予防医学セミナーは連休のためお休みいたします。
      

●5月17日(日)名古屋市東区 ウイルあいち 2F特別会議室にて行います。

         午前9時30分開場 10時開演 
         午後体験会と専門家養成講座 
       
●午後:体験会及び技術指導
     1時30分より2時30分まで体験希望者の中から
    体の歪みの検証を行ないます。
     2時30分より、3時まで
    「バンドストレッチ療法」②を行ないます。
    なお、ストレッチは長谷川インストラクターが行ないま
す。
    技術指導 3時~4時30分
    グループに分かれて技術の指導が受けられます。
    上級者対象に理論の説明を確かめます。4時30分~5時
    グレードごとに出されたテーマに基づき、病気が治る仕組みを説明が出来るように発表する形式でトレーニングを行ないます。
   A:プライマリー ・ゲレードC 腰痛の原因
   B:セラピスト 椎間板ヘルニアの原因について
   C:エキスパート 坐骨神経痛について
   D:プロフェッショナル 自己免疫疾患の矛盾について

         セミナーの実行委員 受付:加藤、坂根、杉山
                      司会:斉田、久保、岩田
、               企画委員(教育内容のプログラムの作成)
                      日野、田中、林
               広報委員(チラシやDVDの作成など)
                      恒川、石田、末永
         新役員により 新年度のセミナーが運営されます。

   
      ◆テーマ1:がんを克服するために
          講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


       ◆テーマ2:インフルエンザの弱点 ・造血の仕組み,,病を制して天寿全う!


         講師:大沼 四廊 
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法

         ●費用:会員無料 非会員は初回のみ無料
         得点:参加者全員に健康ジャ-ナルを贈呈いたします


**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方



*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

Pagetop

★インフルエンザより怖い抗がん剤!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★インフルエンザより怖い抗がん剤!

★世界中が大騒ぎしている新型インフルエンザは、メキシコから始まったが、そのメキシコでは、ワクチンの開発も待たずにすでに終息に向かっている!

★その原因は、人の持つ防御能力が働いたものと考えられるのである!

★人の体には、胸腺という免疫の臓器があり、必要に応じてキラーT細胞を産生し、ウイルスに感染した細胞を攻撃して守っているからだ!

★それにも関わらず、ワクチンを開発しようとするのは、新型インフルエンザの流行の波にのってワクチンで暴利を追求しようとする仕組みがあるからだ!

★WHOが世界的な規模の感染症を恐れるのは免疫の仕組みを軽視しているからだと言える!

★新型インフルエンザは国際的には22カ国で2114人に感染し、なくなった方は、世界で44人である。

★それに対して日本国内で08年に起きた殺人事件は、1300件で皆殺されている!

★また、7月10日に発表された警察庁の犯罪統計資料によると2008年上半期に全国で認知された刑法犯件数は87万9208件で、6年連続の減少となったが、インフルエンザの比較ではない!

★まして、検挙率は31.6%しかないのが現状である!

★殺人に効くワクチンは存在しないが、新型インフルエンザに間に合うワクチンもまた存在しない!

★いつの流行でも、ワクチンの開発は遅れ、その前に流行は終息しているのである!

★新型インフルエンザは自分の免疫力で対応できるからである!

★しかし、増え続ける殺人事件には免疫力では対応できない!

★また、日本における07年のがんの死亡者数は33万6千人であった!

★このうち約8割の死亡者は抗がん剤などの化学療法など医療過誤でおきていると考えらると言う専門医もいる!

★私もそう思う!化学療法は、自己免疫を抑制し、極度の貧血にされる可能性があるからです!

★抗がん剤は、マスタードガスという毒ガスを元に開発されている!

★マスタードガスは、皮膚以外にも消化管や、造血器に障害を起こすことが知られている!

★この造血器に対する作用を応用し、マスタードガスの誘導体であるナイトロジェンマスタードは抗癌剤(悪性リンパ腫に対して)として使用されている!

★ナイトロジェンマスタードの抗癌剤としての研究は第二次世界大戦中に米国で行われていた。

★しかし、毒ガスの研究自体が軍事機密であったことから戦争終結後の1946年まで公表されなかった。

★一説には、この研究は試作品のナイトロジェンマスタードを用いた人体実験の際、白血病改善の著効があったためという。

★交感神経が過剰反応で顆粒球が増えたものを血液のたんぱく質やDNAを破壊した結果、少なくなっただけのことである!

★以来、毒ガスから抗がん剤を作ることが常識になったのである!

★ゆえに、27万人という恐ろしいほどの方が毎年なくなっているのです!

★がんの死亡者の中の27万にほど化学薬品の犠牲者の可能性があるのです!

★抗がん剤で殺される人は毎年27万人として、殺人事件では1300人ですからこれもまた、比較にはなりません。

★医療で殺されたくなければ、矛盾を感じた時に、遠慮なく、医者の本音を追求するなど、日ごろからの心がけが重要である!


★「心がけ」は殺人にも、感染症にも予防できる特攻薬であるが、医師とのかかわりにも需要である!

★感染症の予防には早ね、小食、疲れたらいつもよりも早く寝ることである!

★早ねしても体調が戻らない人は、骨盤のゆがみや特に鎖骨に歪みがあり、胸腺の働きが弱っていると考えられます!

★なかなか体調が優れないという人は一度予防医学セミナーにご参加ください。

★予防医学セミナーでは、免疫の専門医にも出来ない「総合免疫療法」の症例を学び、さらに、貴重な体験が可能です!

★西洋医学に限界を感じ、予防医学セミナーに関心のお持ちの方は下記メールか電話にてお申し込みください。

★Email:kenko@nrt.ne.jp

★電話:052-801-7063




 文責:自然医学総合研究所 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、4月19日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年7月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。


*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************
                                    
●5月3日(日)の東京予防医学セミナーは連休のためお休みいたします。
      

●5月17日(日)名古屋市東区 ウイルあいち 2F特別会議室にて行います。

         午前9時30分開場 10時開演 
         午後体験会と専門家養成講座 
       
●午後:体験会及び技術指導
     1時30分より2時30分まで体験希望者の中から
    体の歪みの検証を行ないます。
     2時30分より、3時まで
    「バンドストレッチ療法」②を行ないます。
    なお、ストレッチは長谷川インストラクターが行ないま
す。
    技術指導 3時~4時30分
    グループに分かれて技術の指導が受けられます。
    上級者対象に理論の説明を確かめます。4時30分~5時
    グレードごとに出されたテーマに基づき、病気が治る仕組みを説明が出来るように発表する形式でトレーニングを行ないます。
   A:プライマリー ・ゲレードC 腰痛の原因
   B:セラピスト 椎間板ヘルニアの原因について
   C:エキスパート 坐骨神経痛について
   D:プロフェッショナル 自己免疫疾患の矛盾について

         セミナーの実行委員 受付:加藤、坂根、杉山
                      司会:斉田、久保、岩田
、               企画委員(教育内容のプログラムの作成)
                      日野、田中、林
               広報委員(チラシやDVDの作成など)
                      恒川、石田、末永
         新役員により 新年度のセミナーが運営されます。

   
      ◆テーマ1:がんを克服するために
          講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


       ◆テーマ2:ウイルスの弱点 ・造血の仕組み,,病を制して天寿全う!


         講師:大沼 四廊 
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法

         ●費用:会員:入会金1000円 年会費5000円
              非会員:初回のみ無料 2回目以降1回毎に1000円
         得点:参加者全員に健康ジャ-ナルを贈呈いたします


**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方



*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

Pagetop

★感染する人しない人!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★感染する人しない人!

★5日世界22カ国で1500人を超えた感染者を出した新型インフルエンザは、GWの帰国ラッシュに検疫業務の人員を2倍以上の400人にするなどピークを迎えている!

◆感染が確定した国・地域(6日午前0時現在)

メキシコ     866人

         (死者26人)

米国       403人

         (死者1人)

カナダ      140人

スペイン      57人

英国        28人

ドイツ        9人

ニュージーランド   6人

イタリア       5人

イスラエル      4人

フランス       4人

韓国         2人

エルサルバドル    2人

コロンビア、コスタリカ、アイルランド、スイス、オーストリア、香港、デンマーク、オランダ、ポルトガル、グアテマラでそれぞれ1人

 計1536人

★2003年に流行した新型肺炎「SARS」の時以上の警戒といわれている。

★新型インフルエンザの感染者が最も多いメキシコでは3日、「感染は減退期に入った」との見方が強まり、政府は社会・経済活動などの正常化に向け準備を開始した。

★政府は国民向けの「感染予防の指針」を作成し、これを徹底させることで「少しずつの正常化」を図る方針だ。

★WHOのケイジ・フクダ事務局長補代理(インフルエンザ担当)は5日、会見し、新型インフルエンザの特徴として、▽感染者の平均年齢が20代半ばで若い世代が多い▽潜伏期は通常のインフルエンザと変わらず最大5日から1週間程度--などを挙げた。

★また、感染の広がりについて「メキシコや米国で起きている地域レベルの感染が欧州では起きているとは思わない」と述べた。

★米疾病対策センター(CDC)のベッサー所長代行は4日の記者会見で「今後の対策を考える上で重要なのは数カ月後の南半球だ」と強調した。

★感染者も体を休め、時間の経過と共に自己免疫力が働き防御できる様になって終息に向かっているのである!

★ワクチンは9月に開発される予定である!

★まだ、ワクチンが出来ていないにも関わらず終息の傾向にあることから自己免疫力や自己抗体が学習して対応していると考えるべきである!

********** 免疫力の違い ***********
◆マスクより自己免疫!

◆連休最後の帰国ラッシュで北米から帰国する成田、関西、中部の各空港では、全員マスクするようにアナウンスされた!

◆ワクチンは間に合わない!

◆マスクでは終息できない!

◆しかし、自己抗体で解決する!

◆ウイルスは恐れるほど感染する!

◆恐れることで交感神経は過剰に作用し、糖代謝の結果、乳酸体質になり、白血球の動きがにぶくなり、自己免疫力は低下する!

◆自己免疫力の低下が感染症を招くのです!

◆ゆえに、ワクチンもマスクも不要なのです!

★まさしく、医療は忍術ではなく、算術の世界なのである!

★ゆえに、賢い患者は、代替医療など安全な医療を選択し、医者に命を預けるようなことはしない!

★代替医療の中でも特別注目されているのが「総合免疫療法」である!

★総合免疫療法とは、あらゆる不調を取り除き、自己免疫が最短で高まる方法である!

★西洋医学に限界を感じ代替療法をお探しの方は予防医学セミナーにご参加ください。

★予防医学セミナーでは免疫学の専門医にも出来ない総合免疫療法を体験することが可能です!

★総合免疫療法は自然医学総合研究所の”登録商標”です1

******* 新着情報 *********************

★一般医療ニュース
31自治体が発熱外来設置 厚労省、水際対策の強化も
2009年5月1日 提供:共同通信社


厚生労働省は30日、感染の疑いのある人を集中して診察する「発熱外来」は29日現在、47都道府県のうち31で設けられていることを明らかにした。

 それぞれの設置数について同省は「県内で1カ所以上」としており、各都道府県の設置計画の達成状況は不明。

 国のガイドラインによると、発熱外来は、国内での患者が発生した段階で設置されることになっているが、厚労省は「運用上、必要な対策を前倒しで実施していくことはあり得る」とした。

 一方、同省は、世界保健機関(WHO)が新型インフルエンザの警戒水準(フェーズ)を引き上げたことに関連して、「海外での発生状況によっては今後、検疫態勢が変わることはあり得る」との見解を示し、事態の推移によっては、機内検疫の対象を広げるなど「水際対策」を強化する考えを示した。

 現段階で、新たなワクチンの製造や、感染の確定判断に必要な新型インフルエンザのウイルス株を入手できていないことも明らかにした。

********** 自己免疫疾患が感染する ******

◆水際対策より自己免疫力!

◆自己免疫力が弱って不調なヒトだけが感染しているのである!

◆ゆえに、食べ物を見直し、鎖骨野ゆがみを改善するなど生活習慣を見直すべきである!

◆鎖骨ほぐしに関しては「壮快7月号」5月16日発売を参照してください。

◆壮快7月号には「鎖骨ほぐし」で様々な症状が改善されている症例がたくさん紹介されています。

********* 予防医学セミナーのお知らせ *****

●5月3日東京予防医学セミナーは連休のためお休みします。

●5月17日 名古屋予防医学セミナーは東区 ウイルあいちで行われます。

●詳細はブログをご参照ください。

●お申し込みは Email:kenko@nrt.ne.jp

TEL:052-801-7063



  府省共通研究開発システム登録研究機関

自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、5月17日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年7月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。


*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************

●5月17日(日)名古屋市東区 ウイルあいち 2F特別会議室にて行います。

         午前9時30分開場 10時開演 
         午後体験会と専門家養成講座 
       
●午後:体験会及び技術指導
     1時30分より2時30分まで体験希望者の中から
    体の歪みの検証を行ないます。
    
2時30分より、3時まで
ワンポイントレッスン かかとの調整

    技術指導 3時~4時30分
    グループに分かれて技術の指導が受けられます。
    上級者対象に理論の説明を確かめます。4時30分~5時
    グレードごとに出されたテーマに基づき、病気が治る仕組みを説明が出来るように発表する形式でトレーニングを行ないます。
   A:プライマリー ・ゲレードC 腰痛の原因
   B:セラピスト 椎間板ヘルニアの原因について
   C:エキスパート 坐骨神経痛について
   D:プロフェッショナル 自己免疫疾患の矛盾について


   5時より5時30分
   バンドストレッチ 

         セミナーの実行委員 受付:加藤、坂根、杉山
                      司会:斉田、久保、岩田
、               企画委員(教育内容のプログラムの作成)
                      日野、田中、林
               広報委員(チラシやDVDの作成など)
                      恒川、石田、末永
         新役員により 新年度のセミナーが運営されます。

   
      ◆テーマ1:がんを克服するために
          講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


       ◆テーマ2:ウイルスの弱点 ・造血の仕組み

病を制して天寿全う!

         講師:大沼 四廊 
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法

         ●費用:会員:入会金1000円 年会費5000円
             非会員:初回のみ無料、2回目以降1回毎に1000円
         得点:参加者全員に健康ジャ-ナルを贈呈いたします


**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方



*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

Pagetop

★発熱外来の盲点!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★発熱外来の盲点!

★解熱鎮痛剤の怖い副作用!

★新型インフルエンザが世界中に感染が広まる中、発熱外来の設置がとわれている!

★発熱は病状と学習してきた西洋医学の欠陥が象徴されている!

★免疫学的に「発熱」は、生理的防御反応の一部である!

★ウイルスなど小さくて数の多い異物にはキラーT細胞などリンパ球が攻撃して防御する!

★その数があまりにも多い時、白血球は発熱を促すためにIL-2というサイトカインを産生する!

★サイトカインが視床下部に伝達されると視床下部が発熱を起こす指令を出す!

★体力が十分あれば高熱を発症し、3日もあればほとんどのウイルスは死滅する!

★体力がなければ微熱しか発症できず病状は長引く!

★いずれにしても発熱はウイルスから防御する生理的反応なのである!

★それを、西洋医学では病状とみなし解熱鎮痛剤で下げようとする!

★高熱ほど解熱鎮痛剤を大量に投与する傾向にある!

★肺炎の場合でも同じことが言えるが、解熱鎮痛剤の副作用で体温が下がり過ぎ、究極は致命的な貧血になって亡くなるケースが少なくはない!

★化学療法で自己免疫力は低下するのである!

★自己免疫力が低下することで感染症を再発する!

★しかし、食べ物を見直すなど生活習慣を変えることで自己免疫力は回復するのである!

★従って、感染者を隔離して薬漬けする前に鎖骨の歪みを改善し胸腺の機能を高めることである!

★鎖骨が健全であれば、胸腺の機能も正常となり、キラーT細胞が産生され自己免疫で防御されるのである!

★つまり、新型インフルエンザが連日騒がれるのは、マスコミをはじめ、一儲けしようとする人間が多く、医療経済が成り立つからである!


★まさしく、医療は忍術ではなく、算術の世界なのである!

★ゆえに、賢い患者は、代替医療など安全な医療を選択し、医者に命を預けるようなことはしない!

★代替医療の中でも特別注目されているのが「総合免疫療法」である!

★総合免疫療法とは、あらゆる不調を取り除き、自己免疫が最短で高まる方法である!

★西洋医学に限界を感じ代替療法をお探しの方は予防医学セミナーにご参加ください。

★予防医学セミナーでは免疫学の専門医にも出来ない総合免疫療法を体験することが可能です!

★総合免疫療法は自然医学総合研究所の”登録商標”です1

******* 新着情報 *********************

★一般医療ニュース
31自治体が発熱外来設置 厚労省、水際対策の強化も
2009年5月1日 提供:共同通信社


厚生労働省は30日、感染の疑いのある人を集中して診察する「発熱外来」は29日現在、47都道府県のうち31で設けられていることを明らかにした。

 それぞれの設置数について同省は「県内で1カ所以上」としており、各都道府県の設置計画の達成状況は不明。

 国のガイドラインによると、発熱外来は、国内での患者が発生した段階で設置されることになっているが、厚労省は「運用上、必要な対策を前倒しで実施していくことはあり得る」とした。

 一方、同省は、世界保健機関(WHO)が新型インフルエンザの警戒水準(フェーズ)を引き上げたことに関連して、「海外での発生状況によっては今後、検疫態勢が変わることはあり得る」との見解を示し、事態の推移によっては、機内検疫の対象を広げるなど「水際対策」を強化する考えを示した。

 現段階で、新たなワクチンの製造や、感染の確定判断に必要な新型インフルエンザのウイルス株を入手できていないことも明らかにした。

********** 自己免疫疾患が感染する ******

◆水際対策より自己免疫力!

◆自己免疫力が弱って不調なヒトだけが感染しているのである!

◆ゆえに、食べ物を見直し、鎖骨野ゆがみを改善するなど生活習慣を見直すべきである!

◆鎖骨ほぐしに関しては「壮快7月号」5月16日発売を参照してください。

◆壮快7月号には「鎖骨ほぐし」で様々な症状が改善されている症例がたくさん紹介されています。

********* 予防医学セミナーのお知らせ *****

●5月3日東京予防医学セミナーは連休のためお休みします。

●5月17日 名古屋予防医学セミナーは東区 ウイルあいちで行われます。

●詳細はブログをご参照ください。

●お申し込みは Email:kenko@nrt.ne.jp

TEL:052-801-7063



  府省共通研究開発システム登録研究機関

自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、4月19日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年7月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。


*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************
                                    
●5月3日(日)の東京予防医学セミナーは連休のためお休みいたします。
      

●5月17日(日)名古屋市東区 ウイルあいち 2F特別会議室にて行います。

         午前9時30分開場 10時開演 
         午後体験会と専門家養成講座 
       
●午後:体験会及び技術指導
     1時30分より2時30分まで体験希望者の中から
    体の歪みの検証を行ないます。
     2時30分より、3時まで
    「バンドストレッチ療法」②を行ないます。
    なお、ストレッチは長谷川インストラクターが行ないま
す。
    技術指導 3時~4時30分
    グループに分かれて技術の指導が受けられます。
    上級者対象に理論の説明を確かめます。4時30分~5時
    グレードごとに出されたテーマに基づき、病気が治る仕組みを説明が出来るように発表する形式でトレーニングを行ないます。
   A:プライマリー ・ゲレードC 腰痛の原因
   B:セラピスト 椎間板ヘルニアの原因について
   C:エキスパート 坐骨神経痛について
   D:プロフェッショナル 自己免疫疾患の矛盾について

         セミナーの実行委員 受付:加藤、坂根、杉山
                      司会:斉田、久保、岩田
、               企画委員(教育内容のプログラムの作成)
                      日野、田中、林
               広報委員(チラシやDVDの作成など)
                      恒川、石田、末永
         新役員により 新年度のセミナーが運営されます。

   
      ◆テーマ1:がんを克服するために
          講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


       ◆テーマ2:ウイルスの弱点 ・造血の仕組み

病を制して天寿全う!

         講師:大沼 四廊 
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法

         ●費用:会員:入会金1000円 年会費5000円
              非会員:初回のみ無料、2回目以降1回毎に1000円
         得点:参加者全員に健康ジャ-ナルを贈呈いたします


**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方



*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

Pagetop

★インフルエンザは怖くない!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】


★インフルエンザは怖くない!

★新型インフルエンザの猛威は広り、フェーズ5から6にあがる可能性がある!

★日本人では5人が疑いをかけられた、しかし、いずれも新型ではないことが明らかになった!

★毎年流行するインフルエンザに比べてもそれほど恐れる感染状況ではない!

★しかし、WHOはじめ,誰もが新型インフルエンザを恐れている!

★ウイルスに対する不安や恐怖心は募るばかりである!

★その原因は、医療の専門性にある!

★ウイルス感染に対する考え方にある!

★つまり、感染症の原因はウイルスによるものとして、感染者の免疫の不調について研究されてこなかったことにある!

★自己免疫力が正常であれば感染しても発祥はしない!

★ウイルスがキラーT細胞によって攻撃されるからである!

★ゆえに同じ電車に乗り合わせたとしても感染しない人の方が多いのである!

★ウイルスの研究者はウイルルスの型の違いにこだわり、感染した患者の免疫を研究してはいない!

★ここに、現代西洋医学がどれほど進歩しても、解決できない原因があるのである!

★それは、アレルギー疾患の場合も、遺伝子疾患の場合も免疫疾患の場合も全て同じことである!

★ウイルスは、人類の誕生より早くこの地球上に誕生している!

★ウイルス感染が原因で感染するのであればすでに人類は滅んでいる!

★また、それは他の野生動物にも当てはまることである!

★ところが、野生の動物よりも人間に多く感染が発症しているのである!

★ヒトの病気は、ウイルスの存在よりも、患者自身の生活習慣の内容にあることを知る必要がある!

★むしろ自己免疫の仕組みを知ることで感染症からも、また他の病気からも守られるのである!

★最も恐ろしいのは、医療との関わりかもしれない!

★ワイル博士は、世界中を回り、自然治癒の研究をしてきた世界的な権威者として知られている!

★ワイル博士の研究でも、やはり生活習慣と自己免疫力に焦点が当てられている!

★その結果、多くの病気が治るというものである!

★ところが、専門医制度の影響と日本の医師免許に更新制度がないため医療従事者の情報は遅れたものとなりやすく、患者の期待通りにはゆかないのである!

★ゆえに患者のネットワークを浸透させ、正しい方向へ医療を導く必要がある!

★医療の正しい方向性とは、患者自身が求める安全・安心な医療のことで、アメリカではCAMといわれ、整体や漢方やサプリメントや鍼灸などを取り入れた統合医療を病院で受けられるようにすることである!

★患者は、治ればどんな方法でもいいのである!

★安全で確実な方法であればいいのである!

★西洋医学の治療に不満や不振をお持ちで他の代替療法をお求めの型は予防医学セミナーにご参加ください。

★予防医学セミナーでは、自己免疫力によるウイルスの予防対策なども学習できます!

★また、より確実に免疫力を高める方法として午後には、「総合免疫療法」の体験も可能です!

★体験会のお申し込みはEmail:kenko@nrt.ne.jp

,★電話:052-801-7063 


府省共通研究開発管理システム登録研究機関
 自然医学総合研究所  所長 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、4月19日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年7月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。


*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************
                                    
●5月3日(日)の東京予防医学セミナーは連休のためお休みいたします。
      

●5月17日(日)名古屋市東区 ウイルあいち 2F特別会議室にて行います。
 午前9時30分開場 10時開演 12時まで

         午後体験会と専門家養成講座 
         12時より12時30分まで専門家を対象に質疑応答
●午後:体験会及び技術指導
     1時30分より2時30分まで体験希望者の中から
    体の歪みの検証と同時に技術のトレーニングを平行して行ないます。

    2時30分より3時までワンポイントレッスン、足 足の甲 カカト ひざに水がたまる       DVD作成
 
    技術指導 3時~4時30分 SST技術指導
    グループに分かれて技術の指導が受けられます。

    4時30分~5時:グレードごとに出されたテーマに基づき、病気が治る仕組みを説明が出来るように発表する形式でトレーニングを行ないます。

   A:プライマリー ・ゲレードC 腰痛の原因
   B:セラピスト 椎間板ヘルニアの原因について
   C:エキスパート 坐骨神経痛について
   D:プロフェッショナル 自己免疫疾患の矛盾について

         セミナーの実行委員 受付:加藤、坂根、杉山
                      司会:斉田、久保、岩田
、               企画委員(教育内容のプログラムの作成)
                      日野、田中、林
               広報委員(チラシやDVDの作成など)
                      恒川、石田、末永
         新役員により 新年度のセミナーが運営されます。

****************************************
 
      ◆テーマ1:がんを克服するために
         講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


       ◆テーマ2:ウイルスの弱点 ・造血の仕組み・病を制して天寿全う!

         講師:大沼 四廊 
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法

         ●費用:会員:入会金1000円 年会費5000円
              非会員:初回のみ無料、2回目以降1回毎に1000円
         得点:参加者全員に健康ジャ-ナルを贈呈いたします


**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方



*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

Pagetop

★うつ病大国日本!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★うつ病大国日本!

★免疫を抑制し過ぎるとうつになる!

★日本の医療は戦後急速な勢いで発展してきた!

★しかし、その発展と医療成果は一致していない!

★医療とは、医術によって病気を治すことである!

★医者は医術によって病気を治す人のことである!

★今、日本には、医療を行う医者がいなくなったと思えるほど患者は増え続けている!

★治せない医者が多すぎるということである!

★医はみせかけで算術であるといわれるゆえんである!

★国民の二人に一人はがんになり、亡くなる人の3人に一人ががんで亡くなっている!

★また、糖尿病や高血圧症やアレルギーから先天性の疾患まで増えている!

★毎年30兆円以上の膨大な予算を費やしながら成果は少ない!

★むしろ、医療が発達し、早期発見、早期治療が行われるようになってから急激にがんで亡くなる人が増えている!

★アメリカでは「マクガバンリポート」が公開されて依頼、ほとんどの病気の原因は「生活習慣病」と認識され、食養などの見直しで患者が減少している!

★このレポートの存在すら知らない医者が日本には多すぎるようである!

★医療の現場で、食べ物について詳細に指導できる医者が皆無に等しいのである!

★一般人が知っていることを専門医が知らないのである!

★この異常な事態は、医師免許に更新制度がないからである!

★日本の医者も、安全性を高めるために、欧米並みに医師免許を更新していただきたいものである!

★うつ病の原因は精神だけではなく広範な物理的障害をともなっている!

★しかし、西洋医学では、視野の狭い「専門医制度」が引かれ、専門医にお任せとなるケースが少なくはない!

★心が安定して正常に働くためには、食べた物をしっかり消化吸収してエネルギーを産生できなければならない!

★エネルギーが慢性的に不足している状態で大きなストレスと関わることが体調を崩すことであり、不眠状態で我慢し過ぎてうつ病へと推移して行くからだ!

★従って、心療内科で薬漬けにされて治るはずがないのである!

★健全な精神は健全な体液に宿るのである!

★体液の酸化は精神も肉体も蝕んでゆくのである!

★ゆえに、賢い患者は生活習慣を見直し、健全な体液が流れやすいように体質を改善して成果をあげているのである!

~~~~~~~新着情報~~~~~~~~~
◆フルオキセチンに自殺行動のリスクがある。


USPSTFが十代の大うつ病のスクリーニングを勧告した
2009年5月1日 提供:Medscape

USPSTFの声明が、付随するエビデンスレビューに基づいて、正確な診断、心理療法、経過観察が可能な状況での思春期少年のMDDスクリーニングを勧告した

Laurie Barclay



【4月8日】思春期少年(12~18歳)に対しては、正確な診断、心理療法(認知行動療法または対人関係療法)、経過観察が実施できる環境が整っている場合には、大うつ病(MDD)のスクリーニング検査を行うべきであるという勧告声明を、米国予防医療専門委員会(USPSTF)が出した。

しかし、この声明では、7歳から11歳までの小児に対してMDDのスクリーニングを行うことのベネフィットと有害性のバランスを判断するには、現時点でエビデンスが不足しているとしている。

この声明は、小児および思春期少年のMDDに関するスクリーニングについての2002年USPSTF勧告を改訂したものであり、これに伴ったエビデンスの系統的レビューが『Pediatrics』3月号に発表されている。

「若年者のMDDは、長期にわたる重篤な病的状態と自殺リスクを伴う生活機能障害の病態である」とコロラド州公衆衛生環境局(デンバー)のNed Calonge, MD, MPHらUSPSTFのグループが記している。「しかし、抑うつを持つ若年者の大部分は、診断および治療から漏れている。」

7歳から18歳までの患者におけるスクリーニングのベネフィットと有害性、プライマリケアで実施可能なスクリーニング検査の精度、心理療法または薬物療法でうつ病を治療することのベネフィットとリスクに関する2002年以降のエビデンスをレビューすることで、USPSTFは小児および思春期少年のMDDのスクリーニングと治療のベネフィットと有害性を量った。

それぞれの勧告は以下の通りである。

正確な診断、心理療法(認知行動療法または対人関係療法)、経過観察が実施できる環境が整っている場合には、思春期少年(12~18歳)に対して大うつ病(MDD)のスクリーニング検査を行うべきである(勧告B)。


7歳から11歳までの小児については、スクリーニングのベネフィットと有害性のバランスを評価できるだけのエビデンスが不足しているので、MDDのスクリーニングを推奨する十分な根拠がない(声明I)。


思春期ではスクリーニング検査でMDDを正確に判定できるというエビデンスが十分にあるが、小児でのスクリーニング検査の精度に関するエビデンスは不十分である。

12歳から18歳までの思春期少年については、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)療法、心理療法、併用療法(SSRIと心理療法)とMDD症状の軽減が関連するというエビデンスが十分にある。

しかし、7歳から11歳の小児については、治療のベネフィットに関するエビデンスが不十分である。

SSRIのフルオキセチンで小児のMDD症状が軽減するとされているが、小児における心理療法のベネフィットおよび心理療法とSSRI併用のベネフィットに関するデータは限定されている。

検出と早期治療で考えられる有害性に関するエビデンスは、12歳から18歳までの思春期少年においては揃っており、自殺行動(自殺念慮、自殺準備行動、自殺企図)のリスクなどSSRIの有害性の可能性がある。

思春期少年におけるSSRIと心理療法の併用の有害性については限定的なエビデンスがあるが、スクリーニングと心理療法の有害性のエビデンスは不十分である。

こうした有害性はおそらく軽微だと考えられているので、この年齢層における心理療法の正味のベネフィットは中等度であることが、中等度の確実性でもって言える。

7歳から11歳の小児では、フルオキセチンに自殺行動のリスクがある。

この年齢層での心理療法の有害性、心理療法とSSRI併用の有害性、スクリーニング検査の有害性については限定的なエビデンスがある。

したがって、USPSTFは小児におけるスクリーニングと治療の有害性に関するエビデンスは全体として不十分であると結論した。

「思春期に発症するMDDには、自殺による死亡、自殺企図、若年成人になるまでの大うつ病再発のリスクが高く、(さらに)若齢での妊娠、学校活動の低下、若年成人での労働・社会・家庭における機能障害のリスクも高い」と、エビデンスの体系的レビューの共著者であるKaiser Permanente社の医療研究センターおよびオレゴン州エビデンスに基づく臨床センター(ポートランド)のSelvi B. Williams, MD, MPHが記している。

「プライマリケアにおけるマススクリーニングは、見逃されていた症例を発見するのに役立ち、治療開始が適切なうつ病の小児および思春期少年の割合が増えると思われる。また、疾患経過の早い段階で症例を発見することにも役立つ。」

今回の体系的レビューは、7歳から18歳までの小児および思春期少年のMDDに対するプライマリケアでの定型的なスクリーニングが健康に及ぼす影響を調べることが目的である。

レビュー担当者はMedline、Cochrane Central Registry of Controlled Trials、PsycINFO、Cochrane Database of Systematic Reviews、最近の体系的レビューを検索した。さらに、専門家の指導を受け、選別した研究の参考文献もレビューした。

研究採用の基準は、スクリーニングとSSRIないし心理療法による治療に関する優良ないし良好な質(USPSTFの基準による)を持つ比較対照試験、診断精度の試験、有害事象の報告がある大規模観察研究であることである。

それぞれの文献の質は、2名のレビュー担当者が評価した。患者のデータを抽出して、標準化したエビデンス表にまとめるのは1名のレビュー担当者が行い、2番目のレビュー担当者が重要要素についてチェックした。

これらの研究では、スクリーニングを受けた集団とスクリーニングを受けなかった集団の健康転帰に関するデータが呈示されていなかった。

一部のスクリーニング手法は思春期少年に対して良好な性能を持つと思われたが、診断的スクリーニング検査の精度に関する文献は少数しかなく、該当する研究には方法論上の問題があった。

SSRIや心理療法による治療の有効性に関する文献も少数しかなかったが、良好な質を持つランダム化比較対照試験がいくつかあった。

現時点までのデータによれば、SSRI、心理療法、その併用療法に有効性があることが、反応率の増加とうつ症状の解消によって支持されるが、すべてのSSRIが有効であるとは言えない。

SSRI治療には、自殺行動(自殺念慮、自殺準備行動、自殺企図)の絶対的リスクの小規模な亢進が伴うが、いずれの試験においても自殺完遂の例はなかった。

「現行の限定されたデータによれば、プライマリケアで実施可能なスクリーニングツールによって、思春期のうつ病を正確に検出でき、治療によってうつ病転帰を改善できると考えられる」とレビューの著者らは記している。

「(SSRIによる)若年者の治療には、自殺行動のリスクの小規模な増加を伴うので、賢明な臨床的監視が可能な場合にのみでしか考慮してはいけない。」

このレビューの限界としては、スクリーニングの健康転帰を直接評価した研究が欠けていること、いずれのスクリーニング手法もさまざまな状況での大規模患者群で研究されていないこと、観察研究の交絡が制御できていないこと、プールした結果の解釈には注意を要すること、小児期および思春期における気分変調・小うつ・その他の精神疾患のスクリーニングおよび治療を支持するエビデンスに対応していないことが挙げられる。

「小児のスクリーニングを記述したデータは不十分である」とレビューの著者らは結論で述べている。

「年齢が治療効果の修飾因子であることがデータで示されているので、小児の治療有効性に関してもあまり理解が進んでいない……個々の治療は、個々の患者の必要性と精神衛生治療ガイドラインに基づいて行うべきである。」

この文献レビューは医療研究品質局の支援を受けている。声明とレビュー著者らの開示情報に、関連する金銭的利害関係はない。

Pediatrics. 2009;123:e716-e735.
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆安定剤や睡眠薬は麻薬と同じ魔法のくすりである!

◆原因を改善するものではなく、長期間服用することで体も心もさび付いてゆく!

◆一番軽いと言われている睡眠薬で無害だという医師の説明を信用し、長年のみ続けて全身の骨格に数え切れずがんができた患者もいる!

◆薬は毒である!

◆薬は時としてダイオキシン以上に有害である!

◆中でも抗精神薬は心を蝕む劇薬です!

◆抗精神病薬の副作用!

◆デジレル(ファイザー制約)

◆重大な副作用:
QT延長、心室性期外収縮、セロトニン症候群、悪性症候群、錯乱、せん妄、麻痺性イレウス、無顆粒球症、持続性勃起、

◆その他の副作用:
低血圧、動悸、めまい、ふらつき、眠気、発疹、口渇、肝機能障害、倦怠感、ほてりなどとあり、抗精神薬のレスリンにも同様の副作用があることが知られている。

◆パキシル:抗うつ剤
抗うつ剤「パキシル」(一般名・塩酸パロキセチン水和物)の副作用が疑われる自殺者が05、06年度と2年連続で2ケタに増えたことが厚生労働省などの調べで分かった。

パキシルはうつ病やパニック障害などに有効だが、若い人を中心に自殺行動を高めるケースがあり、添付文書にはすでに警告や注意が明記されている。

厚労省は医療関係者に「患者の状態の変化をよく観察し、薬の減量など適切な処置を」と呼びかけている。

 パキシルは世界で発売され、国内では00年11月から販売。製造・販売元の製薬会社「グラクソ・スミスクライン」によると、推計売り上げは01年は約120億円で、年々増え06年は約560億円。

推定物流ベースでは抗うつ剤全体の約25%を占め人気が高いとい。

一方、厚労省の患者調査では、うつ病などの気分障害も増加傾向で、96年の43万3000人に対し、05年は倍以上の92万4000人に上っている。


◆ゆえに薬に依存することは生涯を見捨てることにもなります!


◆薬に依存する前に、生活習慣を見直すことで気質や体質を改善することが重要なのです。

◆特に鎖骨の障害は胸部、頭部の循環障害の原因となるため大きな影響があります。

◆西洋医学に限界を感じ、体質を変えたい方は予防医学セミナーにご参加ください!

◆予防医学セミナーでは、免疫の専門医にも出来ない「総合免疫療法」を体験できます!

◆詳しくはお問い合わせください!

◆Email:kenko@nrt.ne.jp
◆TEL:052-801-7063


府省共通研究開発管理システム登録研究機関
 自然医学総合研究所  所長 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、4月19日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年7月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。


*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************
                                    
●5月3日(日)の東京予防医学セミナーは連休のためお休みいたします。
      

●5月17日(日)名古屋市東区 ウイルあいち 2F特別会議室にて行います。

         午前9時30分開場 10時開演 12時まで

         午後体験会と専門家養成講座 
         12時より12時30分まで専門家を対象に質疑応答
●午後:体験会及び技術指導
     1時30分より2時30分まで体験希望者の中から
    体の歪みの検証と同時に技術のトレーニングを平行して行ないます。
    「バンドストレッチ療法」②を15分ほど行ないます。
    2時30分より3時までワンポイントレッスン、足 足の甲 カカト ひざに水がたまる       DVD作成

    
    技術指導 3時~4時30分 SST技術指導
    グループに分かれて技術の指導が受けられます。
    4時30分~5時:グレードごとに出されたテーマに基づき、病気が治る仕組みを説明が出来るように発表する形式でトレーニングを行ないます。
   A:プライマリー ・ゲレードC 腰痛の原因
   B:セラピスト 椎間板ヘルニアの原因について
   C:エキスパート 坐骨神経痛について
   D:プロフェッショナル 自己免疫疾患の矛盾について

         セミナーの実行委員 受付:加藤、坂根、杉山
                      司会:斉田、久保、岩田
、               企画委員(教育内容のプログラムの作成)
                      日野、田中、林
               広報委員(チラシやDVDの作成など)
                      恒川、石田、末永
         新役員により 新年度のセミナーが運営されます。

   
      ◆テーマ1:がんを克服するために
          講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


       ◆テーマ2:病を制して天寿全う!
              

         講師:大沼 四廊 
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法

         ●費用:会員:入会金1000円 年会費5000円
             非会員:初回のみ無料、2日目以降1回毎に1000円
         得点:参加者全員に健康ジャ-ナルを贈呈いたします


**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方



*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

Pagetop

★鎖骨をほぐせばウイルスは死ぬ!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★鎖骨ほぐしでウイルス対策!

★鎖骨をほぐせばウイルスは死ぬ!

★鎖骨をほぐせば免疫の中枢である胸腺が回復する!

★鎖骨をほぐせば胸腺が働き、キラーT細胞が働く!

★鎖骨をほぐせばヘルパーT細胞も働く!

★鎖骨をほぐせば免疫が上がる!

★鎖骨をほぐせばウイルスは死ぬ!

★鎖骨をほぐせば抗体も出来る!

★鎖骨をほぐせばインフルエンザも縁がない!

★鎖骨をほぐせばタミフルはいらない!

★鎖骨をほぐせば咳も止まる!

★鎖骨をほぐせば声量が増す!

★鎖骨をほぐせば不整脈も消える!

★鎖骨をほぐせば視力が上がる!

★鎖骨をほぐせば聴力も上がる!

★鎖骨をほぐせばホルモンが働く!

★鎖骨をほぐせば熟睡が出来る!

★鎖骨をほぐせば疲れが取れる!

★鎖骨をほぐせば病気の半分は治る!

★鎖骨が狂えば判断が狂う!

★鎖骨が狂えば人生も狂う!

★鎖骨が狂えば呼吸も止まる!

★鎖骨が狂えば免疫が落ちる!

★鎖骨が狂えば感染もする!

★鎖骨は自己治癒力を左右する関節である!

★薬でウイルスを殺しても、原因は治らない!

★ウイルス感染の原因は、ストレスで歪んだ鎖骨によって胸腺の機能が低下するからである!

★しかし、専門医はウイルスがどこで発生し、どこまで移動するかという視野しかもっていない!

★感染する人と感染しない人の違いに専門医も気がついていない!

★専門医は視野が狭くウイルスしか見ていないからである!

★ひとの体にはウイルスや最近やがん細胞などから身を守る仕組みがある!

★その病魚反応の中枢が胸腺で産生されているきらーT細胞である!

★ゆえに、胸腺の循環が正常であれば病気にはならない!

★胸腺で健全なキラーT細胞や免疫応答反応に直接関わるヘルパーT細胞が産生されるだけで病気になっても負けないですむ!

★しかし、解熱鎮痛剤は免疫を抑制する!

★多少楽にはなってもすぐ再発する!

★解熱鎮痛剤では解決はしない!

★タミフルでも免疫は抑制され、原因は残る!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆タミフルの怖い副作用!

◆タミフルには重大な副作用がある!

①ショック

②アナフィラキシー様症候群

③肝炎

④肝機能障害

⑤黄疸

⑥皮膚粘膜眼症候群

⑦中毒性表皮壊死症

⑧急性腎不全

⑨白血球減少

⑩血小板減少

など造血にも障害が及ぶことが知られています!

◆その他の副作用

①腹痛

②下痢

③嘔気

④腹部膨満

⑤便異常

⑥口内炎

⑦頭痛

⑧傾眠

⑨不眠症

⑩めまい

⑪AST,ALT,ALP上昇

⑫好酸球増多

⑬血中ブドウ糖増加

⑭蛋白尿陽性

⑮背部痛

などがしられている!

◆薬でウイルスを攻撃することは、自分自身も攻撃されるのです!

◆どんな薬にも副作用がある!

◆よって、薬に依存する前に、正しい防御の仕方を学ぶべきなのです!

◆鎖骨ほぐしなど自己免疫療法に関心のある方はヨボウイガクセミナーにご参加ください!

◆予防医学セミナーでは、これまでの常識では考えらられない方法で自己免疫力を高める健康法を学ぶことが出来ます!

◆西洋医学の治療に疑問をお持ちの方や不安をお持ちの方はぜひ一度体験してください。

◆午後は、貴重な体験や相談ができます!

◆参加申し込みはEmail:kenko@nrt.ne.jp

*******壮快7月号(5月16日発売)に[鎖骨ほぐし」が掲載されます!*******

府省共通研究開発管理システム登録研究機関

  自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、4月19日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年7月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。


*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************
                                    
●5月3日(日)の東京予防医学セミナーは連休のためお休みいたします。
      

●5月17日(日)名古屋市東区 ウイルあいち 2F特別会議室にて行います。

         午前9時30分開場 10時開演 
         午後体験会と専門家養成講座 
       
●午後:体験会及び技術指導
     1時30分より2時30分まで体験希望者の中から
    体の歪みの検証を行ないます。
     2時30分より、3時まで
    「バンドストレッチ療法」②を行ないます。
    なお、ストレッチは長谷川インストラクターが行ないま
す。
    技術指導 3時~4時30分
    グループに分かれて技術の指導が受けられます。
    上級者対象に理論の説明を確かめます。4時30分~5時
    グレードごとに出されたテーマに基づき、病気が治る仕組みを説明が出来るように発表する形式でトレーニングを行ないます。
   A:プライマリー ・ゲレードC 腰痛の原因
   B:セラピスト 椎間板ヘルニアの原因について
   C:エキスパート 坐骨神経痛について
   D:プロフェッショナル 自己免疫疾患の矛盾について

         セミナーの実行委員 受付:加藤、坂根、杉山
                      司会:斉田、久保、岩田
、               企画委員(教育内容のプログラムの作成)
                      日野、田中、林
               広報委員(チラシやDVDの作成など)
                      恒川、石田、末永
         新役員により 新年度のセミナーが運営されます。

   
      ◆テーマ1:がんを克服するために
          講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


       ◆テーマ2:病に勝って天寿を全う!
              総合免疫療法で医者要らず!


         講師:大沼 四廊 
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法

         ●費用:会員:入会金1000円 年会費5000円
             非会員:初回のみ無料、2回目以降1回毎に1000円
         得点:参加者全員に健康ジャ-ナルを贈呈いたします


**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方



*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

Pagetop
Pagetop
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード