大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

★豚インフルエンザの弱点!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

~~~壮快7月号(5月16日発売)に鎖骨ほぐしが掲載されます!~~~~~

★豚インフルエンザの弱点!

★自己免疫でウイルス勝つ!

★豚インフルエンザにも弱点はある!

★国際的に広まる豚インフルエンザ!

★新しいウイルスのためワクチンがない!

★メキシコとアメリカで視野が出たためWHOは感染状態をみてフェーズ4から5に変えた!

★いよいよ豚インフルエンザのために新しいワクチンの開発に着手するということである!

★しかし、本来のワクチンは自分でつくるもの!

★それが自己免疫力の仕事である!

★自己免疫力とは、己の遺伝子に基づき外敵や腫瘍を攻撃する細胞の能力のことである!

★どんなウイルスにも自己免疫力が働き防御するのです!

★しかし、慢性的な疲労やストレスが積み重なることで、血液は汚れ防御反応は低下する!

★この様な条件下で人は感染するのである!

★ウイルスがあるから感染するのではない!

★ウイルスの存在だけで感染するのであれば世界中の人口が一度に感染するはずである!

★しかし、どんなウイルスでもそのようなことは一度もない!

★せいぜい一部の人が感染しているにすぎないのである!

★感染する人と感染しない人の違いは、自己免疫力の違いである!

★ゆえに、ウイルスを恐れる前に自己治癒力を高めることに工夫しなければならないのだ!

★ウイルスに対する抗体はB細胞が関与する!

★B細胞は、外敵と接触することで抗体を産生する!


★外敵と接触し、外敵の侵入を知らせる抗原提示細胞の存在を知り、B細胞の分化成熟、抗体産生を誘導するヘルパーT細胞からの指令を受け、抗原形質細胞(プラズマ細胞、plasma cell)へと最終的に分化して、免疫グロブリン(抗体)の産生と放出を行う。

★つまり、ウイルスに感染してもヘルパーT細胞が不調ならば、b細胞は増殖も出来ず活性もされない!

★そのため、感染しても治癒できないのである!

★従って、ウイルスに対する抗体をつくるためには「胸腺」の働きが正常でなければならない!

★なぜならば、B細胞を活性するヘルパーT細胞は「胸腺」でつくられるからである!

★ところが、感染する人の共通因子として姿勢が悪く、呼吸も眠りも異常に浅いのである!

★このため、寝相が悪く、鎖骨が歪んでいるのです!

★鎖骨が歪むことで、胸腺の循環が障害され、ヘルパーT細胞やマクロファージが不活性になるからです!

★ここに、感染するひとと、感染しない人との違いがあるのです!

★しかし、WHOにも厚生労働省にもそのような角度から自己免疫を研究している専門家は存在していません!

★ゆえに、ワクチンに依存しているのです!

★ワクチンに頼らず、自己免疫力で防御するためには予防医学セミナーにご参加ください!

★予防医学セミナーでは、免疫の専門家にも出来ない「総合免疫療法」を学ぶことが出来ます!

★また、午後には貴重な体験も可能です!

★免疫力は血液を浄化することで高まります!

★しかし、歪みがあると下がります!

★また、汚染された水や食べ物と生活習慣の改善も重要です!

★総合的な対応が重要なのです!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~新着情報~~~~~~~~~~~~~~

壮快7月号(5月16日発売)に鎖骨ほぐしが掲載されます!

府省共通研究開発管理システム登録研究機関

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、4月19日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年7月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。


*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************
                                    
●5月3日(日)の東京予防医学セミナーは連休のためお休みいたします。
      

●5月17日(日)名古屋市東区 ウイルあいち 2F特別会議室にて行います。

         午前9時30分開場 10時開演 
         午後体験会と専門家養成講座 

●費用:会員:入会金1000円 年会費5000円
     非会員:初回のみ無料、2回目以降1回毎に1000円
         得点:参加者全員に健康ジャ-ナルを贈呈いたします

      
●午後:体験会及び技術指導
     1時30分より2時30分まで体験希望者の中から
    体の歪みの検証を行ないます。
     2時30分より、3時まで
    「バンドストレッチ療法」②を行ないます。
    なお、ストレッチは長谷川インストラクターが行ないま
す。
    技術指導 3時~4時30分
    グループに分かれて技術の指導が受けられます。
    上級者対象に理論の説明を確かめます。4時30分~5時
    グレードごとに出されたテーマに基づき、病気が治る仕組みを説明が出来るように発表する形式でトレーニングを行ないます。
   A:プライマリー ・ゲレードC 腰痛の原因
   B:セラピスト 椎間板ヘルニアの原因について
   C:エキスパート 坐骨神経痛について
   D:プロフェッショナル 自己免疫疾患の矛盾について
   

         セミナーの実行委員 受付:加藤、坂根、杉山
                      司会:斉田、久保、岩田
、               企画委員(教育内容のプログラムの作成)
                      日野、田中、林
               広報委員(チラシやDVDの作成など)
                      恒川、石田、末永
         新役員により 新年度のセミナーが運営されます。

   
      ◆テーマ1:がんを克服するために
          講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


       ◆テーマ2:病に勝って天寿を全う!
              総合免疫療法で医者要らず!

         講師:大沼 四廊 
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法


**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方



*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

スポンサーサイト

★増えるうつ病!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★増えるうつ病!

★うつ病大国日本!

★精神科医が治せない訳!

★重度のうつ病患者ほど骨格の歪みが著しく、特に鎖骨は癒着しているケースがほとんどであるからだ!

★鎖骨が歪み頚部の循環が悪化し頭部へ十分酸素も栄養素も運ぶことができず、不眠症になっている!

★うつ病の専門医は心の問題だけに限って相談し、心を開こうとする!

★しかし、体の疲れは残されるため、治るまでには至らない!

★そのため、化学療法に依存する!

★その結果、安定剤の副作用で精神が不安になり、睡眠薬の副作用で不眠症や幻覚がでるなど矛盾した結果となる!

★さらに、睡眠薬に依存することで、自殺を企てることになる!

★医療とのかかわりは慎重に選択したいものである!

★健全な精神は健全な肉体に宿るのです!

★薬を止めて、体の疲れを取り除くことです!

★特に鎖骨の癒着は重要です!

★鎖骨の癒着の改善については「壮快」7月号(5月16日発売)をご参照ください。

********** 新着情報 *************

うつ病:その不調、うつ病かも?
 
2009年4月24日 提供:毎日新聞社


うつ病:その不調、うつ病かも? 不眠、気力減退…2週間続けば受診を

 ◇投薬治療と休息で回復/職場も研修、相談態勢整備を

 就職や転勤など、新年度がスタートする4月は環境変化の多い時期だ。

普段以上のストレスがかかるこの時期は、うつ病など精神的な変調を訴える人も増える。

心の健康を保つには、本人の心構えばかりでなく、周囲の正しい理解が必要だ。【渋江千春】

 「仕事内容が今までとまったく違う。嫌と言ったら辞めろと言われそうで言えないが、会社に行くのが嫌で嫌でたまらない」(50代男性)

 新年度に入ると、ストレスでこんな悩みを打ち明ける患者が、大阪府茨木市の「渡辺クリニック」には頻繁に訪れるようになる。

院長の渡辺洋一郎さんは大阪府の精神科診療所でつくる「大阪精神科診療所協会」の会長として、企業や市民にうつ病への理解を深める運動を続けている。

 悩みの多くは▽寝つきが悪くなった▽睡眠の途中で目が覚める▽体がだるい▽食欲がない▽動悸(どうき)や息切れが起こる▽物事がおっくうになる▽自信がなくなる--など。

 しかし、渡辺さんは「環境が変わると、ストレスを感じるのは誰でも同じ。

このレベルなら、環境に慣れる過程で治まる。心配ない」という。注意が必要なのは、今まで好きだったことに興味がなくなるような状態が2週間以上続いた場合で、うつ病を疑った方がいいという。

 ■周囲も声かけて

 ところが、うつ病の症状は、疲れた時や落ち込んだ時と同じため、本人も「病気」とは気づきにくい。

厚生労働省研究班が中国・九州地方で02年度に行った調査では、うつ病経験のある人のうち、医療機関を受診したと回答したのは4分の1にとどまった。周りが変調に気づき、受診をすすめる態勢も必要だ。

 いつもと違う様子が気づきのチャンスで、具体的には、▽遅刻が多くなった▽声が小さくなる▽表情に活気がなくなる▽ミスが増えた--などがある。「

転勤の場合は、前の部署に普段の様子がどんな状況だったのか確認する。新入社員には本人に『どうかしたのか』と声をかけることも重要」という。

 うつ病については「気の持ちよう」「根性がないから甘えている」などの誤解が根強い。

しかし、うつ病は、神経伝達物質の働きが悪くなり脳の機能が阻害されておこる精神疾患のため、投薬治療が有効だ。そして睡眠をしっかりとり、休息することが何よりも重要だという。

 ■自分の性格分析

 治療が必要な状態にならないためには、どのようなことを心がければいいのか。

 「まずは、あせらないこと」と渡辺さん。「人間は慣れていく能力を持っている。

0か100かで考えず、できることからやっていくうちに、徐々にできるようになる」

 自分の性格を知り、「不安な気持ち」が、どういう状況で出るのかを把握することも役立つ。

人前で話せなくなるなら、誰の前で話すことが不安につながるのか、どんな内容を話す時に不安に思うかを分析する。そして、不安につながっている原因を確かめる。

上司など、自分を評価する人の前で話すことが苦手なら、「1回失敗しただけで全部評価されるわけではない」と考えるようにすることで、不安な気持ちがやわらげられる。

 職場を挙げての対策も必要だ。管理職や従業員に研修を行い理解を促す▽恒常的な相談場所を設ける--などだ。

上司は、行動の裏にある背景を理解する姿勢を持つことが重要だという。心の健康を損なっていることが問題と結びついている可能性もあるからだ。

 特に日本の企業で遅れているのが個人の適性の把握だ。「短距離走の選手でもマラソンは走れない。

やればできるという精神論だけではだめで、適性を考えた管理が必要」と渡辺さんは指摘する。

………………………………………………………………………………………………………

 ■うつ病を疑うチェック項目

 <自分で気づく変化>

①よく眠れず、目が覚めても頭がはっきりしない。

★鎖骨が歪み頭部の循環障害がある。

②疲れやすく食欲がなく、体の調子がなんとなく悪い。

★交感神経が働きすぎて血液が汚れている。

③気力がなく、何をするにもおっくうに感じる。何をしても楽しくなく、生きていく自信がない。

★第二次反抗期の失敗が原因。第三次反抗期の薦め。
 第三次反抗期とは第二次反抗期を失敗した人のための最後のチャンスです。
 反抗の意味は攻撃ではなく、自分の意思を相手に的確に伝える努力を惜しみなくするということで
 相手を納得させる技術を学習することです。

④いつもできることができず、ふがいない。

★体液が酸化し、自律神経の反射が悪い。

⑤考えがまとまらず、堂々巡りして判断がつきにくい。

★失敗を恐れて行動が出来ないのと、「失敗から学ぶ」ことを経験していない。

 <周囲が気づく変化>

・遅刻や早退が多くなる。

・しばしば休んだり、突然休む。

・同僚などと話し合うのを嫌がり、付き合いを避ける。

・表情が乏しい。口数が減り、行動に生気がなくなる。

・自信がなくなり、取り越し苦労をしたり、自分の能力の低下を訴える。

~~~~~~~~~専門医の欠点~~~~~~~~~~~~~~
◆精神科に限らず視野が狭いのが専門医である!

◆人の心は心だけで働くわけではない!

◆心臓が正常に働き、脳まで酸素や栄養素が順調に運ばれ、ガス交換ができて初めて心が冷静でいられるのである!

◆これを治すために悩み相談をしますが原因は改善できずなおりきるまでにはいたりません。

◆また、治す薬もありません。

◆しかし、うつ病は治らない病気ではありませんし、悲しい病気でもありません。

◆精神的にも肉体的にも無理を通すことで誰もが罹患する心の疲労です。

◆こころの疲れを癒せば改善の方向へ向かいますが、遠慮深いため出来ません。

◆こんな時疲れを取り除くことで解決します。

◆とくに、ストレスで歪んだ骨格を改善することが重要です。

◆重度のうつ病でお悩みの方やご家族の方は予防医学セミナーにご参加ください。

◆また、西洋医学に限界や矛盾を感じている方もご参加ください。

◆ほとんどの病気は自分で治せるのです。

◆予防医学セミナーでは、医療の矛盾を学習し、専門医にも出来ない「総合免疫療法」を体験することが出来ます。

◆病気を克服し、新しい人生を構築できるチャンスがあるのです。

◆あきらめず参加してみてください。

 文責:自然医学総合研究所 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、4月19日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年7月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。


*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************
                                    
●5月3日(日)の東京予防医学セミナーは連休のためお休みいたします。
      

●5月17日(日)名古屋市東区 ウイルあいち 2F特別会議室にて行います。

         午前9時30分開場 10時開演 
         午後体験会と専門家養成講座 
       
●午後:体験会及び技術指導
     1時30分より2時30分まで体験希望者の中から
    体の歪みの検証を行ないます。
     2時30分より、3時まで
    「バンドストレッチ療法」②を行ないます。
    なお、ストレッチは長谷川インストラクターが行ないま
す。
    技術指導 3時~4時30分
    グループに分かれて技術の指導が受けられます。
    上級者対象に理論の説明を確かめます。4時30分~5時
    グレードごとに出されたテーマに基づき、病気が治る仕組みを説明が出来るように発表する形式でトレーニングを行ないます。
   A:プライマリー ・ゲレードC 腰痛の原因
   B:セラピスト 椎間板ヘルニアの原因について
   C:エキスパート 坐骨神経痛について
   D:プロフェッショナル 自己免疫疾患の矛盾について

         セミナーの実行委員 受付:加藤、坂根、杉山
                      司会:斉田、久保、岩田
、               企画委員(教育内容のプログラムの作成)
                      日野、田中、林
               広報委員(チラシやDVDの作成など)
                      恒川、石田、末永
         新役員により 新年度のセミナーが運営されます。

   
      ◆テーマ1:がんを克服するために
          講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


       ◆テーマ2:病に勝って天寿を全う!
              総合免疫療法で医者要らず!


         講師:大沼 四廊 
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法

         ●費用:会員:入会金1000円 年会費5000円
              非会員:初回のみ無料、2回目以降1回毎に1000円
         得点:参加者全員に健康ジャ-ナルを贈呈いたします


**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方



*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

Pagetop

★インターフェロンの知られざる働き!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★インターフェロンの知られざる働き!

血液系の維持は、長期にわたる自己複製能をもつ休止状態の造血幹細胞(HSC)に依存している。

損傷後には、これらの細胞の増殖が誘導され、急速に恒常性が回復する。

造血幹細胞(HSC)の休止期からの脱出を促進するシグナル伝達分子はほとんど知られていない。

本論文では、マウスへのインターフェロン-α(IFNα)投与に応答して、造血幹細胞(HSC)が効率的にG0を脱出し、活発な細胞周期に入ることを示す。

造血幹細胞(HSC)は、STAT1やPKB/Akt(別名AKT1)のリン酸化の増加、IFNα標的遺伝子の発現、および幹細胞抗原-1(Sca-1、別名LY6A)の発現上昇によって、IFNα投与に応答する。

IFNα/β受容体であるIFNAR、STAT1あるいはSca-1を欠損するHSCはIFNα刺激に反応しないことから、STAT1およびSca-1がIFNα誘導性の造血幹細胞(HSC)増殖を仲介することが示される。

休止状態の造血幹細胞(HSC)は増殖抑制効果をもつ化学療法剤の5-フルオロウラシルに抵抗性であるが、IFNαで前処理(プライミング)されて増殖が誘導されたHSCは、in vivoでの5-フルオロウラシルへの曝露によって効率的に除去される。

逆に、IFNαによって慢性的に活性化された造血幹細胞(HSC)は機能が低下しており、競合的骨髄再構築アッセイでは、IFNαで活性化されないIfnar-/-細胞に急速に取って代わられる。

IFNα経路の慢性的な活性化によって造血幹細胞(HSC)の機能は障害されるが、IFNα急性投与によってin vivoで休止状態のHSCの増殖が促進される。

これらのデータは、IFNαの白血病細胞に対するこれまで説明されていなかった臨床効果を明らかにする助けとなり、がん幹細胞を標的としたI型インターフェロンの新しい適応の可能性を開くものとなるだろう。

原文]
IFNα activates dormant haematopoietic stem cells in vivo

*************************

◆インターフェロンが造血反応にも関わっていたということである。

◆健常者の場合には、胸腺の循環も正常なため、胸腺の機能も正常に働くため、T細胞が必要に応じて産生されている。

◆しかし、多くの患者は過剰なストレスを受けているため骨格の歪みは著しく歪んでいる。

◆それも、鎖骨のゆがみは胸腺の循環障害を招くためT細胞は産生されない様になる。

◆多くの患者でリンパ球の減少が見られるのはそのためである。

◆そのため、Th1、TH2も減少し、Th1からつくられるインターフェロンも減少する。

◆インターフェロンが造血因子の役割も担うということであれば多くの患者は貧血にいたることも理解できる。

◆従って、化学療法に依存するめに、原因を確認し、原因療法を実践していただきたいものである。

◆つまり、ストレスで歪んだ骨格をただし、汚れた血液を浄化して自己免疫力を最大限に高めることである。

◆また、多くの免疫の研究者は、循環障害を見落としている。

◆血流が悪くても自己免疫力は著しく低下することを指摘するものである。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
※岩手医科大学のトランスレーショナルリサーチ研究会(藤岡知昭教授代表)は、H16年から文部科学省の認可を受けて整備事業として選定されている。


①老年疾患の遺伝子要因と環境要因の交絡に関する疫学研究
②老年疾患に対する新規分子標的治療薬/細胞療法の開発に関するトランスレーショナルリサーチ
③患者保護の立場に立った先端医療専修医の育成カリキュラムプランの策定などが行われている。

参考文献を紹介する!

肝線維症治療戦略における標的分子の探索

【目的】肝臓は物質の代謝・解毒に中心的な役割を担っており,生体にとって欠くことのできない実質臓器である.

本邦では肝炎ウイルスの汚染率が高く,慢性肝炎,肝硬変を経て肝癌あるいは肝不全で死亡する例が多い.

肝炎・肝硬変は肝線維症と総称され,これらに対する有効な治療法の開発は社会的急務となっている.

我々は,肝線維症治療戦略において以下の2つの点を大きな標的機構と考えている.

①慢性炎症によって頻繁に繰り返される壊死・再生の結果生じる,肝細胞分裂寿命の短縮の克服

②肝血流阻害の最大の要因となりうる肝線維化の克服
 本研究では,肝線維症の新たな分子標的治療法の開発を目的に,肝細胞の分裂寿命の延長に関する実験的研究と,肝の線維化に中心的役割を担う肝星細胞(hepatic stellate cell; HSC)の活性化抑制に関する分子機構の同定を行った.

【方法】①肝細胞の分裂寿命の延長に関する実験:hTERT (human telomerase reverse transcriptase)のプロモーター領域にestrogen response elementが存在することに着目し,エストロゲンによる肝細胞の分裂寿命に関する実験をin vitro, in vivoで行った.

②HSCの活性化抑制作用を持つ,trichostatin A(TSA)および interferon-γ(IFN-γ)の活性化抑制機構の同定を目指し,プロテオーム解析を行った.

【結果】1.エストロゲンのhTERTに対する影響:①エストロゲンは,肝初代培養細胞においてhTERT遺伝子のプロモーター領域を刺激し転写活性を上昇させることで,テロメラーゼ活性を上昇させた.

②エストロゲン添加による長期継代培養では,テロメア長の短縮を抑制可能であった.

③四塩化炭素肝硬変モデルラットでも,エストロゲンの投与により,肝細胞のテロメア長の短縮抑制が可能であった.

2.HSCの活性化抑制薬剤によるプロテオーム解析:①TSA,IFN-γによる線維化関連分子の分泌抑制が認められた.

②新たにTSA,IFN-γには脂肪酸代謝系の関連酵素に影響を与えることが明らかとなり,HSCの本来の機能であるfat storing cellとしての形質回復にも役立つことが明らかとなった.

③IFN-γにはTNF-alpha converting enzyme (TACE/ADAM17)の発現抑制を介したHSC活性化抑制作用があることを明らかにした.【結語】肝線維症の分子標的治療薬として,肝細胞の分裂寿命の延長には外因性のエストロゲンが,肝線維化の抑制にはTSA,IFN-γが有効である可能性が示唆された.

*************************

◆エストロゲンはコレステロールから合成されるステロイドホルモンの一種である。

◆従って、エストロゲンの影響を受ける肝臓の組織は、副腎の働きに左右されることになる。

◆ステロイドは副腎で合成されるからである。

◆重要な事は、医療とのかかわりである。

◆乳がんに罹患し、病院に行くと、手術出来る物は手術し、出来ないものや再発したものは抗がん剤治療を薦められる。

◆抗がん剤治療を断ると、ほとんどはホルモン療法が選択され、女性の生理をとめることになる。

◆この結果貧血に至り、骨代謝が障害され、さらに継続することで肝細胞が繊維化し、究極は肝硬変にまで至るのである。

◆近年,ホルモン補充療法は,大規模臨床試験において副作用が指摘され、動脈硬化や骨粗鬆症に対しては他の治療法が推奨されているのが現状です。

◆従って、より安全な医療を求めるならば、障害の原因から対応する方法を選択しなくてならない。

◆ホルモンは血液が運ぶ事が知られています。

◆従って、これらのホルモンも鎖骨や頚椎が歪むことで頭部の循環が障害されることによって不安定になっているのであるから、歪みを改善することを優先するべきなのである。

◆それによって、副作用のないホルモン療法が可能となり、治癒率を高めることにもなるのです。

◆ゆえに、自己治癒力を高めるためには、血液を浄化し、白血球を活性化することと、ゆがみを改善することにより、原因を改善することが重要なのです。

◆そのれによって、自己免疫力で回復する可能性が十分あることを学ぶべきである。

◆自己免疫力について詳しく学びたい方は予防医学セミナーにご参加ください。

◆予防医学セミナーでは、治癒率を高めるために、総合的な立場から研究し開発された「総合免疫療法」が 体験できます。

府省共通研究開発管理システム登録研究機関
  自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、4月19日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年7月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。


*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************
                                    
●5月3日(日)の東京予防医学セミナーは連休のためお休みいたします。
      

●5月17日(日)名古屋市東区 ウイルあいち 2F特別会議室にて行います。

         午前9時30分開場 10時開演 
         午後体験会と専門家養成講座 
       
●午後:体験会及び技術指導
     1時30分より2時30分まで体験希望者の中から
    体の歪みの検証を行ないます。
     2時30分より、3時まで
    「バンドストレッチ療法」②を行ないます。
    なお、ストレッチは長谷川インストラクターが行ないま
す。
    技術指導 3時~4時30分
    グループに分かれて技術の指導が受けられます。
    上級者対象に理論の説明を確かめます。4時30分~5時
    グレードごとに出されたテーマに基づき、病気が治る仕組みを説明が出来るように発表する形式でトレーニングを行ないます。
   A:プライマリー ・ゲレードC 腰痛の原因
   B:セラピスト 椎間板ヘルニアの原因について
   C:エキスパート 坐骨神経痛について
   D:プロフェッショナル 自己免疫疾患の矛盾について
   
     
      ◆テーマ1:がんを克服するために
          講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


       ◆テーマ2:病に勝って天寿を全う!
              総合免疫療法で医者要らず!


         講師:大沼 四廊 
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法

         ●費用:会員:入会金1000円 年会費5000円
             非会員:初回のみ無料、2回目以降1回毎に1000円
         得点:参加者全員に健康ジャ-ナルを贈呈いたします


**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方



*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

Pagetop

★自己免疫でウイルス対策!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★自己免疫でウイルス対策!

★豚インフルエンザの弱点!

★国際的に広まる豚インフルエンザ!

★新しいウイルスのためワクチンがない!

★しかし、本来のワクチンは自分でつくるもの!

★それが自己免疫力の仕事である!

★自己免疫力とは、己の遺伝子に基づき外敵や主要を攻撃する細胞の能力のことである!

★どんなウイルスにも自己免疫力が働き防御するのです!

★しかし、慢性的な疲労やストレスが積み重なることで、血液は汚れ防御反応は低下する!

★この様な条件下で人は感染するのである!

★ウイルスがあるから感染するのではない!

★ウイルスの存在だけで感染するのであれば世界中の人口が一度に感染するはずである!

★しかし、どんなウイルスでもそのようなことは一度もない!

★せいぜい一部の人が感染しているにすぐないのである!

★感染する人と感染しない人の違いは、自己免疫力の違いである!

★ゆえに、ウイルスを恐れる前に自己治癒力をたけめることに工夫しなければならないのだ!

★ウイルスに対する抗体はB細胞が関与する!

★B細胞は、外敵と接触することで抗体を産生する!


★外敵と接触し、外敵の侵入を知らせる抗原提示細胞の存在を知り、B細胞の分化成熟、抗体産生を誘導するヘルパーT細胞からの指令を受け、抗原形質細胞(プラズマ細胞、plasma cell)へと最終的に分化する。

★つまり、ウイルスに感染してもヘルパーt細胞が不調ならば、b細胞は増殖も出来ず活性もされない!

★そのため、感染しても治癒できないのである!

★従って、ウイルスに対する抗体をつくるためには「胸腺」の働きがせいじょうでなければならない!

★なぜならば、B細胞を活性するヘルパーT細胞は「胸腺」でつくられるからである!

★ところが、感染する人の共通因子として姿勢が悪く、呼吸も眠りも異常に浅いのである!

★このため、寝相が悪く、鎖骨が歪んでいるのです!

★鎖骨が歪むことで、胸腺の循環が障害され、ヘルパーT細胞やマクロファージが不活性になるからです!

★ここに、感染するひとと、感染しない人との違いがあるのです!

★しかし、WHOにも厚生労働省にもそのような角度から自己免疫を研究している専門家は存在していません!

★ゆえに、ワクチンに依存しているのです!

★ワクチンに頼らず、自己免疫力で防御するためには予防医学セミナーにご参加ください!

★予防医学セミナーでは、免疫の専門家にも出来ない「総合免疫療法」を学ぶことが出来ます!

★また、午後には貴重な体験も可能です!

★免疫力は血液を浄化することで高まります!

★しかし、歪みがあると下がります!

★また、汚染された水や食べ物と生活習慣の改善も重要です!

★総合的な対応が重要なのです!

 府省共通研究開発管理システム登録研究機関
      自然医学総合研究所 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、4月19日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年7月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。


*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************

●5月3日の東京予防医学セミナーは連休のためお休みします。
                                    
●5月17日(日)名古屋市東区 ウイルあいち 2F特別会議室にて行います。

         午前9時30分開場 10時開演 
         午後体験会と専門家養成講座 
       
●午後:体験会及び技術指導
    ?2時より2時30分まで体験希望者の中から
    体の歪みの検証を行ないます。
    ?2時30分より、3時まで
    今回より「バンドストレッチ療法」を行ないます。
    なお、ストレッチは専門のインストラクターが行ないま
す。
    ?技術指導 3時~4時30分
    グループに分かれて技術の指導が受けられます。
    ?上級者対象に理論の説明を確かめます。4時30分~5時
    上級者を対象として、病気が治る仕組みを理解していただき説明が出来るように発表する形式でトレーニングを行ないます。
   上級者になるほど理論の理解力がもとめられますので 
    ?5時より役員の選出を行ない6時解散です。

         セミナーの実行委員(受付・司会・会計)
         企画委員(教育内容のプログラムの作成)
         広報委員(チラシやDVDの作成など)
         セミナーの運営に関わる役員を選出します。
         新役員により 新年度のセミナーが運営されます。

   
      ◆テーマ1:がんを克服するために
          講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


       ◆テーマ2:病に勝って天寿を全う!
              総合免疫療法で医者要らず!


         講師:大沼 四廊 
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法

         ●費用:会員:入会金1000円 年会費5000円
              非会員:初回のみ無料、2回目以降1回毎に1000円

         得点:参加者全員に健康ジャ-ナルを贈呈いたします


**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方



*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

Pagetop

★インターフェロンは自分でつくる!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★インターフェロンは自分でつくる!

★インターフェロン(英: Interferon、略号:IFN)とは、動物体内で病原体(特にウイルス)や腫瘍細胞などの異物の侵入に反応して細胞が分泌するタンパク質のことである!


★T細胞(ティーさいぼう、T cell、T lymphocyte)とは、リンパ球の一種で、前駆細胞が「胸腺」での教育と選択を経て分化成熟し、細胞の表面にT細胞に特徴的なT細胞受容体(T cellreceptor;TCR)を発現している。

★T細胞が正常に働くためには血液が浄化され「胸腺」の機能が正しく働く環境が必要である。

★しかし、この点、過剰なストレスを受けて発症している患者の骨格は著しく歪み、鎖骨の歪みも大きく、胸腺の栄養血管が圧迫され、機能が低下している。

★鎖骨の歪が慢性化することで鎖骨と第一肋骨の間にある肋鎖じん帯が骨化し、血管も神経もリンパ管も圧迫されるからである。

★この点、免疫の研究者にもサイトカインの研究者にも盲点となっているため薬に依存する傾向にあったことを指摘する。

★T細胞は末梢血中のリンパ球の70〜80%を占め、名前の「T」は胸腺 (thymus) に由来し、キラーT細胞やヘルパーT細胞があり、ヘルパーT細胞にはTh1とTh2が知られている。

★細胞性免疫では、Th1細胞が産生するIFN-γにより、マクロファージが活性化され、細胞内寄生菌が、殺菌される。

★また、Th1細胞が産生するIL-2により、キラーT細胞が活性化され、ウイルス感染細胞が、障害される。

★IFN-γはTh1からつくられるのである。

★つまり、造血が安定し、胸腺が正しく働く環境を取り戻すことでウイルス感染も腫瘍も攻撃され病気は自己免疫力で解決できるのである。

★医者に命を預ける前に体の構造を学ぶことである。

★多くの医者は、視野が狭く、専門分野のみの対応しかできず、薬を処方し、患者は薬に依存し、慢性化して副作用とのかかわりを回避できず、病気を治すことが出来ないのが現実です。

★ウイルスが悪いわけでもなく、腫瘍が悪いわけでもないのです!

★全ては自己免疫疫力の問題なのです!

★病状にとらわれず、心身ともに歪みを取り除き、新陳代謝を活性化し、元気を取り戻すことです。

★どんな病気も疲れが取れれば解決します!

★正しい免疫の働きについて詳しく学びたい方は予防医学セミナーにご参加ください。

★予防医学セミナーでは免疫の専門医にも出来ない「総合免疫療法」が体験できます。

~~~~~~ 新着情報 ^^^^^^^^^^^^^^^^

肝炎治療助成、

鳥取県が独自救済支援 

インターフェロン利用者に柔軟制度

2009年4月22日 提供:毎日新聞社


肝炎治療助成:県が独自救済支援 インターフェロン利用者に柔軟制度 /鳥取

 ◇治療、中断しないで

 ◇“不況型”失業者に対応--6月から

 B、C型肝炎患者のインターフェロン治療費の助成について、県は6月から、失業などの事情に応じて自己負担額を引き下げる県独自の救済措置を導入する。

国と県の現行の助成制度は、前年の所得に応じて自己負担額が決まる仕組みで、失業して所得がなくなったケースなどに対応できなかった。最近の雇用情勢の悪化に沿った柔軟な制度に改める。

 県健康政策課によると、B、C型肝炎患者のインターフェロン治療は従来、月5万-6万円の自己負担が必要だった。

昨年度から始まった助成は、自己負担の上限額を所得に応じて1万円、3万円、5万円の3段階に分け、超過分は国と自治体が折半している。

 昨年度、県内で助成制度を利用した患者は267人に上る。自己負担額は世帯の前年の課税年額を基準にしており、失業して自己負担分が払えずに治療を中断する患者が出ないか懸念されていた。

 今回の救済措置の対象は、「雇い止め」による失職者や経営環境が急激に悪化した自営業者らで、月3万か5万円の自己負担分が払えなくなった助成受給者。

離職証明書などで収入減の実情を証明できれば自己負担額を1万円か3万円に引き下げる。

軽減期間は申請月の翌月から受給者証の有効期間(原則1年以内)満了まで。

 同課の下田耕作副主幹は「助成は生涯で1回しか受けられない。不況のため治療をやめる患者を出したくない」と話している。【宇多川はるか】

~~~~~~~~~ インターフェロン(薬)の副作用 ~~~~~~~~
◆医学の矛盾、薬の副作用

◆インターフェロンの重大な副作用

①間質性肺炎がある。

②抑うつ、不眠、不安、焦燥感、自殺企図とある。

③糖尿病、糖尿病性昏睡、

④自己免疫現象、甲状腺機能障害、リウマチの悪化、多発性筋炎、肝炎、溶血性貧血、潰瘍性大腸炎、SLE,重症筋無力症、

⑤黄疸、トランスアミラーゼの上昇、

⑥急性腎不全、ネフローゼ

⑦血小板減少、尿毒症、

⑧汎血球減少、赤芽球蝋、

⑨敗血症、重篤な感染症、

⑩ショック、血圧低下、胸部圧迫感、吐き気、チアノーゼ、

⑪心不全、狭心症、心筋梗塞、完全房室ブロック、寝室頻伯、心筋症、

⑫消化管出血、下血、血便、消化性潰瘍、

⑬脳出血、

⑭脳梗塞、

⑮意識障害、錯乱、興奮、失神、ケイレン、せん妄、そう状態、幻覚、妄想、痴呆様症状、

⑯四肢筋力低下、顔面神経痛、抹消神経障害、

⑰網膜症、網膜出血、

⑱難聴、

⑲皮膚潰瘍、皮膚壊死、

⑳無菌性髄膜炎、

◆その他の副作用:
発熱、倦怠感、悪寒、戦慄、頭痛、めまい、知覚異常、眠気、構語障害、健忘、集中力障害、冷感、振戦、歩行障害、貧血、Hb減少、好中球増多、リンパ球減少、ビリルビン上昇、LDH上昇、蛋白尿、クレアチニン上昇、排尿困難、血尿、不整脈顔面浮腫、呼吸困難、血痰、食欲不振など様々な全身症状がでる。

◆ゆえに、賢い患者は自然療法を選択しているのです。

府省共通研究開発管理システム登録研究機関

   自然医学総合研究所 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、4月19日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年7月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。


*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************
                                    
●5月3日(日)の東京予防医学セミナーは連休のためお休みいたします。
      

●5月17日(日)名古屋市東区 ウイルあいち 2F特別会議室にて行います。

         午前9時30分開場 10時開演 
         午後体験会と専門家養成講座 
       
●午後:体験会及び技術指導
     1時30分より2時30分まで体験希望者の中から
    体の歪みの検証を行ないます。
     2時30分より、3時まで
    「バンドストレッチ療法」②を行ないます。
    なお、ストレッチは長谷川インストラクターが行ないま
す。
    技術指導 3時~4時30分
    グループに分かれて技術の指導が受けられます。
    上級者対象に理論の説明を確かめます。4時30分~5時
    グレードごとに出されたテーマに基づき、病気が治る仕組みを説明が出来るように発表する形式でトレーニングを行ないます。
   A:プライマリー ・ゲレードC 腰痛の原因
   B:セラピスト 椎間板ヘルニアの原因について
   C:エキスパート 坐骨神経痛について
   D:プロフェッショナル 自己免疫疾患の矛盾について

            
      ◆テーマ1:がんを克服するために
          講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


       ◆テーマ2:アレルギー疾患常識の過ち!

         講師:大沼 四廊 
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法

         ●費用:会員:入会金1000円 年会費5000円
             非会員:初回のみ無料、2回目以降1回毎に1000円
         得点:参加者全員に健康ジャ-ナルを贈呈いたします


**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方



*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

Pagetop

★骨髄造血の矛盾!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★骨髄造血の矛盾!

★めだかを見ると骨ではなく消化器(腹部)に血液があることが肉眼でも確認される!

★めだかは魚類だから消化器造血だと説明するるのだろうか?

★めだかの卵は卵黄(黄み)で第一造血が確認されている!

★めだかの第二造血は消化器である!

★消化器で食べ物を消化吸収しながら造血し、腸から肝臓、心臓へと血液は流れている!

★骨髄造血を最初に唱えたのは1860年代ノイマンとピッツオゼロである!

★かれらは、鳥類で確認している!

★それも1週間もえさを与えず餓死した鶏を解剖して、骨髄に赤血球が存在していたと報告したことから定説になった!

★これが問題で、人間は哺乳類で卵で生まれる鶏とは少しだけ仕組みが異なるが、この点をみおとしているとおもえるのだ!

★しかし、この鳥類も第一造血は卵黄(黄み)である!

★鳥類の第二造血はやはり食べ物を消化吸収し腸で造血されて肝臓から心臓へと向かう!

★人間は哺乳類である!

★哺乳類は胎児の状態で成長する!

★第一造血は魚や鳥と同じ卵黄の膜である!

★第二造血は卵黄が成長して母体の子宮に着床した部分が胎盤になり、母親の子宮動脈血を受け取り造血を行っている!

★ゆえに白血病などで骨髄移植よりも臍帯血(サイタイケツ)移植の方が未分化で安全であることが証明されているのは、胎盤で第二造血が行われているかにほかならない!

★魚類や鳥類には胎盤がなく、卵黄造血の後にえさを自分で撮るために消化器で造血される!

★しかし、哺乳類は胎盤で第二造血が行われ、胎児が成長する!


★胎盤の構造からも、母体から栄養を吸収するのではなく、母体の血液を消化吸収してヘソの尾を通り胎児の門脈に入る!

★門脈に入った血液は肝臓を経由し心臓から全身に循環している!

★胎児の成長にあわせて胎盤造血が終了して生まれる!

★生後、母乳を吸い、消化器造血が始まり、消化器で造血された血液は門脈を通り肝臓を経由して解毒され、右心房に入り、三尖弁を通って右心室に運ばれる!

★全身から流れてきた静脈血はまず、右心房へ入る!

★右心房に流入した静脈血は、右心室に入り、右心室が収縮し肺動脈弁をくぐり、肺動脈に入り、肺へと送られる!

★次に、肺へ送られた静脈血は酸素を受取り込み、動脈血となり 、左心房に入り、左心室へ送られ、最後に左心室が収縮して全身へ動脈血となって送られている!


★消化器で造血された血液は、全身に張り巡らされた血管を通り、全身に流れているのです!

★これが第三造血で哺乳類の特徴は胎盤で第二造血が行われていることである!

★骨髄造血では脈管学上の矛盾か生じることになる他に、胎児の成長の過程で肝臓から骨髄へと推移しなくてはならず矛盾が多い!

★仮に骨盤で造血されるとしても骨盤に栄養を送る動脈管と骨盤から出てくる静脈管では物理的に大きさや数も矛盾がある!

★にも関わらず、白血病などの検査でマルクが行われ骨髄検査が行われているのは、病的体内環境による逆分化造血の現象をみているのであり、健全な造血ではない!

★健常者の骨髄には骨髄液があり、造血はされていないことを指摘するものである!

★これを証明するためには健常者に限り、マルクを行い骨髄液の検査を行うことである!

~~~~~~~~~新着情報~~~~~~~~~~~~~~~

★骨髄移植で過剰採取ミス 

★国立がんセンター

2009年4月21日 提供:共同通信社

★国立がんセンター中央病院(東京都中央区)で今月、骨髄移植の提供者(ドナー)から骨髄液を採取する際、医師が誤って予定の2倍も採取するミスがあったことが20日、分かった。

★ドナーは既に退院し、現時点で健康被害は出ていないという。

★土屋了介(つちや・りょうすけ)院長は「ドナーに負担を掛け、誠に申し訳ない。

★担当医が器具の使用法を熟知していなかった可能性があるが、詳細な経緯を調査し、公表したい」と説明。

★ドナーには担当医が事情を説明して謝罪、納得してもらったとしている。

★土屋院長によると、同病院の医師が今月半ば、30代女性から、予定していた400ミリリットルの2倍に上る800ミリリットルの骨髄液を誤って採取。

★終了後に測定してミスに気付いた。

★健康な人からの採取は、通常400ミリリットル程度。

★800ミリリットルを採られても生命の危険はないが、強い倦怠(けんたい)感を覚えるとされる。

★採取の際、骨髄液に混じった骨片などをろ過するため使った器具は、今年2月末に国内承認され、同病院での使用は3例目だった。

★それまでの器具は採取量を簡単に確認できたのに比べ、新しい器具では途中計量が難しいという。

★ろ過器具をめぐっては、昨年12月、国内で唯一承認されていた米バクスター社製品が在庫切れになる可能性が表面化。移植の中断を回避しようと、今回使われた他社製の器具が緊急輸入され、厚生労働省が異例の早さで承認した。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆骨髄移植の問題は後が尽きない!

◆健常者から移植された骨髄液が患者の体内に入って自分の骨髄液となるためには点滴で腕からいれるよりも骨盤に直接入れるべきである!

◆「骨髄移植」と言うからには骨髄に直接入れる方が成功率が高くなると考えるべきだからである!

◆哺乳類の造血は脈管学上からも説明がしやすく、かつ、第一造血の卵黄の(膜)と第二造血の胎盤の絨毛細胞(膜)、第三造血の絨毛細胞(膜)と一貫して「膜」で造血されていることでも矛盾がない!


 文責:自然医学総合研究所 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、4月19日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年7月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。


*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************
                                    
●5月3日(日)の東京予防医学セミナーは連休のためお休みいたします。
      

●5月17日(日)名古屋市東区 ウイルあいち 2F特別会議室にて行います。

         午前9時30分開場 10時開演 
         午後体験会と専門家養成講座 
       
●午後:体験会及び技術指導
     1時30分より2時30分まで体験希望者の中から
    体の歪みの検証を行ないます。
     2時30分より、3時まで
    「バンドストレッチ療法」②を行ないます。
    なお、ストレッチは長谷川インストラクターが行ないま
す。
    技術指導 3時~4時30分
    グループに分かれて技術の指導が受けられます。
    上級者対象に理論の説明を確かめます。4時30分~5時
    グレードごとに出されたテーマに基づき、病気が治る仕組みを説明が出来るように発表する形式でトレーニングを行ないます。
   A:プライマリー ・ゲレードC 腰痛の原因
   B:セラピスト 椎間板ヘルニアの原因について
   C:エキスパート 坐骨神経痛について
   D:プロフェッショナル 自己免疫疾患の矛盾について
   

         セミナーの実行委員 受付:加藤、坂根、杉山
                      司会:斉田、久保、岩田
、               企画委員(教育内容のプログラムの作成)
                      日野、田中、林
               広報委員(チラシやDVDの作成など)
                      恒川、石田、末永
         新役員により 新年度のセミナーが運営されます。

   
      ◆テーマ1:がんを克服するために Ⅱ
          講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


       ◆テーマ2:病に勝って天寿を全う!
              総合免疫療法で医者要らず!


         講師:大沼 四廊 
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法

         ●費用:会員:入会金1000円 年会費5000円
             非会員:初回のみ無料、2回目以降1回毎に1000円
         得点:参加者全員に健康ジャ-ナルを贈呈いたします


**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方



*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

Pagetop

★統合医療で医者も患者も救われる!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★統合医療で医者も患者も救われる!

★西洋医学の治療だけでは治療に限界!

★健康を取り戻すためには身も心も全身の改善が重要!

★今、西洋医学は崩壊を間逃れようと総合診療科を立ち上げうとしているが、現場は動こうとしない!

★総合診療を指導できる人材がないからだ!

★また、病気の原因を知れば患者は減少し、医療経済にも影響する!

★様々な面から日本の医療対策の遅れが目立つのである!

~~~~~~~~~~~新着情報~~~~~~~~~~~~~
★「総合診療部」統廃合する大学病院が相次ぐ

2009年4月20日 提供:読売新聞

医師不足、財政難…

★臓器別に細かく専門分化され過ぎた医療への反省から、患者を総合的に診ようと設立された「総合診療部」を、統廃合する大学病院が相次いでいる。

★医師不足や財政難が理由だが、診断のついていない患者の受け皿がなくなるうえ、若手医師を育てる場が減ることを懸念する声も出ている。

★総合診療部は2000年前後までに、約50大学病院に設置。ところが、05年9月に北海道大が廃止。

★07年4月には杏林大が廃止した。新年度からは京大が廃止し、群馬大は救急部と統合した。

★それ以前には02年9月、設立の翌年に廃止した島根大の例もある。
 

★廃止理由について、北大は「利用度が上がらなかった」と説明。杏林大は「専門の診療科の方が患者に人気がある。

★総合診療を担当する医師も少ない」とする。

★京大病院は「専門診療科への引き継ぎなどがスムーズにいかず、効率的でない面があった」としている。

★ほかにも廃止を検討しているところもある。

★ある大学病院の総合診療医は「総合診療は時間がかかる割には、手術や高額な検査を行わず、経営側から見れば不採算部門。

★経営に余裕がなければ風当たりが強くなる」と漏らす。

★臓器別の専門診療科よりも地位が低く見られがちなことも、医師側に不人気な理由としてあるという。

★日本総合診療医学会副運営委員長の大滝純司・東京医大教授は「総合診療科は、診断のついていない患者の初期診療を担い、臓器別の専門診療科からこぼれてしまう患者の受け皿になるとともに、医師教育の役割もある。

★研修医に人気のある一般病院ではむしろ増えている」とこうした動きに懸念を示す。

★同学会では近く、全国の大学病院の総合診療部にアンケートを行い、活動状況を調べる。

★患者の視点から開かれた医療の実現を目指すNPO法人「ささえあい医療人権センターコムル」の辻本好子理事長は「大学病院の総合診療部には、高齢化が進む中で必要性が高まっているプライマリーケアを担う人材育成の場として期待を持っているので、統廃合の動きは残念に思う」と話している。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆専門医制度こそ医療崩壊の原因ではないか?

◆融通が利かない専門医!

◆臓器別の教育を受けてきた日本の医者は、視野が狭過ぎるため、柔軟性に欠けている!

◆一人の患者に対して、複数の専門医がつくことは、責任の所在がわかりにくく無責任と思われる対応が少なくはない!

◆しかし、総合医には全身に渡る対応が求められる!

◆この問題を解決するには、西洋医学の中にある複数の専門分野を統合することにのみ議論していては解決はしない!

◆ハーバード大学のように、西洋医学と東洋医学の両輪の教育を平行して行う「統合医療教育」を行う必要があるのではないかと思う!

◆つまり、西洋医学の行き詰まりの原因は、西洋医学だけで対応してきたことに無理があることに気がついて、根底から改革を進める必要があるということを指摘したいものです!

◆心臓が動くのも心臓だけで単独で動いているわけではありません!

◆脳脊髄神経が首を経由し、鎖骨のゆがみの影響も受けながら伝達されて動いているのです!

◆また、どの臓器でも血流が悪ければ働きも悪くなります!

◆どこかの血管がどこかで圧迫されても問題は生じるのです!

◆とくに、リンパ管の圧迫は、老廃物の処理が出来ず、がんや腫瘍の原因になります!

◆働きすぎて体液が酸化することで遺伝子さえ壊れるのです!

◆また、食べものを消化吸収するには消化器の蠕動運動以外に、酵素の活性がなければなりません!

◆さらに、どの臓器も熟睡が出来なければうまく働くことが不可能です!

◆これが、生きている人の体なのです!

◆人間丸ごと、生き物として対応しなくてはならないのですが、この様な視野を身につけるためには、どうしても西洋医学の教育システムだけでは限界があるように思えるのです!

◆ゆえに、アメリカ始め、他の先進国でも伝統医学や東洋医学も同じ扱いで重要視されて学習されて成果をあげているのです!

◆アメリカでは約半数の医学部でこの様な統合医療教育が行われているのです!

◆それに対して日本の対策は実に遅すぎるように思います。

◆国の生き残りをかけた改革が必要なのです!

◆小手先の改革ではなく、本当に必要なことを学べるように改善しなくてはならないのです!

◆しかし、人気のある病院では現場は激務のため、それほど深く研究する時間はありません!

◆逆に人気のない病院では患者が減少し、暇があっても治療の件数が少なく、医者の腕が下がります!

◆そのような病院には医者も行きたがりませんし、行ってもすぐに止めて定着は難しいのです!

◆医療崩壊は財源の問題ばかりが話題になりますが、実態は問題のある病院には誰も行きたがらないというところに真因があるのです!

◆患者のために相応しい医療が提供されるようになるには、患者会が立ち上がり、患者側から意見を出して通すべきなのかも知れません!

◆そのためにも患者は確かな自己免疫療法を学び、成果をあげなくてはなりません!

◆総合免疫療法は、骨格・免疫・乳酸菌・リンパなど健康に関わる全ての問題を解決するために開発された健康法です!

◆国際的に有名な免疫の専門医にも出来ないことが総合免疫力は可能にするのです!

◆重症患者ほど血液が汚れているのです!

◆輸血や移植ばかりに依存せず、自らの力で、食べて、消化して造血しなくては生き続けることは不可能です!

◆鳥類・魚類。哺乳類と類を超えて卵黄の膜で第一造血が行われていることは医学的にも知られています!

◆卵黄の膜で造血が始まり細胞が増殖します!

◆細胞の増殖を繰り返しながら、哺乳類の受精卵は子宮に着床します!

◆着床した部分が胎盤へと成長し、胎盤は母体の血液を材料に造血を始めるのです!

◆胎児がの消化器が成長し、食べる準備を終えると同時に、胎盤がはがれて生まれてくるのです!

◆産後、乳児となり母乳を消化、吸収し、消化器で造血されるのです!

◆これが、健全な造血です!

◆しかし、医学書には骨髄造血とあり、一般の常識となっています!

◆骨髄での造血は、消化器が不調なときに、代理で造血されるのです!

◆実際に、1860年代に最初に骨髄造血と報告されたノイマンとピッツオゼロは、1週間も鳥にえさを与えず、餓死状態にして解体し、骨髄の中に血液があったという報告をし、造血を証明したものではありませんでした!

◆しかし、その後年代が進むにつれ、いつの間にか骨髄で造血されていると信じられてきたのです!

◆現在は、白血病などで「マルク」という骨髄液の検査を行い、白血球の子供である「芽球」の状態から診断されています!

◆白血病で骨髄検査の結果芽球が異常に多いからと言って骨髄造血を証明することにはなりません!

◆芽球は、健常者でも過剰なストレスを受け続けることで体液が酸化すると発生する細胞です!

◆体調が不調で交感神経が優位の時には、顆粒球は増殖しますが、体液の酸化によって成長が障害され芽球の状態でみられるのです!

◆また、古い血液を処分する脾臓の機能低下や腎臓の中の血管が萎縮し排泄が障害され、循環の悪い骨髄中に滞留した状態をマルクで検査していると考えるべきです!

◆事実、20万もの芽球でも、排泄が改善され、抗がん剤を使用せずに下がったケースもあるのです!

◆ほとんどの医者は本心を明かさず、マニュアル通りに対応するばかりです!

◆医療とのかかわりから病気は複雑になると言っても過言ではありません!

◆それを薬源病と呼び、7割の医者は薬を信用していません!

◆西洋医学の治療に限界を感じて他の方法をお探しの方はぜひ一度予防医学セミナーにご参加ください!

◆予防医学セミナーでは、午後貴重な体験も可能です!


 文責:自然医学総合研究所 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、5月17日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年7月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。


*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************

●5月3日(日)の東京予防医学セミナーは連休のためお休みいたします。
                                    
●5月17日(日)名古屋市東区 ウイルあいち 2F特別会議室にて行います。

         午前9時30分開場 10時開演 
         午後体験会と専門家養成講座 
       
●午後:体験会及び技術指導
     1時30分より2時30分まで体験希望者の中から
    体の歪みの検証を行ないます。
     2時30分より、3時まで
    「バンドストレッチ療法」②を行ないます。
    なお、ストレッチは長谷川インストラクターが行ないま
す。
    技術指導 3時~4時30分
    グループに分かれて技術の指導が受けられます。
    上級者対象に理論の説明を確かめます。4時30分~5時
    グレードごとに出されたテーマに基づき、病気が治る仕組みを説明が出来るように発表する形式でトレーニングを行ないます。
   A:プライマリー ・ゲレードC 腰痛の原因
   B:セラピスト 椎間板ヘルニアの原因について
   C:エキスパート 坐骨神経痛について
   D:プロフェッショナル 自己免疫疾患の矛盾について
   上級者になるほど理論の理解力がもとめられます。

         セミナーの実行委員 受付:加藤、坂根、杉山
                      司会:斉田、久保、 岩田
               企画委員(教育内容のプログラムの作成)
                      日野、田中、林
               機材・広報(チラシやDVDの作成など)
                      恒川、末永、石田、加藤正樹
         新役員により 新年度のセミナーが運営されます。

   
      ◆テーマ1:がんを克服するために
          講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


       ◆テーマ2:アレルギー疾患常識の過ち!

         講師:大沼 四廊 
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法

         ●費用:会員:入会金1000円 年会費5000円
             非会員:初回のみ無料、2回目以降1回毎に1000円
         得点:参加者全員に健康ジャ-ナルを贈呈いたします


**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方



*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

Pagetop

★糖尿病の盲点!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】
★糖尿病の盲点!

★なぜ糖尿病になるのか?

★すい臓の機能が低下するからです!

★すい臓の機能障害という、糖尿病の原因については、医学的には軽視されています!

★日ごろから無理をして働いたり、大きな心配ごとを抱えると交感神経が過剰に働きます!

★この時点で体内に蓄えていた糖分を消耗し始めます!

★食べ物からとるだけでは間に合わなくなり、甘い物を食べたくなります!

★それだけではなく、ストレスによって骨盤が歪み、背骨が歪むことで肩甲骨の間にある「すい臓の支配神経」が圧迫されます!

★その結果、すい臓の機能が不安定になり、膵液が不足し、非酵素結合として、血糖値もHbA1cも高くなります!

★この問題を解決するためには、根本的な対応が必要です!

★根本的な対応とはインスリン療法で対症療法を行うことではなく、ストレスで歪んだ骨格を改善し、すい臓の機能を高めることです!

★ゆえに内科医では治せないのです!

★さらに、酵素欠乏症も併発していますので、体温を安定させ、食べ物を見直し、酵素が作られる条件をつくることです!

★こんなことで重症の糖尿病でも安定し、健全な体に変わります!

★過去最大では血糖値900から正常になった方も降ります!

★どんな病気にも必ず原因はあるのです!

★病状に惑わされず、根本的な対応を選択することで運命も向上してゆくのです!

~~~~~新着情報~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆本日10時より名古屋市東区 ウイルあいち 2F特別会議室 にて 予防医学セミナーを行います。

◆免疫の専門家にも出来ない「総合免疫療法」の体験が出来ます!

◆西洋医学に矛盾を感じ、自然療法や免疫療法に関心のお持ちの方はご参加ください!

◆TEL:090-5861-4489

~~~~糖尿病の盲点~~~~~~~~~~~~~
★HbA1cを糖尿病の診断基準に!

★WHO 今年中にも新基準を公表へ 

★HbA1cを糖尿病の診断基準に カットオフ値は糖尿病網膜症の発症率を検討

2009年4月17日 提供:Japan Medicine(じほう)


★世界保健機関(WHO)が糖尿病の診断基準に、HbA1c値を導入する方向で議論を進めていることが明らかになった。

カットオフ値は、HbA1c値と糖尿病網膜症の発症率との相関を検討し、定める方針。

空腹時血糖値をはじめとした従来の診断基準では、持続性高血糖を十分に示していないと判断した。

今年中にも、新たな診断基準を公表する。

 WHOがもともと1998年に定めた糖尿病の診断基準は、<1>空腹時血糖値≧126mg/dL<2>75gOGTT(75g経口ブドウ糖負荷試験)2時間値≧200mg/dL<3>糖尿病の症状と随時血糖値≧200mg/dL-以上のいずれかの場合とされている。

  改訂に際し、WHOでは各国の糖尿病の専門家を一堂に集めた「エキスパート・コンサルテーション・ミーティング」を3月28-30日に開催し、糖尿病の診断基準をめぐる検討を行った。

  日本の代表として会議に出席した日本糖尿病学会の門脇孝理事長(東京大大学院医学系研究科糖尿病・代謝内科教授)は本紙の取材に応じ、「従来の診断基準とともに、HbA1cを取り入れようという意見が相当強かった」と述べた。

  これまでもHbA1cの有用性は指摘されてきたが、測定法の違いや国家間での測定値のバラツキがあることが国際的な指標として用いる上での課題となっていたという。

しかし、2007年から国際標準化が進み、“バイアス”が解決されつつあることから、検討をスタートしたという。

持続的な高血糖示す「一番良い指標」

 HbA1cは、採血時から過去1、2カ月間の平均血糖値を反映する指標。インスリン作用の不足を示す“持続的な高血糖”を示すのに「今、考えられる一番良い指標」と門脇氏は話す。

さらに、1人の患者が異なるタイミングで検査を受けた際の再現性も高いというメリットもある。

  これに対し、従来指標として用いられてきた空腹時血糖値や75gOGTTは、空腹時やブドウ糖を負荷した特殊な条件下で測定されていることから、「24時間の血糖値を反映する指標にはなりにくい」(門脇氏)。

加えて、検査前何日かの食事内容の影響を受けることから、再現性も懸念されてきた。

  すでに治療目標としては活用されているHbA1cが診断基準に加わることで、「診断の根拠から治療のターゲットまで一貫しているし、空腹時の採血も必要ない。

プライマリケア医にとっても患者さんにとってもメリットは大きい」と臨床上のメリットも強調する。

  一方で、HbA1cを指標として用いる上での課題について門脇氏は「赤血球寿命が短縮している病態には使えない」と指摘する。

具体的には、溶血性貧血や肝硬変、出血があるケースなどだ。

「アフリカで発生しているマラリアが溶血性貧血を起こすことから、今回の会議でも議題にあがった」と門脇氏。これらのケースでは、従来の空腹時血糖値や75gOGTTでの診断が必要になるという。

26日に診断基準検討委員会が初会合

 日本糖尿病学会の診断基準検討委員会では、このような世界の流れを踏まえ、26日に初会合を開き、議論をスタートさせる。

  現行のガイドラインでは<1>早朝空腹時血糖値≧126mg/dL<2>75gOGTT2時間値≧200mg/dL<3>随時血糖値≧200mg/dL-を2度以上確認する、またはこれらを1度確認し、かつ明らかな糖尿病の症状がある、など持続的な高血糖の存在に合致する所見を有する患者を糖尿病と診断している。


  この基準は「日本独自の根拠をもって決めた」(門脇氏)ことから、空腹時血糖値や75gOGTT2時間値の診断基準に該当するHbA1c値についてのわが国のデータを検討する。

合わせて、網膜症の発症率についても検討する。広島原爆障害対策協議会が行う「被爆者の健康管理に関する調査研究事業」のデータを引き合いに出し、HbA1cが(現在の治療目標である)6.5%以上を超えると、「明らかに網膜症の発症率が増加している」(門脇氏)とした。

  その上で「個人的な考え」と断った上で、「早期発見・早期管理のためには6.5%より低い値が望ましい。

ただし、わが国のHbA1c値とWHOや米国でのHbA1c値の間の“バイアス”も十分に考慮に入れて策定をする必要がある」との見解を示した。
~~~~~~~~~~~~~~~~
 
◆HbA1cは検査の参考になります。

◆しかし、薬で病気は治りません。

◆むしろ、血液が汚れ、体液が強酸性化し、遺伝子の結合部が切断され、網膜症や腎症がおこるのです。

◆どんな病気でも、必ず原因はあります。

◆その原因を解明することがなにより重要なのです。

◆原因を改善することで、薬がなくても病気は治るのです。





 文責:自然医学総合研究所 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、4月19日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年7月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。


*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************
                                    
●5月17日(日)名古屋市東区 ウイルあいち 2F特別会議室にて行います。

         午前9時30分開場 10時開演 
         午後体験会と専門家養成講座 
       
●午後:体験会及び技術指導
     1時30分より2時30分まで体験希望者の中から
    体の歪みの検証を行ないます。
     2時30分より、3時まで
    「バンドストレッチ療法」②を行ないます。
    なお、ストレッチは長谷川インストラクターが行ないま
す。
    技術指導 3時~4時30分
    グループに分かれて技術の指導が受けられます。
    上級者対象に理論の説明を確かめます。4時30分~5時
    グレードごとに出されたテーマに基づき、病気が治る仕組みを説明が出来るように発表する形式でトレーニングを行ないます。
   A:プライマリー ・ゲレードC 腰痛の原因
   B:セラピスト 椎間板ヘルニアの原因について
   C:エキスパート 坐骨神経痛について
   D:プロフェッショナル 自己免疫疾患の矛盾について
   上級者になるほど理論の理解力がもとめられます。

         セミナーの実行委員 受付:加藤、坂根、杉山
                      司会:斉田、末永、久保
               企画委員(教育内容のプログラムの作成)
                      日野、田中、林
               広報委員(チラシやDVDの作成など)
                      恒川、石田、岩田
         新役員により 新年度のセミナーが運営されます。

●5月3日(日)の東京予防医学セミナーは連休のためお休みいたします。
   
      ◆テーマ1:がんを克服するために
          講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


       ◆テーマ2:アレルギー疾患常識の過ち!

         講師:大沼 四廊 
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法

         ●費用:会員無料 非会員は初回のみ無料
         得点:参加者全員に健康ジャ-ナルを贈呈いたします


**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方



*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

Pagetop

◆医療事故は止まらない!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★小児に10倍の薬投与8件

★医師の処方ミス、2年間で

2009年4月16日 提供:共同通信社

 日本医療機能評価機構(東京)は15日、小児(15歳未満)に対して適正量の10倍もの薬剤を誤って投与した事例が、2006年1月から08年12月までの2年間で8件確認されたと発表した。

医師が小児の年齢や体重を勘違いしたり、パソコンで処方せんに入力する際に、けた数を間違えるなどのミスが原因という。

 同機構の医療事故情報収集事業に参加している約550の医療機関からの報告をまとめた。

 同機構は、全国約4800の医療機関にこの情報を伝え、「体格が変化しやすい小児の場合、より慎重に薬の量を確認する必要がある。医師が間違えても薬剤部でチェックするなど組織的な対応を整備すべきだ」と注意を促した。

 同機構によると、過剰投与の報告があった8件の患者は生後1カ月-6歳。投与された薬は、抗生物質やステロイド、血液凝固阻止剤など。

 このうち、生後3カ月の小児のケースでは、本来0.03ミリグラムの強心剤を処方すべきだったのに、医師が誤って処方せんに10倍量の「0.3ミリグラム」と入力。

処方内容を確認しなかった上、薬剤師も気付かずに調剤し、そのまま投与されたという。

 同機構は「子どもは体が小さい分、薬の量を誤ると大きな影響が出る可能性がある」としている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆医療事故は止まらない!

◆医者に命を預けるな!

◆病院は火の車!

◆治療しなくても9割の病気はなおせるのに通わている!

◆日本の患者はおいしい患者なのですとは、岡本裕e-クリニック医師、医学博士の言葉である!

◆岡本先生は、著書の中で医者がいなくても治る「喜劇の病気」は自己治癒力で治せる病気であり、「喜劇の病気」に医者が関わることは社会的資本の無駄づかいだといっている!

◆また、岡本先生は、日本の現状の医療を、医者がいなくても治る病気を対象に、薄利多売で商売優先にしているとも言っております。

◆さらに、国民の一人ひとりが賢くなって、おいしい患者がいなくなれば、医療費33兆円の半分が不要になるとも言って降ります!

◆医は算術であるといわれて着ましたが、半分以上の医療は必要がないということになります。

◆もともとステロイドホルモンでも脳内モルヒネもインターフェロンでさえ疲れを取り除き、体調を整えることで自分で作ることが出来るのです!

◆それは、感染症に対する抗生物質もがん細胞を破壊する抗がん剤もキラーT細胞が作ることが知られています!

◆しかし、同じ病気でも治る人と治らない人があります!

◆その違いは、私の研究では、白血球の反応の良い人と悪い人の違いであることが確認されています!

◆ストレスを過剰に受けて、過労時には、血液ばかりか、体液全体が酸化するからです!

◆そのため、マクロファージの動きは鈍くなります!

◆体液の酸化により、マクロファージの反応が悪くなると、抗原抗体反応も弱くなります。

◆また、外敵を食べて、抗原の侵入を他の細胞に知らせるために作られるサイトカインも作る事ができなくなります!

◆さらに、がん細胞を攻撃するキラーT細胞やNK細胞の反応も悪くなります!

◆その結果、病気を治すことが出来ないのです!

◆そんな状態で、病院に命を預けても薄利多売を心がけている医者には病気を治す方法はありません!

◆病気の原因は薬でも治りません!

◆病気の原因はストレスで歪んだ骨格や血液の汚れです!

◆そのために、白血球の動きが悪くなり、外敵から身を守ることが出来なくなるからです!

◆ゆえに、歪みを血液を浄化し、免疫力を高めることを優先するべきなのです!

◆しかし、患者の多くは病院へ行き、抗がん剤や,放射腺治療を受けます!

◆抗がん剤は、第一次世界大戦の時に大量虐殺を目的にドイツで開発された[マスタードガス」をもとにDNAの合成を阻害するシクロホスファミドという有毒物質です!

◆目的は、健全なDNAを破壊するために開発されたものなのですから、副作用などというものではないのです!

◆この様な危険な薬が、抗がん剤として用いられ、高額医療で、病院の経営には貢献しています!

◆また、がん患者の場合は、患者が死んでも病気のせいにできるため一番おいしい患者で、病院の経営にとっては大変ありがたい患者さんです!

◆抗がん剤もがん患者さんも病院の経営にはなくてはならに存在だということです!

◆しかし、その成果は期待できません!

◆07年度のがんの死亡者数は33万6千人と年々増えていることがその証拠です!

◆問題は、医者の餌食にならないことです!

◆どんな病気にも必ず原因はあるのです!

◆医者からみはなされてもあきらめないことです!

◆病気の9割は自然療法で治癒できるのです!

◆総合免疫療法は誰もが出来る安全な方法です!

◆他の免疫療法に比べても早く確実に免疫が高まります!

◆特に、ストレスで歪んだ骨格が血管や神経やリンパ管を圧迫して治癒率が悪くなっているのです!

◆病名に関わらず、これらの問題を解決することです!

◆総合免疫療法について詳しく学びたい方は予防医学セミナーにご参加ください。

◆予防医学セミナーでは、免疫の専門医にも出来ない具体的な手当て方を学ぶことが出来ます!

◆次回の予防医学セミナーは4月19日(日)名古屋市東区 ウイルあいち 2F 特別教室 似て10時より行います!

◆病気の原因や治し方を学びたい方はぜひご参加ください!




 文責:自然医学総合研究所 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、4月19日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年7月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。


*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************
                                    
●5月17日(日)名古屋市東区 ウイルあいち 2F特別会議室にて行います。

         午前9時30分開場 10時開演 
         午後体験会と専門家養成講座 
       
●午後:体験会及び技術指導
     1時30分より2時30分まで体験希望者の中から
    体の歪みの検証を行ないます。
     2時30分より、3時まで
    「バンドストレッチ療法」②を行ないます。
    なお、ストレッチは長谷川インストラクターが行ないま
す。
    技術指導 3時~4時30分
    グループに分かれて技術の指導が受けられます。
    上級者対象に理論の説明を確かめます。4時30分~5時
    グレードごとに出されたテーマに基づき、病気が治る仕組みを説明が出来るように発表する形式でトレーニングを行ないます。
   A:プライマリー ・ゲレードC 腰痛の原因
   B:セラピスト 椎間板ヘルニアの原因について
   C:エキスパート 坐骨神経痛について
   D:プロフェッショナル 自己免疫疾患の矛盾について
   
●5月3日(日)の東京予防医学セミナーは連休のためお休みいたします。
   
      ◆テーマ1:がんを克服するために
          講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


       ◆テーマ2:アレルギー疾患常識の過ち!

         講師:大沼 四廊 
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法

         ●費用:会員:入会金1000円 年会費5000円
             非会員:初回のみ無料、2回目以降1回毎に1000円
         得点:参加者全員に健康ジャ-ナルを贈呈いたします


**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方



*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

Pagetop

★医者離れが健康の元!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★医者離れが健康の元!

★医者の常識は非常識!

★再発・転移の不安抱え がんを生きる
 働き続けたい/中

2009年4月15日 提供:毎日新聞社


がんを生きる:働き続けたい/中 再発・転移の不安抱え

◇「迷惑かけられない」…重圧や副作用と闘い

 「退職の手続きは完了しました。長い間、お疲れ様でした」。05年2月、コピーライターの松井亜矢子さん(42)=東京都杉並区=に1通のメールが届いた。

 松井さんは乳がん治療のため、東京都内の外資系広告代理店を前年春に休職した。メールは会社の人事担当者から。「これで会社とのつながりは完全に切れた」。悔しさと安堵(あんど)が入り交じった不思議な心境だった。

 02年6月、乳がんが見つかり、2カ月後に乳房の一部を残す乳房温存手術をした。コピーライターにあこがれ、大学時代は養成講座に通った。会社では、1本の制作費が数千万円のテレビCMを何本も手がけていた。

 「準備体操のつもりで復帰すればいいから」。手術の約2週間後、上司の誘いで復職した。体は本調子ではなかったが、長く現場を離れることへの不安や同僚への申し訳なさもあった。

 復帰初日。久しぶりの通勤ラッシュ。JR山手線の車内は満員で、傷口付近を押されるたびに激痛が走った。職場にたどり着くと、打ち合わせが絶え間なく続いた。復帰1週間後には徹夜をこなすなど、以前のハードな生活が再び始まった。

 不眠やほてり、痛みなど治療の副作用と過労で、体は悲鳴を上げていた。それでも積み重ねたキャリアへのこだわりと、多い時で月7万円かかる治療費の支払いのため仕事を続けた。

 術前と同じペースで仕事を頼まれても期待に応えようとつい無理をした。一方で腰痛やせきが長引くたび、骨や肺への転移を疑った。上司に何度か仕事量の軽減を申し出たが、そのまま2年が過ぎた。

 CMの編集作業で的確な判断がすぐ下せなかったり、数日前の約束を忘れるなど、以前は当たり前にできたことができない自分に気づいた。「もう限界です」。退職の意思を伝えた。

 4年前、フリーで再出発した。以前のような大きな仕事に出合うチャンスも減った。顧客にがんを打ち明け、毎月あった仕事の依頼が途絶えた。体調は安定して仕事に支障はない。「『がん患者はすぐに死ぬから継続的な仕事は頼めない』と思ったのでは」と悔しがる。

 松井さんは「がんになってもすぐ死なないし、手術で患部を切っても終わらない。社会も会社もがんを知らなさ過ぎる」と訴える。

   *

 在京メーカーの設計部門で働く愛子さん(46)=仮名=は現在、がん治療のため2度目の休職中だ。「また今回のように具合が悪くなって休職されたら困る。今度こそ完治して」。上司に「100%の状態」での復帰を念押しされた。

 最初の休職は04年11月。2カ月前に見つかった乳がんの乳房温存手術を受け、ほぼ半年で復職した。体調は万全のはずだったが、約半年後に異変が表れた。

貧血に生理時の大量出血、頻尿……。「男女雇用機会均等法」第1世代の86年入社。新入社員約400人のうち女性は10人だけ。

男性ばかりの職場で女性特有のがんは説明しづらかった。体調不良を声高に訴えるのは女を武器にした甘えに思え、なかなか言い出せなかった。

 その後、異変の原因は、再発予防薬が誘発した子宮体がんと分かった。06年2月から2度目の休職に入り、3年が過ぎた。

 日ごろ、がんを意識することはあまりない。しかし、同時期に告知を受けた友人の訃報(ふほう)や再発・転移の知らせを聞くと、気持ちが落ち込む。

新しいこぶを見つけ「がんの予兆かも」と病院に駆け込んだこともある。月2~3回の通院治療の中で、患者会を通じて知り合った友人たちとの交流が支えだ。「たわいのない話をするだけで癒やされ、『一人じゃない』と勇気や元気がわく」

 職場に復帰はしたいが、今度こそ「失敗」は許されない。症状が安定する「寛解」状態の目安は10年間とされる。あと約5年半。折り返し地点が近づいた今も、胸の奥に張り付いた不安は消えない。【清水優子】

 ◇最も多い悩み「心の問題」

 厚生労働省の合同研究班(班長=山口建・静岡県立静岡がんセンター総長)が03年、がん患者や治療を終えたがん経験者7885人から回答を得た調査によると、最も多い悩みは、再発や転移への不安など「心の問題」で49%に上った。診断から10年以上たっても再発・転移がなく、治癒した可能性が高い人でも64%が再発・転移を不安に感じていた。

※05年、アメリカや北欧のがんセンターでは10年生存率で手術もせず抗がん剤治療も受けず、食事療法や精神療法を行い生活習慣を変えた人のグループ野方が標準的なq治療を受けたグループに比べてQOLが良かったと報告されています。

※しかし、日本の医療現場では無視されているのが鹿現状です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆Q1:がんはコントロールできるか否か!
A:出来る人もある出来ない人もある!

◆Q2:がん細胞は増殖するか否か!
A:する場合もあるしない場合もある!

◆Q3:がんは本当に転移するのか否か!
A:する場合もあるしない場合もある!

◆これが現実です。

◆Q4:ではどんな人が悪化しどんな人が安定するのでしょうか?

◆A:それは、病気の原因を学習できた人と理解できずに不安な状態で暮らしている人の違いです!

◆Q5:ではどのようにすれば病気の原因を知ることができるのでしょうか?
A:日本では免疫療法を学ぶ正式な施設がありませんので、個人的に研究している先生に聞くしか方法がありません!

◆Q6:免疫力で病気は治るのですか?
A;治る場合も治らない場合もあるのが現状です。

◆Q7:それはどうしてでしょうか?
A:免疫療法自体がまだ確立されていないからです。

◆Q8:現状の免疫療法はどこまで進んでいますか?
A:現状では、食事療法(マクロビオテッィク)などで40%は予防されるとアメリカのがん研究機関は報告しています。

◆Q9:他の60%はどうなるのですか?
A:食事療法で治らない人は、精神療法や気功法やヨーガなどを行いカバーしています。

◆Q10:その結果はどうですか?
A:その結果は、食事療法だけ行うよりは10%~15%ほど多く改善されています。

◆Q11:それでもまだ治らない人が半分くらいいるのはどうしてですか?
A:その原因は、まだ研究されておらず、がんの増殖や進行などとあいまいな表現でごまかされています。

◆Q12:実態はどうなんですか?
A:治りにくい人の条件は、必ず骨格の癒着があります。

◆Q13:骨格が歪むとどうして治りにくいのですか?
A;それは、内臓を支配している中枢神経の通りが悪くなるからです。

◆Q14:中枢神経はどんな影響を与えるのですか?
A:寿命の尽きた血液を処分する「秘蔵」の働きが低下しますので、古い血液がたまる体質になります。

◆Q15:その他臓器へのの影響はありますか?
A:たくさんありますが、例えばウイルスに感染した細胞やがん細胞を攻撃する「キラーT細胞」や他の免疫の細胞に連絡をする」ヘルパーT細胞」を生み出している「胸腺」の働きが悪くなって発症し、自分で病気を治せなくなるからです。

◆Q16:その問題を解決するにはどうしたらいいのですか?
A:これはいい質問です。実はこの問題こそ現在の免疫学の限界なのです・

◆Q17:免疫学の専門家が「胸腺」のことを理解していないということでしょうか?
A:正しく言えばそうなります。

◆Q18:それはどいうことですか?
A:つまり、免疫の学者にも専門という視野があり、それ以外は理解できていないことが多々あるということです。

◆Q19:免疫の学者が「胸腺」のことでわからないこととはどういうことですか?
A:それは、鎖骨の歪みによって「胸腺」の循環が障害され、キラーT細胞もヘルパーT細胞もつくることが出来なくなることが理解されていないということです。

◆Q20:それで医者の常識を疑えということなのですね?
A:その通りです。病気には必ず原因がありますが、その原因を必ず医者が治すとは限りません。
むしろ、賢い患者さんは自分で学習し健康管理して良好な結果を得ています。ゆえに、「医者選びも寿命のうち」といわれてきたと考えられます。

◆鎖骨の歪みと胸腺の機能障害については、5月16日に発売される「壮快7月号」をご参照ください。

◆なお、より詳しく学びたい人は予防医学セミナーへご参加ください。

◆予防医学セミナーは4月19日(日)10時より名古屋市 東区のウイルあいち 2F 特別会議室にて行います。

◆会員は無料で、非会員も初回は無料で参加できます。

◆ぜひ一度参加されて医者も知らない免疫療法を学んでください。

府省共通研究開発管理システム登録研究機関
               
  自然医学総合研究所
  所長  大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、4月19日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年7月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。


*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************
                                    
●4月19日(日)名古屋市東区 ウイルあいち 2F特別会議室にて行います。

         午前9時30分開場 10時開演 
         午後体験会と専門家養成講座 
       
●午後:体験会及び技術指導
    ①2時より2時30分まで体験希望者の中から
    体の歪みの検証を行ないます。
    ②2時30分より、3時まで
    今回より「バンドストレッチ療法」を行ないます。
    なお、ストレッチは専門のインストラクターが行ないま
す。
    ③技術指導 3時~4時30分
    グループに分かれて技術の指導が受けられます。
    ④上級者対象に理論の説明を確かめます。4時30分~5時
    上級者を対象として、病気が治る仕組みを理解していただき説明が出来るように発表する形式でトレーニングを行ないます。
   上級者になるほど理論の理解力がもとめられますので 
    ⑤5時より役員の選出を行ない6時解散です。

         セミナーの実行委員(受付・司会・会計)
         企画委員(教育内容のプログラムの作成)
         広報委員(チラシやDVDの作成など)
         セミナーの運営に関わる役員を選出します。
         新役員により 新年度のセミナーが運営されます。

●5月3日(日)の東京予防医学セミナーは連休のためお休みいたします。
   
      ◆テーマ1:がんを克服するために
          講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


       ◆テーマ2:アレルギー疾患常識の過ち!

         講師:大沼 四廊 
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法

         ●費用:会員無料 非会員は初回のみ無料
         得点:参加者全員に健康ジャ-ナルを贈呈いたします


**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方



*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

Pagetop

★マスコミが日本の医療をダメにした!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★マスコミが日本の医療をダメにした!

★4/13号 「マスコミが日本の医療をダメにしたと思う」と竜氏

2009年04月13日

 「そういうマスコミが、日本の医療をダメにしたのだと思う」

 4月11日に東京都内で開催された、「医療志民の会 設立シンポジウム」後の記者会見でのこと。

シンポジストで同会発起人の一人、千葉県がんセンター名誉センター長の竜宗正氏が、記者の質問に対し、こう切り返しました。


 記者の質問は、「政治家には力がないので、政治が医療を変えることはあり得ない。

医療行政の責任者である厚生労働省、あるいは中医協や医師会の責任者が、今日のシンポジストにいない。声をかけて断られたのか、あるいは会の趣旨に関係がないから初めから呼ばなかったのか。そもそも会の趣旨は何か。

団結して医療を変えようというエネルギーが感じられない。変えるためのワンステップは、医療行政に影響力のある責任者を呼び、質すこと。

ただの“仲良しクラブ”の雑談会では意味がないのではないか」といった内容でした。

別の記者からは、「発起人は147人だが、会のメンバーは何人か。会はどんな法人格にするのか。

報道するに当たって、会の全体像を知りたい」など、「組織」の形態を問う質問も出ていました。

 この記者会見は、「会の趣旨説明ではなく、シンポジストとの交流の場」(医療志民の会の事務局)という、やや曖昧な性格で、事務局の仕切りに問題があったことは事実ですが、記者とシンポジストのやり取りは、非常に興味深いものでした。

 この日のシンポジウムは、午後5時から午後7時半まで開かれ、15人のシンポジストが、勤務医あるいは開業医、看護師、患者団体など様々な立場から各自が今、考える医療の問題点を指摘しました(医療維新の「救急外来は宿直医対応では不可能」も参照)。

発言時間は一人当たり3分。話題は多岐にわたり、この時点で何らかの「結論」が出るはずはありません。

そもそも主催者側はそれを期待しておらず、シンポジストが相互の、さらには300人以上に上った参加者が問題意識を知ることが狙いだったと思われます。

 記者会見ですが、まず「会」の組織について、シンポジストかつ発起人の虎の門病院泌尿器科部長の小松秀樹氏は、「“かちっとした”組織ではなく、“ふあっとした”組織だと思う。

それぞれが独自にやりなさいということではないか」とコメント。

 竜氏は、「小松氏のことは知っていたが、親しく話したのはこの会がきっかけ。

私はシンクタンクを作り、千葉県の医療をどうしていくかを、患者団体も含め、いろいろな方を集めてやっていきたいと思っている。

現場の意見を医療政策に生かすような形で進めたい。

その時に、この会で様々な情報をいただきたいと思っている。私たち医師は、狭い世界でやってきた。

こうしたシンポジウムの場で、様々な真摯な意見を聞けたことは、私たちのこれからの活動の糧であり、その積み重ねが日本の医療をよくすることにつながると思う」と述べました。

 さらに、シンポジストのメンバーについて小松氏は、「私自身は厚労省に何かを頼もうとは思っていない。

今まで厚労省に物を頼み続けてきたが、全然うまくいかないことが分かってきた。厚労省にデータを出させて分析し、厚労省に命令するように、政治に働きかけるべき」と返答。


 小松氏のコメントに対して、「(政治に働きかけて医療を変えることは)100年かかる」と記者が疑義を呈したところ、冒頭の竜氏の発言が出たわけです。

「厚労省にお願いして、何かをやってもらおうという考え自体が間違っている。

そんなことを戦後60年以上やってきて、結局、今の事態を招いた。厚労省にお願いする時代は終わった。

厚労省にお願いすることを抜本的に全部変えない限り、問題は解決しないと思っている。

医師や患者から上がってきた声をマスコミはどんどん伝えるべき。今やらなかったら、もう日本の医療は終わりなんだという意識を持ってほしい」(竜氏)。

 従来、医療関連の団体・組織は、まず会の代表者と規約、運営方針、行動計画を定め、体裁を整えるのが一般的。

そして厚労省の審議会に委員を送り込む…。こうした従来型の組織の限界を感じたからこそ、この「医療志民の会」が発足したのでしょう。

「会」の形態を明確化すればするほど、組織運営自体が目的化する。会長や役員などの肩書きを求める人も出てくる。

複数の立場の方が集まれば、優先順位を付けて行動せざるを得ない。そもそも厚労省の審議会に委員を送りこんでも何も変わらない……。


 「医療志民の会」の活動は始まったばかりですが、同会がこうした問題意識を持っていることは確か。

医療改革のプロセスは、トップダウンからボトムアップへと大きな変革期を迎えています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆医療の全てが有効な訳ではない!

◆むしろ、抗精神薬に象徴されるように、医療とのかかわりで覚醒され、殺害や自殺などが起こる例が少なくはない!

◆日本の病気別で一番高い死亡率はがん死である!

◆このがんの死亡者にも問題がある!

◆その問題とは、手術も抗がん剤も放射船も受けない患者が10年生存率や20年生存率でもQOLが良好であることが国際学会でも公表されている!

◆しかし、日本のマスコミは確信に触れる医療情報は流さない!

◆日本のマスコミは広告代の大手スポンサーである製薬会社の損失になるような情報は流さないことになっているからです!

◆薬を止めたら免疫力が回復し体調が良くなったという方が大勢いる!

◆しかし、この様な情報はもみ消されてゆくのです!

◆そのような情報を流したことがわかると、製薬会社は,徒党を組んで広告を拒否することが知られているからです!

◆マスコミはスポンサーに弱く、医師会は製薬会社に弱いのです!

◆最も良くないのは患者は医者に弱いということの様です!

◆また、ほとんどの医療機関では処方箋の副作用を偽装していま
す。

◆今朝、奈良県の角田医師が処方箋を出さずに患者に抗精神薬を販売したことが問題となって報道されていました。

◆原因は、保険医療の仕組みにあるのですから、保険医療の仕組みを見直し、医療報酬を、薬を売らなくてもいいように改善する必要があるのです。

◆ところが、日本では35年ほど前から免疫学の研究が始まり、ウイルスの侵入やがん細胞などの不要な細胞から守る仕組みがあることが一般にも知られるようになりました!

◆しかし、免疫療法は、食べ物やサプリメントや温熱療法など民間医療のイメージが強く、医学的には研究が遅れていました!

◆近年、全国の医学部にようやく東洋医学部が併設されるようになり、ツムラの漢方が研究の対象になったのもこの様な時代背景があったからです。

◆また、食べ物の見直しやリンパ活性療法でも治らないケースがあり、医学者には信頼が薄いことも広まりにくい条件でした!

◆免疫療法で治癒率を高めるためには、リンパ管や血管や神経の
圧迫を改善する必要があったのです!


◆しかし、多くの免疫学の限界は、ストレスで体が歪むことを見落としてきたのです。

◆腰が歪めば、腰痛野元となり、排泄が障害されます。

◆また、背骨が歪めば中枢神経が不調になり、鎖骨が歪めば胸腺が障害され、免疫のシステムが働きません。

◆さらに、首が歪めば、目や耳や睡眠の障害やホルモン障害などが誘発されます。

◆免疫力を高めるためには、食べ物の見直しだけではなく、ゆがみを改善し、リンパ管の圧迫を取り除くことが重要です。

◆医学の進歩は目覚しいことですが、免疫療法はまだまだ問題を含んでいるため正規の医療にはなりえない様です。

◆さらに、保険医療という医療の仕組みの問題もあります。

◆現行の仕組みでは、医者の手当てが安す過ぎるため、何らかの薬を販売しなければならない様になっているのです。

◆西洋学に限界を感じ、免疫療法をお探しの方は予防医学セミナーにご参加ください。

◆予防医学セミナーでは、総合的な視野に立ち免疫力を高める方法を学ぶことが出来るからです。

◆総合免疫療法によって、免疫力が確実に高まり、ほとんどの病気は自分の力で治せる様になるのです。

◆薬漬け医療から抜けだすためにも積極的に学ぶべきなのです。

◆予防医学セミナーが浸透することで、医療の中身がかわるのです。


 文責:自然医学総合研究所 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、4月19日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年7月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。


*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************
                                    
●4月19日(日)名古屋市東区 ウイルあいち 2F特別会議室にて行います。

         午前9時30分開場 10時開演 
12時より12時30分まで授与式
        
         午後体験会と専門家養成講座 

        ① 1時30分より2時まで、体験者の中から
         歪みと病理の関係を指導
 
         鎖骨の治し方
         
        ② 午後2時より2時30分まで
          今回よりバンドストレッチ療法を指導いたします。
           指導は専門の長谷川インストラクターが行ないます。
        ③2時30分より4時まで実技指導
          個人の実力に合わせて、グループ単位で行ないます。
        ④4時より4時30分までエキスパートを対象に大沼理論の発表を行ないます。
        ⑤4時30分より5時30分まで実行委員会を行ないます。

         セミナーの実行委員(受付・司会・会計)
         企画委員(教育内容のプログラムの作成)
         広報委員(チラシやDVDの作成など)
         セミナーの運営に関わる役員を選出します。
         新役員により 新年度のセミナーが運営されます。

●5月3日(日)の東京予防医学セミナーは連休のためお休みいたします。
   
      ◆テーマ1:がんを克服するために
          講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


       ◆テーマ2:医者の常識は非常識!
              病気を治す免疫の仕組み

         講師:大沼 四廊 
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法

         ●費用:会員無料 非会員は初回のみ無料
         得点:参加者全員に健康ジャ-ナルを贈呈いたします


**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方



*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

Pagetop

★病気の治し方!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★病気の治し方!

★あらゆる病気は免疫力で治ることが明らかになっています。!

★ステロイド剤や抗がん剤や抗生物質などのほかに解熱鎮痛剤など免疫力を抑制する薬をたてば免疫力が高まります!

★どんな優れた免疫療法でも抑制剤との併用では本当の免疫力は回復できません!

★しかし、薬を止めて免疫療法で免疫力が高まれば不要な細胞は除去されます!
 
★胸腺は免疫の中枢です!

★ウイルスに感染した細胞やがん細胞を攻撃するのは「キラーT細胞」やNK細胞です!

★この「キラーT細胞」は胸腺で産生されるのです!

★NK細胞は過労の状態では働きません!

★しかし、疲れが取れて体液が安定すると働きます!

★また、リンパ球など他の免疫の細胞に異変を伝えるてリンパ球の増殖や活性を伝達している「ヘルパーT細胞」も胸腺で産生されています!

★従って、通常健常者は病気になることはありません!

★しかし、長引くストレスを過剰に受けることで体はゆがみ病的になります。

★それも右側の骨盤が上に前にねじれて血管や神経が圧迫されるからです。

★この変異を私は「骨盤の上前方変位」と呼んでいます。

★具体的には、働きすぎや夜更かしや妊娠など、心配ごとなどで右側の骨盤が歪み、左側を下にして体を横向きにして寝るようになります。

★そのため、左の鎖骨がゆがみます。

★その結果「胸腺」の循環障害が起こります。

★そのため、健全なキラーT細胞もヘルパーT細胞もできなくなります。

★感染細胞もがん細胞も攻撃できない状態になるのはそのためです。

★また、NK細胞も体液の条件によって動きが弱くなりますので、免疫の働きが急激に弱くなります。

★そのような特別悪い条件下で感染したり代謝が悪化して腫瘍細胞ができるのです。

★突然ウイルスに感染することも突然がんになることもないのです。

★医学的に「治療法はない」などと無責任な言葉が医療の現場で横行し、対症療法の繰り返しで免疫が抑制され、感染症が誘発され、短命な人生を選ぶなど間違いが起こりやすいのは、基礎医学の授業で胸腺の解剖書に過ちが記載されているからです。

★その過ちとは、15歳をピークに胸腺は縮小し脂肪の塊に過ぎない、などというとんでもない過ちが教育されていることです。

★健全な人の胸腺は70歳でも80歳でも正常に機能しているから感染もせず腫瘍もできず健康でいられるのです。

★しかし、医学生はそんなことも知らず教科書のとおりに学習し、間違った医学情報を洗脳されるのです。

★ゆえに、ほとんどの医者は、免疫の仕組みに疑問を抱き免疫力では病気は治せないと信じているのです。

★しかし、鎖骨のゆがみを改善するだけで免疫力はどんどん高まります。

★また、不眠症や無呼吸症や甲状腺の働きなども改善されるのです。

★胸腺の循環障害ばかりではなく、軽侮や東部の循環も改善されるからです。

★その結果、抗原抗体反応や腫瘍絵師反応が正常に働き、体はウイルスからもがんからも守られるのです。

★ゆえに賢しこい患者は医療を離れ、安全な自然療法を求めるのです。

★医者に命を預けるな!

★がん難民ほど良く治るからです。

★医者に命を預けるのは交通事故など、やむを得ない時だけにするべきです。

★医学の中にも重大な過ちが沢山内包されているということを知ることです。

★むしろ、医者の常識は非常識と思い医者の能力を確かめるべきなのです。

★また、免疫の仕組みを知ることで、自分の命は自分で守ることが出来るのです。

★体質を良くするのも悪くするのも免疫の細胞のご機嫌次第なのです。

★免疫の細胞が上機嫌でさえあれば病気は勝手に消えて行くのです。

★特に、緊急医療の中で行われている輸血にも大きな問題があります。

★その問題とは自分の血液のようには働かず長引くことで抗原となり、腹水や胸水の原因となりより重篤な状態に移行するケースが少なくないからです。

★本当の健康体にもどるためには、安全な食べ物を食べて、きちんと消化吸収し、余分なものは排出できる体に戻すことです。

★しかし、どんな名医にかかったとしてもこんな基本的で重要な事が改善できないのです。

★そのためには「脳脊髄神経」の伝達が正常でなければならないからです。

★どんなに安全な食生活を実践していても病気が治りにくい時には必ず中枢神経の問題が残っているのです。

★この問題を解決する方法が「総合免疫療法」です。

★総合免疫療法とは、乳酸菌療法「・酵素療法・光線・温熱療法・SST骨盤理学療法・血液画像分析など必要と思われるさまざまな方法を用いて血液を浄化し、疲れが散れることで、精神も肉体も自律神経も免疫力もすべてが健全になれる方法です。

★この方法で余命半年とか余命3ヶ月とか余命1ヶ月と診断され多方でも回復し、再発もせずに元気に生活されている方が大勢いるのです。

★医者の常識は非常識です。

★特に日本の医者には更新制度がないため古い情報に染まり、いまだに対症療法を繰り返しているのです。

★どんな病気にも必ず原因があるのです。

★そのひとつが「胸腺」の循環障害であり、「鎖骨の歪み」なのです。

★鎖骨のゆがみや胸腺の循環障害については5月16日発売の「壮快7月号」をご参照ください。

★「鎖骨ほぐし」の症例が盛り沢山紹介されて降ります。

★また、4月から1年間キャンペーンを実施していますので、この機会にぜひ一度体験してください。

●個人指導によるコース

①:自分でゆがみを改善できる「バンド・ストレッチ療法」

②:骨格の歪みを改善する「SST骨盤理学療法」
  整体やカイロプラクティックの欠点を補った手技のため効果はまるで異なります。
  SSTとはスーパーソフトセラピーの英語の頭文字
③:難病にも対応できる「総合コース」

④:重症難病に対応する「特別集中コース」

など個人の体質似合わせたコースを選ぶことが出来ます。

★医者選びも寿命のうちとは賢明な患者の本音です。

★手術の前にやることはあります。

★抗がん剤の前にやることはたくさんあります。

★放射腺の前にやることもたくさんあるのです。

★保健医療という対症療法に洗脳されず、病気を原因から改善することです。

★詳しくは予防医学セミナーご参加ください。

★予防医学セミナーでは医者にもわからない免疫療法学ぶことが出来ます。


 文責:自然医学総合研究所 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、4月19日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年7月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。



*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************

●4月19日(日)名古屋市東区 ウイルあいち 2F特別会議室にて行います。

◆◆◆5月の東京予防医学セミナーは連休のためお休みします。
          
●名古屋セミナーは5月17日(日)に東区 ウイルあいちで行います。         
                             

         ?午前9時30分開場 10時開演 
        
         ?午後体験会と専門家養成講座 
         1時30分り 4時30分 
         鎖骨の治し方
         
         ?午後4じ30分より5時30分
         セミナーの実行委員(受付・司会・会計)
         企画委員(教育内容のプログラムの作成)
         広報委員(チラシやDVDの作成など)
         セミナーの
         運営に関わる役員を選出します。
         新役員により 新年度のセミナーが運営されます。

       ◆テーマ1:がんを克服するために
         講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


       ◆テーマ2:アレルギー疾患常識の過ち!

         講師:大沼 四廊 
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法

         ●費用:会員無料 非会員は初回のみ無料
         得点:参加者全員に健康ジャ-ナルを贈呈いたします


**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方



*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063

●よろず相談

 携 帯:090-5861-4489
 メール オフイス: shizen@nrt.ne.jp
       自宅: shiro@nrt.ne.jp 

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

Pagetop

★千葉県の公立病院はすべて崩壊 !

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★千葉県の公立病院はすべて崩壊する!

★千葉県立がんセンター長、竜崇正氏!

3/19号

「千葉県の医療は崩壊の危機に」と県がんセンター長

2009年03月19日

「銚子市立総合病院の休止問題で、市長のリコール求め住民投票」


★「成田日赤で内科医11人が一斉退職」

 千葉県の地域医療の崩壊が再三、地元紙はもちろん、全国的なニュースとして取り上げられています。

この現状に危機感を募らせるのが、千葉県立がんセンター・センター長の竜崇正氏。

m3.comでは先日、竜氏のインタビュー(「一刻の猶予もない、今こそ医療者が声を上げるとき」を参照)をお届けしましたが、3月14日の「医療志民の会」でも、千葉県の医療の危機を強く訴えていました(同会の概要は、当コーナーの3月16日の記事『「経営主体の立ち去り型サボタージュ」が進行』で、虎の門病院泌尿器科部長の小松秀樹氏の挨拶とともに紹介しています)。

  竜氏は、次のように問題視。

「千葉県の保健医療計画は、医療崩壊の現実を認識していない。

医療体制確保の視点が全く欠けており、現場の医療者の意見を反映していない。

県立病院であっても、医師確保は各病院、現場任せ。

"ネットワーク"や"連携"は名ばかりで、通達を出したり、たまに会議をやるだけ。

少子化対策、女性の働く環境整備が欠けている……」。


 千葉県の現状ですが、同県には9つの二次医療圏があります。竜氏が3月14日の講演で使用した、公立病院に関する現状を分析したスライドを一部、手直ししていただいたのが、下図です(「公立病院」とありますが、亀田総合病院など地域の基幹となる公立病院以外も含まれています)。

 「医師流出の詳しい数字を把握しており、青は数%流出、赤は10%以上流出という基準で示した」(竜氏)。

●千葉県の公立病院の医者離れの状態。

千葉市海浜病院((301)、千葉県救急医療センター(100)、済世会習志野病院(400)、松戸市立病院(605)、国下志津病院(440)、君津中央病院(619)などで医者が数%減少しています。

●また、東松戸病院(198)、柏市立病院(200)、成田日赤病院(662)、県立佐原病院8237)、小見川病院(170)、多古病院(110)、東庄病院(32)匝瑳市民病院(157)千葉県東金病院(197)、成田東病院(310)、東陽病院(60)、公立長生病院(231)、県立循環器センター(220)、鋸南病院(71)、富山病院(35)では10%以上の医者が減少しています。

●浦安市川市民病院(340)、銚子病院(223)、石原市民病院(37)、医師会病院(149)の4箇所の病院はすでに崩壊し、消失しています。


 「水色」は「公立病院」ではなくなったケース。浦安市川市民病院はこの4月から地域医療振興協会に、安房医師会病院は2008年4月に社会福祉法人・太陽会(亀田総合病院を運営する医療法人鉄蕉会の関連法人)にそれぞれ譲渡されています。市原市民病院は2007年11月に診療所化。

 千葉県の人口10万人当たりの医師数は159.1人(2006年医師・歯科医師・薬剤師調査)で、47都道府県中、45位。47位は埼玉(141.6人)、46位は茨城(155.1人)です。全国平均の217.5人よりもかなり低いのです。

 また、初期研修医の採用状況を見ると、2008年度は募集定員400人であるのに対し、採用実績は283人にとどまっています(厚生労働省医道審議会医師分科会医師臨床研修部会3月2日の資料による)。

 医師だけではなく、人口10万人対で、保健師は全国41位、看護師は46位と少ない。かろうじて薬剤師が全国平均よりも少ないものの、順位で言えば18位(いずれも、千葉県保健医療計画による:297KB)。

 さらに人口10万人当たりの病院数(一般・療養病床ともに)、病床数、一般診療所数のいずれも全国平均を下回っています。

 千葉県では「施設や医療従事者の不足→勤務が多忙→人材が流出」という悪循環に陥っている状況がうかがえます。「千葉県が適切な医療政策をしない限り、公立病院改革ガイドラインの悪影響もあり、あと5年で千葉県の公立病院はすべて崩壊すると思っている」(竜氏)。

 日本政策投資銀行の試算によると、医療ニーズは今後も増加、2025年にピークを迎えるとされています(PDF:335KB)。

 医師をはじめとする医療従事者と医療資源の不足に直面する千葉県の現状は、決して他人事ではありません。





 文責:自然医学総合研究所 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、2月15日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年7月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。



*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************
  
●4月19日(日)名古屋市東区 ウイルあいち 2F特別会議室にて行います。

●5月の東京予防医学セミナーは連休のためお休みします。


          午前9時30分開場 10時開演 
        
          午後体験会と専門家養成講座 
          1時30分り 4時30分 
          鎖骨の治し方
         
          午後4時30分より5時30分
         セミナーの実行委員(受付・司会・会計)
         企画委員(教育内容のプログラムの作成)
         広報委員(チラシやDVDの作成など)
         セミナーの
         運営に関わる役員を選出します。
         新役員により 新年度のセミナーが運営されます。

       ◆テーマ1:がんを克服するために
         講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書:癌を克服するために(書店にはございません)


       ◆テーマ2:アレルギー疾患常識の過ち!

         講師:大沼 四廊 
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法

         ●費用:会員無料 非会員は初回のみ無料
         得点:参加者全員に健康ジャ-ナルを贈呈いたします


**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方



*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

Pagetop

★医者の常識は非常識!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】
★医者の常識は非常識!

★9割の病気は自分で治せる!

★9割の病気は自分で治せるとは、医学博士 岡本裕著 中経の文庫本のタイトルである!

★岡本先生は本書の中で、風邪や高血圧、糖尿病、頭痛、不眠症などの慢性疾患は、本来自己治癒力で治るもの!

★安易に病院や薬に頼り続けると、知らず知らずのうちに体が蝕まれ、病院の経営を助ける「おいしい患者」になってしまうと言い切って降ります。

★生活習慣を改めるなどの根本的な治療が、いかに体に必要なのか、現代医療の驚くべき実情とともに、わかりやすく解説しています。

★定価は571円に消費税です。

★西洋医学の治療に疑問を感じている方には必読の書です。

★自己免疫力を調べるためには血液画像分析にて画像を調べると大変わかりやすいものです。

★また、自律神経は内臓の働きに直接影響を与える神経ですが、西洋医学では自律神経の検査方法が確立されて降りません。

★しかし、現在は容易に調べることが出来るようになりました。

★西洋医学では自己免疫力も自律神経も検査されておらず患者の体調が考慮されて降りません。

★同じ病名でも自己免疫力の強い人と弱い人では治る速度がことなります。

★同じ病名でも自律神経の伝達が良い人と悪い人ではやはり治り方がぜんぜんことなるのです。

★こんな重大なことを西洋医学では調べもせず手術、抗がん剤、放射腺などを行っているのです。

★恐ろしいことは、患者は多かれ少なかれ必ず自己免疫力が低下した状態で発病しています。

★従って、患者の求める医療とは必然的に免疫力を高める治療ということになるのです。

★しかし、現実は、ステロイド剤や抗生物質や抗がん剤などで免疫を抑制することが主体となり、移植などの前にはほぼ100%自分の血液を殺されるのです。

★殺された血液や体細胞は、抗原となり、発熱や腹水や胸水などが滞留する原因となるのです。

★その結果、肺炎などの感染症が誘発され死に至ることも少なくないのです。

★免疫力が低下して発病している場合は、免疫を抑制せずに高めることで治るのです。

★特に自然医学総合研究所で開発した総合免疫療法は、早くて安全であることで注目されております。

★総合免疫療法に興味をお持ちの方は予防医学セミナーにご参加ください。


 文責:自然医学総合研究所 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、2月15日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年7月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うつ病なども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。



*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************                             
●4月19日(日)名古屋市東区 ウイルあいち 2F特別会議室にて行います。

         ?午前9時30分開場 10時開演 
        
         ?午後体験会と専門家養成講座 
         1時30分り 4時30分 
         鎖骨の治し方
         
         ?午後4じ30分より5時30分
         セミナーの実行委員(受付・司会・会計)
         企画委員(教育内容のプログラムの作成)
         広報委員(チラシやDVDの作成など)
         セミナーの
         運営に関わる役員を選出します。
         新役員により 新年度のセミナーが運営されます

●5月17日(日)名古屋セミナー ウイルあいち 2F特別会議室

       ◆テーマ1:がんを克服するために
         講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


       ◆テーマ2:医者の常識は非常識!

         講師:大沼 四廊 
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法

         ●費用:会員無料 非会員は初回のみ無料
         得点:参加者全員に健康ジャ-ナルを贈呈いたします


**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方



*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

Pagetop

★医者が知らない喘息の原因!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★治療効果薄い喘息患者!

★薬服用86%…週1回以上発作14% 専門医ら調査

2009年4月3日 提供:毎日新聞社


★喘息:治療効果薄い患者多く 薬服用86%…週1回以上発作14%--専門医ら調査


★ 喘息(ぜんそく)患者の7人に1人が、週1回以上の発作を起こしていることが、患者団体や専門医の調査で分かった。

★複数の治療薬を併用しても毎日軽い発作のある人がいて、治療しても喘息の症状を十分緩和できない実態が浮かんだ。

★調査は昨年10月、日本喘息患者会連絡会や日本アレルギー友の会など5患者団体の会員4473人を対象に実施。

★1984人(平均64歳)が回答した。診断当時の年齢は平均38歳だった。

★症状を聞いたところ、「発作が毎日で、睡眠が妨げられる」という人が2%、「軽い発作が毎日」の人が5%、「軽い発作が週1回以上」は7%で、計14%が週1回以上の発作を経験していた。

★また、薬を処方されている患者は86%で、このうち4種類以上が35%と最多だった。

★患者の10%は年2回以上、救急外来を受診していた。

★調査にかかわった昭和大の足立満教授(呼吸器・アレルギー内科)は「適切な薬が選択されていなかったり、使い方が悪い可能性もあるが、精いっぱい治療しても良くならない重症の人が少なくないことが明らかになった」と話す。【下桐実雅子】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆喘息の原因

◆喘息にも当然原因はあります。

◆喘息患者の気管支は萎縮し、気管支の中ではリンパ液の分泌が悪イ状態です。

◆その原因は、鎖骨の歪みによる迷走神経の伝道障害によるものです。

◆迷走神経が安定して伝達されていれば気管支は拡張されリンパ液の分泌が正常になります。

◆その結果、痰が出て楽になります。

◆そのためには、酵素療法で腸内の腐敗を抑え、骨盤の歪みをはじめ全身の歪みを改善することです。

◆健全な血液が循環することで重症の喘息でも治癒するものです。

◆詳しくは壮快の3月号か5月号をご参照ください。

◆また、7月号にも掲載されます。

◆詳しくは予防医学セミナーにご参加ください。

 
    府省共同研究開発システム登録研究機関
    自然医学総合研究所  所長 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、2月15日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年7月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うつ病なども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。



*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************

●4月5日(日)東京予防医学セミナー
          
         東京都港区新橋 イーグル内幸町ビル「3階」で開催されます。
         
         午前9時30分開場 10時開演  午後1時より 体験会 4時 終了
         講師:大沼四廊 自然医学総合研究所 所長
         テーマ:三大疾患が治る訳
             平成11年度社会文化功労賞受賞
             中部経済新聞4年間レギュラー掲載
             ピーカンTVや他のマスコミでも紹介
             壮快3月号5月号で鎖骨ほぐし掲載中 7月号にも掲載されます。
※酒向先生はお休みします。
                             
●4月19日(日)名古屋市東区 ウイルあいち 2F特別会議室にて行います。

          午前9時30分開場 10時開演 
 

       ◆テーマ1:がんを克服するために
         講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


       ◆テーマ2:三大疾患が治る訳

         講師:大沼 四廊 
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法
          平成11年度社会文化功労賞受賞
             中部経済新聞4年間レギュラー掲載
             ピーカンTVや他のマスコミでも紹介
             壮快3月号5月号で鎖骨ほぐし掲載中
             壮快 7月号にも掲載されます。



        
       ◆ 午後体験会と専門家養成講座 
          1時30分り 4時30分 
           歪みと自己免疫疾患の関係
         
         午後4時30分より5時30分
         セミナーの実行委員(受付・司会・会計)
         企画委員(教育内容のプログラムの作成)
         広報委員(チラシやDVDの作成など)
         セミナーの運営に関わる役員を選出します。
         新役員により 新年度のセミナーが運営されます。

      
         ●費用:会員無料 非会員は初回のみ無料
         得点:参加者全員に健康ジャ-ナルを贈呈いたします


**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方



*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

Pagetop

★医薬品 監視機構の創設へ

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★医薬品 監視機構の創設へ

★医薬品行政を第三者がチェック!

★薬害再発防止のための厚労省検討会が第一次提言まとめる

2009年3月31日 橋本佳子(m3.com編集長)


--------------------------------------------------------------------------------
★厚生労働省の「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討会」の第12 回会議が3月30日開催され、「薬害再発防止のための医薬品行政等の見直しについて」の「第一次提言」がまとまった。

★同提言では、委員の意見が一致した部分と分かれた部分があるが、意見が一致した一つが、医薬品行政に関する第三者監視・評価機関の創設だ。

★現在、医薬品行政については総務省や財務省などが業務の評価を行っているが、この外部チェック機能をさらに強化し、調査、提言・勧告など幅広い権限を付与することを想定している。

★一方で、厚労省とPMDA(医薬品医療機器総合機構)という二つの組織で、承認審査、安全対策、副作用被害救済業務を実施する現行体制の見直しについては結論が出ず、厚労省への一本化(医薬品食品局、別の組織もあり得る)、PMDAへの一本化の両案が併記された。

★本検討会は、2008年1月の薬害肝炎の全国弁護団と国の基本合意などを受け、同年5月に設置され、薬害肝炎の検証と医薬品行政の見直しの2点について議論が進められた。

★当初、今年度末(3月末)までに結論を出す予定だったが、薬害肝炎検証が膨大な作業量になった上、医薬品行政の見直しについても検討事項が多岐にわたることから、来年度以降も継続することになった。

★「第一次提言」となっているのはこのためだ。

★検討会は午後3時から午後5時半すぎまで開催された。舛添要一・厚生労働大臣は最後の15分程度出席。

★「形だけ」ではなく、実効性のある監視機関必要

★医薬品行政の第三者監視・評価機関は、この日の会議でも複数の委員から創設の必要性が強調された。

★前述のように、医薬品行政については、厚労省は総務省(行政管理局・行政評価局)や財務省(主計局)などにより、またPMDAについては独立行政法人評価委員会やPMDAの外部委員による運営評議会などにより評価が行われている。

★一方で、こうした第三者機関のみならず、医薬品行政を担う組織自体が自律的にチェックする機能の重要性も強調された。

★外部からの監視・評価は、内部の自律的チェックが機能して初めて意味がある。つまり、内部と外部の二重チェックで、医薬品の安全性等を担保するという発想だ。

★もっとも、この第三者機関については、設置場所、人員体制や具体的業務内容など、詳細は未定だ。

★被害者代表の委員からは、医療者以外の立場も入れるべきとの意見が出ている。本検討会は、薬害肝炎のみならず、薬害が繰り返されてきた歴史の反省に立ち、発足しているだけに、第三者機関が担うべき役割は重い。新たに設置する以上、有効に機能するための仕組み作りが必要だ。

★「適応外処方」はエビデンスがある場合は可能

★薬害肝炎は、適応外使用により、本来フィブリノゲン製剤を使用する必要性がない患者にまで投与され、被害が拡大したとされている。このため適応外使用のあり方も焦点になった。

★検討会の議論では一時、「院内の治験審査委員会で客観的で適正な判断を担保する手続きを確保すべき」「適応の記載を厳格にすべき」など事前の手続きやその使用を相当程度強化する意見も出されたが、現実的にはエビデンスや使用経験に基づき、適応外処方が一般的になっている医薬品もあり、「適応の記載の厳格化によって診療が成立しなくなる」という懸念も呈せられた。

★結局、適応外処方については、

(1)患者の同意の下、真に患者の利益が確保される範囲において実施されるべき、

(2)個々の医師のみの判断により実施されるのではなく、個々の医療現場において、医療機関、学会等における客観的で適正な判断に基づき実施されるべき、

(3)国内外の学会が作成したガイドラインがあるなど、一定のエビデンスや使用経験を有する適応外処方は、より柔軟な対応を可能とすべき、という形に落ち着いた。

★実際には、(1)~(3)が臨床現場でどう運用されるかにより、適応外処方がどの程度制限されるかどうかが左右される。いずれにせよ、日常的に行っている適応外処方でも、エビデンスやコンセンサスがどの程度、得られているかを今一度、確認する必要がある。

★医療機関にも安全対策強化を求める

★そのほか、医療機関、医師など臨床現場が関係する主な事項としては、

(1)医療機関からの副作用等報告の活性化、

(2)製薬企業等から医療機関の安全管理責任者等への副作用等の情報提供の強化、医療機関内での伝達システムの構築、

(3)個人輸入で使用される国内未承認薬については薬監証明により使用数量・使用疾患等を把握、データを公表、

(4)医療機関での取り組みの強化(医薬品使用記録の保管の徹底、安全管理責任者を中心とした安全対策の実施など)、

(5)医療機関での措置のチェック体制の強化(薬剤部による医療安全確保のための情報収集・評価・現場への伝達システムの構築、倫理審査委員会等による医師の裁量による適応外・研究的な医療行為のチェックなど)、などがある。

★「薬害再発防止のための医薬品行政等の見直しについて(第一次提言)」の目次   (2009年3月30日の資料。当日の議論を踏まえ、表現等の変更もあり得る)

第1 はじめに
第2 薬害肝炎事件の経過から抽出される問題点
第3 これまでの主な制度改正等の経過
第4 薬害再発防止のための医薬品行政等の見直し

(1) 基本的な考え方
(2) 治験
(3) 承認審査
(4) 市販後安全対策等
(5) 健康被害救済制度
(6) 医療機関における安全対策
(7) 専門的な知見を有効に活用するための方策
(8) 医薬品行政の評価機能等について
第5 おわりに

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆医薬品の監視機構が創設されるということです。

◆日本の医療は国民皆保険医療で、保険医療に依存する体質です。

◆ところが、通院は安く治癒は難しという状態で、日本国中に患者があふれています。

◆増えた患者は、中小病院から設備の整った大学病院や他の大病院へ集中して通院する「群集心理型医療」になって大病院では医師不足現象が起こり崩壊が始まっているのです。

◆そのため、全国の公立病院ではいずれも患者数が激減し、縮小し、民活化の道をたどらざるを得ない状態です。

◆民活化の末、病院経営は2局分化になります。

◆一つは、手術や薬の売り上げを増やすことや抗がん剤など高額医療を積極的に推進する病院が多くなると考えれます。

◆しかし、このやり方は、従来の延長に過ぎず患者側の希望する医療は望めませんし、薬害などの訴訟問題が発覚する可能性がどんどん高まると考えられるからです。

◆他の一方は、患者の求める医療情報を収集し、統合医療を実施し、アロマ療法や整体などの民間療法も取り入れるなど保険外診療を積極的に導入し、患者の満足度を求める病院が出来ることになると考えられます。

◆この様名病院では、薬害についての心配もなく、安心して患者はかようことが出来るようになるはずです。

◆問題は、病気の原因について積極的に政府主導で解明することです。

◆この分野にアメリカのNIHの様に、政府は研究費の枠を増大し、国立がんセンターなどで治験し、新たな医療情報を積極的に公開することです。

◆その結果、患者側の希望する安全な医療が受けられる様になることで欧米のように国も患者も再生されるはずです。

◆国民の健康状態は、10年後20年後に団塊の世代が高齢化してゆく中で、国の重大な課題です。

◆今から政策を実行しても遅すぎるのです。

◆医療崩壊は、これまで続いてきた薬漬けの保険医療離れ現象が始まったことで、曲がり角にきた証です。

◆ゆえに賢い患者は医療を選び自分の命は自分で守るというケースが増えているのです。

◆血液を浄化し、骨格の歪みをとることで、血管や神経やリンパ管の圧迫が改善されることで、自己免疫力は最大限に働きます。

◆その結果、古い細胞や病変組織が排泄され、新たな細胞に生まれ変わり、健康を回復できるのです。

◆政府は、薬害を恐れるばかりではなく、積極的に自然免疫療法の支援を行うべきだと思います。

◆自然医学総合研究所では過去25年間で200種以上の病気と対峙し、最良のけっつかを得ています。

◆今年度の計画では、自然治癒の存在を高めるために、モニター制度を実施し、自然治癒のエビデンス(科学的根拠)を作成することにいたしました。

◆その結果を文化省や厚労省へ報告することで、国の医療政策に貢献するものです。

◆このままでは、近い将来、日本の医療は完全崩壊することになります。

◆自然治癒のエビデンスの作成にご協力をお願いいたします。 

     自然医学総合研究所
     所長 大沼 四廊

◆自然治癒についてのお問い合わせは下記まで。
 
  自然医学総合研究所 患者様相談窓口

Email:sizen@nrt.ne.jp


◆自然治癒の仕組みについて詳しく学びたい方は予防医学セミナーにご参加ください。






 文責:自然医学総合研究所 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、2月15日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年7月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************

●4月5日(日)東京予防医学セミナー
          
         東京都港区新橋 イーグル内幸町ビル「3階」で開催されます。
         
         午前9時30分開場 10時開演  午後1時より 体験会 4時 終了
         ※酒向先生はお休みします。
                             
●4月19日(日)名古屋市東区 ウイルあいち 2F特別会議室にて行います。

         ?午前9時30分開場 10時開演 
        
         ?午後体験会と専門家養成講座 
         1時30分り 4時30分 
         鎖骨の治し方
         
         ?午後4じ30分より5時30分
         セミナーの実行委員(受付・司会・会計)
         企画委員(教育内容のプログラムの作成)
         広報委員(チラシやDVDの作成など)
         セミナーの
         運営に関わる役員を選出します。
         新役員により 新年度のセミナーが運営されます。

       ◆テーマ1:がんを克服するために
         講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


       ◆テーマ2:アレルギー疾患常識の過ち!

         講師:大沼 四廊 
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法

         ●費用:会員無料 非会員は初回のみ無料
         得点:参加者全員に健康ジャ-ナルを贈呈いたします


**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方



*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

Pagetop

★末期といわれてもあきらめない!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★末期といわれてもあきらめない!

★医薬品行政を第三者がチェック!

★医薬品 監視機構の創設へ

★薬害再発防止のための厚労省検討会が第一次提言まとめる

2009年3月31日 橋本佳子(m3.com編集長)


--------------------------------------------------------------------------------
★厚生労働省の「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討会」の第12 回会議が3月30日開催され、「薬害再発防止のための医薬品行政等の見直しについて」の「第一次提言」がまとまった。

★同提言では、委員の意見が一致した部分と分かれた部分があるが、意見が一致した一つが、医薬品行政に関する第三者監視・評価機関の創設だ。

★現在、医薬品行政については総務省や財務省などが業務の評価を行っているが、この外部チェック機能をさらに強化し、調査、提言・勧告など幅広い権限を付与することを想定している。

★一方で、厚労省とPMDA(医薬品医療機器総合機構)という二つの組織で、承認審査、安全対策、副作用被害救済業務を実施する現行体制の見直しについては結論が出ず、厚労省への一本化(医薬品食品局、別の組織もあり得る)、PMDAへの一本化の両案が併記された。

★本検討会は、2008年1月の薬害肝炎の全国弁護団と国の基本合意などを受け、同年5月に設置され、薬害肝炎の検証と医薬品行政の見直しの2点について議論が進められた。

★当初、今年度末(3月末)までに結論を出す予定だったが、薬害肝炎検証が膨大な作業量になった上、医薬品行政の見直しについても検討事項が多岐にわたることから、来年度以降も継続することになった。

★「第一次提言」となっているのはこのためだ。

★検討会は午後3時から午後5時半すぎまで開催された。舛添要一・厚生労働大臣は最後の15分程度出席。

★「形だけ」ではなく、実効性のある監視機関必要

★医薬品行政の第三者監視・評価機関は、この日の会議でも複数の委員から創設の必要性が強調された。

★前述のように、医薬品行政については、厚労省は総務省(行政管理局・行政評価局)や財務省(主計局)などにより、またPMDAについては独立行政法人評価委員会やPMDAの外部委員による運営評議会などにより評価が行われている。

★一方で、こうした第三者機関のみならず、医薬品行政を担う組織自体が自律的にチェックする機能の重要性も強調された。

★外部からの監視・評価は、内部の自律的チェックが機能して初めて意味がある。つまり、内部と外部の二重チェックで、医薬品の安全性等を担保するという発想だ。

★もっとも、この第三者機関については、設置場所、人員体制や具体的業務内容など、詳細は未定だ。

★被害者代表の委員からは、医療者以外の立場も入れるべきとの意見が出ている。本検討会は、薬害肝炎のみならず、薬害が繰り返されてきた歴史の反省に立ち、発足しているだけに、第三者機関が担うべき役割は重い。新たに設置する以上、有効に機能するための仕組み作りが必要だ。

★「適応外処方」はエビデンスがある場合は可能

★薬害肝炎は、適応外使用により、本来フィブリノゲン製剤を使用する必要性がない患者にまで投与され、被害が拡大したとされている。このため適応外使用のあり方も焦点になった。

★検討会の議論では一時、「院内の治験審査委員会で客観的で適正な判断を担保する手続きを確保すべき」「適応の記載を厳格にすべき」など事前の手続きやその使用を相当程度強化する意見も出されたが、現実的にはエビデンスや使用経験に基づき、適応外処方が一般的になっている医薬品もあり、「適応の記載の厳格化によって診療が成立しなくなる」という懸念も呈せられた。

★結局、適応外処方については、

(1)患者の同意の下、真に患者の利益が確保される範囲において実施されるべき、

(2)個々の医師のみの判断により実施されるのではなく、個々の医療現場において、医療機関、学会等における客観的で適正な判断に基づき実施されるべき、

(3)国内外の学会が作成したガイドラインがあるなど、一定のエビデンスや使用経験を有する適応外処方は、より柔軟な対応を可能とすべき、という形に落ち着いた。

★実際には、(1)~(3)が臨床現場でどう運用されるかにより、適応外処方がどの程度制限されるかどうかが左右される。いずれにせよ、日常的に行っている適応外処方でも、エビデンスやコンセンサスがどの程度、得られているかを今一度、確認する必要がある。

★医療機関にも安全対策強化を求める

★そのほか、医療機関、医師など臨床現場が関係する主な事項としては、

(1)医療機関からの副作用等報告の活性化、

(2)製薬企業等から医療機関の安全管理責任者等への副作用等の情報提供の強化、医療機関内での伝達システムの構築、

(3)個人輸入で使用される国内未承認薬については薬監証明により使用数量・使用疾患等を把握、データを公表、

(4)医療機関での取り組みの強化(医薬品使用記録の保管の徹底、安全管理責任者を中心とした安全対策の実施など)、

(5)医療機関での措置のチェック体制の強化(薬剤部による医療安全確保のための情報収集・評価・現場への伝達システムの構築、倫理審査委員会等による医師の裁量による適応外・研究的な医療行為のチェックなど)、などがある。

★「薬害再発防止のための医薬品行政等の見直しについて(第一次提言)」の目次   (2009年3月30日の資料。当日の議論を踏まえ、表現等の変更もあり得る)

第1 はじめに
第2 薬害肝炎事件の経過から抽出される問題点
第3 これまでの主な制度改正等の経過
第4 薬害再発防止のための医薬品行政等の見直し

(1) 基本的な考え方
(2) 治験
(3) 承認審査
(4) 市販後安全対策等
(5) 健康被害救済制度
(6) 医療機関における安全対策
(7) 専門的な知見を有効に活用するための方策
(8) 医薬品行政の評価機能等について
第5 おわりに

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆医薬品の監視機構が創設されるということです。

◆日本の医療は国民皆保険医療で、保険医療に依存する体質です。

◆ところが、通院は安く病気は難しという状態で、日本国中に患者が増えてあふれています。

◆増えた患者は、中小病院から設備の整った大学病院や他の大病院へ集中して通院する「群集心理型医療」になって大病院では医師不足現象が起こり崩壊が始まっているのです。

◆そのため、全国の公立病院ではいずれも患者数が激減し、縮小し、民活化の道をたどりざるを得ない状態です。

◆民活化の末、病院経営は2局分化になります。

◆一つは、手術や薬の売り上げを増やすことや抗がん剤など高額医療を積極的に推進する病院が多くなると考えれます。

◆しかし、このやり方は、従来の延長に過ぎず患者側の希望する医療は望めませんし、これまで異常に薬害などの訴訟問題が発覚する可能性が高まると考えられます。

◆他の一方は、患者の求める医療情報を収集し、統合医療を実施し、アロマ療法や整体などの民間療法も取り入れるなど保険外診療を積極的に導入し、患者の満足度を求める病院が出来ることになると考えられます。

◆この様名病院では、薬害についての心配もなく、安心して患者はかようことが出来るようになるはずです。

◆問題は、病気の原因について積極的に政府主導で解明することです。

◆この分野にアメリカのNIHの様に、政府は研究費の枠を増大し、国立がんセンターなどで治験し、新たな医療情報を積極的に公開することです。

◆その結果、患者側の希望する安全な医療が受けられる様になることで欧米のように国も患者も再生されるはずです。

◆国民の健康状態は、10年後20年後に団塊の世代が高齢化してゆく中で、国の重大な課題です。

◆今から政策を実行しても遅すぎるのです。

◆医療崩壊は、これまで続いてきた薬漬けの保険医療離れ現象が始まったことで、曲がり角にきた証です。

◆ゆえに賢い患者は医療を選び自分の命は自分で守るというケースが増えているのです。

◆血液を浄化し、骨格の歪みをとることで、血管や神経やリンパ管の圧迫が改善されることで、自己免疫力は最大限に働きます。

◆その結果、古い細胞や病変組織が排泄され、新たな細胞に生まれ変わり、健康を回復できるのです。

◆政府は、薬害を恐れるばかりではなく、積極的に自然免疫療法の支援を行うべきだと思います。

◆自然医学総合研究所では過去25年間で200種以上の病気と対峙し、最良のけっつかを得ています。

◆今年度の計画では、自然治癒の存在を高めるために、モニター制度を実施し、自然治癒のエビデンス(科学的根拠)を作成することにいたしました。

◆その結果を文化省や厚労省へ報告することで、国の医療政策に貢献するものです。

◆このままでは、近い将来、日本の医療は完全崩壊することになります。

◆自然治癒のエビデンスの作成にご協力をお願いいたします。 

     府省共同研究開発システム登録研究機関
     自然医学総合研究所
     所長 大沼 四廊

◆自然治癒についてのお問い合わせは下記まで。
 
  自然医学総合研究所 患者様相談窓口
  〒468-0002 名古屋市天白区焼山1-101
TEL:052-801-7063 Email:sizen@nrt.ne.jp
URL:http//www.nrt.ne.jp

◆自然治癒の仕組みについて詳しく学びたい方は予防医学セミナーにご参加ください。

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、2月15日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年7月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うつ病なども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。



*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************

●4月5日(日)東京予防医学セミナー
          
         東京都港区新橋 イーグル内幸町ビル「3階」で開催されます。
         
         午前9時30分開場 10時開演  午後1時より 体験会 4時 終了
         ※酒向先生はお休みします。
                             
●4月19日(日)名古屋市東区 ウイルあいち 2F特別会議室にて行います。

         ?午前9時30分開場 10時開演 
        
         ?午後体験会と専門家養成講座 
         1時30分り 4時30分 
         鎖骨の治し方
         
         ?午後4じ30分より5時30分
         セミナーの実行委員(受付・司会・会計)
         企画委員(教育内容のプログラムの作成)
         広報委員(チラシやDVDの作成など)
         セミナーの
         運営に関わる役員を選出します。
         新役員により 新年度のセミナーが運営されます。

       ◆テーマ1:がんを克服するために
         講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


       ◆テーマ2:アレルギー疾患常識の過ち!

         講師:大沼 四廊 
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法

         ●費用:会員無料 非会員は初回のみ無料
         得点:参加者全員に健康ジャ-ナルを贈呈いたします


**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方



*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

Pagetop
Pagetop
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード