大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

◆医療事故は止まらない!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

◆医療事故は止まらない!

★抗がん剤の過剰投与

★原因は医師の取り違え 

2009年2月24日 提供:共同通信社

★昨年7月、筑波大病院(茨城県つくば市)が40代女性患者に抗がん剤を過剰投与した医療事故で、病院は23日、主治医の指示を受け持ち医が誤解し、抗がん剤の量と日数を取り違え、病院が十分チェックできなかったのが原因との調査結果を発表した。

★病院によると、主治医は2種類の抗がん剤を使った5カ月前の治療法を念頭に、受け持ち医に「前と同じ」と指示。

★受け持ち医は別の治療法と勘違いし、女性に一種類は約1.3倍、もう一種類は4倍の投与を薬剤師に指示した。

★両方の治療法とも当時は「IP療法」と同じ名称で呼ばれ、抗がん剤の種類は同じで、1日あたりの投与量と投与日数が異なるだけだった。

★病院は「当時は治療法の違いを表す呼称がなく、取り違えたのはやむを得ない状況だった」と説明。

★今後は書類を一括管理するなどして再発防止に努めるという。

★女性は8月に骨髄機能の低下などで緊急入院したが、回復し12月に退院した。

***************************

●病院側の説明では「取り違えたのはやむを得ない状況だった」ということである!

●抗がん剤は致死量の高い薬であるだけに万全を尽くしてもらいたい!

●患者は病院で抗がん剤を受けるのはガンを治してもらえると期待するからであり、取り違えてもやむをえないでは済まされない!

●「医者選びも寿命のうち」ということであるが、抗がん剤は危険な選択であることを患者側も積極的に知る必要がありそうだ!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
★一般医療ニュース

★「自分の子と証明を」 取り違えで相談80件 (3)

2009年2月24日 提供:共同通信社

★不妊治療患者の受精卵取り違えを受けて、香川県立中央病院(高松市)が設置した相談電話に、「これから生まれる自分の子は大丈夫か」「証明する検査をやってほしい」など、約80件の相談や要望があったことが23日、分かった。

★対応を協議するため同日開かれた同病院の幹事会後、病院事務局が明らかにした。

★事務局によると、22日までに受精卵を取り違えた川田清弥(かわだ・きよや)医師(61)の患者や、一般の人から意見約80件が寄せられた。

★現在も川田医師の治療を受けるある患者は「同時期に人工授精を受けたので不安だ」と訴えた。

★一方で別の患者は「先生のおかげで妊娠できた。

★出産まで辞めないでほしい」と話した。

★一般からは「院長は責任を取れ」と求める意見もあった。

★幹事会には松本祐蔵(まつもと・ゆうぞう)院長ら10人が出席。

★病院内に設置する医療安全推進委員会に、具体的な改善策の検討を指示した。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●医者に命を任せてはいけない!

●日本の患者の特異性として命をゆだねることが当たり前のようである!

●自分の命は自分で守るという自己責任が希薄である!

●どんな病気にも原因はありますのであせらず原因から改善することが重要です!

●しかし、西洋医学の欠点は病気の原因は不明として対症療法をおこなうだけ!

●ゆえに賢い患者は医療を選び成果をあげている!

●安全な医療とは自然免役を高める方法である!

●ガンも不妊も体質を改善することで成果が現れる病気である!

●病気を治す前に体質を改善することである!

●体質改善に関しては予防医学セミナーにご参加ください。


 文責:自然医学総合研究所 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、2月15日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年3月31日まで 全国から300名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

~~~~~~~~~~日時と場所~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆2月28日(土)滋賀県栗東 国道小柿300m くらしみゅうじあむ
     
          時間午後2時30分から4時30分まで。 担当:久保・日野 

◆3月7日(土)名古屋市天白区 天白スポーツセンター会議室

          時間午後2時30分から4時30分まで

◆3月28日(土)愛知県長久手町 長久手文化の家 会議室
         
          時間午後2時30分から4時30分まで 

*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************
●3月1日(日)東京予防医学セミナー
         東京都新宿区四谷 ホリナカビル「302号室(第1)」で行います。

●3月15日(日)名古屋予防医学セミナー
           名古屋市東区 ウイルあいち 視聴覚教室でおこないます。

       ◆テーマ1:がんを克服するために
         講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


       ◆テーマ2:アレルギー疾患は克服できる!

         講師:大沼 四廊 
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病は癌ではない
         執筆中:医者に命をあずけるな

        ◆ 開演:午前10時~12時
         体験:午後1時30分より4時30分まで
         費用:会員無料
             非会員は初回のみ無料
         得点:先着10名まで「がんの盲点」を贈呈させていただきます
             参加者全員に健康ジャ-ナルを贈呈いたします


**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方



*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

スポンサーサイト

★インフルエンザの盲点!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★インフルエンザの盲点!

★インフルエンザというとウイルス感染が原因と認識されている!


★しかし、インフルエンザの治療において、耐性が大きな問題になりつつある!

★薬が効かないのである!

★その原因はウイルスの進化だけではなく過労による体液の酸化や骨格の歪みによる胸腺の機能障害のため自己免疫力が極度に低下しているからである!

★しかし、小児科でもないかでもこの様な考え方はなく、ウイルスを殺そうと化学薬品に依存しているだけである!

★ここに大きな盲点があるのだ!

★感染する人には必ず異常な疲れがある!

★その疲れによって体液が極酸性化し、免役力が低下しているのである!

★従って、化学療法に依存する前に疲れを癒し、自己免疫力を高めることである!

★その結果、感染すらしなくなるのである!

~~~~~~~~新着情報を紹介する~~~~~~~~~~~


★2009年2月16日 提供:Medscape

★オセルタミビル耐性の増大によりインフルエンザ管理がますます複雑になってきていることが、米国感染症学会後援の『Seasonal & Pandemic Influenza 2009 Symposium』で発表された

Bob Roehr

★【2月6日(ワシントンDC)】ノイラミニダーゼ阻害薬であるオセルタミビル(商品名タミフル)への耐性の増大によりンフルエンザの管理が複雑になってきている。

★この話題が、米国感染症学会後援の『Seasonal & Pandemic Influenza 2009 Symposium』で繰り返し発表された。

★米国におけるインフルエンザの流行は「現在までのところ、昨年のシーズンに比べてやや軽い」と、米国疾病管理センター(CDC)感染症部長であるNancy Cox, PhDが語った。

★今季のインフルエンザ様症状の患者数が昨シーズンを大きく上回っていると報告している州は、バージニアとニュージャージーの2州だけである。

★Cox博士によれば、抗ウイルス薬耐性を持つのは「ヒトで通常流行しているインフルエンザウイルス3グループのうち1グループのみである。

★」A株が耐性を「過去2シーズンで獲得してきた。

★」しかも今年の米国で流行している主な株はA株であり、そのうち約80%が、オセルタミビルに耐性のH1型である。

★「医師はこのことを認識しておく必要がある」とCox博士は言う。

★Cox博士によれば、今年のワクチンに含まれている株は、現在流行している株によく合致している。

★インフルエンザのシーズンの最盛期はまだこれからであり、患者へのワクチン投与はまだ遅くないと博士は語った。

耐性対策

★流行しているインフルエンザの株を特定するのは地域の保健当局の役目である。

★「それがH1N1型ならば、オセルタミビル耐性株であり、CDCが抗ウイルス薬を2種類、すなわちオセルタミビルとリマンタジン(商品名Flumadine)を使用するよう勧告した事態であることを、さらに強く確信することができる」と、シンポジウムの副座長を務めたRichard J. Whitley, MDがMedscape Infectious Diseasesに語った。

★Whitley博士は、アラバマ大学(バーミンガム)微生物学科の内科学教授である。

★「ザナミビルの使用を除外してはいない」と博士は言う。

★しかし、「気管支攣縮性疾患の患者は吸入薬で合併症のリスクがあるので」ザナミビルの使用は禁忌である。

★また、幼児への使用も適応になっていない。

★ユタ大学医療センター(ソルトレークシティ)のAndrew Pavia, MDは、インフルエンザA型とB型を鑑別する検査をすることを医師に奨めている。

★「B型ならば治療は比較的単純であり、タミフルとリレンザ(ザナミビル)が両方ともよく効く。

★A型のインフルエンザなら、現在その株のおよそ半分がH1型なので、修正版のガイドラインに従う必要がある。」

細菌感染

★インフルエンザ感染に伴う死亡例の多くは、細菌の重感染が原因である。

★「感染後に起こす肺炎が原因だ」とPavia博士は指摘する。

★薬剤耐性が増えつつある今、医師は細菌感染の診断と治療にもっと習熟する必要があると博士は言う。

★しかし博士は、肺炎予防のために抗生物質を予防的に投与することは主張していない。

★「そのやり方に何らかの有益性があることを示すエビデンスは何もなく、むしろ、非常に危険な C. difficileの感染を引き起こすなど有害性があるというエビデンスが豊富にある」と博士は言う。

★Pavia博士によれば、患者が「細菌感染を窺わせる症状で状態が非常に悪く、入院している場合には」抗生物質の使い方がさらに難しくなる。

★その場合には、どれが使うべき抗生物質の最適な選択であるのかについて医師は解っていなければならない。

★症状が重い患者にはMRSA(多剤耐性黄色ブドウ球菌)に有効な薬剤を投与すべきであろうというのが、現時点での専門家のコンセンサスである。

★歩いて帰宅できる患者には「原則的に、インフルエンザならば抗生物質を投与すべきでない。

★細菌性肺炎が疑われる軽症例については何も解っていない。セファロスポリンやマクロライドまたはキノロンといった肺炎に一般的に使われる薬剤で治療できるのか、それとも、MRSAに有効な薬剤も投与しなければならないのか」と博士は逆に訊ねてきた。

★パンデミック・インフルエンザ

★パンデミック・インフルエンザの脅威とは、H5N1株が鳥類からヒトへと移行し、ヒトの間で伝播できるように適応することだ。

★しかも、幼児や高齢者が罹りやすい通常のインフルエンザとは異なり、パンデミック・インフルエンザは若い健康な者が罹りやすい傾向がある。

★ヒトへの伝播例はまだ少数に留まっており、今季ではアジアでわずかに16人である。

★その感染者のほとんどが、野生の鳥類を扱う作業に直接に関わった者だ。ヒトからヒトへの伝播のエビデンスはわずかしかない。

★H5N1型に対するヒトのワクチン開発は大きな進歩が見られるが、そのワクチンにはアジュバントが必要で、接種も2回しなければならない。

★シンポジウムの副座長を務めたミシガン大学公衆衛生学部(アナーバー)の疫学科教授であるArnold S. Monto, MDによれば、現在のところ、そのワクチン成分を予防接種に含める予定はない。

★ヒトH5N1ワクチンは現在、来るべきパンデミック・インフルエンザの大流行を抑える目的で備蓄されている。

★しかしワクチンは有効期限に限界があるので、その使用期限が迫ってくれば、備蓄されたH5N1ワクチンを一部の集団に使用するかどうかという議論が盛んになってくるだろう。

★ヒトのH5N1型インフルエンザのエビデンスは乏しい中で、リスク-ベネフィットは使用する方に今のところ傾いている。

★しかし「北米での家禽に高病原性鳥インフルエンザの症例が数例出れば十分である。

★そうなれば、米国人はそうした状況下でも使えるワクチンの存在を求めるようになるはずだ」とWhitley博士は語った。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆問題は、同じ部屋にいながら、感染する人と感染しない人があるということに着眼していないことです!

◆感染しやすい人は、常に疲れています!

◆またいつも眠りが浅いのです!

◆この様な状態で自己免疫力が働かず感染しているのです!

◆しかし、同じ部屋にいながら感染しない人は体温が正常です!

◆熟睡が出来ています!

◆ストレスが少なく自然免疫力が働き防御しています!

◆ウイルスの問題ではなく自己免疫の問題なのです!

◆しかし、医学界は、ウイルス対策として新薬の開発に期待しているのです!

◆早寝早起きと食べ物に気を配る人には感染症などは無縁のものです!

◆最大の予防は毎日の生活習慣を健全に保つことです!

◆化学薬品に対して耐性能力を持つウイルスでも自己免役力で克服できるのです!

◆自己免疫力を高めたい方は予防医学セミナーにご参加ください!

◆予防医学セミナーでは単なる知識だけではなく貴重な体験も経験できます!


 文責:自然医学総合研究所 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、2月15日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年3月31日まで 全国から300名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

~~~~~~~~~~日時と場所~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆2月28日(土)滋賀県栗東 国道小柿300m くらしみゅうじあむ
     
          時間午後2時30分から4時30分まで。 担当:久保・日野 

◆3月7日(土)名古屋市天白区 天白スポーツセンター会議室

          時間午後2時30分から4時30分まで

◆3月28日(土)愛知県長久手町 長久手文化の家 会議室
         
          時間午後2時30分から4時30分まで 

*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************

●3月1日(日)東京予防医学セミナー
         東京都新宿区四谷 ホリナカビル「302号室(第1)」で行います。

●3月15日(日) 名古屋予防医学セミナー
          名古屋市東区 ウイルあいち 視聴覚室 
     

       ◆テーマ1:がんを克服するために
         講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


       ◆テーマ2:アレルギー疾患は克服できる!

         講師:大沼 四廊 
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病は癌ではない
         執筆中:医者に命をあずけるな

        ◆ 開演:午前10時~12時
         体験:午後1時30分より4時30分まで
         費用:会員無料
             非会員は初回のみ無料
         得点:先着10名まで「がんの盲点」を贈呈させていただきます
             参加者全員に健康ジャ-ナルを贈呈いたします


**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方



*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

★不妊症の盲点!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★不妊症の盲点!

★不妊治療で受精卵取り違え

★今朝のNHKのニュースでも不妊治療で他人の受精卵を移植したことが分かり中絶して賠償問題になったことが報じられていました!

★一般医療ニュース


★不妊治療で受精卵取り違え 妊娠9週目に人工中絶 医師1人、チェックなく 香川県立病院、夫婦は提訴 (1)


2009年2月20日 提供:共同通信社


★香川県は19日、県立中央病院(高松市)で昨年9月中旬に不妊治療を受けた同市の20代女性に、誤って別の患者の受精卵を移植した疑いがあることが分かり、妊娠9週目に人工中絶をしたと発表した。

★産婦人科の男性医師(61)が1人で作業し、受精卵を培養するための容器を取り違えたのが原因とみられ、ほかの医療スタッフによるチェック態勢はなかった。

★受精卵の取り違えは2000年に石川県内の医院で発覚したが、妊娠まで明らかになったのは初めて。

★病院は謝罪。女性に健康上の問題はなく、再び妊娠も可能と説明している。一方、女性と夫は精神的苦痛を受けたとして今月10日、県に2000万円の損害賠償を求め高松地裁に提訴。

★代理人弁護士は「女性は病院側の説明に納得していない」と話した。

★記者会見した松本祐蔵(まつもと・ゆうぞう)院長は「妊娠したという絶頂の喜びのなか、中絶をしなければならない精神的負担は想像を絶する。

★病院として大変申し訳なく思う」と謝罪した。

★病院によると、女性は昨年4月に産婦人科を受診。医師は9月、作業台の上に別の患者の受精卵が入った容器(シャーレ)を置いたのを忘れ、女性の名前が書かれたふたをかぶせたという。

★医師はミスに気付かないまま女性に受精卵を移植。10月7日、超音波検査で妊娠が分かり、女性に伝えた。

★その後、受精卵の発育状況などから別人の可能性があることに思い当たり、作業手順を検証して取り違えに気付いた。医師は同31日、院長に報告した。

★医師や松本院長らは11月上旬、二度にわたり女性と夫に謝罪。

★夫は医師らに「自分たちの受精卵の可能性はないか」と問い詰めた。病院側は、妊娠15週まで待てば判別できるが、中絶時の身体的負担が大きくなると説明。夫婦は同11日、中絶を選んだ。

★医師は約20年前、同病院に赴任し、約1000例の体外受精の経験があるベテラン。病院はマニュアルなど安全対策を徹底するとしている。

★女性側から病院に訴状が届いたのは2月18日。公表が遅れた点について「いずれ公表するつもりだった」と釈明した。

▽不妊治療

◆不妊治療 精子や卵子の機能に問題があるなど、さまざまな理由で不妊に悩む夫婦に対する治療。

◆排卵を促す薬物療法のほか、卵子と精子を培養器で受精させ子宮に戻す体外受精、精子を直接子宮に注入する人工授精などがある。

◆日本産科婦人科学会によると、国内の体外受精の実施施設は500を超え、年間2万人近くの赤ちゃんが誕生している。

★保険適用外の体外受精は、国などが少子化対策の一環で年間20万円を上限に治療費を助成している。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆不妊治療といえば「人口受精」という時代にいつの間にかなっています!

◆私たちが子供の頃は「生めや増やせ」で子沢山の時代でした。

◆それが今では3組に一組から2組に一組が不妊症という説もあるほどです!

◆その原因について触れてみます!

◆不妊症の原因について!

◆一般に不妊症とは、生殖年齢の男女が妊娠を希望して、性生活を行なっているにも関わらず、ある一定期間を過ぎても妊娠できない状態をいいます!

◆不妊症の原因を追究するために様々な検査がおこなわれています!

①感染症検査:血算・赤沈・C反応性蛋白質(CRP)・クラミジア抗体(IgG.IgA)・月経血培養

②内分泌検査:下垂体機能:(LH黄体化ホルモン・FSH卵胞刺激ホルモン。プラクチン)
       黄体機能:(プロゲステロン。子宮内膜組織検査)

③卵管・子宮検査:卵管通気検査。子宮卵管造影法。頸管粘液検査

④男性因子検査:精液検査

⑤夫婦間因子検査:フーナー検査。

これらの検査によって不妊の原因を検査し、診療計画が立てられている。

◆問題はこれらの検査では不十分であることです!

◆私のこれまでの研究によれば、不妊の多くは骨盤の歪みと冷え性である!

◆また男性でも骨盤の歪みによる前立腺の循環障害が原因となる精子不活性がある!

◆また、男女共通の因子として免疫力の低下がある!

◆免役力の低下は白血球の不活性からホルモン障害と影響が及ぶ!

◆これらの問題は病院お検査では対象外で原因不明ということになり、女性では排卵を促すためにホルモン剤を投与する!

◆しかし、実際には排卵ばかりではなく、腫瘍が出来る場合も少なくないので要注意である!

◆また、人工受精の場合精子を注射器で強引に卵子に注入することから、精子不活性かあるいは卵子の膜が肥厚して受精を生涯しているのである!

◆精子の不活性の場合には免役力高めて骨盤お歪みを改善することで前立腺の循環が回復し精子が活性化され受精能力が高まります!

◆また、卵子の膜が肥厚している場合には、自律神経の失調が考えられます。

◆具体的には、唾液や胃液や腸液などのほかに短銃の分泌にも生涯があると考えられます。

◆つまり脂肪の分解が悪い人で油物を良く食べてきた人です。

◆これらRの改善には、食べ物を見直し、血液浄化と脊髄神経の
伝達を改善するように骨盤や背骨の歪みを改善することも重要です。

◆しかし、前述したように西洋医学の検査の対象にすらなって折らず病院では治すことが出来ません。

◆大切なことはこれらの問題を解決できる経験豊富な「統合医療」や「ホリステック医療」や「代替医療」の先生を選択することです。

◆不妊症や骨盤の歪みで心配な方は予防医学セミナーにご参加ください。

◆予防医学セミナーでは単なる知識だけではなく貴重な体験
もできます。




 文責:自然医学総合研究所 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、2月15日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年3月31日まで 全国から300名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

~~~~~~~~~~日時と場所~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆2月11日(祝)長野県安曇野  長野支部 担当高橋

◆2月15日(日)名古屋市東区 ういるアイチ 第四会議室
          午前10時より

◆2月28日(土)滋賀県栗東 国道小柿300m くらしみゅうじあむ
     
          時間午後2時30分から4時30分まで。 担当:久保・日野 

◆3月7日(土)名古屋市天白区 天白スポーツセンター会議室

          時間午後2時30分から4時30分まで

◆3月28日(土)愛知県長久手町 長久手文化の家 会議室
         
          時間午後2時30分から4時30分まで 

*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************

●3月1日(日)東京予防医学セミナー
         東京都新宿区四谷 ホリナカビル「302号室(第1)」で行います。
四谷駅より徒歩3分 東京信用金庫手前 バス停前


●3月15日(日) 名古屋市東区 ウイルあいち 視聴覚教室

       ◆テーマ1:がんを克服するために
         講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


       ◆テーマ2:アレルギー体質は克服できる!

         講師:大沼 四廊 
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病は癌ではない
         執筆中:医者に命をあずけるな

        ◆ 開演:午前10時~12時
         体験:午後1時30分より4時30分まで
         費用:会員無料
             非会員は初回のみ無料
         得点:先着10名まで「がんの盲点」を贈呈させていただきます
             参加者全員に健康ジャ-ナルを贈呈いたします


**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方



*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

★医療ミスで1億3千万円!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★医療ミスで1億3千万円!

★小牧市の賠償命令確定 

2009年2月18日 提供:共同通信社

★愛知県の小牧市民病院で受けた救命措置のミスで障害が残ったとして、元患者の女性と両親が市に損害賠償を求めた訴訟の上告審で、最高裁第3小法廷(藤田宙靖(ふじた・ときやす)裁判長)は17日、市の上告を受理しない決定をした。

★市に約1億3400万円の支払いを命じた1、2審判決が確定した。

★1、2審判決によると、当時12歳だった女性は1999年11月、急性肺炎で入院。抗生剤の投与などの後、ショック状態を起こして心肺停止状態に陥り、救命措置を受けたが手足にまひなどの障害が残った。

★1審名古屋地裁判決は「投与された輸液量が明らかに不足していた」として過失を認定。障害との因果関係も認め、2審名古屋高裁も支持した。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
★医療ミスで自殺!

★労災病院に賠償命令

2009年2月18日 提供:共同通信社

★関西労災病院(兵庫県尼崎市)で手術を受けた20代の女性が2007年に自殺したのは医療ミスが原因として、病院を運営する独立行政法人「労働者健康福祉機構」に遺族5人が約8000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、神戸地裁尼崎支部はミスと自殺との因果関係を認め、約5100万円の支払いを命じた。

★岡原剛(おかはら・たけし)裁判長は判決理由で「医師は手術で女性の左足首付近の神経を損傷した」と病院側の過失を認定。

★「女性は治療やリハビリをしても左足が強く痛むなどの後遺症が治らず、復職も困難と考え精神状態を著しく悪化させた。

★自傷行為もあった」と指摘し、自殺することも十分に予測できたと判断した。

★判決によると、女性は03年12月、運動中に左足首をねんざし手術を受けた。

★その後、左足に強い痛みを訴え、投薬治療やリハビリを続けていたが、07年1月に兵庫県内の自宅で薬を大量に服用して死亡した。

★裁判では、病院側は手術から約3年が経過し、自殺に結び付くほどの精神状態の異常はなかったと主張していた。

★ 同病院は「判決内容を見た上で今後の方針を考えたい」としている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆医療ミスはとまらない!

◆当時12歳だった女性は急性肺炎で入院。

◆抗生剤の投与などの後、ショック状態を起こして心肺停止状態に陥り、救命措置を受けたが手足にまひなどの障害が残った!

◆問題は、医療の質である!

◆なぜ急性の肺炎にかかったのかという初期の段階で医療は崩壊しているからである!

◆肺炎はウイルスによる感染としてウイルスを特定し抗生剤を投与した。

◆その結果ショック状態に至りそのまま障害が残ったのである!

◆この程度の問題は病院の数程あるのです!

◆肺炎になると必ず抗生剤が投与されるのです!

◆それほど常識的な治療をしているのですが、抗生剤には貧血にするという副作用があり、長期間の投与や大量投与は危険なのです!

◆抗生剤の投与が長引くほど貧血になることから、益々免役力が低下し、ウイルスが発生しやすい環境が出来るのです!

◆この点西洋医学で学んだ医師たちは疑問も持たずウイルスを皆殺しにしようとして抗生剤に依存するのです!

◆しかし、抗生剤で肺炎が治まるのは初期の肺炎のみで、こじれたものは患者の体力と自己免疫力で治しているのである!

◆その点、抗生剤の使用後、患者は貧血になり、輸血を繰り返し、解毒反応として発熱し、次に解熱鎮痛剤を投与され、このため再び貧血になるという、この繰り返しで自己免疫力を低下させられ体力が現弱し、ふらふらになるのです!

◆問題はなぜ肺炎に感染したのかという単純な疑問を解くことである!

◆肺炎の原因はウイルス感染ということであるが、しかし、同じ環境で暮らしていてもかかる人とかからない人がいるのは、個人お免役力の違いであるが、感染症の研究者はウイルスの関与しか目に入らないのである!

◆ここに西洋医学の落とし穴があるのです!

◆また、手術で神経を傷つけられることいも頻繁にあることです!

◆手術を受ける前に、骨盤のゆがみやひざの歪みを改善していたとしたらこの様な悲惨な結果にはならないはずです!

◆原因は捻挫でこっつ書くのゆがみが原因だからです!

◆日本人のほとんどは、病状が出たら大きな病院へ行って手術や薬を飲めば治ると信じているといわれています!

◆ところが、どんな有名な先生にかかっても対症療法であって原因は残されるのです!

◆「医者選びも寿命のうち」とは真実なのです!

◆手術や薬で病気が治るとしたら、すでに日本国中から病人が消えていなくなっているはずです!

◆ところが薬好きの日本人は、血液が汚れ新生児の奇形は世界位置多く、うつ病はこの10年で4倍に植えているなど昔なかった病気にかかって、さらに薬漬けになってその生涯を病院で終える人が少なくないのです!

◆病気を治すのは、薬ではなく自己免疫の力なのです!

◆自己免疫力を高めることが重要なのです!

◆そのためには極力薬に依存しないことが懸命なのです!

◆自然免役について学びたい方は予防医学セミナーにご参加ください!

◆予防医学セミナーでは医者でも治せない病気が治る自然免役の仕組みを学習できます!

◆免役療法を21世紀の医療の主力にするために患者も医者も学ぶ姿勢が大切です!

◆中でも「総合免役療法」は早く確実に自己免疫を高める方法として統合医療を目指す専門医から注目を浴びています



 文責:自然医学総合研究所 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、2月15日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年3月31日まで 全国から300名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

~~~~~~~~~~日時と場所~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆2月28日(土)滋賀県栗東 国道小柿300m くらしみゅうじあむ
     
          時間午後2時30分から4時30分まで。 担当:久保・日野 

◆3月7日(土)名古屋市天白区 天白スポーツセンター会議室

          時間午後2時30分から4時30分まで

◆3月28日(土)愛知県長久手町 長久手文化の家 会議室
         
          時間午後2時30分から4時30分まで 

*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************


●3月1日(日)東京予防医学セミナー
         東京都新宿区四谷 ホリナカビル「302号室(第1)」で行います。

●3月15日(日) 名古屋市東区 ウイルあいち 視聴覚室 でおこないます。

       ◆テーマ1:がんを克服するために
         講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


       ◆テーマ2:アレルギー疾患は克服できる!

         講師:大沼 四廊 
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病は癌ではない
         執筆中:医者に命をあずけるな

        ◆ 開演:午前10時~12時
         体験:午後1時30分より4時30分まで
         費用:会員無料
             非会員は初回のみ無料
         得点:先着10名まで「がんの盲点」を贈呈させていただきます
             参加者全員に健康ジャ-ナルを贈呈いたします


**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方



*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

★浜松病院売却!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★浜松病院売却!

★3月末の休診が決まっている浜松病院の売却を急ぐ!

★公立病院改革プランで公立病院は民活化され、次は社会保険病院と厚生年金病院が売却される!

★社保病院と厚生年金病院の全てを売却!


2009年2月16日 提供:共同通信社

★社会保険庁は13日、全国計63カ所の社会保険病院と厚生年金病院の整理・売却の進め方について指針案をまとめた。

★個別の病院ごとに売却を進めるが、複数の病院を一括して売却することも検討する。

★自民党の厚生労働関係議員の会合に示し、大筋了承された。

★各病院の保有主体は昨年10月、国から独立行政法人「年金・健康保険福祉施設整理機構」(RFO)に移ったが、RFOは来年9月に解散予定の時限的な法人で、病院の将来に各地で不安の声が上がっていた。

★指針案はRFO解散時点でも売却先が見つからない病院に関し「引き続き新たな運営形態を検討」としており、すべての病院を存続させる可能性に含みをもたせている。

★舛添要一厚生労働相は2月中にも具体的な売却方法をRFOに指示する。

★指針案は、地域の医療体制を損なわないことを前提に、救急と産科、小児科、災害対応、へき地医療の5機能を重視。

★病院ごとの機能特性の維持を売却条件とした。

★赤字幅が大きい病院は単独では買い手が見つからない懸念もあり、黒字の病院とセットで一括売却することも視野に入れる。

★売却先は医療法人、地方自治体、公益性のある法人に限定。

★社会保険病院は現在、ほとんどを全国社会保険協会連合会に運営を委託しており、そのうち、医師不足から3月末の休診が決まっている浜松病院は先行して売却を急ぐ。

★自治体に運営を委託している岡谷塩嶺病院(長野県)と紀南病院(和歌山県)は、地元自治体と協議する。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆08年10月に各病院の保有主体は、国から独立行政法人「年金・健康保険福祉施設整理機構」(RFO)に移りました。

◆それを受け、公立病院の民活化に続いて、全ての社会保険病院と厚生年金病院が売却されることになったのです。

◆その背景には、全国の7割の病院で深刻な医師不足と1兆円を上回る規模の累積赤字があるのです。

◆自治体病院の累積赤字は1兆8736億円にも上っていますす。

◆真因は、ほとんどの病院では、患者の希望を無視し、対症療法のみで治せないところへ、集客目的で高額な検査機器を導入するなどずさんな経営がおこなわれてきたからです。

◆その結果大中小の病院が同じ土俵で競争することになったのです。

◆保険医療の衰退はマニュアル医療のためどこへ行っても同じ治療がおこなわれてきたことから、設備の充実している大病院に患者が殺到し、過酷な労働環境が生まれ医師達が集団でやめたのです。

◆その結果、派遣されていた研修医が呼び戻され、中小の病院に医師不足現象が起こり患者離れが加速し、経営不振に拍車がかかったのです。

◆つまり、医師の絶対数が不足しているのではなく、保健医療で縛られているため医師の才量が発揮されず倒産する病院が増えたと考えられるのです。

◆もしも、すでに、日本の医療に「統合医療政策」が実現されていたとしたならば、医師は自由に診療をおこなうことが出来るため個性あふれる医療が行われ、中小の病院でも生き残れたはずなのです。

◆しかし、窮地に追いやられた公共病院責任者は売却することで責任を転換するだけで医療の質を向上させるほどの改革ではないのです。

◆問題は、患者側の希望に沿うように配慮し、医療の質を向上することで需要と供給のバランスを取り戻すことなのです。

◆ゆえに、医者も患者も「統合医療」を選択する時なのです。

◆統合医療政策とは、西洋医学も東洋医学も民間医療も分け隔てなく協力しあうことで患者が満足できる安全な医療を提供しようとする政策です。

◆ゆえに賢い患者は統合医療を求めているのです。

◆西洋医学に限界を感じ、質の高い統合医療を求めている方は予防医学セミナーにご参加ください。

◆予防医学セミナーでは知識だけに終わらず貴重な体験ができる事が特徴です。

◆人の持つ自然免疫力を最大限に生かす「総合免疫療法」は専門医からも高い評価を得ております。

 文責:自然医学総合研究所 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、2月15日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年3月31日まで 全国から300名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

~~~~~~~~~~日時と場所~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆2月28日(土)滋賀県栗東 国道小柿300m くらしみゅうじあむ
     
          時間午後2時30分から4時30分まで。 担当:久保・日野 

◆3月7日(土)名古屋市天白区 天白スポーツセンター会議室

          時間午後2時30分から4時30分まで

◆3月28日(土)愛知県長久手町 長久手文化の家 会議室
         
          時間午後2時30分から4時30分まで 

*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************
●2月15日(日)名古屋市東区 ウイルあいち 特別会議室にて行います。

※酒匂先生はお休みです。

●3月1日(日)東京予防医学セミナー
         東京都新宿区四谷 ホリナカビル「302号室(第1)」で行います。

       ◆テーマ1:がんを克服するために
         講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


       ◆テーマ2:アレルギー疾患は克服できる!

         講師:大沼 四廊 
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病は癌ではない
         執筆中:医者に命をあずけるな

        ◆ 開演:午前10時~12時
         体験:午後1時30分より4時30分まで
         費用:会員無料
             非会員は初回のみ無料
         得点:先着10名まで「がんの盲点」を贈呈させていただきます
             参加者全員に健康ジャ-ナルを贈呈いたします


**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方



*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

★消える公立病院!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★消える公立病院!

★加速する公立病院の崩壊!

★公立病院改革プランで公立病院は抹消!

★中部9件で公立病院を民営化など!

 09年2月16日 中日新聞

★中部9件(愛知・岐阜・三重・静岡・長野・富山・石川・福井・滋賀)が運営する公立病院の23,4%が独立行政法人化や民間移譲や民営化など運営の見直しを検討していることが中日新聞者の調べで明らかになった!

★調べによると、経営に苦しむ25の病院では職員の給与体系を「非公務員型」の地方独立行政法人を挙げた。

★これらの改革は、総務省による病院の黒字化をめざした「公立病院改革プラン」という経営改革計画に誉よるもので全国でおこなわれているのである!

★これによって従来の公立病院の形態から民間型に変わることで医療サービスの向上が期待されるとしているが逆に質の低下を危惧する意見も少なくない!

★問題は欧米やアメリカの13の州のように経営形態の改革ということだけで終えるのではなく、患者の求める安全な医療を提供するという質的向上による改革を求めたいものである!

★つまり西洋医学も東洋医学も民間医療もわけ隔てなく患者にとって有効な医療を自由に選択できる「統合医療制度」を導入することであるが、今回の改革はその一歩手前の改革となり、近い将来日本でも統合医療が制度化されると予測されるのである!

★多くの医者の卵は病気を克服しようとの思いから医学部を志願する!

★しかし、日本の医学教育では、西洋医学のみで病状に病名をつける対症療法しか存在していない!

★その結果、原因のわからないいという医者が多く患者側の不満が沸騰しているのである!

★情報化は進み世界中の情報が瞬時に伝わる時代になり、日本の医療政策は孤立して遅れていることが国民にも知られるようになってきた!

★名古屋市南区の大同病院では患者専用の図書館を作ることで患者の求める衣料を患者が選択できるように配慮したという病院も出来て注目されている!

★また一部の病院では「患者様相談窓口」を設けて患者さんの苦情や要望などに対応している病院も人気が集まっている!

★しかし、ダントツ「統合医療」がモテモテの状態である!

★公立病院も倒産するまえに「統合医療」を研究していただきたいものでらう!


★中部9件で公立病院を民営化など!

 09年2月16日 中日新聞

★中部9件(愛知・岐阜・三重・静岡・長野・富山・石川・福井・滋賀)が運営する公立病院の23,4%が独立行政法人化や民間移譲や民営化など運営の見直しを検討していることが中日新聞者の調べで明らかになった!

★調べによると、経営に苦しむ25の病院では職員の給与体系を「非公務員型」の地方独立行政法人を挙げた。

★これらの改革は、総務省による病院の黒字化をめざした「公立病院改革プラン」という経営改革計画に誉よるもので全国でおこなわれているのである!

★これによって従来の公立病院の形態から民間型に変わることで医療サービスの向上が期待されるとしているが逆に質の低下を危惧する意見も少なくない!

★問題は欧米やアメリカの13の州のように経営形態の改革ということだけで終えるのではなく、患者の求める安全な医療を提供するという質的向上による改革を求めたいものである!

★つまり西洋医学も東洋医学も民間医療もわけ隔てなく患者にとって有効な医療を自由に選択できる「統合医療制度」を導入することであるが、今回の改革はその一歩手前の改革となり、近い将来日本でも統合医療が制度化されると予測されるのである!

★多くの医者の卵は病気を克服しようとの思いから医学部を志願する!

★しかし、日本の医学教育では、西洋医学のみで病状に病名をつける対症療法しか存在していない!

★その結果、原因のわからないいという医者が多く患者側の不満が沸騰しているのである!

★情報化は進み世界中の情報が瞬時に伝わる時代になり、日本の医療政策は孤立して遅れていることが国民にも知られるようになってきた!

★名古屋市南区の大同病院では患者専用の図書館を作ることで患者の求める衣料を患者が選択できるように配慮したという病院も出来て注目されている!

★また一部の病院では「患者様相談窓口」を設けて患者さんの苦情や要望などに対応している病院も人気が集まっている!

★しかし、ダントツ「統合医療」がモテモテの状態である!

★公立病院も倒産するまえに「統合医療」を研究していただきたいものでらう!





 文責:自然医学総合研究所 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー) 

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆第一次募集 H21年3月31日まで 全国から300名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎・鼻炎・喘息などでお悩みの方

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

~~~~~~~~~~日時と場所~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆2月28日(土)滋賀県栗東 国道小柿300m くらしみゅうじあむ
     
          時間午後2時30分から4時30分まで。 担当:久保・日野 

◆3月7日(土)名古屋市天白区 天白スポーツセンター会議室

          時間午後2時30分から4時30分まで

◆3月28日(土)愛知県長久手町 長久手文化の家 会議室
         
          時間午後2時30分から4時30分まで 

*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************

●3月1日(日)東京予防医学セミナー
         東京都新宿区四谷 ホリナカビル「302号室(第1)」で行います。

       ◆テーマ1:がんを克服するために
         講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


       ◆テーマ2:アレルギー疾患は克服できる!
喘息の盲点

         講師:大沼 四廊 
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病は癌ではない
         執筆中:医者に命をあずけるな

        ◆ 開演:午前10時~12時
         体験:午後1時30分より4時30分まで
         費用:会員無料
             非会員は初回のみ無料
         得点:先着10名まで「がんの盲点」を贈呈させていただきます
             参加者全員に健康ジャ-ナルを贈呈いたします


**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方



*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

★臓器不全の盲点!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★臓器不全の盲点!

★みらいちゃん天国に行く!

★米コロンビア大学で多臓器不全お為臓器移植をしていた山下未来ちゃんが13日亡くなった。

★2年11ヶ月の障害は生まれつきの難病で過酷な手術と治療の日々だった!

★2006年12月、救う会の住友さんの力添えで1億5千万円の治療費がよせらせ米国で多臓器移植手術がおこなわれた!

★しかし、術後帰国した後も肝臓の状態が悪く入退院を繰り返していたのだ!

★臓器移植は西洋医学の最後の手段!

★しかし、その先端技術には大きな盲点がある!

★その盲点とは臓器不全の原因について解明されていなかったことである!

★私たちの臓器は、脳から頚椎・脊椎を通り関節の合間から神経の枝が出て臓器を支配している!

★体調の悪い子は例外なく骨盤に歪みがある!

★そのため、脊椎が癒着し神経が圧迫されている!

★その結果臓器不全に成るのである!

★従って、臓器移植に走る前に脊椎の癒着を改善することを選択するべきなのである!

★しかし、医療の現場は狭い視野で囲まれた専門分野しか目に入らず脊椎の癒着までは視野にない!

★この問題を解決するためには、医学部の教育をこれまでの専門教育から国際的常識となりつつある「統合教育」へと進化させることが急務である!

★統合教育とは、西洋医学の利点をそのまま生かし、対症療法の欠点を補うために、東洋医学の理論や漢方などを取り入れ、他に整体や食事療法なども取り入れ 総合的な教育をおこなうことである!

★その結果、医師の診断力が向上し、病気の原因が解る医師が育つということですでに国際的にはその方向へ進んでいます。

★その点日本の対応は2~30年の遅れがあるといわれている!

★臓器不全ばかりではなく、不妊症や発達障害にも脊髄神経の障害は関わっているのである!

★ゆえに歪みをとることは重要なのである!

★歪みと病理について詳しく学びたい方は予防医学セミナーへご参加ください。

★★なお、「総合免疫療法」は自然医学総合研究所の登録商標として申請をしています。

★結果を出すための免疫の仕組みについては予防医学セミナーにご参加ください。

★知識としての免疫だけではなく「本物の免疫力」を体験できます。




 文責:自然医学総合研究所 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、2月15日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年3月31日まで 全国から300名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

~~~~~~~~~~日時と場所~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆2月11日(祝)長野県安曇野  長野支部 担当高橋

◆2月15日(日)名古屋市東区 ういるアイチ 第四会議室
          午前10時より

◆2月28日(土)滋賀県栗東 国道小柿300m くらしみゅうじあむ
     
          時間午後2時30分から4時30分まで。 担当:久保・日野 

◆3月7日(土)名古屋市天白区 天白スポーツセンター会議室

          時間午後2時30分から4時30分まで

◆3月28日(土)愛知県長久手町 長久手文化の家 会議室
         
          時間午後2時30分から4時30分まで 

*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************
●2月15日(日)名古屋市東区 ウイルあいち 特別会議室にて行います。

※酒匂先生はお休みです。

●3月1日(日)東京予防医学セミナー
         東京都新宿区四谷 ホリナカビル「302号室(第1)」で行います。

       ◆テーマ1:がんを克服するために
         講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


       ◆テーマ2:アレルギー疾患は克服できる!

         講師:大沼 四廊 
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病は癌ではない
         執筆中:医者に命をあずけるな

        ◆ 開演:午前10時~12時
         体験:午後1時30分より4時30分まで
         費用:会員無料
             非会員は初回のみ無料
         得点:先着10名まで「がんの盲点」を贈呈させていただきます
             参加者全員に健康ジャ-ナルを贈呈いたします


**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方



*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

★獲得免疫の働き!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】
★獲得免疫の働き!

★人には生まれながらにして白血球による自然免疫があります。

★自然免疫が正しく働くことで様々な病気から防御されているのです。

★獲得免疫とは後天免疫のことで、B細胞やT細胞というリンパ球の働きによって産生される抗体による免疫のことで、特定の抗原に接触した結果、学習し記憶され、その抗原にだけに特異的に成立する免疫のことです。

★つまり、身近なところでは、子供のころに風邪に罹患し、抗体がつくられ二度と同じウイルスに感染しないという免疫の仕組みです。

★ところが、同じ免疫の仕組みを共有しつつも、インフルエンザのように予防接種をしたにもかかわらず毎年感染をする人も少なくありません。

★予防接種も万能ではないということになります。

★一方では、C型肝炎の場合でも免疫が出来た方もおります。

★これも獲得免疫が正常に働きはじめることが出来る様になった結果です。

★具体的には自然免疫が働き易い体質に変えることで獲得免疫は再生される可能性があるということになり、医学の常識には無いところです。

★しかし、肝炎のように抗体が出来ないケースでは、自然免疫も働いていないのですが、体質改善を行なうことで、自然免疫が働くようになることで、獲得免疫も働くようになるのです。

★この点の研究は免疫学的にも大変遅れているのが現状です。

★その原因は、免疫の検査が確立されていないからです。

★一般的には、白血球の数やリンパ球の数を調べるだけで血液の質や内容を調べてはいないからです。

★食べ物や生活習慣を見直し、血液を浄化することで白血球が回復し、自然免疫の活性に伴い獲得免疫も活性化するのです。

★つまり、がんや闘病病などの免疫不全の場合であっても、疲れを癒し、歪みを改善することで血管やリンパ管の圧迫が解消されることで自然免疫が働く様になり、抗体も産生される場合があるのです。

★食事療法も整体も温熱療法も精神療法もその為にあるのです。

★私はそれらの利点を生かして「総合免疫療法」と呼んでいます。

★なお、「総合免疫療法」は自然医学総合研究所の登録商標として申請をしています。

★結果を出すための免疫の仕組みについては予防医学セミナーにご参加ください。

★知識としての免疫だけではなく「本物の免疫力」を体験できます。


 文責:自然医学総合研究所 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、2月15日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年3月31日まで 全国から300名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

~~~~~~~~~~日時と場所~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆2月11日(祝)長野県安曇野  長野支部 担当高橋

◆2月15日(日)名古屋市東区 ういるアイチ 第四会議室
          午前10時より

◆2月28日(土)滋賀県栗東 国道小柿300m くらしみゅうじあむ
     
          時間午後2時30分から4時30分まで。 担当:久保・日野 

◆3月7日(土)名古屋市天白区 天白スポーツセンター会議室

          時間午後2時30分から4時30分まで

◆3月28日(土)愛知県長久手町 長久手文化の家 会議室
         
          時間午後2時30分から4時30分まで 

*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************
●2月15日(日)名古屋市東区 ウイルあいち 特別会議室にて行います。

※酒匂先生はお休みです。

●3月1日(日)東京予防医学セミナー
         東京都新宿区四谷 ホリナカビル「302号室(第1)」で行います。

       ◆テーマ1:がんを克服するために
         講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


       ◆テーマ2:アレルギー疾患は克服できる!

         講師:大沼 四廊 
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病は癌ではない
         執筆中:医者に命をあずけるな

        ◆ 開演:午前10時~12時
         体験:午後1時30分より4時30分まで
         費用:会員無料
             非会員は初回のみ無料
         得点:先着10名まで「がんの盲点」を贈呈させていただきます
             参加者全員に健康ジャ-ナルを贈呈いたします


**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方



*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

★自然免疫の役割!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★自然免疫の役割!

★自然免疫とは、病原体の感染を初期に認識し排除する免疫機構のことで、近年、自然免疫が特異的に病原体を認識し、獲得免疫機構の活性化に対しても必須の役割を果たしていることが明らかとなってきた。

★大阪大学 免疫学フロンティア研究センター教授 審良 静男〔アキラ シズオ〕先生は「自然免疫システムの解明」という自然免疫の包括的研究論文でこう述べている。

★自然免疫とは、先天的に備わったいる免疫のシステムのことで、単球、マクロファージ、顆粒球(好中球、好酸球、好塩基球)、組織マスト細胞、ナチュラルキラー細胞による食作用、抗菌、抗寄生虫、炎症、抗がん、抗ウイルスなど多彩な働きを有し生まれながらにして共有する免疫である。

★その他、皮膚や粘膜のバリアー、外分泌液のリゾチーム、胃液など種シュの防御体制も先天免疫に入ることが医学書院の医学大辞典に記載されている。


★つまり、自然免疫とは、白血球による生態防御作用のことであり、その仕組みは生まれながらにして誰もが持っているはずである。

★この生態防御作用が働くことで様々な病気にならなくてもいいはずである、しかし、人間はよく病気になる。

★それも国際的に見て日本人ほど病人の多い国はないのです。

★病気とは漢字で「気の病」と書きますが、「気の病」から無理を通すことで血液が汚れ「免疫の病」になって生態防御作用が狂うのです。

★狂ったことに気がつかず熱心に働くことから究極は免疫疾患とか免疫不全などと診断されているのである。

★さらに悪いことに一度病院で免疫疾患であると診断されると永遠に治らないと指導されていることです。

★私のこれまでの研究では、余命半年や余命1週間と診断された場合でも生活の内容を改善することとで再び免疫の細胞が働き始めることを確認しています。


★つまり、白血球が活性することから自然免疫が働き、その結果,獲得免疫も連動して働くのです。


★ようするに、本来の免疫の作用として食作用、抗菌、抗寄生虫、炎症、抗がん、抗ウイルスなど多彩な働きが再生出来るようになるのです。

★ただし、病気が完治するためには自然免疫が常に安定して働く環境がなければなりません。

★継続することで生活習慣となることから免疫力が健全な状態になり、自然免疫と獲得免疫が正常に働き、様々な病気から回避されるのです。

★ゆえに白血球が健全に働くことで、病名に関係なく病気は治るのです。

★ゆえに、21世紀の医療の中心は、一度失われた防御機能が再び再生されることになりつつあるのです。

★食事療法も整体も温熱療法も精神療法もその為にあるのです。

★私はそれらの利点を生かして「総合免疫療法」と呼んでいます。

★なお、「総合免疫療法」は自然医学総合研究所の登録商標として申請をしています。

★結果を出すための免疫の仕組みについては予防医学セミナーにご参加ください。

★知識としての免疫だけではなく「本物の免疫力」を体験できます。

《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、2月15日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「第四会議室」で開催されます。

◆◆◆第一次モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆募集:H21年3月31日まで 全国から300名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎・鼻炎・喘息などでお悩みの方

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20~30名様限定で参加費は無料です。

◆特典としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。(詳細は説明会にて募集要項参照)

~~~~~~~~~~モニター説明会日時と場所~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆2月11日(祝日) 長野市安茂里 長野支部 担当:高橋

◆2月28日(土)滋賀県栗東市小柿 くらしみゅうじあむ 時間午後2時30分から4時30分まで。

            主催:アニユー草津店 担当:日野

◆3月1日(日)東京四谷駅 ホリナカビル3F 302号室
             
 四ッ谷駅2番出口より徒歩1分 東京信用金庫手前 バス停前

◆3月7日(土)名古屋市天白区 天白スポーツセンター会議室

◆3月28日(土)愛知県長久手町 長久手文化の家 会議室

          
*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************
●2月15日(日)名古屋市東区 ウイルあいち 特別会議室にて行います。

※酒匂先生は都合によりお休みです。

●3月1日(日)東京予防医学セミナー
         東京都新宿区四谷 ホリナカビル「302号室(第1)」で行います。

       ◆テーマ1:がんを克服するために
         講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


       ◆テーマ2:アレルギー疾患は克服できる!

         講師:大沼 四廊 
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病は癌ではない
         執筆中:医者に命をあずけるな

        ◆ 開演:午前10時~12時
         体験:午後1時30分より4時30分まで
         費用:会員無料
             非会員は初回のみ無料
         得点:先着10名まで「がんの盲点」を贈呈させていただきます
             参加者全員に健康ジャ-ナルを贈呈いたします


**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方








 文責:自然医学総合研究所 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、2月15日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年3月31日まで 全国から300名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

~~~~~~~~~~日時と場所~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆2月11日(祝)長野県安曇野  長野支部 担当高橋

◆2月15日(日)名古屋市東区 ういるアイチ 第四会議室
          午前10時より

◆2月28日(土)滋賀県栗東 国道小柿300m くらしみゅうじあむ
     
          時間午後2時30分から4時30分まで。 担当:久保・日野 

◆3月7日(土)名古屋市天白区 天白スポーツセンター会議室

          時間午後2時30分から4時30分まで

◆3月28日(土)愛知県長久手町 長久手文化の家 会議室
         
          時間午後2時30分から4時30分まで 

*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************
●2月15日(日)名古屋市東区 ウイルあいち 特別会議室にて行います。

※酒匂先生はお休みです。

●3月1日(日)東京予防医学セミナー
         東京都新宿区四谷 ホリナカビル「302号室(第1)」で行います。

       ◆テーマ1:がんを克服するために
         講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


       ◆テーマ2:アレルギー疾患は克服できる!

         講師:大沼 四廊 
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病は癌ではない
         執筆中:医者に命をあずけるな

        ◆ 開演:午前10時~12時
         体験:午後1時30分より4時30分まで
         費用:会員無料
             非会員は初回のみ無料
         得点:先着10名まで「がんの盲点」を贈呈させていただきます
             参加者全員に健康ジャ-ナルを贈呈いたします


**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方



*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

★がんより怖いがん治療!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★がんより怖いがん治療!

★がんの3大治療ではがんには勝てない!

★しかし、国際的には常識となりつつある「統合医療」ではがんに勝つ可能性が高くなる!

★統合医療とは西洋医学の得意とする部分と東洋医学の得意とする部分に加えて優れた民間療法も加えることで患者の望む医療を実践している制度で近年日本でもひろまりつつある!

★しかし、現実病気になると大病院へ行く!

★ほとんどの病院では「保険医療」というやり方に染まり、手術・抗がん剤・放射線などの治療である!

★抗がん剤を拒否すると「ホルモン剤」が変わりに投与される!

★このホルモン剤によってがん細胞に栄養を与えないようにと投与され、女性では生理をとめられる!

★しかし、止められるのは生理だけではない!

★ホルモンは血液が運ぶため血流も悪くなる!

★投与期間が長引くほどその結果は悲惨である!

★2年以上も続けることで骨代謝が悪化し骨がぼろぼろになる!

★圧迫骨折や深刻な骨粗鬆症などが誘発され、究極は骨転移となる!

★特に圧迫骨折の痛みは強烈なため、多くのがんの専門医は「モルヒネ」でごまかそうとする!

★しかし、モルヒネも効かないケースが少なくない!

★こんな時には圧迫骨折や深刻な骨粗鬆症などが発症している場合が少なくないのだ!

★モルヒネに依存する前に骨代謝を確認するべきである!

★x線をとるだけでも確認できるはずである!

★その結果圧迫骨折が痛みの原因であるとしてもがんの骨転移と扱われモルヒネ漬けにされ重篤な貧血に至り命を落とされるケースが少なくない!

★ところが、圧迫骨折や骨粗鬆症で余命を先刻されることはほとんどありえない!

★圧迫骨折による痛みならば通常2~3週間で楽になるからだ!

★したがって、がんの末期でモルヒネを選択されるような場合でもがんの末期の痛みではない可能性が多く、死ぬ理由もないはずだが、楽になりたい一信でモルヒネを使い、モルヒネの副作用で殺されると考えるべきである!

★しかし、がんの専門医も、また整形外科医もがんの末期症状と捕らえて手当の方法がなく死を待つのみとなる!

★しかし、この時点でも「統合医療」的な対応には大きな可能性があるのです!

★圧迫骨折に起因する痛みならば通常2~3週間かもしくは1ヶ月も過ぎれば痛みは消えるからである!

★痛みが消えたら再び体質改善に努めることである!

★統合医療の現場でさえ正しい手当てが選択されているとはいえない!

★しかし、西洋の対症療法のみという状態に比べ大きな期待ができるのである!

★圧迫骨折や骨粗鬆症による痛みに対しての統合医療の政策として骨代謝を盛んにしてあげることである!

★具体的には血液を浄化し、光線を照射することでビタミンDを与え、その後機会を見てゆがみを「改善することで血管やリンパ管の圧迫を改善することである!

★特にリンパ管の圧迫が改善されることで老廃物の処理が滞りなくできるようになることからがん細胞の前駆体が減少し体質が向上するのである!

★ゆえに痛いから早く死ぬというものではないのである!

★むしろ、痛みを痛みと感じることは正常な反応と見るべきなのである!

★したがって、賢い患者は奇跡を生むことになるのである!

★医者に命を預けるな!

★命は自分で守るもの!

★がんの専門医制度が引かれ、いかにも安心できるようではあるが、このような落とし穴が随所にあるのだ!

★したがって、進化した統合医療が必要なのである!

★それは単にがんばかりではなく、リー脳症やてんかんや発達障害などにもいえるのだ!

★さらには、不妊症にも糖尿病や高血圧症やアレルギーなどにも言えることなのである!

★表向きの統合ではなく、患者のすべてを理解する脳力を有する統合医療医を育てることが重要なのである!


★専門分野という狭い視野を超越し、患者のすべてを理解できる総合医療ができる医者を養成することが急務なのである!

 文責:自然医学総合研究所 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、2月15日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年3月31日まで 全国から300名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

~~~~~~~~~~日時と場所~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆2月11日(祝)長野県安曇野  長野支部 担当高橋

◆2月15日(日)名古屋市東区 ういるアイチ 第四会議室
          午前10時より

◆2月28日(土)滋賀県栗東 国道小柿300m くらしみゅうじあむ
     
          時間午後2時30分から4時30分まで。 担当:久保・日野 

◆3月7日(土)名古屋市天白区 天白スポーツセンター会議室

          時間午後2時30分から4時30分まで

◆3月28日(土)愛知県長久手町 長久手文化の家 会議室
         
          時間午後2時30分から4時30分まで 

*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************
●2月15日(日)名古屋市東区 ウイルあいち 特別会議室にて行います。

※酒匂先生はお休みです。

●3月1日(日)東京予防医学セミナー
         東京都新宿区四谷 ホリナカビル「302号室(第1)」で行います。

       ◆テーマ1:がんを克服するために
         講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


       ◆テーマ2:アレルギー疾患は克服できる!

         講師:大沼 四廊 
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病は癌ではない
         執筆中:医者に命をあずけるな

        ◆ 開演:午前10時~12時
         体験:午後1時30分より4時30分まで
         費用:会員無料
             非会員は初回のみ無料
         得点:先着10名まで「がんの盲点」を贈呈させていただきます
             参加者全員に健康ジャ-ナルを贈呈いたします


**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方



*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

★メタボ健診に疑問!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★メタボ健診に疑問!

★健康は肥満対策より禁煙、節酒 厚労省研究班、メタボ健診に疑問投げかけ!

2009年1月30日 提供:毎日新聞社


★メタボ健診:健康は肥満対策より禁煙、節酒 厚労省研究班、疑問投げかけ

◇揺れるメタボ健診 9万6000人を10年調査

★がんや心筋梗塞(こうそく)などの循環器疾患を起こさないで今後の10年間を生きる可能性が最も高いのは、「禁煙、月1-3回の飲酒、BMI(体格指数)25-27」の人であることが、厚生労働省研究班による約9万6000人の調査結果に基づく推計で判明した。

★禁煙や節酒の取り組みは生存率を向上させるが、BMIだけ下げても変化はなかった。【永山悦子】

★主任研究者の津金昌一郎・国立がんセンターがん予防・検診研究センター予防研究部長は「がん、循環器疾患を減らすには、「肥満対策より、まず禁煙、節酒を推進することが重要」。

★国民全体の健康対策として取り組む場合、肥満中心の手法は適切ではない可能性がある」と、肥満改善を重視する現在の特定健診(メタボ健診)に疑問を投げかけた。米医学誌電子版に発表した。

★調査は、全国8県に住む40-69歳の約9万6000人が対象。生活習慣に関するアンケートをし、約10年追跡した。

★調査対象年齢の人が、10年間にがんか循環器疾患を起こすか、死亡する可能性が最も高いのは、男性が「1日40本以上喫煙、週に日本酒2合相当以上の飲酒、BMI30以上」、女性が「喫煙、同1合相当以上の飲酒、BMI30以上」だった。

★たとえば50-54歳の男性で、最も不健康な条件の人が10年間にがんを発症する割合は、健康な条件の人の2・8倍、循環器疾患は4・8倍に達した。

★がん、循環器疾患にならないで生存している割合は81%にとどまった。

★一方、BMI30以上の人が同25-27に下げても、平均的な生活習慣の男性の生存率とほとんど変わらなかった。ところが、禁煙や節酒の取り組みを組み合わせると、大幅に向上した。

………………………………………………………………………………………………………

 ■解説 ◇「小太り」が最も健康

★厚生労働省研究班の大規模調査は、従来の「肥満=不健康」との考え方に再考を迫る結果となった。

★昨年4月に始まった特定健診(メタボ健診)は、腹部肥満が循環器疾患の元凶と位置づけた。

★だが、国内では肥満でなくても糖尿病や循環器疾患を発症する人が多いうえ、国民の死因の第1位はがん。

★肥満と循環器疾患だけにターゲットを絞った健診への批判は根強い。

★世界保健機関(WHO)は、やせていても生活習慣病の多いアジアの住民に配慮し、BMIに代わる細めの腹囲を使った基準導入を検討している。

★今回の研究では、従来の肥満の基準を多少超える「小太り」が最も健康な条件に入った。

★さらにメタボ健診で重視されない喫煙や飲酒習慣の改善が、生存率向上に関与していることが判明した。

★大櫛陽一・東海大教授(医療統計学)は「メタボ健診では、やせている喫煙者には何の指導もない。

★メタボ健診のあり方に大きな問題提起をしているのではないか」と話している。【永山悦子、大場あい】

………………………………………………………………………………………………………

 ■ことば◇BMI

★国際的に肥満度を示す指標として使われており、体重(キロ)÷身長(メートル)の2乗で算出する。

★日本肥満学会は「18.5未満」をやせ、「22」を標準、「25以上」を肥満とする。

★政府が推進する「健康日本21」やメタボ健診では、25以上の人にやせることを推奨している。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆昔から仙人は霞を食べて生きているという!

◆逆に大食いの人を無芸大食とも言う!

◆人のエネルギーは昼間の糖代謝と夜中の脂肪代謝がしられている
◆私がこれまで見てきた多くの肥満には例外なく過食の背景に腹部の緊張があった!

◆肥満と腹部の緊張との関係は、緊張したお腹は充分な蠕動運動や蛇行運度や分節運動が出来ず消化液や酵素の分泌が不足し、吸収が悪くなることに起因する!

◆消化液の効率が低下するほど余分に食べて質より量を無意識に摂る!

◆その結果お腹は満腹でも吸収が悪く満腹中枢まで信号が伝わらないからである!

◆そのために食べて直ぐにおなかがすいたという状況になりやすいのである!

◆ゆえに肥満を根本的に治そうとするならば酒やタバコをやめることも重要ではあるが、歪んだ背骨をただし、脊髄神経の通りを改善することである!





 文責:自然医学総合研究所 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、2月15日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年3月31日まで 全国から300名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

~~~~~~~~~~日時と場所~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆2月11日(祝):長野市安茂里 長野支部 担当高橋

◆2月15日(日)名古屋市東区 ウイルあいち 第四会議室
           午前10時~

◆2月28日(土)滋賀県栗東市小柿 国道小柿より300m  くらしみゅうじあむ 
          時間午後2時30分から4時30分まで  担当:久保・日野

◆3月1日(日)東京四谷 四ッ谷駅徒歩1分 東京信用金庫手前 バス停前
          堀中ビル302号室 午前10時~


◆3月7日(土)名古屋市天白区 天白スポーツセンター会議室
         時間午後2時30分から4時30分まで  
  

◆3月28日(土)愛知県長久手町 長久手文化の家 会議室
          時間午後2時30分から4時30分まで

*************予防医学セミナーのお知らせ***********************

●2月15日(日)名古屋市東区 ウイルあいち 第四会議室にて行います。
酒向先生はお休みです。

●3月1日(日)東京予防医学セミナー
         東京都新宿区四谷 ホリナカビル「302号室(第1)」で行います。

       ◆テーマ1:がんを克服するために
         講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


       ◆テーマ2:アレルギー疾患は克服できる!

         講師:大沼 四廊 
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病は癌ではない
         執筆中:医者に命をあずけるな

        ◆ 開演:午前10時~12時
         体験:午後1時30分より4時30分まで
         費用:会員無料
             非会員は初回のみ無料
         得点:先着10名まで「がんの盲点」を贈呈させていただきます
             参加者全員に健康ジャ-ナルを贈呈いたします


**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方



*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

★間違いだらけの医学情報!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★間違いだらけの医学情報!

★Dr.中川のがんを知る65の矛盾!

★Dr.中川のがんを知る:実践編65 全体の5%「家族性腫瘍」の矛盾について!

★がん細胞はいかにしてできるのか!

★一般論として抑制遺伝子に突然変異が起こることが原因とみなされている!

★しかし、生きている人の体には突然変違などではなく、化学肥料や殺虫剤などの乱用に加えて精神的なストレスや肉体的なストレスが加わり体液が酸化することで遺伝子の水素結合部が切断される事から変違が起こるのであって決して突然変違ではないのではないか!

★ゆえに国際的には生活習慣を変えることで沢山の自然治癒の症例が公表されているのではないか!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2009年2月3日 提供:毎日新聞社

★中川恵一・東京大付属病院准教授、緩和ケア診療部長が以下の文章を公開した!


★がんは、基本的には遺伝する病気ではありません。

★しかし、非常にまれですが、遺伝的な理由によってがんができやすい家系があります。

★こうしたがんは、全体の5%程度で、「家族性腫瘍(しゅよう)」と呼ばれます。

★がんは、DNAが複製されるときのコピーのミスによって、遺伝子にキズがつくことが原因です。

★がん発生に関する重要な遺伝子に「がん抑制遺伝子」があります。

★これは、体の細胞ががんになるのを防ぐ働きを持ちます。

★私たちのDNAは、父から半分、母から半分を受け継ぎますから、がん抑制遺伝子も二つ持っていることになります。

★がん抑制遺伝子が二つともキズつくまでには、長い年月がかかりますので、がんは高齢者の病気といえます。

★ところが、家族性腫瘍の患者の遺伝子を調べると、片方のがん抑制遺伝子に生まれつき突然変異があるのです。


★この突然変異は、すべての細胞にありますから、残る一つのがん抑制遺伝子にキズがつくと、がん抑制遺伝子が二つとも働かなくなり、がんが発生します。

★矛から身を守る盾が、普通は2個あるのに、生まれつき1個が壊れていて、1個しか使えないようなものと言えます。

★このため、家族性腫瘍の場合、若いときにがんができ、多くの臓器にがんが発症する傾向があるのです。

★この変異したがん抑制遺伝子は、親から子へと受け継がれます。

★両親のどちらかに突然変異がある場合、次の世代に受け継がれる可能性は50%ですから、子どもが4人いると、2人が変異したがん抑制遺伝子を持って生まれる計算になります。

★ただし、変異したがん抑制遺伝子を持っていても、がんにならないこともあります。

★一方、がん抑制遺伝子が二つとも正常でも、がんができることもあり、家系の特定は困難です。

★こうした家族性腫瘍は、大腸がん、乳がん、卵巣がんなどに見られますが、あくまで例外で、多くのがんは「生活習慣病」です。

★がんにならない生活をして、なっても検診で早期に見つけることが大切です。(中川恵一・東京大付属病院准教授、緩和ケア診療部長)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆中川先生の矛盾は、全がんの5%に当たる家族性腫瘍が医電位夜者といいながら遺伝子に異常があっても発生しない場合があるという部分である!

◆また、がん抑制遺伝子が二つとも正常でも、がんができることもあり家族性腫瘍の特定は困難であると断言していることであるという部分である!

◆つまり、遺伝子に異常がなくてもがんは発症しているということから、家族性の腫瘍の多くも生活習慣の違いが多くかかわっているといえるからである!

◆また、多くの自然治癒の症例から、生活習慣を根底から変えることでがんが消失したという報告から、がんを作る遺伝子も環境の変化に影響されることを示唆していると考えられるのである!

◆とにかく、がんも他のほとんどの病気も生活習慣病であることは疑う余地はないとおうことである!

◆ところが巷の大病院でさえいまだがんは生活習慣とは関係がないと暴言を吐く医者が多いのはどうしてなのだろうか!

◆この国の仕組みががん化している様に思うとはわが恩師の言葉である!

◆がんに限らず患者自身が原因を学び患者自身が改善しなくてはならない様です!

◆自然医学総合権空所では国際的にも例の少ない自然治癒力の科学的根拠(エビデンス)を作成するために全国から自然治癒力で病気を刻服したい希望者をモニターとして募集しています。

◆第一次募集はアレルギー体質の方を全国から300人募集しています。

◆第一次募集の期間は3月末までですので、この機会を逃がさず本部ならびに支部が主催する説明会にご参加ください。

◆2月11日(祝)には長野支部が説明会の企画をしています。

◆2月15日には名古屋本部がういるアイチで予防医学セミナーの一環としてモノターの説明会をおこないます。

◆2月28日(土)には滋賀県の久保先生と日野先生が説明会の企画を立てました。

◆3月7日(土)には名古屋本部が天白スポーツセンターで午後2時30分より会議室にておこないます。

◆3月28日(土)には名古屋本部が主催で長久手文化の家で午後2時30分よりおこないます。

◆モニターの説明会には参加費用はいずれも無料です。

◆またモノターにならら得た方には施術料が30%から最大70%まで割引が適応されます。

◆ただし、モニターの希望者が未成年者の場合はご父兄の参加が条件となります。

◆この機会を逃がさずぜひ応募くださいませ!

◆モニターになって病気と縁が切れるのです!

◆詳細は本部または主催する支部までお問い合わせください。



 文責:自然医学総合研究所 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、2月15日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年3月31日まで 全国から300名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

~~~~~~~~~~日時と場所~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆2月11日(祝日) 長野市安茂里 長野支部 担当:高橋

◆2月28日(土)滋賀県栗東市小柿 くらしみゅうじあむ 時間午後2時30分から4時30分まで。

            主催:アニー草津店 担当:日野

◆3月1日(日)東京四谷駅 ホリナカビル3F 

◆3月7日(土)名古屋市天白区 天白スポーツセンター会議室

◆3月28日(土)愛知県長久手町 長久手文化の家 会議室
          
*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************
●2月15日(日)名古屋市東区 ウイルあいち 特別会議室にて行います。


●3月1日(日)東京予防医学セミナー
         東京都新宿区四谷 ホリナカビル「302号室(第1)」で行います。

       ◆テーマ1:がんを克服するために
         講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


       ◆テーマ2:アレルギー疾患は克服できる!

         講師:大沼 四廊 
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病は癌ではない
         執筆中:医者に命をあずけるな

        ◆ 開演:午前10時~12時
         体験:午後1時30分より4時30分まで
         費用:会員無料
             非会員は初回のみ無料
         得点:先着10名まで「がんの盲点」を贈呈させていただきます
             参加者全員に健康ジャ-ナルを贈呈いたします


**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方



*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

★医療費多いと厚労省!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★医療費多いと厚労省!

★109市町村に抑制求める 医療費多いと厚労省

2009年2月2日 提供:共同通信社

★厚生労働省は30日、市町村が運営する国民健康保険(国保)で、2007年度の医療給付費が基準より多額だった24道府県の109自治体を、医療費抑制の計画策定を義務付ける「安定化計画市町村」に指定した。

★医療費の地域格差を是正し、国保財政を健全化する目的。


★指定された自治体は、3月末までに具体的な目標を盛り込んだ計画を国に提出する。

★道府県別では北海道が23市町村で最も多く、福岡県の18市町村、徳島県の11市町と続く。

★指定数は前年度の84自治体から25増えた。

★全国の市町村に占める割合は6・1%で1・4ポイント増。

★厚労省は、07年度には大きな制度改正がなく、給付増につながったとみている。

★自治体ごとに住民の年齢構成を調整した上で基準となる給付額を定め、その1.14倍を超えた市町村が指定の対象。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆医療費の向上は少子高齢化も手伝いうなぎ登りが現状です。

◆最も少ないのは長野県です。

◆長野県では町内で連携し健康管理する仕組みが浸透しています。

◆一般的に長野モデルといわれている方法です。

◆病気になってからでは遅すぎるのです。

◆長野モデルでは地域主導型で予防医学を実践しているのです。

◆長野での予防医学とは高齢者を邪魔者扱いせずお茶会などで高齢者が多くの経験を語り若者が高齢者に素直に学び高齢者を大切にしているという地域の活動があるといことです。

◆私が長野で経験した範囲では、お茶受けに漬物を出すという習慣があることに驚きました。

◆今思うことは漬物という発酵食品を毎日お茶受けに出すという事は腸内環境を整えることに通じます。

◆特にビフィズス菌は動脈硬化を改善することが知られていますので、高齢者でも動脈硬化が少なく血圧も上がらず糖尿病や痴呆症にも成りにくく高齢者の就労率も全国では一番高いことにつながっていると考えられるのです。

◆現代栄養学は戦後の日本にカルチャーショックを与えました。

◆その影響から日本国中何でも多めに食べる習慣が身についたと考えられます。

◆しかし、今厚労省でも方針を転換し、新しい指針を与え肉や魚や卵などの動物性の食品は控えるように公表されています。

◆しかし、現実栄養士にも更新制度がないためか古い先生方は昔のまま指導されているケースが多いのです。

◆たとえば病院食や学校給食ですがまだまだ昔のメニューが多く見うけられます。

◆その結果、日本は肥満大国で病人大国で、奇形児も多くアレルギーや不妊症も多く常識は変わらないのです。

◆健康維持には食べ物の質や内容を見直すことは欠かせないはずです。

◆何をどのようにいただくかで体質が変わるからです。

◆日本人の場合は昔ながらの季節の食材を昔ながらの調理法でいただくことがいいのです。

◆それが食べ方だけではなく、生活習慣そのものが受け継がれているのが長野県の医療費の減少につながっているのだと思います。

◆長野県の人は人に優しく自然を大切にして生きているのです。

◆大都市では考えられない地域の交流が漬物という文化で深くつながっているのです。

◆本物の漬物は動脈硬化にいいのだということを再認識したいものです。

◆水も空気もおいしく生活環境がいいということだと思います。

◆日本国中が長野モデルを見習うことで医療費は必ず減少するはずです。

◆ぜひ長野モデルを日々の生活に取り入れたいものです。


 文責:自然医学総合研究所 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、2月15日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年3月31日まで 全国から300名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

~~~~~~~~~~日時と場所~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆2月28日(土)滋賀県 会場未定 時間午後2時30分から4時30分まで。

          担当:久保・日野

◆3月7日(土)名古屋市天白区 天白スポーツセンター会議室

◆3月28日(土)愛知県長久手町 長久手文化の家 会議室
          

*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************
●2月15日(日)名古屋市東区 ウイルあいち 特別会議室にて行います。


●3月1日(日)東京予防医学セミナー
         東京都新宿区四谷 ホリナカビル「302号室(第1)」で行います。

       ◆テーマ1:がんを克服するために
         講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


       ◆テーマ2:アレルギー疾患は克服できる!

         講師:大沼 四廊 
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病は癌ではない
         執筆中:医者に命をあずけるな

        ◆ 開演:午前10時~12時
         体験:午後1時30分より4時30分まで
         費用:会員無料
             非会員は初回のみ無料
         得点:先着10名まで「がんの盲点」を贈呈させていただきます
             参加者全員に健康ジャ-ナルを贈呈いたします


**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方



*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

★患者が求める統合医療!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★患者が求める統合医療!

★日本には国民皆保険という優れた制度がある!

★しかし、今この優秀な制度が崩壊しているというのだ!

★医療崩壊の原因として考えられることは医療現場で働く医師や看護師さんの条件が悪いこと。

★忙しい割りに安い!

★マシテ夜勤はつらい!

★手術しても治らない患者が多い!

★薬を嫌う患者が多い!

★患者は副作用に過敏になった!

★保険医療では病気を治せない!

★対症療法ではごまかすだけ!

★病息の原因がわからない!

★統計学で見るとどの医者も皆治せない!

★それが西洋医学のエビデンスである!

★医療は患者のためのものであるが、対症療法の矛盾を知る患者が増えている!

★それで、多くの患者は統合医療を求めているのだ!

★統合医療とは保険医療の範囲にこだわらず、東洋医学でも民間医療でも温熱療法や食事指導など患者にとって良いということは何でもやるという医療で国際的には常識になりつつある!

★日本でも、一部始まってはいるがまだまだ駆け出しの状態である!

★これを何とか広めようとして今日も東京の四谷にてセミナーを行うのだ!

★大きな成功は小さな一歩からである!

★統計に振り回される医療より個人の体質を重視する医療が本物だ!

★医療崩壊が進む中で本物だけが生き残るのだ!

★自己治癒力の存在もわからない頑固な医者をリストラせよと言いたいものである!

★本物を残すために自然治癒の科学的根拠を作成する!

★これが今年の目標である!

★名古屋本部ではモニターの第一次募集を開始した!

★患者の本音は治れば何でもいいのである!

★治すためには手段を得ずという医者が沢山出てきてほしいものである!

★統合医療は患者ばかりではなく医師の遺伝子をも活性化するのだ!

★西洋も東洋も民間も共に手をつなぎ患者を救うのだ!

★それが統合医療である!


 文責:自然医学総合研究所 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、2月15日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年3月31日まで 全国から300名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

~~~~~~~~~~モニターの説明会 日時と場所~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆2月28日(土)滋賀県 会場未定 時間午後2時30分から4時30分まで。

          担当:久保・日野

◆3月7日(土)名古屋市天白区 天白スポーツセンター会議室
                    
                 時間午後2時30分から4時30分まで。


◆3月28日(土)愛知県長久手町 長久手文化の家 会議室
                   
                 時間午後2時30分から4時30分まで。



*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************
●2月15日(日)名古屋市東区 ウイルあいち 特別会議室にて行います。


●3月1日(日)東京予防医学セミナー
         東京都新宿区四谷 ホリナカビル「302号室(第1)」で行います。

       ◆テーマ1:がんを克服するために
         講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


       ◆テーマ2:アレルギー疾患は克服できる!

         講師:大沼 四廊 
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病は癌ではない
         執筆中:医者に命をあずけるな

        ◆ 開演:午前10時~12時
         体験:午後1時30分より4時30分まで
         費用:会員無料
             非会員は初回のみ無料
         得点:先着10名まで「がんの盲点」を贈呈させていただきます
             参加者全員に健康ジャ-ナルを贈呈いたします


**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方



*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード