大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★生活習慣とがん!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★生活習慣とがん

★がんに関する研究は日進月歩で進歩が止むことはありえません。

★しかし、がんで亡くなる人は1995年以降急激に増えています。

★がんで亡くなる人の割合を考えると医療の進歩に頼ってばかりでもいられる状況では無いと思います。

★第一選択は手術、第二選択は抗がん剤、第三選択は放射線というがん対策は変わっていないからです。

★手術の進歩は出来るだけリスクを少なくする方法が確立されていますし、抗がん剤治療もソフトなイメージにはなっています。

★さらに、ガンマーナイフや重粒子線治療なども開発され正確さはダントツ向上しています。

★その上、第四の選択として活性型リンパ療法という治療法が開発され、さらに樹状細胞療法まで進化しています。

★また、がんの専門医制度がつくられていますのでさまざまな角度からいい方向へ向いているように思います。

★しかし、実際にがんを患うと期待したような結果はなかなか得られ無いようです。

★問題は、どの方法もみな対症療法であって原因療法ではないということにあります。

★どれほど時代が進んだとしても原因を改善しなくては安定は望め無いからです。

★理想は早期発見、早期治療ではなく、早期生活習慣のみなおしであり、早期体質改善を行なうことなのです。

★その体質改善の方法として「総合免疫療法」といわれている健康法があります。

★この健康法は、一般の病院で行なわれている治療とは異なり、病状をとめるということではなく、なぜ病状が発現するのかという根本から対応出来る事が特徴です。

★例えば眠れないという症状の場合でも原因は必ずあるものです。

★睡眠障害の場合には過剰なストレスが第一原因です。

★そのストレスが継続することによって体液が酸化し、血液が汚れ骨格が歪みます。

★その結果鎖骨が歪みます。

★鎖骨のゆがみは頭部の循環障害を招きます。

★頭部の循環障害がある一定の水準を超えると脳内が酸欠にいたります。

★脳内の酸欠は脳細胞の壊死を誘発します。

★そのため、脳細胞は怖い夢で知らせるのです。

★緊急事態を知った体はおきて動きだします。

★体を動かすことで頭部の循環が戻ります。

★その結果安定するのです。

★ゆえに睡眠障害の方は日ごろから鎖骨の歪みを改善することが重要です。

★なお、鎖骨の治し方は健康雑誌「壮快」の3月号(1月16日発売)にて紹介されますのでご参照ください。

◆◆◆年末年始のお知らせ◆◆◆

年始は1月6日(火)の午前中予約のみで行ないます。
     7日(水)より平常どおり行ないます。



 文責:自然医学総合研究所 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、2月15日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************

●12月21日(日)名古屋市東区 ウイルあいち 特別会議室にて行います。
 
         開演:午前10時~12時
         体験:午後1時30分より4時30分まで
         費用:会員無料
             非会員は初回のみ無料
         得点:先着10名まで「がんの盲点」を贈呈させていただきます
             参加者全員に健康ジャ-ナルを贈呈いたします。

***************** 選任講師  ***************            
●予防医学セミナー専任講師


  講師:大沼 四廊 自然医学総合研究所所長 平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病は癌ではない
         執筆中:医者に命をあずけるな

  講師:酒向 猛  医学博士 自然医学総合研究所顧問医
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
             千島・森下学説研究家
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)

**************  体験会  ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方



*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

スポンサーサイト

★糖尿病とがんの死亡リスク!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】
◆◆◆年末年始のお知らせ◆◆◆
年内は12月30日の午前中予約のみで行ないます。
年始は1月6日(火)の午前中予約のみで行ないます。
     7日(水)より平常どおり行ないます。

~~~~~~~~~~~ 新着情報 ~~~~~~~~~~~~~

★糖尿病とがんの死亡リスク!

★糖尿病の先在によって癌患者の死亡リスクが上昇する !

[ 訳語付き英語原文へ ]

提供:Medscape

★癌診断時に糖尿病が先在する癌患者では、非糖尿病患者に比べて全死亡リスクが高い

Roxanne Nelson

★【12月16日】癌診断時に糖尿病が先在する癌患者では、非糖尿病患者に比べて死亡のリスクが高い。

★『Journal of the American Medical Association』12月17日号に報告されたメタアナリシスによれば、糖尿病は、あらゆる種類の癌において死亡ハザード比(HR)上昇(1.41)に関連があった。

★同データの副次的解析では、糖尿病の先在は、子宮内膜癌(HR, 1.76)、乳癌(HR, 1.61)、結腸直腸癌(HR, 1.32)における長期全死亡率上昇と有意に関連することが明らかになった。

★また、糖尿病と、前立腺癌、胃癌、肝細胞癌、肺癌、膵癌のリスクの有意ではない上昇との関連も認められた。

★現時点では、糖尿病が一部の癌における全死亡率と強力に関連する理由を推測することは難しい。「多くの考えられる理由があり、それぞれの癌について理由を特定することは難しい」と上級著者で、ジョンズ・ホプキンス・ブルームバーグ公衆衛生学部(メリーランド州ボルチモア)の一般内科部長であるFrederick L. Brancati, MD, MHSは述べた。「現在、解明に向けて、それぞれの癌について詳しく調べているところである」

★Brancati博士は臨床医に対し、2つのことを推奨している。「たとえ糖尿病が存在しても、可能な範囲で最も適切かつ積極的な治療を確実に行うこと」とBrancati博士は述べた。

★「そして、糖尿病コントロールに配慮するため、必ずかかりつけ医が癌治療中および治療後に関与し続けるべきである」

★リスク上昇の考えられる原因

★研究者らは、癌患者における全死亡率上昇と糖尿病先在との関連についていくつかの原因を提案した。

★1つ目は、高インスリン血症と高血糖という生理学的環境が腫瘍細胞増殖を促進するというものであった。

★2つ目の原因は、糖尿病患者と非糖尿病患者との間で癌治療に差がある可能性があるというものであった。

★糖尿病患者では、虚血性心疾患、慢性腎疾患、神経症等の合併症がみられることが多く、これらが治療に関する臨床判断に影響を及ぼす可能性がある。

★研究者らが推測した第3の理由は、糖尿病が先在する患者では、感染および手術中死亡のリスク上昇等、癌治療の効果が不十分である可能性がある。

★第4の理由は、糖尿病が先在する患者では、次善の癌スクリーニングがなされているため、より進行した癌が存在する可能性がある。

★しかし、診断時のステージは、解析において主要な説明因子ではないとみられたと研究者らは注記している。

★第5の理由は、癌の診断と治療によって、患者と診療者の両者が適切な糖尿病管理(高血糖、脂質値、血圧の管理等)に集中できなくなる可能性があるというものである。

★これらの因子の適切なコントロールは、糖尿病の成人の有病率および死亡率を低下させることが証明されている。

★最後に、糖尿病に関連した通常よりも高い死亡リスクが癌および付随する癌療法と完全に無関係であることは確実であると著者らは注記している。

★「われわれは癌治療中の糖尿病ケアの悪化を最も懸念したため、本試験を開始した」とBrancati博士はMedscape Oncologyに語った。「しかし、今回のシステマティック・レビュー後、他の原因も同じくらい疑わしいと思うようになった」

★さらなる研究が必要

★米国の糖尿病者数は2000万人(成人人口の約7%)と推定されている。以前の研究で、糖尿病患者において一部の悪性腫瘍(乳癌、結腸直腸癌、子宮内膜癌、肝癌、膵癌等)が高頻度で発症することが明らかになっている。

★さらに、新たに癌と診断された患者における糖尿病の罹患率は高く、8%潤オ18%と推定されている。

★しかし、癌患者における糖尿病の先在と長期全死亡との関連について、系統的評価はなされていない。

★Brancati博士らは、採用基準を満たす48件の論文を特定し、23件の試験をそのメタアナリシスの対象とした。累積生存率を報告した試験は質的に要約された。

★様々な種類の癌に関する23試験の併合データから、糖尿病の先在は、非糖尿病患者に比べて高い全死亡リスクに関連があることが明らかになった。

★対象集団の由来、糖尿病と死亡率の確認、統計的補正を考慮した感度分析から、その推定は頑健であった。

★糖尿病に関連した死亡リスク上昇に至る様々な経路の相対的重要性を検討するため、さらなる研究が必要である。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆糖尿病(とうにょうびょう、Diabetes Mellitus: DM)とは、糖代謝の異常によって起こるとされている。

◆血糖値(血液中のブドウ糖濃度)が病的に高まることによって、様々な特徴的な合併症をきたす危険性のある病気である。

◆一定以上の高血糖では尿中にもブドウ糖が漏出し尿が甘くなる(尿糖)ため糖尿病の名が付けられた(Diabetes=尿、Mellitus=甘い)。

◆ここでは1999年に日本糖尿病学会によって分類された病因による分類である「1型糖尿病」「2型糖尿病」等を用いて説明する。

◆かつては「インスリン依存性糖尿病(IDDM)」「インスリン非依存性糖尿病(NIDDM)」等に分類されていた。

◆これは治療法からみた分類法で1985年に日本糖尿病学会によって分類された。

◆なお、腎臓での再吸収障害のため尿糖の出る腎性糖尿は別の疾患である。東洋医学では消渇と呼ばれる

===========================
●糖尿病の盲点!

●糖尿病にも原因はある!

●糖尿病の原因とは、すい臓の支配神経が背骨の歪みや癒着によって圧迫されているためにすい臓の機能が低下した状態です。

●1型で子供に多い糖尿病の場合には、胎児のころから脊柱が癒着し、生後も癒着したまま改善できずすい臓の機能が低下したままです。

●そのため、永遠にインスリンに依存することになるのです。

●問題は原因である脊柱の癒着を改善することですい臓の支配神経が動き出すことです。

===========
●また、成人に多い2型の場合は過酷な肉体労働などによって脊柱が癒着し、すい臓の機能が低下してインスリンがつくられにくいところに栄養学を信じて大食いしている人が発症しています。

●飲むな食べるな運動せいというだけでは自律神経は回復しませんので、血液を浄化し骨の歪みなどを改善することが重要です。

●私のこれまでの研究では、血糖値が900以上で視力に障害が出た人でもおよそ1年後には正常値になったという事例があります。

●ゆえに賢い患者は医療を選ぶのです。


 文責:自然医学総合研究所 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、2月15日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************

●12月21日(日)名古屋市東区 ウイルあいち 特別会議室にて行います。
 
         開演:午前10時~12時
         体験:午後1時30分より4時30分まで
         費用:会員無料
             非会員は初回のみ無料
         得点:先着10名まで「がんの盲点」を贈呈させていただきます
             参加者全員に健康ジャ-ナルを贈呈いたします。

***************** 選任講師  ***************            
●予防医学セミナー専任講師


  講師:大沼 四廊 自然医学総合研究所所長 平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病は癌ではない
         執筆中:医者に命をあずけるな

  講師:酒向 猛  医学博士 自然医学総合研究所顧問医
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
             千島・森下学説研究家
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)

**************  体験会  ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方



*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

★流産の原因!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】
◆◆◆年末年始のお知らせ◆◆◆
年内は12月30日の午前中予約のみで行ないます。
年始は1月6日(火)の午前中予約のみで行ないます。
     7日(水)より平常どおり行ないます。

~~~~~~~~~~~ 新着情報 ~~~~~~~~~~~~~

★流産の原因!

★近年若い女性の平均体温が低下気味となっていて、不妊症や流産が少なくありません。

★日本は少子高齢化を迎える中で大変重大な問題を抱えています。

★12月25日の中日新聞の朝刊には「流産を引き起こす遺伝子」を藤田保健衛生大総合医科学研究所の倉橋浩樹教授らのグループが突き止めたと広報されました。

★ヒトは卵子・精子をそれぞれ生成する際に46本の染色体を23本ずつに分けることがしられています。

★倉橋教授らは習慣性流産の女性26人についてSYCP3という遺伝子を調べたところ2人に変違が見られた。

★また、正常な出産だった150人では異常はなく、SYCP3の変異が習慣性流産の一因であると米国の医学誌に掲載された。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆妊娠と出産は女性にとって最も重大な出来事です。

◆しかし、若者の体質は1955年以降生活の欧米化に伴い急激に弱体化しています。

◆その背景には輸入食材の急激な増加に伴い工場からの汚染による環境汚染が大きくかかわっていると考えられます。

◆輸入食材は安くて入手しやすいという利便性がありますが、輸送に時間がかかるため抗菌薬や保存料などが国内産に比べて大量に使用されています。

◆その様な背景から食材を選ばずに食べている若い女性の体温が低下し、かつ免疫力も低下しています。

◆さらに、その様な危険な食材に加えて、生理痛などの対応として「解熱鎮痛剤」が使われています。

◆その結果急激に免疫力がさがります。

◆免疫力の低下は、自立神経や新陳代謝にも影響を与えますので
疲れやすくストレスを感じやすく体液の酸化を誘発します。

◆体液の酸化は遺伝子の水素結合の部位が切断されるため流産を引き起こすと言われるSYCP3という遺伝子にも変違が出ると考えられるのです。

◆従って、流産を繰り返すという女性は無駄な人口受精などに頼らず、安全な食材にし、豊富なミネラルを摂取することで体液を中和し、ストレスによる骨盤の歪みを改善することが重要です。

◆つまり、不妊症も流産も健全な生活習慣を維持することで克服できる可能性が大きいのです。

◆特に骨盤の歪みは卵巣や子宮の循環を妨げる原因ともなるので重要ですが、医学的にはほとんど研究されていないのが現状です。

◆ゆえに、賢い患者は医療を選択するのです。



 文責:自然医学総合研究所 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、2月15日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************
●東京予防医学セミナー

●2月1日〔日)東京都新宿区四谷 ホリナカビル「302号室(第1)」で開催します。

●名古屋予防医学セミナー

●2月15日(日)名古屋市東区 ウイルあいち 特別会議室にて行います。
 
         開演:午前10時~12時
         体験:午後1時30分より4時30分まで
         費用:会員無料
             非会員は初回のみ無料
         得点:東京及び名古屋会場共に、先着10名様まで
             「がんの盲点」を贈呈させていただきます。
             また、参加者全員に健康ジャ-ナルを贈呈いたします。

***************** 選任講師  ***************            
●予防医学セミナー専任講師


  講師:大沼 四廊 自然医学総合研究所所長 平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病は癌ではない
         執筆中:医者に命をあずけるな

  講師:酒向 猛  医学博士 自然医学総合研究所顧問医
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
             千島・森下学説研究家
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)

**************  体験会  ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方



*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

★断食で長生きする!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】
★断食繰り返すと長生き?

★ 京大、線虫で解明

記事:共同通信社 提供:共同通信社

【2008年12月16日】


★一時的に栄養を与えない"断食状態"を繰り返すと線虫の寿命が延びるメカニズムを、京都大の西田栄介(にしだ・えいすけ)教授らのチームが遺伝子レベルで解明し、15日付の英科学誌ネイチャーに発表した。

★Rhebというタンパク質がインスリンに似た物質を活性化して代謝を変化させ、寿命を制御していた。

★線虫だけでなく、ラットなど哺乳(ほにゅう)類も食事を制限すると老化が遅れるが、詳しい仕組みは謎。

★西田教授は「人の寿命が決まる仕組みや動物の冬眠などにも、同じタンパク質が関係しているかもしれない」と話している。

★線虫は土壌などにすむ体長約1ミリの線形動物。遺伝子解析が進んでいるため生命科学研究のモデル生物として利用されている。

★チームは、線虫が食べる大腸菌を2日間隔で与えると、毎日食べる線虫と比べ、平均寿命が20日から30日に延びるのを確認した。

★詳しく調べると、Rhebが働いて老化抑制や代謝調節にかかわる複数の遺伝子のスイッチを入れていた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆昔から粗食で小食は長寿の条件といわれてきましたが、今回の発見で化学的に解明されました。

◆京都大の西田栄介(にしだ・えいすけ)教授らのチームが遺伝子レベルで解明したRhebというタンパク質が寿命を制御していたというものです。

◆それに対して無芸大食などと言う言葉が存在しますが、大食いは無芸ばかりではなく寿命を短くしていることにもなります。

◆その点、戦後全国に浸透してきた栄養学の教えは間違っていることになります。

◆1日30品目などトンでもないことです。

◆季節のものを少なめに頂くことが健康の素なのです。

《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー)

●次回の名古屋予防医学セミナーは、2月15日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

●得点:先着10名様に「がんの盲点」を贈呈いたします。

********************* 専門家養成講座のお知らせ ***********************

●1月の予防医学セミナーはお休みですが専門家養成講座はおこないます。

●1月18日(日)名古屋市東区 ウイルあいち 会議室にて行います。
 
         午前10時~12時
         午後1時30分より4時30分まで

●5時より栄で新年会をおこないます。
        


***************** 選任講師  ***************            
●予防医学セミナー専任講師


  講師:大沼 四廊 自然医学総合研究所所長 平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病は癌ではない
         執筆中:医者に命をあずけるな


**************  体験会  ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方

*****************************************





 文責:自然医学総合研究所 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、2月15日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************

●2月15日(日)名古屋市東区 ウイルあいち 特別会議室にて行います。
 
         開演:午前10時~12時
         体験:午後1時30分より4時30分まで
         費用:会員無料
             非会員は初回のみ無料
         得点:先着10名まで「がんの盲点」を贈呈させていただきます
             参加者全員に健康ジャ-ナルを贈呈いたします。

●講師

  講師:大沼 四廊 自然医学総合研究所所長 平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病は癌ではない
         執筆中:医者に命をあずけるな

  


***************** 専門家養成講座   ***************
●1月18日〔日) 名古屋市東区 ういる愛知 

●午前10時よりセミナー開始
●午後1時30分より4時30分まで実技指導
●5時より新年会(栄 豆腐会席の予定)
            
●専任講師


  講師:大沼 四廊 自然医学総合研究所所長 平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病は癌ではない
         執筆中:医者に命をあずけるな

  

**************  体験会  ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方



*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

★今冬の流行はタミフル耐性 

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★今冬の流行はタミフル耐性 

★米国のインフルエンザ

記事:共同通信社 提供:共同通信社

【2008年12月22日】


★【ワシントン19日共同】米疾病対策センター(CDC)は19日、この冬に米国で流行が始まったインフルエンザの主流は、治療薬タミフルが極めて効きにくい耐性ウイルスであるとして、医師向けに注意喚起した。

★患者から分離されたウイルス50試料のうち、49(98%)で耐性が確認された。

★このウイルス型がどの程度広がるかは不明だが、タミフルを大量に使用している日本では特に警戒が必要になりそうだ。

★CDCによると、流行を始めたインフルエンザA型の「H1N1」と「H3N2」、同B型の計3種のウイルス型のうち、ハワイや米南部テキサス州などを中心に「H1N1」が最も多く、検査した試料中98%で耐性が確認された。

★リレンザなどほかの治療薬の効果はあることから、H1N1の感染が疑われたら、リレンザか、タミフルと旧来の薬の併用を勧めている。対策に最も効果的なのは予防注射だとしている。

★CDCは「流行のほんの初期で、この冬に最も流行するウイルス型になるかどうかは、まだ分からない」としている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆ タミフル(Tamiflu またはoseltamivir)の副作用一覧
「Tamiflu® Medicine Guide 」より

●うずきと痛み (Aches and pains )
●アレルギー反応によるショック(Allergic reactions sometimes leading to shock)
●喘息-既往症として喘息がある方の悪化(Asthma - aggravation of pre-existing asthma )
●気管支炎(Bronchitis )
●肺感染症(Chest infection )
●結膜炎(Conjunctivitis )
●皮膚炎(Dermatitis )
●下痢(Diarrhoea )
●不眠(Difficulty sleeping )
●めまい(Dizziness )
●耳感染(Ear infection )
●耳の異常(Ear problems )
●多形性紅斑(Erythema multiforme)
●頭痛(Headache )
●肝炎(Hepatitis)
●消化不良(Indigestion )
●肝異常(Liver problems )
●リンパ節症(Lymphadenopathy )
●吐き気(Nausea )
●鼻血(Nose bleed )
●発疹・吹き出物(Rash or rashes)
●鼻水(Runny nose )
●静脈洞炎(Sinusitis )
●スティーブンス・ジョンソン症候群、または、皮膚粘膜眼症候群(Stevens Johnson syndrome )
●風邪症候(Symptoms of a cold )
●疲労感(Tiredness)
●腹痛(Tummy pain )
●蕁麻疹(Urticaria )
●嘔吐(Vomiting )

①重大な副作用
1) ショック、アナフィラキシー様症状(頻度不明):ショック、アナフィラキシー様症状があらわれることがあるので、観察を十分に行い、蕁麻疹、顔面・喉頭浮腫、呼吸困難、血圧低下等があらわれた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

2) 肺炎(頻度不明):肺炎の発症が報告されているので、異常が認められた場合にはX線等の検査により原因(薬剤性、感染性等)を鑑別し、適切な処置を行うこと。

3) 肝炎、肝機能障害、黄疸(頻度不明):AST (GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP、Al-Pの著しい上昇等を伴う肝炎、肝機能障害、黄疸があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止し、適切な処置を行うこと。

4) 皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、中毒性表皮壊死症(Lyell症候群)(頻度不明):皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、中毒性表皮壊死症(Lyell症候群)等の皮膚障害があらわれることがあるので、観察を十分に行い、このような症状があらわれた場合には、投与を中止し、適切な処置を行うこと。

5)急性腎不全(頻度不明):急性腎不全があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。

6)白血球減少、血小板減少(頻度不明):白血球減少、血小板減少があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど、適切な処置を行うこと。

7)精神・神経症状(頻度不明):精神・神経症状(意識障害、異常行動、譫妄、幻覚、妄想、痙攣等) があらわれることがあるので、異常が認められた場合には投与を中止し、観察を十分に行い、症状に応じて適切な処置を行うこと。

8)出血性大腸があらわれることがあるので、血便、血性下痢等の異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

②その他の副作用
次のような副作用があらわれた場合には、症状に応じて投与を中止するなど、適切な処置を行うこと

~~~~~~~~~~~~~~~
2.リレンザ(Relenzaまたはzanamivir)の副作用一覧

●うずき感 (Aches and pains )
●呼吸困難(Breathing difficulty )
●気管支炎(Bronchitis )
●気管支けいれん(Bronchospasm)
●咳(Cough )
●下痢(Diarrhoea )
●耳感染(Ear infection )
●顔面浮腫(Facial oedema )
●頭痛(Headache )
●鼻の炎症(Nasal irritation )
●吐き気(Nausea )
●発疹・吹き出物(Rash or rashes)
●静脈洞炎(Sinusitis )
●咽喉感染症(Throat infection)
●のどの締め付け感(Throat tightness)
●蕁麻疹(Urticaria )
●嘔吐(Vomiting )

(1) 重大な副作用

1)アナフィラキシー様症状:口腔咽頭浮腫等のアナフィラキシー様症状(頻度不明)が起こることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与
を中止し、適切な処置を行うこと。

2)気管支攣縮、呼吸困難:気管支攣縮、呼吸困難(いずれも頻度不明)が起こることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと(1.重要な基本的注意(2)参照)。

(2) その他の副作用
以下のような副作用があらわれた場合には、症状に応じて適切な処置を行うこと。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆以上がタミフルとリレンザの副作用である。

◆どんな薬にも副作用がありますので、日ごろから健全な生活を維持することが最高の予防です。

◆特に免疫力を高めることは予防に有益です。

◆そのためには安全な食材にして小食にし、早く寝ることです。

◆特に咳込むなどの場合には湿度を50%くらいに保ち鎖骨の周りをほぐすことです。

◆肩の周辺が緩むことで呼吸が深くなり熟睡が出来るようになります。

◆転ばぬ先の杖が重要です。



 文責:自然医学総合研究所 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、2月15日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************

●2月15日(日)名古屋市東区 ウイルあいち 特別会議室にて行います。
 
         開演:午前10時~12時
         体験:午後1時30分より4時30分まで
         費用:会員無料
             非会員は初回のみ無料
         得点:先着10名さまに「がんの盲点」を贈呈
            

***************** 選任講師  ***************            
●予防医学セミナー専任講師


  講師:大沼 四廊 自然医学総合研究所所長 平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病は癌ではない
         執筆中:医者に命をあずけるな

  講師:酒向 猛  医学博士 自然医学総合研究所顧問医
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
             千島・森下学説研究家
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)

**************  体験会  ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方



*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:shiro@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

★子どもの病気と化学物質!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★子どもの病気と化学物質!

★子供の病気と科学物質との関連、母子6万組を調査へ 環境省

記事:毎日新聞社 提供:毎日新聞社 【2008年12月22日】

★子どもの病気:化学物質との関連、母子6万組を調査へ--環境省



★アトピー性皮膚炎やぜんそくなど、近年増えている子どもの病気と化学物質との関係を解明するため、環境省は10年度から国内約6万組の母子を対象に、子どもの出生前から12歳までの健康状態を追跡する疫学調査を始める。

★国内では規模、期間ともに前例のない大規模疫学研究となる。

★同省によると、日本では過去20年間で小児ぜんそくの患者の割合(罹患(りかん)率)が2-3倍に増えた。

★ダウン症の発生頻度も過去25年間で倍増しているほか、小児肥満や小児糖尿病など代謝・内分泌系の異常の増加も目立つ。

★増加の背景には子どもをめぐる環境の変化があると推定されるが、どんな環境要因がどうかかわっているかは不明だ。

★環境省の調査は、化学物質を子どもが体内に取り込む量と、免疫系の異常、発育障害などとの関係を解明する。

★10年度から全国の妊婦約6万人に協力を求め、出産時にさい帯血(へその緒の血液)を採取するほか、出産前後から子どもが12歳になるまで、定期的に調査して健康状態を把握する。結果がまとまるのは25年ごろの見通しという。【江口一】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆日本は奇形児の出生率ではすでに50人中一人の割合でベトナムを超えて世界で一番多い国です。

◆また、新生児の発達障害も年々多くなり、出生体重が2500グラム未満の「ハイリスク新生児」の2005年の発生率は1994年よりも約30%増加しています。

◆これらの原因として3つ挙げられます。

◆最初に酸性雨などに見られるように「環境からの汚染」によるものです。

◆次に輸入食材に依存してきたために若者は必要以上の農薬を摂取しているため羊水が汚れるなど「体内汚染」が急激に進行していることです。

◆さらには、過剰なストレスを受け骨格が歪み神経や血管やリンパ管が圧迫され解毒が悪くなっていることです。

◆このような背景から不妊症が多くなり、妊娠しても発達障害が多くなっていると考えられます。

◆ゆえに具体的な対策として、国内産の有機食材など信頼できるものに切り替え、さらに歪んだ骨格を改善して解毒が出来る体に改善することです。

◆アトピー性皮膚炎や喘息などは西洋医学では難病の扱いですが、血液を浄化し骨格の歪みを改善することで結構早く改善される病状です。

◆一般的にはアレルギー疾患ということで扱われていて、本人の白血球が狂って健全な細胞を攻撃しているといわれています。

◆ところが、実際に離間している患者の白血球を調べてみますと白血球の動きが鈍く不活性型であることが少なくないのです。

◆動きの鈍い白い血球がどのようにして健全な細胞を攻撃できるのでしょうか?

◆疑問はつきません。

◆西洋医学の考え方は遺伝子が壊れているから遺伝子疾患である、白血球が狂っているはずだからアレルギー疾患である、免疫力が低下しているから免疫疾患であるとしてそれらのいずれも治せないとして扱変われています。

◆しかし、遺伝子疾患と診断された場合でも血液を浄化することは可能です。

◆アレルギー疾患でも血液は浄化できます。

◆免疫疾患の場合でも血液は浄化される可能性は90%以上あります。

◆ゆえに対象療法では葉が立たないのです。

◆賢い患者は医療を選び化学療法を止めて欧米と同様に安全な代替療法を選択して成果をあげているのです。

◆また、国際的に食の安全を見直されているのもそのためです。

◆ところが、日本人のお勤めされている人のほとんどはコンビにライフなどと言われているように弁当は持参せず危険な食事をしています。

◆未病の段階で防ぐという意識が国際的に見て低いのです。

◆逆に言えば汚染の中で感覚が麻痺しているようにも思われます。

◆自分さえよければいいという個人主義がもたらした最悪の結果でもあるように思われます。

◆現代病は環境汚染からは切り離すことが出来ませんので環境汚染を防ぐために厳しく批判する姿勢が重要です。

◆一人ひとりの国民の声が世の中を変えるのです。

◆アメリカでは13の州で代替医療に保険が利いているのは国民の意識が高いからです。

◆日本人の安全は日本人が作らなくてはならないのです。


 文責:自然医学総合研究所 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、2月15日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

********************* 専門家養成講座のお知らせ ***********************

●1月の予防医学セミナーはお休みです。
      
●専門家養成講座はおこないます。

●1月18日(日)名古屋市東区 ウイルあいち 特別会議室にて行います。
 
         午前10時~12時
         午後1時30分より4時まで

         ●4時30分より新年会をおこないます。
        


***************** 選任講師  ***************            
●予防医学セミナー専任講師


  講師:大沼 四廊 自然医学総合研究所所長 平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病は癌ではない
         執筆中:医者に命をあずけるな


**************  体験会  ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

★血液の汚れと病気!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★血液の汚れと病気!

★29歳で左乳がんを発症し、全摘された方が、再発し、抗がん剤治療は怖いことを知り断って体質を改善するためにきました。

★乳がんは30代から急激に増え、50代にはピークになって発症しています。

★それもほとんどが左側に発症しています。

★左側に多く発症している原因として考えられることはストレスによる鎖骨の歪みです。

★実際に罹患した患者さんの鎖骨が例外なく発症側が大きく歪み癒着しています。

★そのため長期間にわたり乳房の循環障害がおこり、新陳代謝が悪くなって発症にいたる様です。

★がんは免疫疾患といわれていますが、左右のいずれに発症するかを特定する条件としてストレスによる循環障害を疑う必要があるのです。

★また、がん細胞は熱に弱いといわれ患部をどんどん暖めて何倍にも肥大させるケースが後を絶ちません。

★肝腎なことは、どの血管が圧迫されているのか、また、どのリンパ管が圧迫されて発症したのか発症の原因を突き止めてリンパ管の圧迫を改善することから対応することです。

★また、最先端のがん治療として「活性化リンパ療法」や「樹状細胞療法」がダメージが少なく注目を浴びていますが、リンパ管がつまっている状態でリンパ療法を受けても期待通りには改善されません。

★大切なことは、リンパ管の圧迫を改善し、老廃物を対外へ排泄しやすい環境を取り戻すことを優先することです。

★しかし、現在の医学ではその様な研究をしている機関はありません。

★従って、賢い患者は自分で情報を調べて学習し体質改善を行なっているのです。

★がん細胞を本当に溶かすのは健全なマクロファージの作り出す「TNF」という腫瘍壊死因子です。

★問題は数値だけでは健全な細胞か否か内容が分かりません。

★そこで提案したいのが白血球の活性度を調べることです。

★しかし、この方法もまた、一般的な病院では数のバランスのみの検査しか行なわれておりません。

★自己免疫力(白血球の活性度)を目で確認したいという方はぜひ一度体験してみることをお勧めいたします。




 文責:自然医学総合研究所 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、2月15日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

********************* 専門家養成講座のお知らせ ***********************

●1月の予防医学セミナーはお休みです。
      
●専門家養成講座はおこないます。

●1月18日(日)名古屋市東区 ウイルあいち 特別会議室にて行います。
 
         午前10時~12時
         午後1時30分より4時まで

         ●4時30分より新年会をおこないます。
        


***************** 選任講師  ***************            
●予防医学セミナー専任講師


  講師:大沼 四廊 自然医学総合研究所所長 平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病は癌ではない
         執筆中:医者に命をあずけるな


**************  体験会  ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方



*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:shiro@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

★インフルエンザにタミフルは効かない!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★インフルエンザにタミフルは効かない!

★インフルエンザ昨冬の発生率、鳥取県内が突出

記事:毎日新聞社 提供:毎日新聞社

【2008年12月10日】

★インフルエンザ:タミフル効かない…昨冬の発生率、県内が突出 /鳥取



 ◇感染ルート調査へ 別の薬も備蓄進める--知事が議会答弁

★治療薬タミフルが効かないインフルエンザの県内発生率は昨冬、他都道府県と比較して突出して高かった。

★このことについて平井伸治知事は9日、県議会本会議で感染ルートを調べるため疫学的な調査に乗り出す方針を明らかにした。森岡俊夫議員(無所属)の一般質問に答えた。

★県健康政策課によると、国立感染症研究所の調査で、タミフルに耐性を持つAソ連型インフルエンザが、県内では68株中22株見つかった。

★全国では1734株中45株で、全国平均は2・6%。島根県は1・2%でしかない。県内の32・4%は突出して高いが、原因は不明という。

★耐性は、タミフルを服用したことから生じたのではなく、ウイルスの遺伝子が変異したことによるものとみられ、県東部と中部で多く見つかった。

★症状は通常のインフルエンザと同じで、予防接種は有効という。

★県は今冬、これまでの小児科8医療機関だけでなく、内科6医療機関にも協力を求め、例年の2倍にあたる約200検体を集めて調査する方針。

★患者に渡航歴や感染状況を尋ね、感染経路も調べる。また、新型インフルエンザ対策として、別の坑インフルエンザ薬リレンザの備蓄も進めていく。

★平井知事は「非常に憂慮しているが、パニックになる必要は全くない」と話した。【小島健志】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆今年もインフルエンザの季節が渡来しました。

◆毎年毎年予防の話題が尽きませんが、何よりも自身の免疫力を高めることが重要です。

◆古来から風邪は万病の元と言われてきましたが、風邪を引くということは、引き込む要因があるということであり、蓄積した疲労物質の除去や滅菌するために発熱や下痢をしている防御反応の表れです。

◆従って、解熱鎮痛剤などによる免疫抑制は防御反応を止めることになり、根本的な解決にはなりません。

◆体には自己を守る免疫の仕組みがありますが、風邪をこじらすときには例外なく肩コリや筋肉の疲労が蔓延しているものです。

◆そのため、肋骨の動きが弱くなり、呼吸が浅くなっています。

◆また、鎖骨の歪みは著しく抗体を産生する胸腺の循環障害は医学的な盲点となっていますので、化学薬品に依存する前に鎖骨の歪みを改善し、胸腺の循環を正すことです。

◆胸腺の循環障害が改善されることでリンパ球が活性しウイルスの遺伝子が変異したものでも抗体をつくることが可能となると考えられるからです。

◆予防医学の視点から湿度の確保と夜食をやめて早く就寝することです。

◆また、日ごろから有機食材を常食することで血液を浄化することも重要なポイントです。

◆実際に、ガンや難病などに罹患した方が体質改善を行うことで周りが風邪を引いても本人は引かなくなるなどと言うケースが少なくありません。

◆頑固なインフルエンザを予防するためにも規則正しい生活習慣を取り戻したいものです。

*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************

●12月21日(日)名古屋市東区 ウイルあいち 特別会議室にて行います。
●テーマ①病気を治すからだの仕組み:大沼 四廊
●テーマ②がんを克服するために:酒向猛
 
         開演:午前10時~12時
         体験:午後1時30分より4時30分まで
         費用:会員無料
             非会員は初回のみ無料
         
●●●得点①:先着30名まで椎間板ヘルニアは確実に治るを贈呈させていただきます

●●●得点②:参加者全員に「病気を治す身体のしくみ」を贈呈いたします。

***************** 選任講師  ***************            
●予防医学セミナー専任講師


  講師:大沼 四廊 自然医学総合研究所所長 平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
          
          著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病は癌ではない
      

  講師:酒向 猛  医学博士 自然医学総合研究所顧問医
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
             千島・森下学説研究家
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)

**************  体験会  ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方


 文責:自然医学総合研究所 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、12月21日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。




*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

★現代病の原因!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★現代病の原因!

★現代の病気の原因は、昔の病医の原因とは異なっている!

★昔の病気は主に過労と栄養失調が重なったもの!

★それに対して現代病といえる病気の原因は、体内汚染とストレスが大きくかかわっている!

★体内汚染とは、進む環境汚染と輸入食材による、水や食材の汚染による体液が汚れて酸化することである!

★ストレスとは過剰なストレスのことであり、自分でコントロールできない問題と対峙し、交感神経が過剰に働く状態で、副交感神経の働きが弱くなってバランスを崩している状態である!

★過剰なストレスは、糖代謝を盛んにし、糖を分解した後にできる乳酸が恒常性を上回り増える状態である!

★そのため、体液が酸化の方向へ傾くのである!

★体液の酸化は、遺伝子の水素結合部を切断するように働く!

★それによって遺伝子は次次と破壊される!

★これが究極の遺伝子疾患の原因と考えられるのである!

★新生児の場合には、妊婦の体液が汚れ、羊水も汚れる!

★そのため胎児は正常に育ちにくくなる!

★また、過剰なストレスは、全身の筋を硬直させ、血管や神経やリンパ管が圧迫されるようになる!

★そのため、新陳代謝が悪くなる!

★現代病は、このような状態の元で発病しているのである!

★ゆえに、大病院で薬漬けになっただけでは薬の毒性で体液の汚染が進むため治らないのである!

★食べ物を見直すなど生活習慣の見直しとストレス対策が重要なのである!

★ストレス対策とは、硬直した筋の影響を受けて骨格がゆがむことに対して必要な手当てを施すことである!

★具体的には、血液を浄化し骨盤や鎖骨のゆがみを改善することである!

★また、すでに発病している人の場合でも、生活習慣の見直しやストレス対策は重要である。

★ゆえに賢い患者は結果を伴うのである!

*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************

●12月21日(日)名古屋市東区 ウイルあいち 特別会議室にて行います。
 
         開演:午前10時~12時
         体験:午後1時30分より4時30分まで
         費用:会員無料
             非会員は初回のみ無料
         得点:先着30名まで椎間板ヘルニアはj確実に治るを贈呈させていただきます
             参加者全員に「病気を治す身体のしくみ」を贈呈いたします。

***************** 選任講師  ***************            
●予防医学セミナー専任講師


  講師:大沼 四廊 自然医学総合研究所所長 平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病は癌ではない
      

  講師:酒向 猛  医学博士 自然医学総合研究所顧問医
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
             千島・森下学説研究家
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)

**************  体験会  ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方





 文責:自然医学総合研究所 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、12月21日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************

●12月21日(日)名古屋市東区 ウイルあいち 特別会議室にて行います。
 
         開演:午前10時~12時
         体験:午後1時30分より4時30分まで
         費用:会員無料
             非会員は初回のみ無料
         得点:先着30名まで椎間板ヘルニアはj確実に治るを贈呈させていただきます
             参加者全員に「病気を治す身体のしくみ」を贈呈いたします。

***************** 選任講師  ***************            
●予防医学セミナー専任講師


  講師:大沼 四廊 自然医学総合研究所所長 平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病は癌ではない
         執筆中:医者に命をあずけるな

  講師:酒向 猛  医学博士 自然医学総合研究所顧問医
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
             千島・森下学説研究家
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)

**************  体験会  ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方



*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

★透析より浄血!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】



★移植よりも体質改善!

★病気腎移植原則禁止厚生労働省!

★日本移植学界は「病気腎移植」07年3月医学的妥当性ない!

★厚生労働省は07年7月原則禁止した!

★透析患者は治療を受ける権利を侵されたとして学会幹部を提訴!

★岐阜、広島、香川、愛媛の4県の透析患者と移植患者7人が10日、日本移植学会幹部ら5人に計6050万円の損害賠償を求めた!

★原告は、学会幹部らが事実と異なる発言をして病気腎移植の道を閉ざし、治療を受ける権利を侵害したとしている!

★11日移植禁止を見直す超党派連合会行われたが、学会の相川厚理事は「意見は変わらない、移植を受ける問題だけではなく、提供する人に不利益があり、やるべきではない」と話した。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆腎臓は、毛細血管の集合体で、老廃物の処理を最終的に行う臓器です。

◆腎機能障害は、過剰なストレスを長年受け続けていて、同時に油ものをよく食べる人に多く発症する病気です。

◆その理由は、交感神経が過剰に働くことで毛細血管が緊張して細くなったところへ疲れた消化器で消化できない油が血液中に混入し、毛細血管に詰まることに起因すると考えられるからです。

◆具体的には、腎臓の支配神経である腰から背中にかけて硬直しています。

◆しかし、硬直しすぎて自覚症状がありません。

◆また、脂肪を分解する酵素の働きが悪いのです。

◆なぜならば、胆嚢の働きが悪く胆汁の分泌状態が悪いからです。

◆背中の肩甲骨間にある胆嚢の支配神経の部位が硬直しているからです。

◆しかし、腎臓の部位と同様に硬直しすぎているため自覚症状がなく、自己管理が出来ないのです。

◆その結果、腎臓の中に老廃物がたまり、腎機能障害が生じることになるのです。

◆従って、食べ物を見直し、骨格全体の歪みを改善し、さらに酵素を活性化することで、固まった老廃物が溶け出し、歪みを改善することで、副交感神経の通りが改善されると、腎機能が改善するケースもあります。

◆腎臓病の原因も過労の蓄積です。

◆移植に依存する前に体質を改善するべきです。

◆体質が向上するとA1Cも変わるケースがあるからです。

◆従って早期発見早期体質改善を実行することです。

◆体質改善に関する詳細は「予防医学セミナー」にご参加ください。

◆予防医学セミナーでは、医者では解らない問題について個別の指導が受けられます。

◆ゆえに賢い患者は結果が伴うのです。


 文責:自然医学総合研究所 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、12月21日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************

●12月21日(日)名古屋市東区 ウイルあいち 特別会議室にて行います。
 
         開演:午前10時~12時
         体験:午後1時30分より4時30分まで
         費用:会員無料
             非会員は初回のみ無料
         得点:先着30名まで椎間板ヘルニアはj確実に治るを贈呈させていただきます
             参加者全員に「病気を治す身体のしくみ」を贈呈いたします。

***************** 選任講師  ***************            
●予防医学セミナー専任講師


  講師:大沼 四廊 自然医学総合研究所所長 平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病は癌ではない
         執筆中:医者に命をあずけるな

  講師:酒向 猛  医学博士 自然医学総合研究所顧問医
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
             千島・森下学説研究家
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)

**************  体験会  ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方



*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

★老眼が改善した!

★老眼が改善した!

★九州から通われているNさんは、10年以上前にひざをいためていました。

★地元の病院を回ってみてもさっぱり良くならず、民間療法にかようことでずいぶん良くなりました。

★しっかり体調が良くなったと思っていたところ胃がんになり、1年前から本部へきています。

★胃がんは1年前とは変わらず、まったく成長していません。

★とても元気になっていて、電車の時刻表を見上げたところ、めがねをはずすとよく見えることに気がつき、近状の眼科で調べてみたところ視力が改善され、老眼鏡が必要ないと言われました。

★老眼は通常治らない病状と認識されていますが血液を浄化し、全身の歪みを改善し、体温を安定することで白血球が活性化し、免疫力が安定したことによると考えられます。

★重要なことはあきらめないことです。

★私たちの体を構成している60兆個の細胞は一定の規則で代謝しているからです。

★老眼が治ったということは目の細胞も循環が良くなったことで細胞自体の新陳代謝が良くなったと考えられます。

★つまり、奇跡の元は新陳代謝が異常な状態から正常に戻ることを言うのだと思います。

★新陳代謝はどんな病気にもかかわりますのでその仕組みを理解することが重要です。

★病名に関係なくあきらめてはいけません。

★最後の砦までがんばりぬくことです。


*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************

●12月21日(日)名古屋市東区 ウイルあいち 特別会議室にて行います。
 
         開演:午前10時~12時
         体験:午後1時30分より4時30分まで
         費用:会員無料
             非会員は初回のみ無料
         得点:先着30名まで椎間板ヘルニアはj確実に治るを贈呈させていただきます
             参加者全員に「病気を治す身体のしくみ」を贈呈いたします。

***************** 選任講師  ***************            
●予防医学セミナー専任講師


  講師:大沼 四廊 自然医学総合研究所所長 平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病は癌ではない
         執筆中:医者に命をあずけるな

  講師:酒向 猛  医学博士 自然医学総合研究所顧問医
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
             千島・森下学説研究家
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)

**************  体験会  ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方


*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:shiroi@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

★朝バナナ・ダイエット 追跡2008 !

●アトピー性皮膚炎や喘息などのアレルギー疾患やがんやリウマチなどの免疫疾患やのほかにてんかんやリー脳症などの遺伝子疾患の3大疾患以外に頚椎ヘルアや椎間板ヘルニアなどでお困りの方はご相談ください。

●TEL:052-801-7063
●Email:shizen@nrt.ne.jp

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★朝バナナ・ダイエット 追跡2008 !

★日本人はダイエットと言うと何でも飛びつく!

記事:毎日新聞社 提供:毎日新聞社 2008年12月7日】

★追跡2008:朝バナナ・ダイエット 過剰な健康志向、市場振
り回す /愛知

★この秋、バナナが全国の店頭から消えたことをご記憶の方も多いだろう。

★スーパーの果物コーナーでは、開店と同時に買い占める客が殺到、昼前には売り切れる店が相次いだ。騒ぎは1カ月で収束したが、納豆やココア、寒天などに減量効果があるとして品薄になったのもつい最近のこと。

★「日本人は、ダイエットに固執して食べ物をえり好みする傾向が強い」と専門家は言う。

★これからも身近な食品が突然、食卓から消えないとも限らない。騒動の背景を追った。【中村かさね】

 ★発端はネット

 ◇メディアがブーム加速

 まず、今回のバナナ騒ぎを振り返ってみよう。

★10月初旬の平日、名古屋市名東区の「松坂屋ストア」。午前10時の開店と同時に、並んでいた10人以上の女性客がバナナ売り場へと走り出した。普段は1房しか買わない女性も、3-4房を買い物カゴへと放り込む。そして、昼までには、売り場からすべてのバナナが消え去り、果物売り場にぽっかりと穴が開いた--こんな光景が9月20日過ぎから1カ月以上も続いたという。

★同店の林雅道店長は「毎日食べていたというお客様から『買いたいのに買えない。迷惑だ』という苦情も相次いだ。納豆ダイエットの時よりすごかった」と話す。

★ブームの下地はインターネットにあった。国内最大級のソーシャルネットワーキングサービス「mixi(ミクシィ)」に、朝食を水とバナナだけにする朝バナナダイエットを語り合うコミュニティが登場したのは、06年7月のことだ。その後、この方法でのダイエット本が出版されたことから、ミクシィでの参加者も増加。

★派生したコミュニティは今でも2万5000人が登録しており、朝バナナの実践と、ダイエットの進行を報告し合っている。朝バナナの関連本4冊は11月上旬までに計90万部を売り上げるベストセラーにもなっている。

★そして、9月、テレビが店頭からバナナが消えるほどのブームに押し上げた。

★日本テレビの人気情報番組で6-8月に3回、取り上げられたのを機に、ネット外でも認知度がアップ。

★9月中旬には、TBS系情報番組でタレントの体験談として「約1カ月半の朝バナナダイエットで7キロの減量に成功した」と紹介された。スーパーに客が殺到、1、2日でたちまちバナナ不足になった。

★バナナ輸入量で国内首位のドール(東京都千代田区)は、テレビで朝バナナダイエットが紹介された6月以降、ブームを予想して、輸入量を前年比約3割増やして対応した。

★バナナなど農産物は年間生産量が限られているため、日本の輸入量を増やすために、アジア各国から少しずつ融通してもらう必要があったという。それでも9月の放送直後から10月中旬にかけては、各小売店で売り切れが続出、市場価格も押し上げた。

★愛知県知多市のスーパー「タツミ」では、通常380円で売られていた約15本のバナナが付いた房が一時は700円近くまで上がったという。

★それでも飛ぶように売れたため、1週間前から予約を取って対応した。1房に4-5本のバナナが付いた商品は、仕入れることもできなくなった。同店で働く女性(57)は「あれほどあったバナナが、こんなに売れるなんてねえ」。

★バナナがいつも通りに買えるようになったのは10月下旬。ブームは収束したが、値段は一部で高止まりしたままだ。

★名古屋市消費流通課によると、同市中央卸売市場における11月下旬のバナナ1キロ当たりの卸売価格は、昨年同期より35円高い174円。9月のテレビ放送後に一時は200円近くにまで急上昇した。平年なら120-130円台に値が落ちる夏場も、今年はブームのハシリで150円台後半-160円台を推移した。

 ★さまざまな食品登場

★日本では毎年、ダイエット食品ブームが起きていると言っても過言ではない。その歴史は30年以上前にさかのぼる。

★古くは、1975年前後に流行した紅茶キノコがある。旧ソ連の家庭で伝統的に飲まれていた飲料だったが、簡単に台所で栽培できることから大ブレーク。効能として▽血庄が下がった▽胃腸が丈夫になった▽肝機能が元に戻った▽自然にやせた--などがあるともてはやされたが、医学的には根拠がないとされた。

★フィリピンのトロピカルフルーツだった「ナタデココ」がダイエット食品としてもてはやされたのは93年。翌94年には岐阜県を震源とする「野菜スープ健康法」がブレークした。

★一方、バナナダイエットは85年にもブームになっており、今年で2回目。同様にココア(96年、07年)も2回のブームがあった。

★また、インターネットでは過去に流行した▽粉ミルク(84年)▽ゆで卵(88年)▽黒酢(00年)などが依然としてダイエット食品として紹介されており、テレビ番組などをきっかけにブームが再燃する可能性がある。

 ★日本の特殊性指摘

★ブームによって消費者が一斉に特定食品を買い集める構造を識者はどう見るか。

 ◆過剰な食料供給

★群馬大の高橋久仁子教授(栄養学)は「特に最近のブームは、過剰な食料供給と健康志向を背景に、消費者がテレビの情報に飛びついている」と見る。

★07年に流行した納豆ダイエットでは、メタボリック症候群への関心が高まったことで、中年男性までもがスーパーに走った。

★情報番組でバナナを3回も取り上げた日本テレビ総合広報部は毎日新聞の取材に書面で「健康情報については、視聴者の関心も高く、健康維持と予防を目的として、テーマを選び制作しています。今回の『バナナダイエット』に関しても、その観点から選んだテーマ」などと回答した。

 ◆自信のなさ?

★また、高橋教授は「欧米では総合的に体にいい健康食品がブームになるのに対し、日本ではダイエット一辺倒なブームが発生しやすい」と特殊性を指摘する。

★日本人は欧米人ほど肥満は少ないことは、統計的に裏付けられている。世界保健機構の05年の統計では、日本で肥満とされるBMIが25以上の女性の割合がアメリカ(72・6%)やイギリス(61・9%)では6割を超えているのに比べ、日本(18・1%)は極端に少ない。それでも、ダイエットに対し、特に女性が強いこだわりをみせているのだ。

★宮城大の樋口貞三教授(食品産業政策)は、「美の追究というより、日本女性の自信のなさがブームにつながっているのではないか」と感じている。

 ◆都合よく解釈

★キャベツダイエットを提唱したことがある吉田俊秀・京都市立病院糖尿病代謝内科部長は「情報が独り歩きして、キャベツだけ食べればやせる、と誤解されるのは迷惑」と言う。吉田部長が提唱した正しいキャベツダイエットは、食前にキャベツを6分の1玉食べることで胃に満腹感を与え、全体の食事量を減らす。キャベツに飽きたらキュウリやトマトを加える。

★要は繊維質でビタミンCが体によく満腹感も得られるものをとり、食べ過ぎを防ぐ手法で、そもそもは肥満の人のために考えられた。

★吉田部長は「ダイエットの方法は、太った原因や、減らす必要がある体重によっても違い、百人百様だ。特定の食品を食べ続けるだけで、やせるはずがない」と話す。

★大事なのは「正しい生活と、バランスの取れた食事や適度な運動」と吉田部長は強調する。取材を通じて実感したのは、こんな当たり前のことこそ、健康的なダイエットにつながるということだ。

 ■本紙記者が体験

 ◇効果不明だが規則正しい生活で体調改善

★効果があるのかどうかを実際に試してみよう、ということで、10月の健康診断で、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群、腹囲男性85センチ、女性90センチ以上)に迫る勢いの木村文彦記者(37)が、脱メタボに向けて、朝バナナダイエットに取り組んだ。

★初日のウエストは82センチ、体重70キロ、体脂肪率は25・1%。まず、起床してからコップに常温の水とバナナ1本を用意。一口ぐらいのバナナを、よくかんでから飲み込み、水を飲んだ。食べた後は、意外と満腹感があり、「これならいけるかも」と思ったが、空腹感が襲ってきて、ヨーグルトを食べて耐えた。約1時間運動もした。夕食は午後8時までに済まそうと心掛けたが難しく、10時までに済ませた。

★3、4日経過し、朝1本のバナナとコップ1杯の水も慣れた。お通じがよくなった気がしてきた。2週間後、ウエストは83センチ、体重は68・4キロ、体脂肪率は23・8%。ダイエット効果は不明だが、朝食を取ることで昼、夕食の量が減った気がする。規則正しい生活をすれば、体調もよくなるということを実感した。【木村文彦】

バナナと日本人

★日本に紹介されたのは16世紀、ポルトガルの宣教師が織田信長に献上したのが最初と言われる。1903年には台湾から正式に輸入が始まった。

★「風邪を引いた時だけ食べられる」と言われる高級滋養食品だったが、1963年に輸入が自由化され、エクアドル産やフィリピン産の流入が急増。総務省の家計調査では、04年に1世帯当たりの果物の年間購入数量が初めてミカンを抜いて1位になった。今では「日本人が一番口にする果物」になっている。

……………………………………………………………………………

 ◇ダイエット効果がある として流行した主な食品

   (年代はブームのピーク時)

1975年 紅茶キノコ

  85年 バナナ

  88年 ゆで卵

  92年 リンゴ

  99年 唐辛子

  00年 キノコ、おから、黒酢

  02年 低インシュリン食品、ビール酵母

  03年 アミノ酸

  04年 にがり

  05年 寒天

  06年 キャベツ、杜仲茶

  07年 納豆、ココア

  08年 朝バナナ

 (このほかにも、03年以降、コンニャク、豆腐、豆乳、バナナ酢などがはやった)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆さまざまなダイエットの仕方が流行しては消えて行きます。

◆大切なことは、情報に流されることではなく、日本人としての正しい食文化を取り戻すことが重要です。

◆特に楽にやせたい人は大根を沢山食べることをお勧めいたします。

◆また、大根おろしとしょうがのすり下ろしと番茶としょうゆで味付けした「大根湯」を毎朝どんぶりで半分から7分目程度を飲むことです、そして朝食を中止してみてください。

◆特に、食べ物ばかりにこだわることではなく、食べたものが順調に消化される環境として骨盤の歪みにも気をつけていただきたいものです。

◆過剰なストレスを受けることで右側の骨盤が歪むからです。

◆骨盤の歪みを改善するためには、骨盤回しが有効ですが、急激にまわしすぎても腰痛が出ることもありますので、個人の体調に合わせて加減が必要です。

◆また、さらに骨盤運動を効率よく行なうためには、骨盤にゴムバンドを巻きつけてまわすことをお勧めいたします。

◆軽い腰痛や生理痛もこれだけで解消され、カラダが軽く動くようになることで消化や排泄が改善され、ダイエットにも役立ちます。


 文責:自然医学総合研究所 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、12月21日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************

●12月21日(日)名古屋市東区 ウイルあいち 特別会議室にて行います。
 
         開演:午前10時~12時
         体験:午後1時30分より4時30分まで
         費用:会員無料
             非会員は初回のみ無料
         得点:先着30名まで椎間板ヘルニアはj確実に治るを贈呈させていただきます
             参加者全員に「病気を治す身体のしくみ」を贈呈いたします。

***************** 選任講師  ***************            
●予防医学セミナー専任講師


  講師:大沼 四廊 自然医学総合研究所所長 平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病は癌ではない
         執筆中:医者に命をあずけるな

  講師:酒向 猛  医学博士 自然医学総合研究所顧問医
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
             千島・森下学説研究家
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)

**************  体験会  ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方


*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:shiroi@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

★統合医療は始まった!

●アトピー性皮膚炎や喘息などのアレルギー疾患やがんやリウマチなどの免疫疾患やのほかにてんかんやリー脳症などの遺伝子疾患の3大疾患以外に頚椎ヘルアや椎間板ヘルニアなどでお困りの方はご相談ください。

●TEL:052-801-7063
●Email:shizen@nrt.ne.jp

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★統合医療は始まった!

★9月19日枡添厚生労働大臣が「代替医療制度を検討したい」という発言に対して麻生総理大臣は「医療制度は見直すべき」と発言されました。

★事実上医療改革は始まったのです。

★ただし、末端の医療従事者まで浸透するには数十年の歳月を要するかも知れません。

★昔から「医者選びも寿命のうち」と言われてきましたが、医者の常識はおかしいと言うことは麻生総理大臣の発言を引用するまでもなく周知のとおりです。

★従って賢い患者は医療を選択しているのです。



 文責:自然医学総合研究所 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、12月21日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************

●12月21日(日)名古屋市東区 ウイルあいち 特別会議室にて行います。
 
         開演:午前10時~12時
         体験:午後1時30分より4時30分まで
         費用:会員無料
             非会員は初回のみ無料
         得点:先着30名まで椎間板ヘルニアはj確実に治るを贈呈させていただきます
             参加者全員に「病気を治す身体のしくみ」を贈呈いたします。

***************** 選任講師  ***************            
●予防医学セミナー専任講師


  講師:大沼 四廊 自然医学総合研究所所長 平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病は癌ではない
         執筆中:医者に命をあずけるな

  講師:酒向 猛  医学博士 自然医学総合研究所顧問医
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
             千島・森下学説研究家
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)

**************  体験会  ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 四廊先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方


*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

●アトピー性皮膚炎や喘息などのアレルギー疾患やがんやリウマチなどの免疫疾患やのほかにてんかんやリー脳症などの遺伝子疾患の3大疾患以外に頚椎ヘルアや椎間板ヘルニアなどでお困りの方はご相談ください。

●TEL:052-801-7063
●Email:shizen@nrt.ne.jp


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】
★奇形児発生率NO1!

★日本は国際的に見て奇形児の出生率がNO1です。

★奇形児の出生率ではすでにベトナムを越えているのです。

★原因は輸入食材や食品添加物やジャンクフードなどに無頓着な若者が多いうえに、ストレスで骨盤が歪み血液の汚れが異常だからです。

★したがって、化学療法を選択する前に「総合免疫療法」を体験し、血液を浄化して血流を改善することを優先するべきなのです。

★血液の汚れは遺伝子疾患を誘発するからです。

★その理由は、血液が汚れることで羊水も母乳も酸化するからです。

★特に遺伝子を結合する水素結合部がき強酸性で切断され奇形になるのです。

★対症療法では解決できない問題でも血液をきれいにし、骨格の歪みを改善することで循環がよくなるのです。

★きれいな血液が循環することで健康になるのです。

★遺伝子疾患でも良くなる可能性があるのです。

~~~~~~~~~~~~ 新着情報 ~~~~~~~~~~~~

★ 治療必要な新生児増える!

記事:共同通信社 提供:共同通信社 【2008年12月5日】


★周産期医療体制をめぐっては、低体重児など手厚いケアが必要な赤ちゃんを受け入れる新生児集中治療室(NICU)の慢性的な不足が指摘される中、地域医療の中核を担う国立大病院でも9カ所でNICUが未設置という状況が文部科学省の調査で5日、判明した。

★東京都や札幌市などで相次いだ妊婦や赤ちゃんの受け入れが断られた問題では、NICU満床が主な理由に挙げられた。文科省は、所管する国立大病院のNICU病床数が少ない点を重視、拡充策を打ち出したが「緊急措置の一つに過ぎない」(幹部)のが実情。

★医療行政全体での底上げが急務な状況は変わりない。

★厚生労働省の研究班が昨年行った調査によると、全国では年間約3万6000人の新生児がNICUでの治療が必要と推計された。

★出生体重が2500グラム未満の「ハイリスク新生児」の2005年の発生率は1994年よりも約30%増加。一方で新生児の死亡率は40%改善されていると指摘し、NICUは「命のとりで」となっている。

★国公私立の全大学病院のうち4割に相当する45病院が今後、周産期医療の病床の新設や拡充する予定があるという。ただ、「産科医や新生児専門医、麻酔科医、助産師らスタッフが不足している」という指摘が多く、人材育成も大きな課題だ。

*********************************
◆患者が増えるから医者を増やせということでは何も問題は解決できません。

◆医師も患者も原因殻改善する努力が必要なのです。

◆血液がきれいになることで遺伝子情報が健全に働くからです。

◆とても単純なことで原因から改善することで信じられないほど健全になるのです。

◆あきらめてはいけません。

◆対症療法が病状を増やしている可能性があるのです。

◆ゆえに賢い患者は医療を選らんでいるのです。

 文責:自然医学総合研究所 大沼 四廊

********************* 予防医学セミナー&体験会のお知らせ***********************

●12月7日 東京予防医学セミナー
         会場:東京都中央区八重洲 井門八重洲ビル「4階」で開催されます
         開演:午前10時~12時
         体験:午後1時30分より4時30分まで
         費用:会員無料
             非会員は初回のみ無料
         得点:先着30名まで椎間板ヘルニアはj確実に治るを贈呈させていただきます。

**************名古屋予防医学セミナー***********

●12月21日(日)名古屋市東区 ウイルあいち 特別会議室にて行います。
 
         開演:午前10時~12時
         体験:午後1時30分より4時30分まで
         費用:会員無料
             非会員は初回のみ無料
         得点:先着30名まで椎間板ヘルニアはj確実に治るを贈呈させていただきます
             参加者全員に「病気を治す身体のしくみ」を贈呈いたします。

*******************************************
              
●予防医学セミナー専任講師


  講師:大沼 四廊 自然医学総合研究所所長 平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病は癌ではない
             アトピー性皮膚炎はきれいに治る
             病気を治す身体のしくみ
         執筆中:医者に命をあずけるな

  講師:酒向 猛  医学博士 自然医学総合研究所顧問医
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
             千島・森下学説研究家
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)

**************  体験会  ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 四廊先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方
◆◆◆今すぐ相談◆◆◆

●TEL:052-801-7063
●Email:shizen@nrt.ne.jp

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 ●自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

◆癌はワクチンで治せるのか!

●アトピー性皮膚炎や喘息などのアレルギー疾患やがんやリウマチなどの免疫疾患やのほかにてんかんやリー脳症などの遺伝子疾患の3大疾患以外に頚椎ヘルアや椎間板ヘルニアなどでお困りの方はご相談ください。

●TEL:052-801-7063
●Email:shizen@nrt.ne.jp

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

~~~~~~~~~~~~~~~~ 新着情報  ~~~~~~~~~~~~~~~~

◆癌はワクチンで治せるのか!

★全国初のがんワクチン外来!

★久留米大病院開設へ

記事:読売新聞 提供:読売新聞 【2008年12月4日】


★久留米大医学部(福岡県久留米市)は3日、来春から大学病院内に「がんワクチン外来」を設置し、全国初のがん患者らへのワクチン療法を始めると発表した。

★がんの治療法は手術で患部を切除する外科療法、抗がん剤を投与する薬物療法、放射線療法の三つ。ワクチン療法は免疫機能を高めてがん細胞を排除する「第4の治療法」として注目される。

★同大の伊東恭悟教授(免疫治療学)、山田亮教授(がん免疫学)らによると、それぞれの患者のがん細胞の表面にあるペプチドと呼ばれるたんぱく質を特定し、同じタイプの「ペプチドワクチン」を患者に投与する。

★ワクチンががん細胞を攻撃する体内の細胞を活性化、増殖させ、がん細胞を排除する仕組み。

★吐き気などを催す抗がん剤などと違って副作用が少ないほか、週に1度注射するだけで入院も必要ないなど、従来の治療法に比べ患者の負担が少ない。

★前立腺がん、膵臓(すいぞう)がんなどの患者500人余に対する臨床試験で安全性を確認。

★延命効果が得られた患者も多かったとして、がんワクチン外来の新設を決めた。患者には少なくとも計6回、ワクチンを投与する。

★ペプチドワクチンは医薬品として国の承認を得ていないため、公的医療保険を使えないが、患者の治療費を数十万円(6回分)に抑え、残りは大学側で負担する方針。5年以内の医薬品承認を目指している。

★ワクチン療法は、ほかに東大や札幌医大なども研究しているが、外来を設けるのは久留米大が初めてという。

★同大の薬師寺道明学長は「どの治療からも見放された『がん難民』と言われる患者への治療法を考えてきた。患者に『第4の選択肢』ができたのではないか」と話している。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆近年、癌の治療法は続々と開発されている!

◆これまでは、第一に手術が行われて、再発すると第二の手段として抗がん剤治療が行われてきた!

◆しかし、抗がん剤治療は悪性の貧血を誘発するなどで続ける患者は少ない!

◆次に再発すると、今度は放射線治療が始まる!

◆放射線治療は外科的な治療よりはダメージが少なくてよいと言うことで欧米では7~8割のレベルで行われている!

◆しかし、一時的には消すことができても再発する可能性は高く治ることはないのが欠点である!

◆そこで登場したのが活性化リンパ療法と言う方法で、患者自身のリンパ球を取り出して対外で培養し活性化したものを再び点滴で戻すという方法である!

◆この方法は放射線療法よりも患者の負担が少なくて体験される方も年々多くなっている!

◆しかし、リンパ球を増やしても癌は消える人と消えない人があるばかりか、期待された以上に治る人が少ないことがわかったのである!

◆その原因は、癌細胞の存在をリンパ給油に知らせる道案内役の樹状細胞が少ないことが原因であるとして今では樹状細胞療法へと進化している!

◆ところがそれでもどんどん改善されると言うことはない!

◆当然の結果なのである!

◆活性化リンパ療法は、手術・抗がん剤・放射線治療に続く第四の選択として期待されてきたが、どうやら期待道理の結果は出ないということである!

◆その原因は、これらのどの方法にも共通して言えることは、なぜ癌になったのかという「癌の発生」に関する研究が欠落していることにある!

◆癌はなんとなく突然変違して出来るものではない!

◆偶然に出来るものでもない!

◆出来る場所もほぼ決まっている!

◆それは、ストレスのかかりやすいところである!

◆つまり、癌は強いストレスを受けて発症している病気であるのだからストレス対策をしなければならない!

◆しかし、どの方法にもストレス対策がとられていなかったのである!

◆その点、今回新しく始まる久留米大医学部のワクチン外来にも同じことが言えるのである!

◆なぜ乳がんは左に多く発生し卵巣がんは右が多いのか、なぜ前立腺癌はほとんどが右なのかを考えるとその原因が見えてくる!

◆人間は生き物であり、がんという病気にかかってから精神的に落ち込んで当然である!

◆手術を受けたがん患者は、延々と呼び出され定期検査を受けなければならない!

◆患者葉そのつど悪くなっていたらどうしようと心配する!

◆恐怖のどん底である!

◆ストレスが過剰にかかって発症している患者に新たなストレスを加えているのが「定期健診」なのであることが解る!

◆人の血液は心配するだけで消耗され、消耗された分だけ体液が酸化する!

◆体液が酸化すると遺伝子の水素結合の部分が切断され、細胞は死ぬ!

◆これががんの悪化や進行の原因であり、癌は笑えば治ると言われる所以である!

◆しかし、検診の旅に心配が多くなることは確かなことである!

◆そんなときの対策として、医者に命を預けるな!

◆自分の命は自分で守るという決断が出来るかどうかで死亡率も変わるという研究が国際的にも進んでいる!

◆しかし、なかなか笑うことが出来ないのが患者の心境である!

◆さてストレスとのかかわりが重要なのだが、ストレスを受けた体が実際にどのように変化するのかということについては後の通信で配信する!

◆つまり、ワクチン外来も活性化リンパ療法と似たような結果になるというこ戸を予測するものである!

 文責:自然医学総合研究所 大沼 善誉

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、12月21日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************

●12月7日 東京予防医学セミナー
         会場:東京都中央区八重洲 井門八重洲ビル「4階」で開催されます
         開演:午前10時~12時
         体験:午後1時30分より4時30分まで
         費用:会員無料
             非会員は初回のみ無料
         得点:先着30名まで椎間板ヘルニアはj確実に治るを贈呈させていただきます。

**************名古屋予防医学セミナー***********

●12月21日(日)名古屋市東区 ウイルあいち 特別会議室にて行います。
 
         開演:午前10時~12時
         体験:午後1時30分より4時30分まで
         費用:会員無料
             非会員は初回のみ無料
         得点:先着30名まで椎間板ヘルニアはj確実に治るを贈呈させていただきます
             参加者全員に「病気を治す身体のしくみ」を贈呈いたします。

*******************************************
              
●予防医学セミナー専任講師


  講師:大沼 善誉 自然医学総合研究所所長 平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病は癌ではない
         執筆中:医者に命をあずけるな

  講師:酒向 猛  医学博士 自然医学総合研究所顧問医
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
             千島・森下学説研究家
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)

**************  体験会  ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 善誉先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方


*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 善誉
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。