大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★多臓器不全の原因★

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★多臓器不全の原因!

★多臓器不全にも原因はある!

★難病に化学薬品は無用である!

★難病の原因は強酸性体質を疑え!

★強酸性体質になると白血球が不活性になり、遺伝子の結合部である水素結合がこわれるのだ!

★その結果遺伝子情報の混乱が生じて多臓器不全になる!

★病名に関わらずあらゆる難病には必ずこの問題が関わっていて、対症療法で薬に依存している西洋医学とのかかわりはむしろ酸性体質を増強することになる。

★薬で病気は治りません!

★手術でも病気は治りません!

★病状には治すヒントが隠されています!

★体を血液の汚れから守ること!

★体を丸ごと見ることができれば必ず原因がわかるのです!

★医者は最善を尽くすというが、西洋医学の治療は遺伝子を傷つけるものであって、必ずしも幸せにはしてくれません!

★自然の摂理が命を守るのです。

★慌ててはいけません。

★症状を無理やり止めることは死を早く招くことになるのです。

★一歩の過ちが死を招く!

*******         *******          ******

★難病・移植手術 宗太郎君逝く!

★多臓器移植の宗太郎君は29日になくなりました!

★ご冥福をお祈りいたします!

★宗太郎くんは小腸、大腸、肝臓、膵臓(すいぞう)、胃の同時移植に成功し、一時は、念願の「ハンバーガー」を生まれて初めて食べられるまで回復したが、皮膚がただれて全身から出血するなど合併症に苦しみ9月29日なくなりました!

★フロリダ州のマイアミ大ジャクソン記念病院

2008年9月29日17時7分  ソーシャルブックマーク

★渡米前、ベッドで笑顔をみせる各務宗太郎君=東京都文京区の東京大学医学部付属病院、そうたろうを救う会提供

★生まれつき胃腸が機能しない難病の治療のため、米国で移植手術をして入院していた各務(かくむ)宗太郎君(9)=名古屋市東区=が29日午前2時40分ごろ(現地時間28日午後1時40分ごろ)、病院で呼吸不全のため死亡した。

★支援団体の「そうたろうを救う会」の梶浦祐樹代表らに入った連絡によると、現地時間の8月22日ごろから容体が悪化し、主治医のいるニューヨークのコロンビア大医療センターで、PICU(小児集中治療室)に入り、同23日からは人工呼吸器をつけていた。

★移植手術の合併症の影響で肺の機能が低下、両方の肺がともに気胸になり、呼吸管理が難しくなった。

★9月26日の誕生日あたりから、さらに容体が不安定になり、同28日には主治医の判断で投薬を中止。

★ベッドから母親の優子さん(36)が数時間だっこし、最期を迎えた。

★同じく難病の娘を持つ梶浦代表は「生きたくてあんなにがんばったのに、残念というより、悔しい」と会見で涙ぐんだ。

★宗太郎君の遺体は、今後の医療に生かすためにも、解剖して詳細な原因を探るという。

★宗太郎君は、難病の「ヒルシュスプルング病類縁疾患」と診断され、5臓器の移植手術のため2月に渡米。

★3月、フロリダ州のマイアミ大ジャクソン記念病院で、小腸、大腸、肝臓、膵臓(すいぞう)、胃の同時移植に成功した。

★一時は、念願の「ハンバーガー」を生まれて初めて食べられるまで回復したが、皮膚がただれて全身から出血するなど合併症に苦しんだ。
 
★治療費の工面のための募金を訴える記者会見では、車いす姿で自ら「ハンバーガーを食べたい」と訴えた。

★共感をよび、わずか16日間で目標額の1億2千万円を超えた。手術後は、PICUの費用などがかさみ、救う会は8月に入って募金を再開した。

★これまでに計1億8852万円が集まったが、まだ治療費の精算が終わっておらず、救う会は「まだやめない。

★もし余剰金が出たら、移植する人への寄付を検討したい」としている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆宗太郎くんの多臓器不全とは、小腸、大腸、肝臓、膵臓(すいぞう)、胃の5箇所の臓器でした。

◆多臓器の働きが同時に低下していたということです。

◆その原因としては、第一に自律神経が圧迫されそれぞれの臓器に伝達されにくい状態だったと考えられます。

◆また、自律神経は構造的に背骨の中を通るため背骨の歪みに影響されますが医学的には基礎医学で学ぶだけで医療現場では完全に無視されています。

◆また、自律神経が重篤な状態に失調するほど、体全体に緊張しますので、消化器や肝臓や腎臓などの臓器の癒着をはじめ、背骨と背骨の関節を覆う靭帯が石灰化していたはずです。

◆このような状態で、宗太郎君は肋骨全体が癒着し、肋骨の動きが小さく呼吸も睡眠も浅く、腸の蠕動運動も弱く、食欲もなく、また、血管も細く循環が弱くなり、手足の動きも弱かったはずです。

◆そのため、貧血で体温が低く酵素が不活性のため新陳代謝が異常に悪かったはずです。

◆従って、慌てて臓器の移植を決める前に背骨や頚椎の癒着を改善することができていたら、このような不運な結果には至らなかったように思います。

◆私も当時5歳の長女を難病でなくしていますが、子供を失う親の心境は誰にもわかるものではありません。

◆ただひたすら、このようなことが起こらないことを祈るだけです。


◆そのためにも対症療法だけにこだわる西洋医学だけの教育に限定することではなく、先進諸国で始まっているような「西洋も東洋も学習するという」統合医療教育が必須にならなければなりません。

◆つまり、患者を丸ごと見る能力が必要不可欠なのです。

◆「総合免疫療法」はその条件を満たすために開発されたシンプルで治癒率の高い健康法です。

◆医療改革の前に、医療教育を改革しなくてはなりません。

◆しかし、その前に、正しい情報を取得し体験し確認することです。


 文責:自然医学総合研究所 大沼 善誉

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、10月5日(日)東京 五反田ゆうぽうと(5F)で開催されます。





 ●次回の名古屋予防医学セミナーは、10月19日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

  講師:大沼 善誉 自然医学総合研究所所長 平成11年社会文化功労賞受賞

  講師:酒向 猛 千葉セントマーガレット病院外科医師 千島・森下学説研究家

 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談を承ります。

  講師:大沼 善誉先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方

 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 善誉
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

スポンサーサイト

★光と熱でがん死滅★

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★光と熱でがん死滅 !

★マウスで成功、新治療法に道 カーボンナノホーン

記事:毎日新聞社 提供:毎日新聞社 【2008年9月24日】

★カーボンナノホーン:光と熱でがん死滅 マウスで成功、新治療法に道--産総研

★毛髪の太さの1万分の1という極小の炭素集合体「カーボンナノホーン」にがんの光線力学療法の治療薬を詰め、患部に注射して治療を施すことでマウスの腫瘍(しゅよう)をほぼ消滅させることに、産業技術総合研究所と藤田保健衛生大などが成功した。

★「容器」のナノホーン自体がレーザーを吸収して高温になり、がん細胞を殺し光線力学療法との相乗効果を高めたという。

★新薬として開発を目指す。

★米科学アカデミー紀要電子版で23日発表した。
 
★光線力学療法は、光を受けると活性酸素を出す物質を患部に集め、レーザー光を照射し活性酸素でがん細胞を死滅させる治療。

★研究チームは、太さ2-5ナノメートル(ナノは10億分の1)、長さ40-50ナノメートルの角笛形をしたナノホーンの中に光感受性物質「亜鉛フタロシアニン」を入れた。

★マウスの腫瘍に注射し、毎日15分間ずつレーザー光を照射したところ、10日後に腫瘍が消えたという。

★黒色のナノホーンは、光を吸収しやすいため周囲の温度が約40度に高まり、がん細胞を死滅させる「温熱療法」の効果を発揮する。それぞれ単独で注射した場合は、消滅には至らなかった。

★産総研の湯田坂(ゆださか)雅子・研究チーム長は「ナノホーンは体内に長くとどまる性質があるため、長期の毒性を調べたり、体外へ排出する工夫が課題だ」と話している。【山田大輔】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆光線療法は60年も前から研究されていたが、閉鎖的な医学会からは認定されず消化器造血と同じ民間療法の道を歩まされることになった!

◆しかし、60年の歳月を得て、光線療法の成果が明らかにされた事は民間療法に関わるものには大変喜ばしいことである!

◆ただし、今回の研究で明らかにされたことは温熱療法と同様で一定の熱でがん細胞が消去されたというものに過ぎない!

◆癌は熱に弱い、癌は熱で溶けるといわれるが、すべてのがん細胞に同じ様に効く訳ではない!

◆その根拠は脂肪の含有量が多い細胞の場合には有効であるが腺癌などのように乳腺や血管が石灰化してできる乳がんや肺がんには同様の効果は期待できない!

◆腺がんには腺がんの原因があり、石灰化が進行した原因から改善する必要があるのだ!

◆石灰化の原因として慢性の疲労があげられる!

◆慢性の疲労時には、呼吸があさくなる!

◆呼吸が浅くなるということは、体内に二酸化炭素が残留する状態である!

◆私達の肉体には腸内細菌が無数に住み着いている!

◆その中で原始の頃から住み着いているいて「サンゴ」と似た機能を持つ細菌が、体内に充満する二酸化炭素を吸いカルシウムをつくることが明らかになりつつある!

◆従って腺がんの場合は暖めるだけではなく、呼吸を整え腸内細菌のバランスを正常にする必要がある!

◆ところが、慢性の疲労から胸部全体に硬直し大胸筋や僧房筋や脊柱起立筋が硬直し、さらには肋骨と肋骨の間にある肋間筋が癒着して肺の動きが小さくなっている!

◆呼吸を深くするためには細部にわたり改善する必要があるのだ!

◆また、石灰化を改善するのはビフィズス菌が有力で健全な細菌を多くするようにしなくてはならない!

◆つまり、食べ物を発酵できるか否かということにつきる!

◆そのためには、体温は一つの手段に過ぎず、腸の蠕動運動も重要な要素となる!

◆この蠕動運動を支配するのは自立神経であるから、自律神経の通りを安定させなくてはならない!

◆しかし、骨盤の中にある仙骨と腸骨の関節(仙腸関節はすでに歪んで靭帯が骨化し癒着を起こして神経の伝達を妨害している!

◆自然医学総合研究所ではそこまで深く患者の心理から生活習慣や細部にわたる体質の異変まで考慮して対応している!

◆さて、温熱療法といえば、秋田の玉川温泉が有名であるが、医学会は他の民間療法に対する対応と同様に冷ややかな見方をしている。

◆しかし、どれほど医学会が否定しようと真実である事には変わらない。

◆つまりがん細胞は熱に弱い事には変わらないのだ。

◆問題は解かされたがん細胞が順調にリンパに吸収され解毒されるかどうかということである!

◆医学会の常識は民間のレベルとかけ離れたもので、医学というよりは「道理に合わない信仰」の様のようなもので「迷信」の上に立てられた統計学といった方が合っているように思う。

◆統計学とは100人中何人死んで何人に変化が見られず、一部が改善されたというもので、病気の原因や正しい根拠が見えないのだ!

◆しかし、どんな病気にも原因はあるのです。

◆それが、癌の場合には癌細胞が誕生し易い「がん体質」にあるのです。

◆例えば、古いけつえきの細胞を破壊する「脾臓」の働きが低迷し、エラーする体質です。

◆また、骨盤が歪み、骨盤内臓神経の伝達が不安定で膀胱や直腸や生殖器の機能が低下し排泄が悪い状態です。

◆そのため解毒が追いつかない体質です。

◆その点は、アトピー性皮膚炎と同様ですが、違いはアトピー性皮膚炎の場合は皮膚を通じて解毒ができているため腫瘍はできないということです。

◆しかし、がん体質の場合は、白血球の動きが弱く、免疫力が低下しているため解毒もできない状態です。

◆さらに問題なのは、光線療法や温熱療法で溶かされたがん細胞を吸収するリンパ管が左の肩で詰まっていることに世界中の学者が気が付いていないため、溶かされたがん細胞が溶けて流れだしても体外には排出されず冷めたところでかたまり転移癌として認識されるのです。

◆従って、今回確認された方法でも一時的、部分的には消去できることもアルだろうががん体質を根底から改善できることはありえない。

◆しかし、これまでの抗がん剤に比べて重篤な副作用もなく安全性は確保されたことには医学がまた一歩進化したといっても過言ではない。

◆患者は安全で確かな医療を求めているのです。

◆理想的な方法はそれらの問題も解決した「総合免疫療法」である!

◆巷にあふれる「単品免疫療法」とは天と地ほどの違いがある!

◆つまり、あらゆる角度から問題を解決するという健康法で治癒率を確実に向上できるのである!

◆その点、保健医療は、組織が大きすぎるのと薬事行政に関する利害関係や決まり事が多く研究者が制限されるため新しい癌治療に着手できず時代の変化に遅れているのです。

◆従って、賢しこい患者は医療情報を熱心に収集し、医療現場の対応に時差を感じ、サードオピニオンとして安全で確かな代替医療を選択しているのです。

◆ゆえに患者は「医者に命を預けてはならない」のです。



 文責:自然医学総合研究所 大沼 善誉

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

 ●次回の名古屋予防医学セミナーは、10月5日(日)東京 五反田ゆうぽうと(5F)で開催されます。

  講師:大沼 善誉 自然医学総合研究所所長 平成11年社会文化功労賞受賞

  講師:酒向 猛 千葉セントマーガレット病院外科医師 千島・森下学説研究家

 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談を承ります。

  講師:大沼 善誉先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方

 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 善誉
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

★低気圧症の原因★

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】


★低気圧症の原因!

★低気圧が近づくと体調が狂う!

★誰でも多かれ少なかれそのような経験を持っているのではないだろうか!

★医学的にはあまり問題にされていない変化であるが、実は気圧が下がることで大循環が不安定になる状態です!

★しかし、低気圧が通り過ぎるともとに戻ります。

★これを私は「低気圧症」と呼んでいるのです。、

★原因は、慢性の低血圧と貧血です!

★貧血の原因は過剰なストレスによる消化器の硬直です!

★また、常に回りに気を使い、エネルギーを大量に消耗しています!

★そのため、マクロビオティックのような厳格な食事療法を徹底してもなかなか体質は向上できません。

★低気圧に負けない体を作るためには、日頃から健全な血液を大量に作る必要があるのです。

★そのためには低体温を改善すること!

★お腹の緊張を改善すること!

★そのほかには自律神経の伝達を改善することですが、この神経は頚椎から背骨の中を通っているため骨盤の歪みの影響を大きく受けるため体の歪みを改善する必要があるのです。

★しかし、西洋医学にも東洋医学にも学問としてこのような考え方はなく研究されておりません。

★東西両医学の重大な盲点なのです。

★中国整体やアメリカのカイロプラクティックなどの専門分野を除き、背骨の歪みを正すという手当てが研究されていないのです。

★しかし、どこの教授がどのように批判しようとも背骨の中を走る自律神経の構造には変わりません。

★そのためどんな名医でもこの問題は解決できないのです。

★背骨が歪んで自律神経の通りが悪化しているのですからどれほど薬を飲んでも効果は出にくいのです。

★薬の効果が出てきた頃には薬の毒性が充満し「薬原病」になり生涯俳人にされ致死量が入ることで「薬原死」を招くことになります。

★つまり、西洋医学も東洋医学も自律神経に対する基本的な問題を解決できないということに日本の医療問題が蔓延しているのです。

★自律神経は私達の生態を効率的に働くようにする神経の束です。

★その神経の束が背骨の中を通るのですから初歩的な問題なのです。

★自律神経の構造や働きなどに関心をお持ちの方は「予防医学セミナー」にご参加ください。

★自律神経が安定することで「低気圧症」ばかりではなく全ての生理機能が安定します。

★従って、賢い患者は医療を選んでいるのです。


◆ゆえに、患者は医者に命を預けてはならないのです。








 文責:自然医学総合研究所 大沼 善誉

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

 ●次回の名古屋予防医学セミナーは、9/21(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

  講師:大沼 善誉 自然医学総合研究所所長 平成11年社会文化功労賞受賞

  講師:酒向 猛 千葉セントマーガレット病院外科医師 千島・森下学説研究家

 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談を承ります。

  講師:大沼 善誉先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方

 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 善誉
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

★医者に命を預けるな!★

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★医者に命を預けるな!

★厚労相 根回し不足、

★調整難航も後期医療見直し

記事:共同通信社 提供:共同通信社 【2008年9月25日】

★再任となった舛添要一厚生労働相は、自民、公明両党の連立政権合意に盛り込まれた後期高齢者医療制度の見直しを最大の課題として取り組むことになった。

★麻生太郎首相の同意を事前に得て、舛添氏自ら見直し方針を打ち上げたものの、与党内の根回しを十分行っていなかった様である。

★地方自治体や健康保険組合など関係団体も多く、今後の調整は難航必至だ。

★野党は「期待を膨らませ、選挙が終わったら『そんな約束したっけ』と言う懸念がある」(長妻昭・民主党政調会長代理)と批判。

★厚生年金の標準報酬月額改ざん問題とあわせ、臨時国会で追及し、衆院選でも争点として取り上げる構えだ。

★安倍、福田、麻生歴代内閣で厚労相を務め、閣内にとどまり続けるただ一人の閣僚となった舛添氏は、野党の大きな標的となりつつある。

★舛添氏は(1)「75歳以上」など年齢だけで区分けしない(2)年金からの保険料天引きは強制しない?などを原則とし、1年以上かけて見直しを行う意向。

★自身直属の有識者による検討会を設置し、25日に初会合を開く。
 
★これに対し、自民党の厚労族有力者の丹羽雄哉元厚相は「わたしどもにまったく相談がない」と不快感を示した。

★公明党の山口那津男政調会長も「(舛添氏は)年齢区分を廃止するという大げさな考え方ではない」と"独走"にくぎを刺した。

★山口氏らの意向も踏まえ、連立政権合意は「法律に規定してある5年後見直しを前倒しして、よりよい制度に改善する」との表現にとどまった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆政治は個人プレィではできない!

◆大切なことは他の大臣と情報の共有である!

◆つまり、根回しで決まるのである!

◆しかし、舛添厚労相は、そこまで配慮できていなかった様である!

◆従って、どんな正しいことでも「揚げ足を取られ」空中分解することになる!

◆このような状況の中で郵政民営化と医療改革に着手したのは小泉元総理であるが、アメリカと違い改革が進まない日本の政治情勢から「役割は済んだ」ということで引退する。

◆これでは益々政治が混乱するのではないか!

◆改革は痛みを伴うという心情が大切である!

◆しかしその痛みがいやで改革をしないという議員が多い!

◆国民目線で医療費も給食代もやすくなればいい!

◆しかし、そんな都合のいいことばかりではない!

◆本当に日本が健全な状態になるには、国民が自立して健康管理を行うことである!

◆来月には厚生年金が15%台に上昇する!

◆後期高齢者の保険料負担が200万人増える!

◆また、65歳以上で年金から医療保険料を天引きされる人も増える!

◆天引きをされる高齢者は625万人にも上ることになる!

◆この原因はやくに経たない「保健医療」にある!

◆医療費のほとんどが慢性病や生活習慣病に費やされているからだ!

◆慢性病や生活習慣病のほかには薬原病や医原病と言われている病気も少なくはない!

◆むしろほとんどが薬原病や医原病なのである!

◆病気の本当の原因は無理をし続けることである!

◆従って、病気を治すためには長年蓄えてきた疲労を取り除くことである!

◆つまり、ほとんど医療費は使用する必要がないのである!

◆国民が少し賢くなるだけでほとんどの医療費は必要はなくなる!

◆その結果、国民は薬害から救われて健康になり、就労率が多くなるだけではなく、社会保険料も少なくなるのである!

◆つまり、国民が予防医学を学び病気にならないようにすることが重要なのである!

◆しかし、現実の学校教育では栄養学など50年以上前のままで授業が行われていますし、医学部でも100年も前の授業がおこなわれています。

◆病状は病気を治すためのサインですが、この病状の持つ意味も解らないのが医者になるのです!

◆病状の意味を知らず、ひたすら止めるために免疫抑制剤に依存する体質を作り、患者を増やしtているのです。

◆どんな病気にも原因はあるものです!

◆病状の意味を解明し原因から改善することです!

◆それらのほとんどが、薬原病や医原病のほかに慢性病といわれている生活の悪い習慣の結果できたものであることを知るべきです!

◆また、私達の体の中には,病気を治す仕組みもあります。

◆壊れた遺伝子も自然修復することが解明されていますが、日本のマスコミはこのような正しい情報を流すことはありません。

◆その理由は患者には喜ばしいことですが、医者や病院経営者には不利なことだからです!

◆日本のマスコミは医者や病院経営者に不利益になることは報じません。

◆その理由は、正しい情報を報じた新聞社は製薬会社から広告を出してもらえなくなるからです。

◆どんないいことでもすぐに改善できないのは反対する人間も利権がらみで意外と多いのであるということです!

◆日本の悲劇は30年先きを見据えた政治を行う本物の政治家がいなくなったことにある!

◆また、無駄なものを無駄だと正直に言える大人も少なくなった!

◆高齢者を大切にすることはいいことであるが施設の中の生活は家族にとっては便利ではあるが、本人には必ずしも幸せではない!

◆その利便性のため年金も保険料もどんどん上げられるのである!

◆つまり、高負担で高保障かそれとも低負担で低保証か国民はどちらかを選択しなくてはならないのであるが、医療内容の現実は高額な検査や医療などが多くなっている割には治癒率が低く、高負担で低保障なのである!


◆従って賢い患者は生き方を変え、安全で効果的な医療を選択しているのです。

◆ゆえに、患者は医者に命を預けてはならないのです。



 文責:自然医学総合研究所 大沼 善誉

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

 ●次回の名古屋予防医学セミナーは、9/21(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

  講師:大沼 善誉 自然医学総合研究所所長 平成11年社会文化功労賞受賞

  講師:酒向 猛 千葉セントマーガレット病院外科医師 千島・森下学説研究家

 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談を承ります。

  講師:大沼 善誉先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方

 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 善誉
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

★厚労相「代替制度を検討」★

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】


★厚労相「代替制度を検討」

★厚労相「代替制度を検討」1年かけ議論 後期高齢者医療制度

記事:毎日新聞社 提供:毎日新聞社 【2008年9月20日】

後期高齢者医療制度:厚労相「代替制度を検討」 1年かけ議論



★舛添要一厚生労働相は19日、75歳以上が対象の後期高齢者医療制度に代わる新たな制度の創設を検討する考えを固めた。

★新制度は、対象者を年齢で区分せず、年金からの天引きも強制しない仕組みとする方向だ。

★1年程度かけて議論を深めるという。

★後期高齢者医療制度は今年4月にスタートしたが、制度の周知が遅れたことに加え、保険証が誤配達されるなどのトラブルが相次いだ。

★特に年金からの保険料天引きについては、過徴収などのミスも相次ぎ、高齢者らが「老人切り捨て」などと猛反発した。

★民主党は国会に同制度の廃止法案を提出し、次期衆院選の争点の一つに掲げている。

★舛添氏は衆院選への悪影響を考慮し、見直し方針を打ち出したものとみられる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆高齢者は医療に頼るな!

◆高齢者だからこそ自然主義に徹底すればいい!

◆高齢者の医療で最も重要なことは、化学療法に依存せず、冷やさないようにして、自然食などの食材にして良くかんでたべることと早く寝ることです。

◆どんな複雑な病気にも必ず原因がありますが、科ごとに細分化された西洋医学では一人の患者に複数の主治医がつき、それぞれの科ごとに化学療法を受けるため薬の副作用で病状は複雑になるばかりです。

◆日本では慢性病の発症年齢が年々低下の傾向にあり、30代から40代で病院に通い薬漬けになることは珍しいことではありません。

◆しかし、化学療法では原因は治ることはなく、生涯病院へ通うことになり、20年も30年も薬漬けになるケースがほとんどでその結果重篤になり、社会保障の対象になる人が増やされています。

◆従って、後期高齢者医療に重要なことは長年依存してきた薬の毒を中和することである!

◆薬の毒を中和することと、合わせて慢性の疲労を取り除くことです。

◆従って、厚労相が「代替制度を検討」するというのであれば危険な医療の中だけで選択することではなく人間の生理的な機能を安定させるような方法を選択することが重要です。

◆ところが日本の医学の中には毒で毒を制するという考えはあっても、薬草などの自然療法で解毒するという概念がありません。

◆また疲労と病理の研究も存在していませんし、慢性の疲労を改善する方法も研究されておりません。

◆高齢者は骨盤が歪み姿勢が悪いケースがほとんどですが、このため脊髄神経の通りが不安定になり、内臓を支配している脊髄神経の伝達能力が不安定になっているものです。

◆そのため内蔵機能がふちょうとなり血液検査にも以上が出るのです。

◆従って、原因も解らない内科で薬づけになる前に中枢神経の通りが改善されるように、光線療法など温熱療法で冷えをとり、食べ物を見直して体質を改善することが重要です。

◆特に病歴の長い患者は、関節を覆っている靭体という髪の毛のような組織が循環障害のため、骨化しているケースが多発していますので近赤外線療法を併用したあとに独自に開発したソフトセラピーを施すことで癒着が改善され自立神経も安定し、若々しくなることができるのです。

◆原因から改善するためには「サードオピニオン」という立場の代替医療を選択する必要があります!

◆しかし、日本の医療は保健医療しか存在しておりませんので理想的な治療を受けることはできません。


◆アメリカのがんセンターでは所長自ら抗がん剤は無力だとか食事療法で癌が消えたという真実wo
公然と報じている!

◆しかし、日本の医療政策にはほとんど反映されていない!

◆その原因は、日本の医療は経済優先主義だからである!

◆治すことより経済を優先していることに問題があるのです!

◆そのため、多くの医者は本音を語ろうとしないのです!

◆食事療法や整体では大病院の経営が成り立たず、手術や抗がん剤や放射腺治療や重粒子線治療のように高額の収入を優先しているからです。

◆ゆえに、患者は医者に命を預けてはならないのです。

 文責:自然医学総合研究所 大沼 善誉


 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》
東京でも毎月1回国際自然免疫学会主催による「予防医学セミナー」を行うことになりました。関東地区で予防医学士として活躍されたい方はぜひ参加してください。

★ 東京“予防医学セミナー”

日時: 10月5日(日) 午前9時半開場 午前10時開演
            午後12時頃終演予定
   
   会場: 五反田ゆうぽうと(むらさき)
      
   〒141-0031 東京都品川区西五反田8-4-13



★★テーマ1:癌を克服するために

★講師:酒向猛 医学博士
    自然医学総合研究所顧問医
    元岐阜県多治見病院外科部長
    現在千葉県セントマーガレット病院外科医&統合医療医

★テーマ2:完全なる治癒のしくみ 医者に命を預けるな!

★講師:大沼善誉
    
    自然医学総合研究所所長
    2000年5月上海中医薬大学主催の国際シンポジウム    にて数多くの自然治癒の症例と理論を発表
    平成11年度社会文化功労賞受

★テーマ3:午後実技の体験
血液画像分析、自律神経の測定、光線療法のポイント
SST骨盤理学調整の指導など

◆費用:会員無料、非会員初回のみ無料


◆予防医学セミナーでは自然治癒のプロ「NPOプロサポート」が支援いたします。

◆また健康医療市民会議では全国の自然治癒の症例を収集し厚労省など国会議員に情報を流し、医療改革を推進し地球の緑化運動を推進しています。

◆皆様のご参加をお待ちしております。

◆自然治癒の症例はhttp://www.nrt.ne.jpをご参照ください。

◆緑化運動や自然治癒のお問い合わせは

電話相談:052-801-7063
携帯電話:090-5861-4489

Email:shizen@nrt.ne.jp まで







 文責:自然医学総合研究所 大沼 善誉

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

 ●次回の名古屋予防医学セミナーは、9/21(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

  講師:大沼 善誉 自然医学総合研究所所長 平成11年社会文化功労賞受賞

  講師:酒向 猛 千葉セントマーガレット病院外科医師 千島・森下学説研究家

 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談を承ります。

  講師:大沼 善誉先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方

 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 善誉
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

★国立大学16病院が赤字!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★国立大学病院16施設で赤字!

★国立大学の附属病院、16病院が実質赤字状態に  文科省

記事:WIC REPORT 提供:厚生政策情報センター 【2008年9月16日】

★国立大学法人等の平成19事業年度財務諸表の概要(9/11)《文科省》

★文部科学省は9月11日に国立大学法人等の平成19事業年度財務諸表の概要を公表した。国立大学法人等の財務状況の傾向・特色等では、16附属病院が実質赤字状態にあることが明らかになった(P4参照)。

★附属病院においては、平均在院日数の短縮、化学療法の充実等による外来患者の増加等による大幅な増収及び医薬品や診療材料等の在庫管理を徹底するなどの診療経費の節減等経営努力により、附属病院全体としては、業務損益ベースで387億円と、前年度比56億円(17.1%)の増益となっている。

しかし、42 附属病院中6附属病院において業務欠損が発生しており、さらに修正損益ベースでは、16附属病院が実質赤字状態となっている、と報告している(P4参照)(P33-P34参照)。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
★国立大学病院も崩壊する!

★国立大学病院が16の病院で大きな赤字を背負っていることが明らかになった!

★その最大の原因は責任の所在が明らかにされていないことにある!

★つまり、国営であって働く人に自己責任がない!

★新しい検査機器などほしいものは予算の獲得のみで手に入れる事ができるという仕組みがる!

★検査機器ばかりか病院の施設でも「能力」以上に投資してきたという経緯が致命傷となっている!

★一言で言えば無責任な人が経営をしてきたということである!

★病院が黒字に転換すればいいというものではないとは思うが、あまりにもずさんではなかろうか?

★欧米では、CAMと言われている代替医療が7割をこえて支持されていて、保険が効くところもある!

★日本ではまがい物と認識されている代替医療ではあるが生活習慣病にはおおきな成果が出ている!

★従って、賢い患者は代替医療を選択して成功しているのだ!

★そのような背景で、化学療法や放射腺療法に見切りをつけて病院離れが全国的に波及していることも一因であろう!


★人間の病気は、特別な無理をしてきた人や就寝時間の遅い人、食べ物の安全性を考えない人、薬が大好きというひとなど「医原病・薬言病・習慣病」という生活の内容が間違った「反自然派」が病気になっていることを一般の人も知ることができるようになってきたこともとても大きな要因である!

★他には大学病院は若手の医者が靭体実験をする場でアルと言う事実紋知られるようになったことも要因であろう!

★サリドマイドのような猛毒に依存する厚労省や大学病院には大切な命を預けることはできないと判断する人が増えているということの表れである!

★患者は自然に治したいと切望しているのである!

★患者の望む医療を行うところが伸びてゆくことは当然の結果であるし、たとえ国立の大学病院であっても無駄な医療施設は自然淘汰されるのである!

★大病院など行かなくても私達の遺伝子は疲れを取り除くだけで90%以上回復するのです。

★その自然治癒力を抑制しているのが西洋医学の化学量違法なのです!

★患者が離れて当然です!

★セカンドオピニオンも同じ立場です!

★手術や化学療法や放射腺療法でさえも原因は解決できないからです!

★原因から改善するためには「サードオピニオン」という立場の代替医療を選択する必要があります!

★アメリカのがんセンターでは所長自ら抗がん剤は無力だとか食事療法で癌が消えたという真実が公然と報じている!

★しかし、日本の医療政策にはほとんど反映されていない!

★その原因は、日本の医療は経済優先主義だからである!

★治すことより経済を優先していることに問題があるのです!

★そのため、多くの医者は本音を語ろうとしないのです!

★食事療法や整体では大病院の経営が成り立たず、手術や抗がん剤や放射腺治療や重粒子線治療のように高額の収入を優先しているからです!

★ゆえに、患者は医者に命を預けてはならないのだ!

 文責:自然医学総合研究所 大沼 善誉

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

 ●次回の名古屋予防医学セミナーは、9/21(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

  講師:大沼 善誉 自然医学総合研究所所長 平成11年社会文化功労賞受賞

  講師:酒向 猛 千葉セントマーガレット病院外科医師 千島・森下学説研究家

 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談を承ります。

  講師:大沼 善誉先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方

 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 善誉
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

★メラミンより怖い抗がん剤治療!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★メラミンより怖い抗がん剤治療!

★2007年にメラミンが混入された中国企業製ペットフードがアメリカ等に輸出され、犬や猫が主に腎不全で死亡する事件が起きた。

★メラミンのラットでの経口投与による半数致死量(LD50)は 1-3g/kgで、メラミン自体の急性毒性は比較的低い[2]。

★この事件ではメラミンと、メラミンに含まれるメラミン合成時の副成品であるシアヌル酸が、尿中で反応し生成した結晶(シアヌル酸メラミン:メラミンシアヌレート)が腎不全を引き起こしたものと考えられる[3]。

★メラミンはペットフード中のタンパク含有量(窒素含有量)を多く見せかけるために混入された[4]。

★2008年には中国においてメラミンが混入した粉ミルクが原因で乳幼児に急性腎不全が多数発生した[5]。

★通常メラミンは水にほとんど溶解しないが、溶解補助剤により人為的に溶解性を高めていたとされる[6]。

★メラミン混入の牛乳を原料に使用し、死者を出した中国の大手乳製品めーカーの伊利集団の牛乳を丸大食品が使用して「抹茶あずきみるくまん」「クリームパンダ」「グラタンクレープコーン」「角煮パオ」「もっちり肉まん」を4月から8月にかけて製造販売していた。

★丸大側はすでに消費されているが健康被害がない理由として「使用している牛乳の料が少ないため」と説明している。

★その点全国的にばら撒かれていた「事故米」と同じである。

★健康被害がないからいいということなのだろうが、利益を追求する企業としては「事故米」もメラミンも代用品として使用されてきたのである。

★こんな事は今回だけの問題ではなく外食産業や弁当には当然のように東南アジア産の食材が使用され、その弁当を毎日欠かさず食べている人に失明などの被害が出ている。

★しかし、健康被害届けを出さなければ被害はなかったという扱いになっている。

★消費者は企業家の心理を見極めて選択する必要があるようで油断はできない。

★しかし、同じ猛毒でもサリドマイドは再販される。

★その理由は毒性を生かして癌患者に薬の効果が期待されると言うことである。

★去年1年間で33万6千人もの人が癌でなくなっていて、その約8割の27万人ほどは抗がん剤で貧血になったり、免疫を抑制しすぎて肺炎を誘発してなくなっているにも関わらずである。

★医薬品業界や医療関係者もまた、患者を消費者と同じ目線でみて薬漬けにしているのだと思う。

★通常、病院でなくなった場合、死亡の原因は「病気」となる。

★しかし、裁判に掛けて明らかな医療ミスと認められた時だけは認めるが、他は認め様としない。

★食品業界も病院も同じ穴のムジナの様である!

★ゆえに賢し患者は医療を選ぶのです。

●どんな病気にも必ず原印がありますが、西洋医学の検査だけでは不十分なのです。

●関節の機能はもちろん、X線に移らない血管の脈動や血管内日細胞の異常でも代謝は悪化するものです。

●特に難病系の場合には必ず白血球の動きが微弱な状態になっていますので、化学療法では免疫力が急変し、麻痺状態になるので注意が必要です。

●ゆえに賢い患者は医療を選択しているのですし、欧米では自然療法が重要視され、保険が適応されているところもあるのです。

●遺伝子の自然修復に対して詳しく学びたい方は「予防医学セミナー」にご参加ください。

●西洋医学の治療法に矛盾を感じている方や自然療法に関心おある方は「予防医学セミナー」にご参加ください。

●予防医学セミナーでは医学部でも学ばれていない「自然治癒の原理」を学習できます


 文責:自然医学総合研究所 大沼 善誉

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

 ●次回の名古屋予防医学セミナーは、9/21(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

  講師:大沼 善誉 自然医学総合研究所所長 平成11年社会文化功労賞受賞

  講師:酒向 猛 千葉セントマーガレット病院外科医師 千島・森下学説研究家

 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談を承ります。

  講師:大沼 善誉先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方

 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 善誉
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

★サリドマイドが販売再開★

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】



★サリドマイドが販売再開

★サリドマイドは、旧厚生省が1957年に睡眠薬、その後胃腸薬としても製造を承認した薬である。

★当時は「副作用が少ない」などと宣伝されたため、多くの妊婦が服用し、手足に障害を持った子供が相次いだため、日本では62年に販売中止となっていた。


★世界10数カ国でも同時期に発売された。

★ところが、血管を新しく作る働きを抑えることで障害の原因になった副作用が、ガン細胞の増殖を抑える可能性があるとして注目された。

★1960年代に薬害事件の原因となり、販売が禁止されたサリドマイドが、様々な病気に効くことが分かってきた。

★サリドマイドは53年にスイスで初めて合成された睡眠薬、鎮痛剤としてドイツ・英国・日本など46カ国で発売された。

★だが各国で手足などに障害がある子供が多く産まれ、61年ドイツのウィデュキント・レンツ博士が妊娠初期のサリドマイド服用が原因と警告。市場から姿を消した。

★新たな薬効は65年、イスラエルで偶然見つかった。

★ハンセン病患者に鎮痛剤として処方したところ、手足にコブ状の腫れが出来て痛む、結節性紅斑という症状が12時間で消えたという

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
◆サリドマイドは猛毒である!

◆その猛毒の力で生命の根源となる新生血管を殺すことで様々な病気の進行を抑えることができるという。

◆つまり、猛毒による免疫抑制剤であることには他の抗がん剤と変わらない。

◆しかし、現在の医療現場では病気の原因がわからないということで患者をあきらめさせて生涯薬漬けにする方法が選択され医療の常識とされている。

◆免疫抑制の被害が何かわからない患者はとりあえず楽になればと薬に依存する。

◆薬で病気は治せるはずはありません。

◆まして猛毒で健康になろうと思うことすら病気の現れである。

◆自らの生活習慣を見直すことで気質や体質を改善する以外に方法はないからである。

◆しかし、多発性骨髄腫の患者らで作る「日本骨髄腫患者の会」(東京都小金井市)は2002.10/28、厚生労働省に要望書を提出している。

◆こんな状態だから製薬会社は潤い、日本の薬事行政は変わらないのである。

◆その原因は、大病院の処方箋には重篤な副作用が記載されていないことである。

◆日本の患者は、盲目で医者の言うことだけを信じる風潮がある。

◆自分の病気を自分の責任で治そうとする習慣がないのである。

◆国際的な規模で患者を医療から守る会が発足し、医者以上に研究をしているグループがある。

◆しかし、日本は先進国の中にいながらそのような運動は起こらない。

◆ほんの一部の勇者の集いがあるだけである。

◆私達は人間の健康とは化学薬品の存在しない自然環境の中にしか存在しないことを日々実証しているのである。






 文責:自然医学総合研究所 大沼 善誉

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

 ●次回の名古屋予防医学セミナーは、9/21(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

  講師:大沼 善誉 自然医学総合研究所所長 平成11年社会文化功労賞受賞

  講師:酒向 猛 千葉セントマーガレット病院外科医師 千島・森下学説研究家

 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談を承ります。

  講師:大沼 善誉先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方

 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 善誉
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

★事故米より怖い抗がん剤★

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック


★事故米より怖い抗がん剤!

★名古屋の接着剤製造会社「浅井」から農薬「メタミドホス」に汚染された中国産の米”862トンの転売を受けた三重県の「ノノガキ米穀」が愛知・三重・岐阜・京都府の4社転売していた事件が明らかになった!

★東海農政局と農林水産省の調べによると再転売先は全国に広がっていてすでに病院や学校の給食の外にも酒やお菓子などの「食用」にも利用されていた。

★東京の大手給食業者の「日精医療食品」に転売されたものは、病院や学校や高齢者福祉施設など119箇所の施設に転売されすでに消費されていた。

★大阪の堺市にある4箇所の高齢者施設では23Kgのもち米が納入され赤飯にして全て消費されていた。

★滋賀県でも病院など10箇所43kgが流通し、すでに42kgが消費されていた。

★しかし、これまでに健康被害は報告されていない。

★汚染舞事件はあってはならないことであるが、経済優先主義の日本と中国とアメリカでは日常茶飯時のことである。

★業者側から見れば、たまたま見つかっただけのことである。

★再発防止策はまだできておらずこれからも行われるにちがいなとみるべきである。

★従って、本当に賢い人は田舎に引っ込み、環境の良いところで自給自足をしているのだ。

★外食は危険であるが、それ以上に危険なのは学校給食や病院食や高齢者の施設食が少ない予算で賄う以上、事故米も当然のことなのである。

★商売の原則は、安く買って高く転売することである。

★その点、病院で使用されている薬は薬価1000倍ともいわれていて最も大きな利益を上げている。

★特に劇薬の抗がん剤は0,1mg70000円と最高値である。

★事故米事件も転売が問題だが病院で処方されている薬も転売である。

★抗がん剤は全国の病院で転売され昨年だけで33万6千人もの患者ががんで亡くなっている。

★薬の毒性から元気を取り戻した患者は亡くなるまで延々と処方されて被害を受けている。、

★病院での化学療法の被害は汚染米の比較にはならないが厚労省は何も問題にしていない。

★化学療法で殺されたことが明らかになった時だけ頭を下げるのだ。

★安全な農薬が存在していないように、安全な薬など存在しないのだ。

★健康管理は、安全な食べ物と有機の食材を食すことに限るのだから基準値を厳しくすればいいことである。

★まして人間を含めた「哺乳類」は消化器で消化しながら造血をおこなっている。

★食べものが直接血液の材料になるのですが、医学部では骨髄造血しか学んでいないため多くの医者は食べ物は血液に影響しないなどとした暴言を吐き、消化器造血を蔑視する。

★アメリカではスミソニアン博物館に日本人で初めて殿堂入りを果たした「久司道夫」先生が食事療法とヨーガなどの民間療法で大勢の患者さんを救っている事実があるが日本の医師会からは無視をされている。

★どうやら患者も消費者も「自然」以外を信じてはいけない様である。


 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

 ●次回の名古屋予防医学セミナーは、9/21(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

  講師:大沼 善誉 自然医学総合研究所所長 平成11年社会文化功労賞受賞

  講師:酒向 猛 千葉セントマーガレット病院外科医師 千島・森下学説研究家

 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談を承ります。

  講師:大沼 善誉先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方

 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 善誉
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

★ミトコンドリア脳症の原因!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】
★ミトコンドリア脳症の原因!

★リー脳症やリー症候群にも原因はある!

★①一般に、乳幼児から始まる精神運動発達遅延で、とりわけ
   退行を伴います。
   ②血中・髄液中の”乳酸値”が高いです。
   ③頭部CTまたはMRIにて大脳基底核中心の
   左右対称の変化がみられます。

<初発年令と性差>
   ほとんどが2歳以前に発症すます。
  性差ははっきりし手いません。

<初発症状>
  何となく活気に乏しい・筋力が弱い・哺乳がうまくない
  嘔吐・下痢や便秘・発達遅延など。
眼症状  (眼振・眼球運動異常)も伴いやすい。

<典型的な経過と臨床症状・予後>
乳児期から精神運動発達遅延が進行し、何となくおかしい
といった訴えも多い。進行すると呼吸不整や無呼吸
といった呼吸器の合併が効率でみられる様になり
何らかのきっかけで人工呼吸管理に至る事が多い。
意識障害やけいれんの合併も少なくはなく、予後は
病因とその異常の程度による。

◆治療法について

残念ながら現時点では西洋医学では決定的な治療法や治療薬はなく、
現実は大変厳しい状況にあります。

しかし病態の解明についての研究は世界各地で進られていますので
近い将来には病因や治療の解明される日がくると信じて新薬が次々と開発されています。

公的補助
神奈川県においてはミトコンドリア脳筋症として
平成13年時点では小児特定疾患に指定されています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆実際に発症している子供たちは、骨格の形成が悪く、特に股関節や鎖骨と胸骨の関節(胸鎖関節)の動きが悪く、大血管が圧迫されているケースがほとんどである。

◆特に両側の鎖骨に狂いが大きく出ることで、頭部全体の循環が障害され、脳の発達障害や成長ホルモンの分泌にも影響が出ます。

◆さらに、鎖骨が障害されることで、迷走神経という副交感神経の枝が圧迫され、呼吸が浅く、血管の萎縮が起こります。

◆また、仙骨と腸骨でつくる仙腸関節が狂うことで歩行困難になりますが、西洋医学はマニュアルに依存しているため、マニュアルにないことは手当ての対象にならず、何年もの間原因不明として扱われてきたのです。
◆血液中の乳酸値が高いのは、肝臓までの血流が弱く、乳酸を解毒する乳酸デヒドロゲナーゼという酵素の前駆体が作られないことに起因します。

◆また、骨盤や背骨が歪み自律神経が不安定で、腎臓や膀胱の働きが弱く、排泄が悪い状態で、新陳代謝が滞っている状態です。

◆実際には血管が細くて硬医状態で激しく動いた後に酸素が不足し呼吸不整や無呼吸の原因にもなるのです。




 文責:自然医学総合研究所 大沼 善誉

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

 ●次回の名古屋予防医学セミナーは、9/21(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

  講師:大沼 善誉 自然医学総合研究所所長 平成11年社会文化功労賞受賞

  講師:酒向 猛 千葉セントマーガレット病院外科医師 千島・森下学説研究家

 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談を承ります。

  講師:大沼 善誉先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方

 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 善誉
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

★解散相次ぐ健康組合

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★9割赤字、解散相次ぐ恐れ

★健保組合の08年度見通し

★高齢者医療へ負担増


★記事:共同通信社 提供:共同通信社 【2008年9月11日】

★健康保険組合連合会は10日、65歳以上の医療費を賄うため各健保組合が拠出する負担金の増大に伴い、2008年度は約1500組合の9割が赤字決算になるとの見通しを明らかにした。

★09年度以降も財政状況はさらに悪化することが懸念されるという。
 
★トラック輸送大手の西濃運輸健保組合や持ち帰りすしチェーンを展開する京樽健保組合など計13組合が4月以降、負担増に耐えられず解散する。

★中小企業のサラリーマンらが加入する政府管掌健康保険(政管健保)に移るなどしており、今後も健保組合の解散が増える可能性がある。

★75歳以上を対象とした後期高齢者医療制度の4月スタートに伴い、同制度への拠出に加え、65-74歳の医療費も加入者数に応じて負担する仕組みに変わったことが主な理由。

★新制度導入前の07年度は、全体の45%に当たる680組合が赤字決算になるとしており、導入後の08年度には赤字組合が倍増することになる。

★健保連は、06年度の医療制度改革の前に、政府側から65歳以上の医療費を賄うための負担増は1100億円程度と説明を受けていたが、実際には約4000億円に膨らみ、増加分のうち74歳以下が約3200億円を占める。

★健保組合が負担増に対応するには、保険料率の引き上げなどが必要。

★しかし、西濃運輸健保や京樽健保などは労使合わせた料率が政管健保の8・2%を超えることになり、解散に踏み切った。

★移行先の政管健保は医療給付費の13%を国庫で負担しており、解散が増えれば国庫負担も増大する。

★政府は、健保組合の負担増の激変緩和措置として本年度予算に約148億円を計上しているが、健保連は不十分として今後大幅な増額を求めていく方針だ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆日本は、国民皆健康保険に加入し、どんな場合でも保険で対応してくれるようなイメージでした!

◆しかし、この仕組みを作った時代からは考えられないほど少子高齢化が急速にすすみ、この制度の盲点として大きな赤字を背負うようになりました。

◆また、国民皆保険の制度は、学校給食のようで、便利ではあるが、「質が悪い」ということで悪評です。

◆西洋医学では原因がわからないとして手術や化学療法で対応するばかりで、完治することはまれです。

◆つまり保険で適応される医療では病気は治せず、むしろ薬の副作用で病状が増えることになり、高血圧症や糖尿病などでも、10年20年30年と薬を飲み続けるケースが多発し、医療費を持ちあげ
て赤字を増大してきた一因です。

◆日本が赤字財政から完全に脱出し、長期安定を図るには、国民が皆健康で自立した経済力を有することです。

◆そのためには化学療法に依存せず自力で健康管理をおこなうことです。

◆どんな病気にも原因はあり、その原因から改善することで病人は半減し医療費も減少するのです。

◆従って、賢い患者は医療を選ぶのです。


◆遺伝子の自然修復に対して詳しく学びたい方は「予防医学セミナー」にご参加ください。

★西洋医学の治療法に矛盾を感じている方や自然療法に関心おある方は「予防医学セミナー」にご参加ください。

★★予防医学セミナーでは医学部でも学ばれていない「自然治癒の原理」を学習できます。



 文責:自然医学総合研究所 大沼 善誉

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

 ●次回の名古屋予防医学セミナーは、9/21(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

★テーマ1:癌を克服するために

★講師:酒向猛
    元岐阜県多治見病院外科部長
    自然医学総合研究所顧問医
    現在千葉県セントマーガレット病院外科医&統合医療医

★テーマ2:完全なる治癒のしくみ
★講師:大沼善誉
    
    自然医学総合研究所所長
    2000年5月上海中医薬大学主催の国際シンポジウム    にて数多くの自然治癒の症例と理論を発表
    平成11年度社会文化功労賞受

★テーマ3:午後実技の体験
血液画像分析、自律神経の測定、光線療法のポイント
SST骨盤理学調整の指導など

◆費用:会員無料、非会員初回のみ無料


★予防医学セミナーでは自然治癒のプロ「NPOプロサポート」が支援いたします。

★また健康医療市民会議では全国の自然治癒の症例を収集し厚労省など国会議員に情報を流し、医療改革を推進し地球の緑化運動を推進しています。

★皆様のご参加をお待ちしております。

◆自然治癒の症例はhttp://www.nrt.ne.jpをご参照ください。

◆緑化運動や自然治癒のお問い合わせは

電話相談:052-801-7063

Email:shizen@nrt.ne.jp まで


午後実技指導: 講師:大沼 善誉先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方

 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 善誉
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

★万能細胞は誰もが持って生まれている!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】
★人の細胞の特許は不透明 

★iPS作製競争で 


記事:共同通信社 提供:共同通信社 【2008年9月12日】

★新型万能細胞「人工多能性幹細胞(iPS細胞)」の作製方法について京都大の特許が成立したが、再生医療への応用が期待される「人のiPS細胞」の特許については、依然として先行きは不透明だ。

★今回成立した特許は「動物の体細胞に4種類の遺伝子を導入することで、万能性を持つiPS細胞を作ることができる」という内容。

★「細胞作製の本質にかかわる部分」というのが京大の立場だ。

★だが京大が最初に出願した2006年時点では、山中伸弥(やまなか・しんや)京大教授が作製に成功していたのはマウスだけで、人でもできるかどうかは未知数だった。

★実際、細胞の培養条件など人とマウスの作製方法は異なる点も多い。
 
★人の細胞では、バイエル薬品(大阪市)が山中教授より早く作製していた可能性があり、「別の技術だ」と特許を主張した場合、認められる可能性はある。

★特許庁も一般論として「ある特許申請が先行技術の単なる応用なのか、まったく別の技術なのかが焦点になるケースはある」としており、予断を許さない。
 

★京大は海外での特許取得も目指しているが、ある専門家は「欧米では、少しでも違う点がある技術は別の特許として認める傾向がある」と指摘している。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆iPS細胞(人工多能性幹細胞)研究

◆ips細胞の開発は、再生医療の切り札とされ、国際的な競争が続いている

◆さまざまな細胞に分化する能力を持つ人工多能性幹細胞(iPS細胞)について、京都大は11日、基本的な作成手法に関する特許が日本で成立したと発表した。iPS細胞は京大の山中伸弥教授がマウスで作成し、その後、ヒトで成功していた。

◆特許の文言では、作成に使う細胞について動物のものかヒトのものか特定しておらず、京大は「特許の範囲はヒト細胞にも及ぶ」との認識を示した。(毎日新聞)

◇ 知財戦略が奏功

◆日本の研究現場は長く特許への意識が低かったが、iPS細胞作成が一変させた。

◆京都大は07年7月、知的財産部を改編し産官学連携本部を新設。

◆知財戦略を練ってきた。

◆05年12月以降、マウスiPS細胞に関する特許の国内出願、ヒトiPS細胞の内容を加えた国際出願と、着実に手続きを進めた一方、出願内容のうち「最も堅い」部分を分割して早期成立を目指した。

◆松田一弘教授(知的財産法)は「特許庁の担当者に面談し、詳しく説明した。発明の新規性が伝わり、早期の成立につながったと思う」と振り返る。

 ◇特許の今後

◆京都大は今回の特許に関し、「種を制限しておらず、ヒトも含む」と主張する。

◆だが、これは京都大側の解釈だ。

◆今回の特許に不服がある場合は、特許庁に無効審判の申し立てができる。それでも解決できない場合は知的財産高等裁判所で争う。

◆特許の権利の範囲に関しては、司法に判断がゆだねられるケースも目立ち、松本紘・京都大副学長らも会見で、「(特許の範囲は)最終的に判断するのは裁判所」と話した。

◆一方、今回の特許はiPS細胞作成の基本的部分に限定されている。臨床応用にこぎつけるためには、関連の新技術の特許が多数必要だ。

◆バイオ技術の特許に詳しい鈴木音哉弁理士は「新技術の実用化をめぐる特許戦略は、囲碁のような陣取り合戦。

◆今後も世界で特許の取得競争は続くだろう」と話す。

◇遺伝子操作の進歩

◆人工多能性幹細胞(iPS細胞)は人体の様々な細胞に分化する細胞のことで、今回京都大学の山中教授らが世界に先駆けて特許を取得できたことは大変喜ばしいことである!

◆しかし、万能細胞の仕組みは、本来、「受精卵」の中にある機能を応用したものに過ぎない!

◆誰もがこの世に生を受けた時には、精子と卵子が結合した「受精卵」という一つの細胞にすぎなかったからである!

◆その受精卵に「万能細胞の機能」があるからわずか40週間で心臓や肺や肝臓や腎臓や消化器や脳や血管や神経やリンパ管や骨など全ての臓器が“自動”で作られてきたのである!

◆従って、人体は全て万能細胞の力で構築されたものであり、これを特許取得したことは「地球の自転」を特許にしたようなものである!

◆つまり、髪の毛や爪や皮膚の細胞をよく観察していると気がつきますが、これらの細胞は毎日必ず「血液から新生されている」ことに気が付くからですが、これを新陳代謝と言い、誰も特許を取得しようなどとは思わない!

◆今回の京都大学での特許は、「動物の体細胞に4種類の遺伝子を導入することで、万能性を持つiPS細胞を作ることができる」という内容で「細胞作製の本質にかかわる部分」というのが京大の立場である!

◆病気を治して健康に生きると言うことは、このような機能を全ての細胞がすでにもっていたからであり、遺伝子修復の条件として、酸化した体液を還元し、白血球が活性化する条件を整えるために体温をコントロールし、修復酵素のヘリガーゼやリガーゼが働き易くするために、歪みを改善し、血管やリンパ管の圧迫を取り除き、壊れた遺伝子がもとに戻ることが自然におこなわれていることであり、「天から与えられた万能細胞の働きを正常に保つこと」である!

◆つまり、万能細胞は誰もが持って生まれているものであり、その機能の違いは生活環境によって異なるのであり、正しい生活習慣を取り戻すことでその機能は高まり、修復される仕組みをもっているのである!



 文責:自然医学総合研究所 大沼 善誉

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

 ●次回の名古屋予防医学セミナーは、9/21(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

  講師:大沼 善誉 自然医学総合研究所所長 平成11年社会文化功労賞受賞

  講師:酒向 猛 千葉セントマーガレット病院外科医師 千島・森下学説研究家

 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談を承ります。

  講師:大沼 善誉先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方

 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 善誉
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

★点滴ミスで足切断

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★点滴ミスで足切断 

★6800万円示談成立 大阪・八尾市立病院

★大阪八尾私立病院で足切断 6800万円で示談成立!

記事:毎日新聞社 提供:毎日新聞社 【2008年9月9日】


★点滴ミス:女性患者が足切断、6800万円示談成立--大阪・八尾市立病院


★大阪府の八尾市立病院(380床)で06年5月、点滴投与の管理ミスで女性患者(57)が右足壊死(えし)や脳の機能障害を負う医療事故があり、市が先月、女性に示談金6800万円を支払ったことが分かった。

★女性は右足をひざ上5センチで切断したが、命に別条はないという。

★同病院によると、女性は摂食障害のため、06年5月29日から静脈への点滴で栄養補給していたが、5日後に足や脳に異常が見つかった。

★血糖値が通常の十数倍に上がっており、50代の男性担当医が血糖値を定期的に測る指示をしていなかったことが判明した。

★病院側は「高血糖と障害の因果関係は不明だが、血糖値を測らなかったのは初歩的ミス」として和解を決めた。【平野光芳】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆公立病院は危険がいっぱい!

◆公立病院は全国的に問題がある!

◆長年のずさんな経営のため累積赤字がおおきくなり、勤務医の条件が悪化しているからだ!

◆目立つのは勤務の条件が悪いからと言って集団で止める医師が多く、後を絶たないということである!

◆残された医者はさらに忙しく十分な対応ができないのである!

◆国も自治体もこの事態を重く見て予算をとって医者を増やし、手当てを上げるなど応急処置をしている!

◆しかし、今回のような問題は全国の公立病院で後が経たない!

◆その原因は、病気の原因を理解できる医者がほとんどいないことにある!

◆つまり、一人の患者に整形外科や内科や脳神経外科や心療内科などいくつもの科に分かれて診断すているためどの科も病気の真因は明らかにされないまま対症療法として投薬を開始することに問題があるのだ!

◆原因もわからないまま、化学療法を開始することは大変危険なことなのである!

◆どんな薬にも必ず副作用があるからです!

★その薬の副作用を管善意除去できる化学薬品は存在していません!

★つまり、患者は副作用で体調を崩し究極は不本意な結末にいたるのです!

★病気の原因を解明するには患者を一人の人間として一人の医者が責任を持って対応できる「統合医療」を実現できるようにしなくてはなりません!

★しかし、日本の医学教育はその点大幅に遅れていますので具体的な対応は期待できません!

★患者側が病院の対応に不満が募り、他の方法を探し出し、代替療法を選択することしか方法がないのです!

★問題なのは国も自治体もこの問題に具体的な対応がなにもしていないことです!

★医者を増やして勤務条件を改善したところで正しい診断ができるようになることはありません!

★これは、公立病院だけの問題ではなく、全ての病院にいえることである!

★大切なことは診断のできない医者に命を預けてはいけないということである!

★患者自身が原因を解明し自分で治す努力をしたほうがよほどいい結果が期待されます!

★様々な病気の原因について学びたい方は「予防医学セミナー」にご参加ください。

★西洋医学の治療法に矛盾を感じている方や自然療法に関心おある方は「予防医学セミナー」にご参加ください。

★★予防医学セミナーでは医学部でも学ばれていない「自然治癒の原理」を学習できます。




 文責:自然医学総合研究所 大沼 善誉

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

 ●次回の名古屋予防医学セミナーは、9/21(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

  講師:大沼 善誉 自然医学総合研究所所長 平成11年社会文化功労賞受賞

  講師:酒向 猛 千葉セントマーガレット病院外科医師 千島・森下学説研究家

 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談を承ります。

  講師:大沼 善誉先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方

 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 善誉
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

遺伝子の“鍵”を解明 

≪遺伝子の“鍵”を解明!≫

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

 がん治療への応用も!!

 記事:共同通信社 提供:共同通信社 【2008年9月4日】

 細胞分裂時に不要な遺伝子が働いて異常が起きないよう、DNAに化学変化を与えて“鍵”をかけておく仕組みを、京都大の白川昌宏(しらかわ・まさひろ)教授らのチームが解明し、英科学誌ネイチャー電子版に4日発表した。

 こうした仕組みは「メチル化」と呼ばれ、巧みな生命現象として注目されている。

 遺伝子が正しくメチル化されていないと、分裂細胞ががん化したり、多様な組織に成長する幹細胞に似た状態に戻ったりすることがある。

 白川教授は「この鍵を自由に開閉できるようになれば、がん治療や人工多能性幹細胞(iPS細胞)づくりなど、広い範囲に応用できそうだ」と話している。

 チームは、細胞分裂時のDNA複製にかかわるタンパク質「UHRF1」に着目。

 メチル化されたDNA領域をこのタンパク質が検知し、複製したDNAの同じ領域に化学変化を与えて、遺伝子が働かないようにしているのを突き止めた。




  京都大の白川昌宏(しらかわ・まさひろ)教授らのチームが解明した、細胞分裂時に不要な遺伝子が働いて異常が起きないよう、DNAに化学変化を与えて“鍵”をかけておく仕組みは、本来健常者のDNAに備わっている機能である。

 健常者のDNAはいつも活性型のマクロファージによって守られているからである。

 しかし、がんなどの病気に罹患している方は呼吸も睡眠も浅くストレスで体液が酸化しています。

 チームが着目した細胞分裂時のDNA複製にかかわるタンパク質「UHRF1」も強酸性下ではつくられないのです。

 体液が強酸化することでDNAの骨格となっている水素結合の部位が壊れてDNAが傷つくからです。

 強酸性は、病気の体が元の状態に戻りにくい条件でもあります。

 つまり、ストレスが解決せず強酸性の状態のままで新薬を開発し、遺伝子を回復しようとしても体液の酸化が邪魔をするためすぐに壊れてしまうため、化学薬品での対症療法では良好な結果を得ることはできません。

 その点、DNAだけにこだわらず、人間としていきいきとして生きられるようにしてあげることが優先されストレスを軽減することが重要です。

 壊れたDNAが自然に修復することは健康な方の体ではいつも行われていることです。

 それを新陳代謝と呼ぶのです。

 つまり、DNAの損傷がみつかり、なかなか治らない人は新陳代謝が悪いということになります。

 従って、局所の対症療法だけに限らず、ストレス対策も考慮しなければならないのです。

 しかし、DNAの研究者共通の盲点は、局所に限定していることにあり、重要な発見の割には成果が伴なっていないのが現状です。

 健康は自然の英知によって託されます。

 従って、新薬の開発に期待することは危険です。

 高齢化を迎えた日本には薬に依存してきた従来型の「薬事行政」ではなく「健康行政」に切り替えることが重要です。

 例えば、1年間無事故で無病の人の健康保険料を割り引くことやあるいは病気を克服した患者に厚生労動大臣賞を与えるなど幅広く意識を高揚することで病気が治るものというイメージを広めることです。

 このような政策が実行されるだけで10年後には高齢化のために50兆円もの医療費が必要になると試算されていますが、逆に半減し25兆円以下に抑えることが可能になります。

 病人が増えるから医者を増やし病院を増やし、医療費も増やせばいいという考えでは財政が破綻し解決できません。

 これからの医療を実現するために「予防医学セミナー」にぜひご参加ください。

 遺伝子の自然修復など新しい時代の健康法を学びたい方は「予防医学セミナー」にご参加ください。

 また、西洋医学に矛盾を感じている方や他の代替療法にも限界を感じている方も「予防医学セミナー」にご参加ください。

 予防医学セミナーでは医学部でも学ばれていない「自然治癒の原理」を学習できます。


 文責:自然医学総合研究所 大沼 善誉

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

 ●次回の名古屋予防医学セミナーは、9/21(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

  講師:大沼 善誉 自然医学総合研究所所長 平成11年社会文化功労賞受賞

  講師:酒向 猛 千葉セントマーガレット病院外科医師 千島・森下学説研究家

 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談を承ります。

  講師:大沼 善誉先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方

 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 善誉
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

抗がん剤よりコーヒー

≪抗がん剤よりコーヒー!≫

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】


 抗がん剤よりコーヒーが効く!

 抗がん剤は重篤な貧血を誘発しますがコーヒーには抗がん剤ほどの副作用はない!

 しかし、カフェイン中毒として睡眠障害がある!

 厚労省によると毎日コーヒーを飲むことで子宮体癌の発症率が4割も減少するという報告されました。

 「毎日コーヒー」で子宮体がん減 1-2杯で効果、発症率4割低く 厚労省調査

~記事:毎日新聞社 提供:毎日新聞社 【2008年9月2日】 ~

 子宮体がん:「毎日コーヒー」で減 1-2杯で効果、発症率4割低く--厚労省調査

 コーヒーを毎日1-2杯飲む女性は、週に2日程度しか飲まない人に比べて、子宮体がんの発症率が4割少ないことが1日、厚生労働省研究班の大規模調査で分かった。

 飲む量が多いほど、発症率は低い傾向がみられた。

 研究班は、9府県の40-69歳の女性約5万4000人を05年まで追跡調査。

 約15年間に117人が子宮体がんを発症した。

 コーヒー摂取量と発症率との関係を調べると、コーヒーを毎日1-2杯飲むグループは、週2日以下しか飲まないグループに比べ、子宮体がんの発症率は4割少なかった。

 毎日3杯以上飲むグループは6割も少なかった。

 緑茶の摂取量も調べたが、発症率に関連はみられなかった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆子宮の入り口にできる子宮頸(けい)がんは、ウイルス感染が原因と考えられています。が、本当の原因は総腸骨動脈など大血管が緊張し細く硬くなっているため子宮まで血液が十分循環できずに免疫力が低下し発症しています。

◆一方、子宮の奥の内膜にできる子宮体がんは、女性ホルモン「エストロゲン」や血糖値を調節する「インスリン」との関連が指摘されていますが、子宮体がんの場合にも循環障害とリンパ管の圧迫は関わっていますがいずれも医学的には理解されておりません。

 担当した国立がんセンター予防研究部の島津太一研究員は「コーヒーを飲むと、エストロゲンやインスリンの濃度が下がることが知られている。

 この作用が発症率に影響している可能性がある」と話す。

 (この作用とは、コーヒーの苦味成分が消化器を刺激し、消化液の分泌反応を推進する反応のことです)

 欧米ではコーヒー摂取と子宮体がんの関連がみられないとの研究が多い。

 その理由として、ホルモン補充療法が日本より広く行われ、コーヒーの影響が表れにくいと考えられているという。
~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~

●コーヒーは、生豆の時には香や味はありませんが、焙煎という工程によって香りができます。

 つまり豆を加熱するという工程で香りが生じるのです。

 コーヒーの香気の成分は油脂、クロロゲン酸類、ショ糖、セルロース、たんぱく質、アミノ酸。これらに熱が加わる事により香と味が形成されます。

 コーヒーの成分はたんぱく質、油分、粗繊維、カフェイン、タンニン、有機酸、ミネラルです。この中のカフェインは適度の量をとると交感神経を刺激し寝ぼけた体に良い効果を与えます。

 また、血行を良くし、強心作用、胃液の分泌を盛んにし、利尿作用や眠気を取る覚醒作用が知られています。

 コーヒーの入れ方や飲み方にもよりますが、がんを予防する効果として考えられるのは「タンニン」という苦味成分の働きです。

 この苦味成分の刺激で内蔵機能が盛んに働き消化液を出すことで糖分が分解され血液が浄化されるからと考えられるのです。

●従って日本人にはカフェイン中毒になりやすいコーヒーを大量に飲むことよりも苦味のあるお茶やキダチアロエのエキスなどを飲む方が睡眠障害などの心配もありませんが、体温の低い人派蹴りを起こすことがありますので注意する火地洋画あります。

●とにかく日頃から苦味のあるものを摂取することが血液を浄化しがんばかりではなくあらゆる病気の予防につながります。

◆ さて、女性がんには乳がんや子宮がんや卵巣がんなどがあります。

 昔は乳がんや卵巣がんを手術によってリンパ節まで幅広く摘出する郭清術によって摘出することが標準的な治療でしたが、小さく摘出した場合と大きく摘出した場合での比較試験の結果、10年による生存率は変わらないと国際学会で公表され、近年は小さく摘出することが多くなりました。

 しかし、手術後2~3年後のあいだに再発が多く、再発すると抗がん剤治療が余儀なく行われています。

 抗がん剤治療は重篤な副作用があり、継続した治療を行うことはできませんので、患者の回復にあわせて繰り返し抗がん剤治療を受けることになります。

 しかし、原因は改善されませんので治ることは決してありえません。

 そのため、純粋に病院の治療を受け続けている患者は確実に体力を消耗することになりますので、生命の危険率が高くなります。

 重要なことは、どの癌も生活習慣病であるということです。

 従って、医療に依存する前に、生活習慣の見直しが必要になるのです。

 また、子宮頚癌は、30代の女性に近年最も多く発症しています。

◆ 医学的には「子宮頚がん」の原因をウイルス性として手術し、その後、抗がん剤治療が行われています。

◆ しかし、ウイルスが本当の原因ではありません。

◆なぜならば、血液を川の水に例えると、川の水の流れが正常なところにはマイナスイオンが多くウイルスは発生できませんが、池のように流れが弱くなることで水が酸化し「ぼうふら」などが発生します。

◆私達の体の中にある血液の成分は90%以上が水分ですので循環障害によって酸化が進みます。

◆ そのような環境の下でウイルスが発生するのです。

◆子宮頚癌はこのようにして発症しているのですが、西洋医学の過ちは、がん細胞しか研究の対象にしていませんので、循環障害を見落とし、ウイルスが原因であるとして大きな過ちを犯し続けているいるのです。

◆この考えは、鳥インフルエンザやエイズウイルスやノロウイルスなど全てのウイルスに通じることです。

◆従って、体調がよく自己免疫力が正常に働いている人には間違っても肺炎すら感染することは有り得ません。

◆時代が2000年以上も前で生活環境が恵まれていた時代にジェンナーがワクチンで成功した環境とはまるで生活環境も習慣も異なっていることに気が付かなければ無駄な薬を開発して捨てることになります。

◆しかし、無駄と知ったところで、現状の医療対策は病院や保健所が化学薬品の専売所のようになって利益をあげる仕組みですので捨てられるような風邪薬でも毎年10億円ほど収益を上げているのです。

◆これが薬事行政の面白いところで、多少の犠牲はしょうがないとして認可され投資家は次々と新薬の開発に力を注ぎでいるのです。

◆しかし、どんな薬が開発されようとも、深刻なストレスも原因も解消できません。

◆パニック症候群がいい例です。

◆薬漬けになりやがて本当の廃人にさせられてしまうのです。

◆この分野に落ちる医療費も完全に無駄といえます。

◆なぜならば、鎖骨の歪みをほんの少し改善するだけで、酸素を含んだ新鮮な血液が脳細胞の隅々まで循環できるようになるからです。

◆その結果どんなストレスを抱えていたとしても、熟睡ができるようになり、10年ぶりに熟睡したとか20年ぶりに熟睡したという結果が出て、朝をすがすがしく迎えられるようになるのです。

◆また、骨盤も鎖骨と同様に、過労や冷えなど強いストレスで歪みます。

◆このストレスで右側の骨盤が大きく上に前にねじれるようにして歪みます。

◆当然子宮の循環も悪化することになります。

◆骨盤の歪みは、女性の癌ばかりではなく、男性の前立腺がん内臓の循環障害にいたることで、肝臓がんや肺がんにも影響を与えています。

◆手術や抗がん剤などに依存する前に、根本的な生活習慣を改善し体の疲れを取り除くこととリンパや血管の圧迫を改善し、冷えを克服することが重要です。

◆その結果、マクロファージが活性化しNK細胞に遺伝子情報が伝達され、かつ酵素が活性化されることで壊れた遺伝子も修復に導供養に生体反応が始まります。

◆ 癌は暖めることで解けますが、リンパ管が圧迫されている時点で暖めて溶かすことは大変危険です。

◆初期や上皮に近いところにできたがんまでは暖めることで消えることも考えられます。

◆ しかし、深部にできた中程度や末期がんの場合は、無理に溶かしても、リンパが対応できず、体外へは除去されず、転移するばかりか、腹水や胸水の原因となり、命を落とすこともあります。

◆ まして、肉や動物性の油や卵や白砂糖などの取りすぎは、血栓のもとになり増すので、そのような食事をしながら暖めてもがん細胞は位置を変えて体細胞に取り込まれ、完全に除去されることはありません。

◆ その点、食べものを見直すことは大変重要です。

◆ 有機の食材や季節の野菜などや納豆や漬物など発酵などを摂取することで血液が浄化されるからです。

◆ しかし、病気に罹患している方のお腹は緊張して硬くなっていますので食べるだけでは消化されず腐敗することになります。

◆ その問題を解決するのが骨盤をはじめ全身の骨格の歪みを改善することで自律神経の通りを安定させることです。

◆ 自律神経は脳の下部から出て背骨の中を走って全身に分布しているからです。

◆ また、解けたがん細胞を吸収する器官がリンパ管ですが、このリンパ管も骨格の歪みの影響を受けています。

◆ 従って、癌を確実に治そうと思うならば、食事と同時に歪みも含めて改善する必要があるのです。

 その上で体温の調節を行うことです。

◆ 私はこの方法を「総合免疫療法」と呼んでいます。

◆ 薬を使わず本人の血液を浄化し、さらにマクロファージを活性化することでNK細胞に遺伝子の情報が伝達され腫瘍が分解されますので、自然・安全・安心な方法で怪我が治るように治るのです。

◆ 遺伝子の自然修復など新しい時代の健康法を学びたい方は「予防医学セミナー」にご参加ください。

◆ また、西洋医学のに矛盾を感じている方や他の代替療法にも限界を感じている方も「予防医学セミナー」にご参加ください。

◆ 予防医学セミナーでは医学部でも学ばれていない「自然治癒の原理」を学習できます。


 文責:自然医学総合研究所 大沼 善誉


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

 ●次回の名古屋予防医学セミナーは、9/21(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

  講師:大沼 善誉 自然医学総合研究所所長 平成11年社会文化功労賞受賞

  講師:酒向 猛 千葉セントマーガレット病院外科医師 千島・森下学説研究家

 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談を承ります。

  講師:大沼 善誉先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方

 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 善誉
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

テーマ :
ジャンル : 心と身体

最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。