大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卵巣がんの自然治癒症例

卵巣がんの自然治癒症例

 この情報を多くの方へお知らせする為に皆様のご協力をお願いいたします
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】




卵巣がん(両側) ビズダニ紀代子さんの症例

 骨盤などあまりに広範囲に広がり過ぎて「手術はできない」といわれました。さらに「今後少しでも悪化するようであれば、排尿は背中から管を通し、排便は人工肛門で排泄するようになり、完治は不可能でありえず、生きてアメリカに帰ることもできません。ご主人とこの世でお会いすることもありえないでしょう」と言われました。「ただ延命のためだけに抗がん剤を3回打った後にお腹を切って開いてみて、次は命ある限り抗がん剤をうち続けます。それも死ぬまででそれ以外に方法はありません」と言われました。 ・・・続きを読む




卵巣悪性腫瘍が縮小した 池部真理子さんの症例

■左CT 腫瘍12cm大(2月21日)  中CT 腫瘍10cm大(4月15日)  右CT 腫瘍4cm大(6月4日)
卵巣悪性腫瘍2月21日卵巣悪性腫瘍4月15日卵巣悪性腫瘍6月4日

・・・続きを見る



【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】

 自然医学総合研究所が行っている「NRT自然免疫活性療法」によって自身の自然治癒能力をフル活動させ、回復に向かわれた方の症例を証明として提示しています。

 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。

 監 修:【自然医学総合研究所】
 所 長:大沼 善誉
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 心と身体

白血病の自然治癒症例

みなさんこんにちは!
ナチュラルメディスンです。
先日、行われました名古屋予防医学セミナーで体験談を話して頂いたKさん
浸潤性左乳房ガンと、慢性骨髄性白血病を改善にいたるまでの経緯を語ってもらいました。

私は、H20年5月39歳の時、左乳がんの手術を受けました 。
4センチ大の腫瘍トリプルネガティブという術後ホルモン剤治療の対象外の腫瘍で、医師からは手術は成功!なのに再発率は68%と言われました。降水確率68%なら傘持っていくねって、主人と冗談で話したのを覚えています。言われるまま、再発予防の抗がん剤4種類(5-FU,エピルビシン,シクロフォスファミド,パクリタキセル)を6ヶ月間受け、抗がん剤2週間で、髪どころか全身の毛が抜け落ちました。
吐き気と全身のだるさで思うように動けないだけでなく、気力もどんどん奪われたのが辛かったです。背中、足の痛み、爪も薄くなり、足の爪が剥がれ落ちないように押さえていました。足の感覚はなくなり、こんにゃくの上をフワフワ歩いてるようで怖かったです。実際に何もない平らなところでよくつまずいていましたし白血球は2000位までさがりました。
それでもがんばらなければと思えたのは、5歳と10歳の子供の存在でしょうか。母親として大人になるまで育ててあ
げたい、そんな気持ちがあふれ、毎日泣いていました。抗がん剤が終わると次は、放射線治療で25日間受けました。放射線の治療は1回わずか5分弱。最初はなんて楽な治療なんだろうと思いました。
しかし、放射線治療も確実に私の体を弱らせていきました。 放射線を受けた左胸は真っ赤になり、熱を持ち、完全にや
けど状態でした。そして全身のだるさにまた悩まされました。数値では表せないだるさやしんどさは、医師に話しても理解されません。私は抗がん剤治療が終わるころにゲルソン療法と出会いました。同じ病院に通ってる方から「知り合いの末期の肝臓がんの人がニンジンジュースで少しづつ良くなっている」と言うのを聞いたのです。
インターネットで本を何冊も買い、ゲルソン療法について調べました。無塩、動物性食物の禁止、1日2リットルの野菜ジュース(私は1.5リットル)。私は玄米、豆類を食べる星野式ゲルソンに近いものだと思います。
1日1.5リットルのジュースでお腹はいつもタプタプで、しかも果物や生野菜をたくさん食べないといけないので、食事の量は少なかったです。 寒い日もがんばってジュースを 飲んでいました。そのほか、1日50分のウォーキング、週2-3回の岩盤浴、足湯、毎日のこんにゃくやびわの葉の温シップ。月1-2回の高濃度ビタミン点滴。飲尿療法の経験もあります。そんな生活でがん3年が経過し、私の行っていることが上手くいっているように思えました。しかしそんな矢先、白血球数がグングン上がってきたのです。

本当にまさかでした。自分が慢性骨髄性白血病と診断されたときは、崖から落とされたようで、目先真っ暗、もう取り返しがつかないと感じました。医師からはすぐに分子標的薬スプリセルという抗がん剤を進められましたが、それは白血球を下げていくだけで、一生飲み続けないといけないと言われました。
私が白血病になったのは抗がん剤の影響があるかもしれない、なのにまた抗がん剤で治療して今度はどんな病気が増えるのか?抗がん剤の副作用で死ぬかもしれない、そう思い、抗がん剤は拒否しました。
しかし、一体私は何をすればいいのかわかりませんでした。白血球がどうして上がるんだろうとインターネットで色々調べていたとき、ナチュラルメディスンの大沼先生にたどり着きました。セミナーに参加し「白血病はがんではない」「白血病は狂った白血病細胞が増殖するのではない」ことを画像分析で知りました。
実際に治った女の子が、会場の中でぴょんぴょん遊びまわっていました。
その後体験会で、私の歪みを見てもらいましたがその結果、乳がんのできた左側の肩甲骨付近は、少し押さえられても痛みが走り、思わず顔をゆがめる程。右は同じように押さえられても何ともありません。
今もメディスンに週三日通っていますが来る度に元気になって行くのがわかります。

■がんの原因と対策が解る本
著者の鋭い感性が伝わる本、白血病はがんではない!
がんの盲点


病気のご相談は
一般社団法人 ナチュラルメディスンまで
TEL:052-806-2178  FAX:052-806-2179
※予防医学セミナーでは、2015年4月より鎖骨インストラクター講座をスタートしました
。詳しい詳細はお電話で!!

セミナーの様子
豊田セミナー



◆お問い合わせ先
  一般社団法人 ナチュラルメディスン
  代表理事  大沼四廊
◆所在地 施術室
〒468-0002 名古屋市天白区焼山1-420番地 フジイビル 2F-D
TEL:052-806-2178 FAX:052-806-2179

■本部URL;本部URL

◆研究所:自然医学総合研究所 
所 長:大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 ファミリーマートの前の大型の煉瓦のマンションの2階でクリーニング屋の上です
 マンションの入り口:焼山橋のすぐ近くです
 TEL:052-801-7063
 メール:39shiro@nrt.ne.jp

いつもブログの閲覧、誠にありがとうございます。
今日は、ナチュラルメディスンで急性リンパ性白血病、悪性リンパ腫を克服されたR.Iちゃんの症例を写真付きで紹介します。
下左端写真、まだ抗がん剤を使用していた時、CVは洋服に隠れて分からない状態。
下中央写真、手提げにかけているのはCV。下右端写真CVも完全に取れむくみも消え元気になった。 
ri1
下、左の写真は2013年9月12日のMRIの写真
下、右の写真は2013年9月26日のMRIの写真
白く固まった腫瘍が消滅しているのが確認できる。
ri
わずか14日間で5cmほどあった腫瘍が完全に縮小し、今では血液の数値データもほぼ正常に戻り元気に日常生活を送っています!


追記

又、その後の検査では、5mあった腫瘍も完治した事が確認されていますし、血液検査でも異常が認められず、とても健やかに成長し、身長も伸び始めてきたことが確認されています。
2014年4月24日更新
       
◆御意見ご感想をお寄せください。
 お問い合わせ先
  一般社団法人 ナチュラルメディスン
  代表理事  大沼四廊
◆所在地
◆施術室
〒468-0002 名古屋市天白区焼山1-420番地 フジイビル 2F-D
TEL:052-806-2178 FAX:052-806-2179


◆研究所
〒468-0002 名古屋市天白区焼山1-101 東山イーストC-202
TEL&FAX:052-801-763 

◆◆◆緊急時相談窓口◆◆◆
携帯:090-5861-4489 大沼四廊 24時間対応可


*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。




◆施術室
一般社団法人 ナチュラルメディスン
代表理事 大沼四廊
所在地:名古屋市天白区焼山1丁目420番地フジイビル 2F-D 
コスモ石油焼山店入り徒歩1分 AU焼山店の西隣 スーパーフイールより徒歩1分
緑の看板が目印です

◆TEL:052-8062178 FAX:052-8062179

◆◆◆携 帯:090-5861-4489  大沼四廊  24時間受付可
 メール:39shiro@nrt.ne.jp


白血病の自然治癒症例 一覧

【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】




白血病の自然治癒】

 3ヶ月で発症し、名古屋第一日赤病院で臍帯血移植を受けた、しかし、その後不調になった。「がんの盲点」を読み、4月7日名古屋本部にきた。早速血液を画像で確かめた。

 臍帯血移植を受けた後の血液画像・・・続きを見る




白血病はガンではない!(警告)】

白血病血液術前 白血病血液術後

 上の2枚の映像は、三重大学で白血球が35万に増殖し、白血病と診断されたタカナワ君13歳のもの。左上の3月7日の術前には、酸化による変成した赤血球(★型)や全く動かない楕円形をした白血病細胞と言われている細胞が確認された。しかし・・・続きを見る




白血病からギラン・バレー症候群へ】

甲斐義文さん 私は、広島から来ました甲斐と申します。私が大沼先生のところへ来ましたのは、家内が先に股関節脱臼で歩行がしにくくなりまして、病院へ言っても最初はリウマチの疑いですとか言われながらはっきりしたことが判らず、何かいい方法がないかと図書館で本を探していたところ、大沼先生の書かれた「ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を科学する」という本を見つけまして、家内が今年の8月に、実際に大沼先生の健康法を体験してきたことによります。

 家内が信じられる健康法だということで、私の白血病のことも相談させていただき、大丈夫なのかなあと心配しつつ8月22日にはじめて施術をしていただきました。・・・続きを読む




慢性白血病自然治癒症例】

あきらめないでください。白血病は自然に治せる病気です。
(男の子・3歳の時に発症、【NRT自然免疫活性療法】によって約6ヶ月で自然完治した。)

 一般に白血病とは、幼弱型の顆粒球が増殖するものを急性白血病と言い、成熟型の顆粒球が増殖するものを慢性白血病と呼びます。その他、血小板が減少するタイプのものもあります。

 原因は不明あるいは遺伝子障害とされ、増殖を抑えるために抗がん剤を用いて 顆粒球の増殖を抑制します。しかし、抗がん剤治療は貧血に追いやり、免疫を下げて しまいます。このため、風を引いても危険視され、輸血や解熱剤との縁が切れず、顆 粒球が 障害され、急性から慢性に移行するケースが多発しています。・・・続きを見る




急性白血病自然治癒症例】

 白血病は、血液の病気ですから血液を治さなければいけません。しかし、これまでの常識では、治らないものと決め付けて抗がん剤治療を行い、むしろ悪くしています。白血球を元気にすると治ります。

 7歳の女の子、岡崎市民病院で半年間入院、抗がん剤治療を41回受けた結果、髪の毛が抜け、血小板が3万台まで下がった。チアノーゼを発症し骨髄移植を勧めらた。

(中略)・・・続きを見る

 3回目でチアノーゼが治り、3ヶ月後、肝炎を克服し、血小板も正常値になり、15回で完治した。
 一年後の現在、すっかり元気になり、一度も学校を休むことも無く全校生徒の前で表彰され、再発はしていません。




急性リンパ性白血病の盲点】

 急性リンパ性白血病とは、現代医学の盲点の結晶のような病名である。その根拠は、急性リンパ性白血病は、白血球が「減少する」病状を現すため、西洋医学が定めた、がんの定義に当てはまっていないからだ。西洋医学が定めたがんの定義とはがんは増殖する細胞とあるからだ。

 また急性リンパ性白血病は、白血病の中でも、最も死亡率が高い病気ということでも知られているが、これもじつは、骨髄での造血障害が原因と診断され、「致死量」程度の抗がん剤を患者の血液に入れて、患者の血液を殺すために死亡率が高くなるのであって、病気で死ぬのではない。

 何よりも不幸なことは、歌手の本田美奈子さんのように、2回もの骨髄移植が成功したにも関わらず、すぐに再発したとして、さらに抗がん剤を大量に入れられたために、副作用に死因がある。・・・続きを読む




急性リンパ性白血病自然治癒した症例

白血病と診断>
 しばらくして出た検査の結果は“急性リンパ性白血病”ということでした。覚悟はしていたものの、病名を聞かされ耳を疑いました。まさか私の子供が、どうして…という思いが先に立ちました。さらに病院側から100%ではないが助かる道は移植をすることと言われ、またまたショックを受けました。・・・

<抗がん剤療法の開始>
 8月に移植をする予定で治療が始まりました。治療の内容は、移植をするまでに抗がん剤を使い、狂った白血球を叩かなければならないということでした。・・・続きを読む





【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】

 自然医学総合研究所が行っている「NRT自然免疫活性療法」によって自身の自然治癒能力をフル活動させ、回復に向かわれた方の症例を証明として提示しています。

 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。

 監 修:【自然医学総合研究所】

◆研究所:自然医学総合研究所 
所 長:大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 メール:info@nrt.ne.jp

◆施術室
一般社団法人 ナチュラルメディスン
代表理事 大沼四廊
所在地:名古屋市天白区焼山1丁目420番地フジイビル 2F-D 
 TEL:052-8062178 FAX:052-8062179

◆◆◆携 帯:090-5861-4489  大沼四廊  24時間受付可
 メール:39shiro@nrt.ne.jp



テーマ : 白血病
ジャンル : 心と身体

乳がんの自然治癒症例

乳がんの自然治癒症例 一覧

 この情報を多くの方へお知らせする為に皆様のご協力をお願いいたします。

■肺にできた巨大悪性リンパ腫の自然治癒

500悪性リンパ腫

■論より証拠
乳がん末期

ステージ5 からの乳がんの自然治癒

■急性リンパ性白血病と抗がん剤の副作用でできた脳腫瘍が消えた!
脳、腫瘤 RI7月2日



乳がん(転移・再発からの自然修復、CT・MRI・マーカーでの検査結果で転移・再発無しとの診断結果))

 私は大沼先生にお世話になってから7ヶ月目で、掛かりつけの大学病院の先生から転移癌が消えたという診断をもらうことができました、今日で10ヶ月が過ぎようとしていますが、その経緯についてお話させていただきます。

乳がん発症≫
 今から6年前の1998年9月に左の乳がんと診断され、胸筋温存非定型乳房切除術を受けました。その時の癌は1.4cmの大きさで、リンパ節転移なし、ステージ1の“とてもやさしい癌”ということでした。おまけに異型度2、分裂度1という検査結果もいただき、抗癌剤も放射線も必要なしというすばらしい結論が3ヵ月後に出ました。主治医の先生もすべて無しの結論を出すのに随分悩まれたそうですが、「99%再発の可能性はありません。1%は神様の領域です。」とまで言われました。

続きはこちらへ⇒乳がんの自然治癒症例(転移・再発)




乳がん(末期状態からの自然修復、エコー・マーカーでの検査結果は”異常なし”)

 加藤緑さんは、真面目で責任感の強い性格の持ち主で、学生の頃から母が経営する喫茶店の お手伝いを続けていた。努力家の加藤さんは、中腰の多い調理を20年間も担当していたのである。しかし、体質的には恵まれず、貧血・低血圧・低血糖症で、足腰や体のだるさは当然のことで、 週一回のマッサージを結局17年間も続けることでごまかしていたのである。

 血圧は上が90台、下が60台が常で、上が100を越えたことはないと言います。 そんな加藤さんの唯一の楽しみがコーヒーブレイクでした。コーヒーには多めの砂糖を入れ、 ケーキや饅頭が好みでした。コーヒーは1日に4~5杯、甘いもので疲れをごまかしていた のであった。

続きはこちらへ⇒乳がんの自然治癒症例(末期ガン)



自然医学総合研究所が行っている「NRT自然免疫活性療法」によって自身の自然治癒能力をフル活動させ、回復に向かわれた方の症例を証明として提示しています。

■糖尿病性の半月板の損傷の治癒

半月板

■手術と診断された椎間板ヘルニアの治癒
椎間板ヘルニアの自然治癒 

■重症のアトピー性皮膚炎の治癒
アトピー性皮膚炎

■余命半年と診断された、両側肺腺がん4か所が消えた

肺腺癌丸山

■がんの盲点、白血病はがんではない 著者:大沼四廊
がんの盲点~白血病はがんではない~

■世界が注目する、大沼理論の原点がここにある
あらゆる病気の原因と対策が理解できる貴重な本

ガン・リウマチ・ヘルニア

 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。

 監 修:
セミナー 大沼


施術:一般社団法人 ナチュラルメディスン
代表理事 大沼四廊
〒468-0002
名古屋市天白区焼山1-420 フジイビル 2FーD
TEL:052-806-2178
Email:info@nrt.ne.jp
URL:本部URL
AUショップ焼山店の西側のビルの2階 グリーンの看板が目印です。

■自然医学総合研究所
 所 長:大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:39shiroi@nrt.ne.jp
■その他の症例はこちらから
本部URL:本部URL




テーマ :
ジャンル : 心と身体

骨髄移植は無意味!?

白血病の方から相談がありました。

 患者側の正直な質問、

「胸に入れたカテーテルからの点滴で、なんで骨髄まで行きつき、生着するのか??」

 日本骨髄バンクの答えは・・・

「正直なところ、そのメカニズムに関してはまだ研究中で説明できないようです」

・・・・・・日本骨髄バンクさんからのご回答だそうです。

 この情報を多くの方へお知らせする為に皆様のご協力をお願いいたします→【ランキングへ投票】←ココをクリックしてランクUPにご協力ください。

こちらもご支援お願いします⇒【FC2ブログランキング参加中】

 まず本日は、大沼善誉博士の6月1日NRT健康通信からの記事をUPいたします。

 昨夜、石川県から白血球が8万もあり、急性リンパ性白血病と診断された方の母親から相談がありました。

~引用開始~

 インターネットで白血病を検索すると、抗がん剤や骨髄移植の情報ばかりで落ち込んでいたところ、「白血病はガンではない」という自然医学総合研究所のHPに出会い、すぐに電話したということです。

 30万でも生きていられることや、細胞分裂による増殖ではなく、排尿障害で古い血液が滞留して多くなっていること、骨髄では造血されていないこと、血液検査の矛盾など西洋医学の盲点をお伝えし、白血病の基本的な矛盾について指導いたしました。

 不調で弱っている人の血液に抗がん剤治療を行うということの矛盾は冷静ならば誰でも理解できるはずです。

しかし、多くの主治医は、慌てて決断させようとします。

 慌てさせることで不安をあおり、地獄の迷路へと突き落とすのです。
そんな医者でも個人的には皆矛盾を感じているのです。真理を伝えることの出来ない勇気のない医者がこの国を蝕んでいるのです。

 うそをつき通すような悪質な医者が減少すれば国民は健康になりますが、逆に医師が不足だと主張して増員しようという計画です。病気の原因を理解できない無能な医者を増やすことよりも、予防医学を徹底することで患者を減らすことを優先するべきです。

 年金問題同様、官僚の常識が国家を滅亡においやっているのです。

 国民は勇気を持って改革に参加しなければなりません。

 安全で、まともな医療が受けられるように改革を断行しなくてはならないのです。このHPの情報を知人に紹介するだけで医療が変わります。
 
~引用終了~

 現在の骨髄移植では、ドナー側から採取した骨髄を患者側へ静脈注入して移植する方法を取っています。

 しかし、医療を詳しく知らない患者さんの中にも「なぜ骨髄を静脈からいれるの?」と思っている方々はたくさんいらっしゃいます。

 これは当然の質問だと思います。

 骨髄で骨髄液を採取したならば、患者に対しても骨髄に注入するべきではないのか、と当然そう思うわけです。

 しかし、日本骨髄バンクの回答は「研究中です。」との事です。つまり解明できていないと言うことです。

 現代医学において造血臓器の根拠となっているのは食物を与えずに観察したニワトリの骨髄脂肪が血液へと逆分化している現象を発見したと言う1800年代に行われたノイマンやピッツオゼロの研究発表から
やがて骨髄造血と認識されるようになりました。

 しかし、未だかつて健全な人間の骨髄から実際に造血されている現象を確認したという正式な論文は見つかっていません。

 と言うことは、「ニワトリがそうであるならば人間もそうだろう」という”仮説”に基づいて現在も骨髄移植が行われているのです。

 また、骨髄液(脂質)を移植するということで始まった「骨髄移植」方法が、まもなく「さい帯血(胎盤の幹細胞)移植」の方が採血しやすいばかりではなく安全性も高いと言うことが知られ、「さい帯血移植」へと変わり、近年は「末梢血」の中にも「幹細胞」が存在すると言うことから「末梢血移植」が盛んに行われる様になりました。

 移植法の急激な変化は当初「骨髄造血」という前提で始まったことを移植学会自体が完全に否定する行為とみなすことが出来ます。

 骨髄造血が正しいならば何が何でも骨髄移植で患者の骨髄へ「骨髄液(脂質)」を入れるべきです。

 俳優の渡辺謙さんも歌舞伎の団十郎さんも治ったのではなく、殺されなかっただけでとても不調なはずです。


参考情報:Creative Space
点滴で幹細胞がなぜ骨髄まで行き着く?

【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】

 自然医学総合研究所が行っている「NRT自然免疫活性療法」によって自身の自然治癒能力をフル活動させ、回復に向かわれた方の症例を証明として提示しています。

 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。

 監 修:【自然医学総合研究所】
 所 長:大沼 善誉
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。


テーマ : 白血病
ジャンル : 心と身体

予防医学セミナーが行われました。

名古屋予防医学セミナー&専門家養成講座

【ランキングへ投票】←ココをクリックしてランクUPにご協力ください。

こちらもご支援お願いします。
【FC2ブログランキング参加中】

≪予防医学セミナー≫

 去る6月17日(日)に名古屋は東区にあるウィルあいちにて、予防医学セミナーと専門家養成講座が開かれました。

 毎月第三日曜日の開催されているこのセミナーですが、今回は100人近くの参加者がり、中には病院などで医師として実際に医療現場に携わっておられる方々の参加も多数あり、非常に活気のあるセミナーとなりました。

 セミナー講師

■大沼四廊 先生

大沼善誉博士


 自然医学総合研究所 所長
 ナチュラルケアセンター院長
 平成11年度社会文化功労賞授与
 名誉医学博士・生化学博士  

■酒向 猛 先生

酒向猛先生


 岐阜県多治見病院 外科部長
 社団法人 日本外科学会会員
 千島学説研究会会員
 『癌を克服する為に』著者



≪今回の講演内容≫

 大沼先生からは自然医学総合研究所から毎月発行される『けんこうジャーナル』よりデザイナーズフードとマクロビオティっクに関する内容と、4月に入って流行した「はしか」における予防接種の盲点についての講義をされました。

 酒向先生からは千島学説の最終原理・第八原理である『生命弁証法』についての講義をされました。『千島学説』の基盤となる生命弁証法と従来の科学方法論である形式論理との考え方を比較しながら分かりやすく説明されていました。

生命弁証法:凡ての事象は時と所の変化に応じて絶えず流転、変化する。(万物流転)

形式論理:固定的・静的・峻別的に考える。AはAでありBたりえない。

生命弁証法:広く永い目でものごとの全体を観て判断をくだす。

形式論理:部分に捉われ、近視眼的、また早急に判断をくだす。


※毎月第三日曜日に開催されています。

 ●主な講座内容
 食べ物と生活習慣病・ストレスと発病・腰痛の盲点・感染症の盲点
 がんの盲点・糖尿病の盲点・アトピー性皮膚炎の盲点
 自然治癒の原理と自己療法・支部長養成講座ご案内

 開催地:ウィルあいち 愛知県女性総合センター 2F特別会議室
      名古屋市東区上竪杉町1番地  TEL 052-962-2511

 参加費:国際自然免疫学会会員は無料・非会員の方は1,000円
 時 間:開場:9:30 開演:10:00 終演:12:00

 ●セミナー参加申し込み・お問い合わせ
 自然医学総合研究所 担当:恒川  TEL 052-801-7063

-----------------------------------------------

≪専門家養成講座≫

 自然医学総合研究所で行っている自然治癒の知識、NRT自然免疫活性療法などに関する講座です。 健康に向けての有益な知識と技術の習得が可能で、 開業を目指す方のためのものです 。

専門講座1

 医学部や各種学校では学ぶことができない自然治癒の症例の研究や原理など、即戦力となる分野の教育に力を入れているのが最大の特徴です。 実力に合わせたグレード制の導入によってグループ指導を行っていますので、初心者にも安心して学んでいただくことができます。

専門講座2

 個人の悪癖を取り除くために、マンツーマンによる指導を用いている為、プロとして必要な要素を確実に身につけることができます。

 男女、学歴、年齢は不問ですが、自然療法による当研究所の支部を将来開業される方が対象になっております。セミナー見学も随時出来ますのでお気軽にお問い合わせください。

※毎月第三日曜日に開催されています。

 ●講座内容
 ◇SST骨盤理学調整(級級)  ◇血液動態学  ◇血液形態学の矛盾
 ◇酵素と解毒  ◇遺伝子の自然修復  ◇改善反応の見分け方と対応
 ◇食物と自然免疫  ◇腸管造血の検証  ◇病気をつくる薬品の作用
 ◇世界の自然療法、その他

 開催地:ウィルあいち 愛知県女性総合センター 1Fフィットネスタジオ2
      名古屋市東区上竪杉町1番地  TEL 052-962-2511

 時 間:12:00~17:30

 ●セミナー参加申し込み・お問い合わせ
 自然医学総合研究所 TEL 052-801-7063

【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】

 自然医学総合研究所が行っている「NRT自然免疫活性療法」によって自身の自然治癒能力をフル活動させ、回復に向かわれた方の症例を証明として提示しています。

 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。

 監 修:【自然医学総合研究所】
 所 長:大沼 善誉
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。


しじみエキス

大和しじみエキス、カラダに安心な健康食品です。

【ランキングへ投票】
【FC2ブログランキング参加中】

  ≪健康食品については必ずしも値段が高ければすべて良いということではありません。手ごろな数千円のものでも一人一人の体調によって変わりますので、摂取される前に一度ご相談される事をお勧めします。≫



 体は何も言わないから知らず知らずのうちに働かせすぎていませんか?自分ではまったく知らず、健康診断の数値で驚かれる方が おられます。体に必要な栄養をしっかりとれていますか?

 しじみエキスには、人体構成上必要とされるほとんどのアミノ酸を含み、その上ミネラル、ビタミン、グリコーゲンと栄養バランスがすばらしい健康食品です。

 国産しじみだけを原料として使用し、無添加でパウダーにしてあります。しじみを煮て出た汁に何も加えず特許製法で粉末化し、食べやすいようにカプセル状になっています。特に肝臓に不安のある方におすすめです。

 【摂取方法】

 一日、5~10粒を目安で食前に摂取します。
 ※赤ちゃんやお年寄り、成人の方でカプセルが飲み込めない方は、カプセルから粉末を取り出し、お湯・お水・お味噌汁等に溶かして、お召し上がり下さい。

 特にこんな方々に摂取して頂くと良いです。
●お酒の好きな方の健康管理(昔から肝臓にはシジミと言われて食べられてきました。)
●中高年の方々の健康維持・栄養補給
●食事の不規則がちな方の栄養補給
●健康や美容を心掛けている方



【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】

 自然医学総合研究所が行っている「NRT自然免疫活性療法」によって自身の自然治癒能力をフル活動させ、回復に向かわれた方の症例を証明として提示しています。

 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。

 監 修:【自然医学総合研究所】
 所 長:大沼 善誉
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。


ヘリクロゲン

ヘリクロゲン

【ランキングへ投票】
【FC2ブログランキング参加中】

 ≪健康食品については必ずしも値段が高ければすべて良いということではありません。手ごろな数千円のものでも一人一人の体調によって変わりますので、摂取される前に一度ご相談される事をお勧めします。≫



 ヘリクロゲンは秋の七草の一つで、生命力旺盛な野生の葛の葉から抽出した葉緑素です。自然医学総合研究所では来院されるほとんどの方に比較的安価で安心してお勧めできるものです。

 ヘリクロゲンは各種ビタミンやミネラルも配合されており、飲みやすい水溶性で 消化吸収にすぐれ、少量で多くの緑黄色野菜を摂取したのと同様の栄養補給ができます。

 さらに、栄養強化を目的としてビタミンEを配合し、品質向上が図られています。もちろん体に有害な着色料、甘味料、保存料等は使用しておりません。特に外食の多い方や野菜不足になりがちな方々の栄養補給にもご利用頂けます。


 【お召し上がり方】

 ●1食ごとに、3g(添付スプーンで1g)を水、お茶、豆乳またはお湯などで溶かしてお飲みください。

◆◆◆ヘリクロゲンQ&A◆◆◆

Q ヘリクロゲンは、何から作られているのですか?
A 秋の七草で知られている、葛(野生)の葉を原料にしています。(葛の根は、葛根湯・葛湯・葛きり等で知られています。)

Q ヘリクロゲンは何に良いのですか?
A 野菜不足の方に・お酒、肉類、甘い物等をよく召し上がる方。

Q 葛の葉がなぜ良いのですか?
A 葛は、他の緑葉植物にくらべ生命力旺盛な植物で葉には、葉緑素の他にもビタミン・ミネラルをバランス良く豊富に含んでいます。

Q ヘリクロゲンの特徴は、何ですか?
A 葛葉の仄かな甘みが飲みやすい・吸収しやすい・大豆より抽出したビタミンを栄養強化し緑黄色成分と相まって、更に大きな活力が期待されます。
(注:葉緑素は、細胞膜が破砕されてないと吸収されない為、破砕された商品を選ぶ事が大事です。細胞膜が破砕されてないと腸で吸収されず緑色の便となって排泄されることになります。)

Q 子供でも飲めますか?
A はい、0歳児から粉ミルクなどに溶かしてお飲みください。又好き嫌いの多いお子様でも、牛乳・ヨーグルト等に溶かして飲むとより美味しく召し上がれます。

Q 一日の飲む量と飲み方は?
A 一日に3g1回1g(添付スプーン擦り切れ一杯は1g)を朝、昼、夕、食前又は食間に水、お湯、牛乳、ヨーグルト等に溶かして又は粉末のままに水等でお飲み下さい。(朝、食前に1回3g飲まれても結構です。)



【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】

 自然医学総合研究所が行っている「NRT自然免疫活性療法」によって自身の自然治癒能力をフル活動させ、回復に向かわれた方の症例を証明として提示しています。

 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。

 監 修:【自然医学総合研究所】
 所 長:大沼 善誉
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。


代替療法

 欧米などの海外サイトでがんや白血病などの難病を調べると実に多くの療法についての情報を閲覧することが出来ます。

 そしてドイツ、イギリスでも代替医療の利用者は50から70%と増え、代替医療への傾倒はもはや世界的な潮流となっています。これに対し、日本は後塵を拝した感がありますが、昨今問題視されている医療経済の破綻という局面を迎え、早急に医療現場へNRT療法のようなMRIやCTなどで医学的に実証され、有効な代替医療の導入を検討せざるを得ない状況にあるといえます。

  フランスでは人口の75%が少なくとも1回はこの代替医学・代替医療を用い、ドイツではペインクリニックで77%が針治療を受け、イギリスでは年間23億米ドルが代替医学・代替医療に使用されており、その一部は保険適用が認められています。

 白血球が増えるのは突然変異ではなく自然な体の防御反応のひとつです。狂って増えているのでは決してありません。

 いくら抗がん剤を使用し、白血球を叩き、芽球の増殖を抑えたとしても、すぐに体は抗がん剤の毒性を解毒するために白血球は自己を守ろうとして増殖してきます。

 そして、骨髄で血は作られているとした確かな医学的論文が未だに見つかっていないのにも関わらず、骨髄移植が行われているのです。発症している原因が西洋医学では明確にされていないまま、結局白血球を叩く、痛みを取るなどの対処療法を患者は受け続けているわけです。

 運良く、自身の白血球が勝利を収め、体調が一時的に戻ったとしても再発する恐怖と常に隣りあわせで生活を送っていかねばならないのです。

ヘルニア発生のメカニズム

椎間板ヘルニア発生のメカニズム

【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキング参加中】


(1)MRIで実証「軟骨は治る」

西洋医学では治らないとして扱われてきた椎間板ヘルニアは、その原因を改善することで修復することがすでに証明され、近年一部のヘルニアは自然治癒すると整形外科学的にも認められるようになりました。(2006年1月16日更新)自然医学総合研究所では、開業以来20年数年の間に150種以上の難病を克服した実績があります。

椎間板ヘルニア 施術前後比較
(左:施術前、右:施術後)

herunia1  herunia2

heruniamri1  heruniamri2


 左は95年10月30日の術前のMRI
(瀬戸市のA整形外科で手術と診断された)

 右は96年3月26日術後のMRI
 (自然医学総合研究所にて【NRT自然免疫活性療法】受療後軟骨は修復した)

 通院3日目から激痛が半減し順調に改善し、2006年1月現在まで再発もなく元気でいらっしゃいます。

■腸間膜根(THE CHIBA COLLECTION 1-NERVOUS SYSTEM 1-NETTERより)
cyoukanmaku

 上はストレスで骨盤を歪める原因となる腸をつなぎとめている腸間膜根です。これが硬縮することで右の骨盤が歪みます。


(2)ストレスと椎間板ヘルニア

 様々なストレスが、ある一定のレベルを越えて人体に作用することを「超特異的交感神経作用」といいます。 この作用によって人体のあらゆる組識が硬縮します。骨格に影響を与えている起立筋や大腰筋の硬縮は骨盤の歪む原因になるほか、椎間板軟骨を圧迫します。これが持続することで軟骨は脱出します。

■内腸骨動静脈・腰動脈(左図)・■大腰筋(右図)
(図:THE CHIBA COLLECTION 1-NERVOUS SYSTEM 1-NETTERより)
naicyoukotu  daiyoukin


 左上は、軟骨代謝に影響する腰動脈の解剖図です。右上は腰椎を支えている大腰筋です。過剰なストレスは、大腰筋を硬縮させ、腰動脈という血管を圧迫します。そのため軟骨を代謝している滑膜に循環障害が起こります。軟骨には、血管はありませんが、滑膜にはあります。滑膜の循環が回復することで軟骨は再び分泌されるのです。


(3)滑膜の循環障害

■腰動脈
(図:THE CHIBA COLLECTION 1-NERVOUS SYSTEM 1-NETTERより)
youdoumyaku

 上は、軟骨を分泌している滑膜の栄養血管です。腰動脈の吻合血管と呼びますこの血管の圧迫を取り除くことで軟骨は再生されます。


(4)椎間板ヘルニアと血液の汚れ

■赤血球の連結(左)・■正常な赤血球(右)
heruniaaka1heruniaaka2


 左上はヘルニアが発生した人の血液画像です。右上は健康な人の血液です。 血液が汚れることで、疲れやすく、回復が低下してきます。


(5)白血球と軟骨代謝

■不活性の白血球(左)・■活性化された白血球(右)
heruniashiro1  heruniashiro2


 左上は動きのない白血球で、右上は元気な白血球です。

 元気な白血球は、体内で循環しながらパトロールをして体を細菌や病気から守っているほか、軟骨代謝に直接関わります。さらに造血反応や骨代謝や痛みを止めるときに分泌される体内ステロイド反応なども行っています。しかし、残念なことに一般の病院の検査では、数のみの検査のため元気かどうかを調べることが出来ていません。


 (6)痛みの原因

 痛みには神経が直接圧迫されて出る神経痛と血液循環が悪化して起こる酸素欠乏にる酸欠痛があります。神経痛は神経の圧迫を改善することで改善されますが、酸欠痛は、その原因となっている血栓を溶解し、血流を改善することで改善されます。


 (7)体内ステロイドホルモン

 a、血液が浄化されると白血球は元気になります。白血球が元気になると、痛みを止める体内ステロイド反応が起こります。

 b、それは、元気な白血球が、体内を循環しながら異常を発見し、サイトカインという遺伝子情報を伝達する液性の蛋白質を分泌することで、脳下垂体に連絡するからです。

 c、白血球から連絡を受けた脳下垂体は、痛みを止めるために副腎刺激ホルモンを分泌します。

 d、副腎から分泌されたステロイドホルモンが、患部に到達することで痛みは軽減されるのです。

 【NRT免疫活性療法】とは、NATURAL RECOVERY THERAPY の略語で、生きた血液を画像でチェックし 従来の血液検査では得られなかった質や形状、働きを観察し、血液の状態をよくする事で、 免疫力を強化し且つ、全骨格矯正によって身体すべての細胞を活性化させ病気を克服する療法です。

【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】

 自然医学総合研究所が行っている「NRT自然免疫活性療法」によって自身の自然治癒能力をフル活動させ、回復に向かわれた方の症例を証明として提示しています。

 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。

 監 修:【自然医学総合研究所】
 所 長:大沼 善誉
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。


慢性間接リウマチnoを克服

慢性間接リウマチの自然治癒、慢性関節リウマチを克服(リウマチランキング

 【NRT自然免疫活性療法】を受けられた須賀登喜代さんご自身の体験談から
sugatokiyo


【ランキングへ投票】
【FC2ブログランキング参加中】

 今日は、私の長年の持病でありました慢性関節リウマチが大沼先生の所に通いだしてから改善されましたので、その体験談をお話させていただこうと思いまして参りました。

 私は生まれた時から虚弱で沢山の病歴があります。またお医者さんも親戚にいるので、医者には行くのですが、母親の影響で薬をまじめには飲んできませんでした。私は母の勧めもあり 30年来玄米食で通してきましたが、一方では勤務上休めないときなどには薬も飲んできましたし、医者にも長年通ってきました。

 ≪志≫

 変なことを言うようですが、病気をしながらでも自分の運命は自分で切り開くのだという信念を持って生きてきました。教員は私の天職、子供たちのことを一生懸命考え実践することが、すなわち自らの命を切り開くことにつながると。それで母の大反対を押し切って教員になりました。教員になってみてわかりましたのは、どんなに辛くても休めない職業だということでしたので、どんな病気になりましても初期の手当てはお医者さんにしていただき、それで仕事を続けるという状態でした。例えばお腹をこわした時には 3日でも4日でも平気で絶食しながら仕事を続けるといった具合に。

 ≪病歴≫

 病歴は肋膜炎を患い、心臓弁膜症もやり、 12年ほど前には虫垂炎からひどい腹膜炎になりN病院に入院していて1ヶ月も食事が与えられずに抗生物質と栄養剤を点滴されたということがありましたが、60歳の定年まで仕事をやり通しました。私にとっては、散々病気をしながらでもなんとか定年まで勤め上げることができたことは自分にとって最高の勲章でした。それで、これからの人生は自分の好きなことをやろうと思いボランティアや趣味など始めたのですが、その矢先の2002年12月の初めに両手首の猛烈な痛みに襲われました。

 ≪リウマチ発症≫

 思い返してみますと、今から 15~6年前に指の第一関節がものすごく痛んだことがあり、医者へ行って診察を受けました。その時に「あなたのはシェーグレーン症候群だからリウマチにはならないよ」と言われ、その言葉に安心し、それでは薬に頼らず自分でなんとか治そうと出された薬を全く飲まずにきました。そういうこともありましたが、やはり何よりさんざん無理をしてきましたのでこの病気になったのだと思います。かけがえのない子供たちの寝顔をみては必死で仕事をしてきました。病気になるといつも夫にずいぶん怒られていました。というのも帰宅すると立ってもいられない、食事を作ることもできずに倒れてしまう状態でしたので、「自分の体なのに倒れるまでわからないのか」と、しょっちゅう叱られました。独身の時には母親から「辞めなさい」と言われ、結婚してからは主人に「辞めろ!」と何度も言われましたが、でも辞めたくはありませんでしたので、あまり痛い顔もせず、辛い顔もしないで気力で勤め上げてきたというのが私の60年近くの人生でした。その結果2002年の12月の初めにリウマチの発症となりました。受診した病院が15~16年前の時と同じ整形外科でしたが、血液検査をしてもらったところ「困りましたね、今度は本当のリウマチです。」と言われ、とてもショックを受けました。家に帰ってもなにも手につかず、その夜は眠れないほどでした。 (リウマチランキング

 ≪薬漬け≫

 とても落ち込み、なんとかこの痛みだけは取りたい一心でお医者さんから出された薬は全部飲むことにしました。飲むと結構楽になり、痛みも和らぐものですから嬉しくなり、それ以来薬に頼るようになりました。ところが2週間、 20日間と飲んでいくうちに、しばらくは効いているのですが1ヶ月も飲むとまた前と同じような痛みが出てきました。病院の先生に言いますと「じゃあ薬を替えてみましょう」と、薬を替えていただき、その間も1ヶ月に1度ずつ血液検査をしていただいたのですが、リウマチに関係する数値は一向に良くなりませんでした。薬を替えていただくと一時良くなって、また悪くなるという状態でした。私は不安になり、「どうしてまた悪くなるのですか」とお聞きしましても、答えてもらえませんでした。それで、このお医者さんはダメだと思い、医者をかえました。すると、「僕に任せなさい、これ以上悪くならないように管理してあげましょう」と言われました。私は「管理ではなく、治らないのですか。」と聞きましたら「リウマチは今のところ治らない病気です。」と答えられ、がっかりしました。しかし、この先生にお任せするしかないのかなと思い、薬に頼り、検査をするという同じ繰り返しをしてきました。その間にも、特に夜は針千本で突き刺されるようなすさまじい痛みがでるようになり眠れませんでした。こんなことではいけないと思い図書館へ行って安保先生の本ですとか、大沼先生の本ですとか読みまして、薬は危険だということがだんだん解ってきました。それと痛みにはびわの温灸がいいと知って自分で試みましたら、お灸の後が余計に痛くなりましたが、30~40分すると薄らいでいきました。でも夜中の痛みが治まらず、足踏み療法ですとか温泉療法や岩盤浴も行きましたし、鍼灸や指圧マッサージなど、様々な良いといわれるところへ行きましたが良くなりませんでした。

 ≪大沼先生との出会い≫

 それで、何とかしようと大沼先生の門戸を叩いたのが 2003年の9月10日でした。血液の画像を見せていただき、「これが尿酸結晶ですよ。」と言われたものを見ましたら、とげの様な形をしていました。以前尿酸結晶が関節に溜まってリウマチの痛みが出るという本も読んでいたものですから、この痛みの原因はこれかと思い、本当にすごいインパクトのある初日で衝撃が走りました。それで大沼先生に診てもらおうと決めました。


sugatokiyo2

 薬を断ち、週に2回から3回の割合で通い、痛みの原因が分かったものですから16日から思い切って全部止めてみました。止めて週2~3回先生の手当てを受けました。9月20日頃、朝起きましたら目やにで目が開きませんでした。結膜炎かもしれないと思い、母から聞いたホウ酸で洗い流してみました。ひどくなったら目医者に行こうと思っていましたが、次の日には治まりました。ところが、今度は鼻水が止まらなくなりました。私はひのきのアレルギーがあり、毎年発症するのですが、この時期に花粉症が出たのかと思うくらい鼻水がぐしょぐしょに出ました。それも2~3日で止まりました。

sugatokiyo3


 ≪熟睡≫

 大沼先生の本には解毒反応のことで、タール便が出た後に改善したという例がありましたので、先生にお尋ねしましたところ「改善反応ですね」と言われ、とても喜びました。痛みはまだ残っていましたけれど最初のような衝撃的な痛みは無くなりました。しかし、夜中のトイレ通いはまだ続いていました。それでも毎日玉葱の薄皮を剥ぐように変わっていくものですから、寒い冬場も楽しみに通わせていただきなんとか通り過ぎてきました。今年の 2月、3月に入ったころから夜も眠れるようになり、これは本当に完治できるのではないかという希望が持てるようになりました。まだ時々眠れない時もあるのですが、昼間の痛みは完全に取れました。 (リウマチランキング

 ≪趣味≫

 大沼先生からいつも注意されているのですが、私は和太鼓やオカリナ、篠笛を吹くなどしてきましたので、調子がいいと直ぐにやりたいことをやるものですから、やはり無理をすると痛みがでますが、太鼓を自由に叩けるのも目前のような気がしています。

 ≪患者学≫

 私はこの病気(リウマチ)になってから毎日日記を付けてきまして、どんな時に痛むのかを記録してきました。それでわかったことは前線通過のときや西風のときに痛むことがわかりました。どうして痛むのか知りたくて色々本を調べましたら気圧との関係であることがわかりました。大沼先生にお伺いしましたら、気圧が下がると循環が弱くなり、酸欠のため痛むということで納得しました。

 この病気を経験してつくづく思いますのは、患者はお医者さんに頼っているばかりではなく、こうして自分でも調べるようにした方がどんな時に悪くなるのかが良く分かり、余計な心配をしなくて済むようになると思いました。痛みで夜中に起きることはないのですが、まだ多少痛みがありますが、朝起きて 2~3回手を動かすだけでほとんど一日中痛まなくなりました。

 「遺伝子障害ですから治りません」と言ったお医者さんに治った姿を見てもらいたいと思っております。大沼先生からは「病院へは元気になったら行ってください」と言われましたが、本当にそうだと実感いたしました。後は時間の問題で、全て解決すると思っております。患者がどんなお医者さんにめぐり合うかは重要な問題です。現状ではかなり努力しても無理です。私は大沼先生にめぐり会え、本当に幸せ者です。今は治らないと診断された病院の先生に元気な姿を見てもらいたいと思っておりますし、そういう症例に自分が早くなりたいと思っております。大沼先生には本当に感謝しております。(リウマチランキング
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】

 自然医学総合研究所が行っている「NRT自然免疫活性療法」によって自身の自然治癒能力をフル活動させ、回復に向かわれた方の症例を証明として提示しています。

 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。

 監 修:
◆施術及び相談窓口:052-806-2178
一般社団法人 ナチュラルメディスン
代表理事 大沼四廊
〒468-0002
名古屋市天白区焼山1-420 フジイビル 2F-D
メール:info@nrt.ne.jp

◆研究所
【自然医学総合研究所】
 所 長:大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 緊急相談窓口:090-5861-4489 大沼四廊 24時間対応可
 メール:info@nrt.ne.jp

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。


大沼四廊代表理事のプロフィール

大沼 四廊 プロフィール
◆研究内容
がんや難病等200種以上の病気の原因を解明し、克服し、その内容を学会などで報告している。
自然医学総合研究所 現在一般社団法人 ナチュラルメディスン代表理事 1986年4月開業 
世界が注目!重症、難病等あらゆる病気の原因を解明!
医療の選択で運命が変わる!!!

◆所在地
〒468-0002
名古屋市天白区焼山1-101 東山イースト Cー202
TEL:052-801-7063
◆緊急相談窓口:090-5861-4489 24時間対応可

twitter_icon_3ef634255ff4ad060ccad8ba7823d2ed.jpeg
茨城セミナー
■2歳で発症した、急性リンパ性白血病と抗がん剤の治療中に脳にできた腫瘤を改善した子供と母親と大沼先生!


動画140801182317e67.jpg" alt="鎖骨ほぐし" border="0" width="320" height="346" />

■鎖骨ほぐしの実演
※ストレスと病気の原因を動画で説明します。

■動画はこちら;<<動画>>

セラピスト認定 2014.7.13

左:大沼先生と右はセラピストを認定された池田さん!

大 沼 四 廊(おおぬま しろう)
Shirou Ohnuma

◆施術及び健康相談
一般社団法人 ナチュラルメディスン 
  代表理事  大沼四廊 
〒468-0002
名古屋市天白区焼山1-420 フジイビル 2F-D
TEL:052-806-2178
受け付け月~土曜日まで 朝8時30分より 日、祝休み 

◆喘息から腰痛から、がんやリウマチや難病まであらゆる病気を200種以上克服!
◆西洋医学の盲点を研究発表!
◆自然治癒の原理を研究発表!
◆5大免疫療法の開発と指導!
◆鎖骨ほぐしインストラクターの養成!
◆この世から難病を克服するために尽力している!
アトピー性皮膚炎

■大学病院で治らんかった重症のアトピー性皮膚炎の治癒!
R・I MRA 比較ABC 14.7.2

■筑波大学で改善できなかった、急性リンパ性白血病と脳にできた腫瘍も劇治癒!
取材の状況

■世界が注目の鎖骨ほぐしの取材!
壮快11月号 img-914102131-0001

■壮快で紹介された!
学会報告 1,15

※学会でも注目、論より証拠で、次々発表
■大沼式健康法を学会でも報告!
※両側にできた肺腺癌を全て改善した動画を確認できますよ。
■動画はこちら:
◆研究所
〒468-0002
名古屋市天白区焼山1-101 東山イースト Cー202
TEL:052-801-7063
◆緊急相談窓口:090-5861-4489 
◆24時間対応可


 1950年5月17日、北海道桧山郡江差町で、大沼入雄の四男として生まれる。幼少のころより好奇心が旺盛で、何事にもポジティブに対応する性格であった。科学的思考は天才といわれた父親ゆずりで、その父親を最も尊敬する人物としている。
 小学校3年よりギターを始めるかたわらで、生命の本質に深い関心を持ち、動植物の生態と自然との調和の観察にあけくれた。

 中学の理科の授業で骨髄造血に疑問を持ち、教科書の記載内容に間違いがあることに気がついた。
依頼、独学に専念し、医学の矛盾を解明する。

 1973年、分子矯正医学の通信教育を受講し独学で学ぶ。1982年に国際自然医学会会長、森下敬一医学博士の提唱する腸管造血理論に啓発され食養生を学び認定を得る、その後、千島学説と出会い、西洋医学の盲点と矛盾について本格的に研究を始める。

 1983年に自然良能会、故五味雅吉会長に骨盤調整を師事。1986年、同名古屋支部長として名古屋市天白に、自然良能会名古屋支部を開設する。ストレスと骨盤変位を解明以来、白血病、リウマチ、癌、奇形、てんかんなどの難病の自然治癒の研究を始める。

 1988年より、自然治癒力研究会を発足。椎間板ヘルニアの自然修復をMRIで実証する。

 1994年より、論文「自然治癒を科学する」をシリーズにて発表する。頸椎ヘルニアの自然修復、先天性股関節脱臼、アトピー性皮膚炎、視力回復、自律神経失調症、内臓疾患と自然治癒の可能性を追及する。自己免疫疾患の医学的盲点と矛盾を解明。世界が注目する大沼理論の確立。
◆大沼理論と自然治癒!
◆大沼理論とは、一言でいえば「ストレスと3大障害」のことです。
人の体は、過剰なストレスを受け続けることで、
①緊張のし過ぎや頑張り過ぎや夜更かしなどで、交感神経の使い過ぎから、糖代謝が盛んに行われ、血液が汚れ、免疫力が下がる。そのために、疲れやすく、感染症や長引くことで代謝障害にいたり、病変組織ができる。

②右側の骨盤が大きく歪む。仙骨と腸骨の関節が歪む原因を腸間膜根のストレス反射による委縮が関与することを世界で初めて解明した。
骨盤の歪みが腰椎の捻転を誘発し、腰神経や坐骨神経が刺激されることで神経痛が起こる。
そのため、骨盤内臓神経が障害されることで、膀胱や直腸や生殖機能の低下や不妊症を初め、子宮筋腫や卵巣癌
や、大腸の病気や癌や、男性では前立腺の肥大や癌など様々な病気を誘発していることを解明している。

③さらにストレスを受け続けることで、呼吸が浅くなり、関節を覆う靭帯の骨化が進み、癒着を起こすことで、病状が慢性化する。
鎖骨が歪むことで、迷走神経が圧迫され、内臓の機能が低下し、呼吸が浅く、低酸素状態で、高二酸化炭素状態に至ることで、肺では肺腺癌や乳房では乳腺癌などの原因となる、石灰化など難病の原因となることも解明して大きな成果をあげている。

 1998年、自然治癒の原理となる白血球の活性を画像で証明、血液動態医学理論を確立し、自然医学総合研究所(現在のナチュラルメディスン)を開設する。



≪大沼四廊代表理事 これまでの著書≫
 2000年5月 ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を科学する 千早書房刊
ガン・リウマチ・ヘルニア

 2004年3月 椎間板ヘルニアは確実に治る
確実に治る

 レーブック刊
 2006年1月 がんの盲点~白血病はがんではない~ 三省堂書店刊
がんの盲点

 2007年4月 自然治癒力が万病を治す 自然医学総合研究所刊




【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】

 日本文化振興会、元皇族・伏見博明総裁より社会文化功労賞を授与。


 

 2002年9月、上海中医薬大学、第8回国際シンポジウムにて、論文「CYTOKINE AND DNA REPAIR」(サイトカインと遺伝子修復)を発表した。

 2006年:第6回日本統合医療学会(愛知県大府市、健康の森プラザ)にて「ガンの盲点・白血病はガンではない」を発表。
 2009年:第13回日本統合医療学会(東大安田講堂)にて 「重度アトピー性皮膚炎の自然治癒、余命1ヶ月、難病散在性   脳脊髄炎の自然治癒」を発表。

 2012年:第15回日本統合医療学会(大宮ソニックシティ)「巨大悪性リンパ腫の自然治癒」を発表

 2011年:第40回日本免疫学会にて「悪性リンパ腫をヒト免疫で治す」を発表

 宝塚歌劇団雪組の元トレーナーとしての経験のほか、NHK交響楽団の徳永先生やバイオリニストやトヨタ自販首脳陣などを治癒に導く。政治家や大物俳優のご家族も患者として多数通院されている。過去、中部経済新聞にレギュラー執筆経験あり。

 2006年1月より 独自に開発した「NRT自然免疫活性療法」の普及と啓蒙に尽力し、民間非営利団体・国際自然免疫学会を立ち上げ、全国で予防医学セミナーを開催、予防医学士の認定制度を確立、後継者養成のため、企業内研修や講演活動に励んでいる。

 北京 中医薬大学 フィリピン、オランダ等、国内外より、講演依頼がきており、国際的に活動を展開中である。

 また、重症アトピー性皮膚炎の症例をもとに、執筆活動にも専念している。




日本免疫学会会員・日本統合医療学会会員・日本ホリスティック医学会会員
国際自然免疫学会会長・日本予防医学セミナー主幹・全国食養普及協会顧問 
自然医学総合研究所所長・一般社団法人 ナチュラルメディスン 代表理事
◆世界が注目する、鎖骨ほぐしインストラクター養成講座及び専門家養成講座主幹




処方箋開示法案樹立のお願い

処方箋開示法案』樹立に向けてご協力のお願い

【ランキングへ投票】
【FC2ブログランキング参加中】

あなたの処方箋は大丈夫ですか?
処方箋開示法案」の樹立を!!

 我が日本では毎年32兆円という莫大な医療予算を計上し費やしています。しかし、進歩した割には患者の数が減るどころか年々増えているのはどうしてでしょうか?

 ★がん患者数:62万人のうち32万5千人が死亡(平成17年)
  (参考エントリーはこちら⇒当ブログからのお知らせ

 ★糖尿病:1620万人(予備軍880万人含む)

 ★アレルギー:4600万人(10年前に比べて2倍)

 ★高血圧:3100万人

 ★認知症:170万人

 ★あらゆる難病:54万人

 累計9607万5000人(複数回答含む)

 エイズや鳥インフルエンザ、SARSなどのウィルス問題も未解決の状態のまま。

 西洋医学は手術を必要とする緊急医療分野に関しては大きな成果が出ています。ですが、がんやリウマチなどの慢性病の分野では一向に成果が上がっておらず、反対に悪化して死亡する方が年々増える一方です。

 その原因の一つとして第一に、医学の矛盾が挙げられます。

 最も重大な過ちは骨髄造血の矛盾に気がついていない事です。

 現代医学において造血臓器の根拠となっているのは食物を与えずに観察したニワトリの骨髄脂肪が血液へと逆分化している現象を発見したと言う1800年代に行われたノイマンやピッツオゼロの研究発表から、やがて骨髄造血と認識されるようになりました。しかしながら、健全な人間の骨髄から実際に造血されている現象を確認したという正式な論文は未だに見つかっていません。

 第二には細分化された医学教育のため正しい診断が出来ず、病状で病名を決める病理学という学問を主体として学ぶため原因を見落とし、対症療法しか学んでいない。

 第三に森鴎外(本名森林太郎元東大総長で陸軍軍曹、医師)の脚気の原因も脚気菌が原因と発表以来化学薬品の開発に依存しすぎて来た等が挙げられます。

 薬害エイズ問題、最近では有名なタミフル問題に関しても患者に対して満足に副作用の説明がなされていない事も原因の一つであり、あらゆる薬害問題となり社会に大きな医療不審を与えています。

 また、処方箋では副作用を正しく患者へ通達されないまま渡され、それを信頼して飲み続けた事により病状が複雑になってしまうケースが多発しております。

 よって病人がより一層増える要因の一つを放置することによって、究極は医療費がますます増えて増税され、病気から家族を守るどころか普通の生活までもが脅かされる事になりかねません。

  我々日本国民は誰一人としてこのような問題を他人事として無関心になっている状況ではなく、明日は我が身、いずれは家族に降りかかる問題として捉えるべき重要な懸念事項なのです。

 そこでみんなが安心して病院へ行く事が出来るようにする為、処方箋の内容を正しくすべての副作用を記載するようにさせる法律を樹立する事が重要な医療改革の一つだと考えています。

 その法案を処方箋開示法案と言います。

 今こそ国民の叡智を結集し、現在の間違った医療や政策、そして医療費増大による増税へのプロセスを一刻も早く是正しなくてはなりません。

 処方箋の内容を確認したい方、問題と思われる処方箋をお持ちの方は、国際自然免疫学会本部までお送りください。

 皆様のご理解とご支援、何卒お願い申し上げます。

 ご協力頂ける方は所定の用紙に必要事項をご記入の上、民間非営利団体『国際自然免疫学会』までFAXにてお手数ですがお送り下さい。
用紙はこちらをお使い下さい。⇒処方箋開示法案(pdfファイル)

■民間非営利団体『国際自然免疫学会』

 会長  大沼 善誉

 事務局:ナチュラルケアセンター
 〒468-0002 名古屋市天白区焼山1丁目101東山イーストC-401
 TEL:052-801-7063 FAX:052-807-0675

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。